ギガホ テザリング。 ドコモの「ギガホ」徹底解説。2019年10月以降の申し込み分からは契約解除料が1,000円に減額。

テザリングとWiFiの違いは? テザリングとモバイルWiFiルーターのメリット・デメリットも解説

ギガホ テザリング

この記事で分かること• ギガホとギガライトの違い• 契約前に知っておきたい落とし穴(注意点)• 併用できる特典・割引まとめ ドコモの料金プラン、ギガライトとギガホがよく分からない・・。 今まで、 ドコモの料金プランはかなり複雑でした。 ドコモショップの店員さえも、完全に理解できていない始末。 一般ユーザーにわかりっこありません。 その理由は、基本プランに加えてパケットパック(データ容量)やオプションを組み合わせていくシステムだったからです。 どの組み合わせがいいのか、さっぱり分からず。 裏話をすれば、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は他社と比較されないために、あえて料金プランを複雑にしていたわけですが・・。 そんな分かりにくかったドコモの料金プランも、2019年6月から一新。 今までと比べてかなりわかりやすくなりました。 ネット接続に必要なSPモード(月額300円)も、パッケージ内に。 最終的に、シェアパックが無くなったことで、キッズケータイやガラケーを使わないなら料金プランはギガホとギガライトに絞られています。 この記事では、ギガライトとギガホの違いから、どちらのプランを選ぶべきかまで徹底解説。 旧プランとの比較やおすすめの契約方法についても説明していますよ。 ぜひ、参考にして下さいね。 MEMOギガライトは速度制限にかかると128kbpsまで低下する 1Mbpsあれば、SNSはもちろんWEBサイト閲覧も可能に。 普通画質なら動画も再生できます。 つまり、ギガホは実質的な使い放題です。 月額料金は従量制で変わります。 例えば、データ消費量が4. 6GBなら月額4980円です。 ギガライトの料金 データ容量 月額料金 2年契約あり 2年契約なし 1GBまで 2980円 3150円 1~3GB 3980円 4150円 3~5GB 4980円 5150円 5~7GB 5980円 6150円 最大データ容量の7GBを超えた場合は、128kbpsの速度制限にかかります。 データチャージする場合は、1GB1000円かかります。 ギガライトは、LINEとSNSくらいしか使わない、あるいはWi-Fiで運用できる方はに向いています。 3GB以内に収めれば、月額3980円です。 注意点1:データ容量を使い切れない場合でも翌月繰り越しなし ギガホ・ギガライトにはデータ繰り越しがありません。 データ繰り越しとは、今月使いきれなかったデータ容量を翌月に持ち越す仕組みのこと。 ギガライトは従量制プランなので繰り越しなしでも問題ではありませんが、手痛いのがギガホです。 せっかく30GBまで定額なのに、 今月10GBしか使い切れなかったからといって、翌月に余った20GBを持ち越せません。 せめて半分でも繰り越しできればいいのに・・。 もったいなくて、何だか損した気分になってしまいます。 【対応策】テザリングを使えば無駄なくデータ容量を使い切れる データ繰り越しの無いギガホ・ギガライトですが、テザリングを使えば無駄なくデータ容量を使い切れます。 ドコモは テザリングのオプション料金が無料。 いつでも、スマホをルーター化して、ゲーム機やパソコンにネット接続できますよ。 ギガライト(~1GB)に契約• みんなドコモ割(3回線以上の家族契約) まず、 1980円を維持するなら、データ容量がたったの1GBまでしか使えません。 それでも月額料金は2980円。 さらに1000円割引を受けるには、みんなドコモ割(3回線以上)に加入する必要があります。 つまり、家族で3人以上はドコモの契約が必要というわけです。 1980円の条件はなかなか難しいですね。 注意点3:端末代金の割引がない(月々サポート終了) こちらは、2019の10月から始まった分離プラン(回線料金と端末代金を分ける)の弊害です。 今までは、キツイ契約縛りを条件に端末代金が安くなる月々サポートを利用できました。 しかし、 ギガホ・ギガライトから月々サポートは終了。 実際、公式サイトの料金シミュレーションでも、端末代金が定価で掲示されています。 端末が定価料金 MEMO最新iPhoneなら、2年後に端末を返すことを条件に割引を適用できる 現在、旧プランで月々サポートを受けている方は、端末代金を支払い終えてからギガライト・ギガホに乗り換えましょう。 なお、auとソフトバンクも分離プランの影響で端末代金の割引は無くなっています。 注意点4:2年縛りは実質継続 悪しき2年縛り(2年契約)はギガホ・ギガライトに変わっても継続されています。 一応、2年契約なしのプランもありますが、料金が高くなるのでほとんどの方は利用しないでしょう。 2年縛りは自動更新なのも辛いところ。 契約更新月(2年後に訪れる2ヶ月の更新期間)以外の解約は、解約金が発生します。 そのため、2年縛りのデメリットについては、現在はあまり気にしなくて大丈夫です。 デメリットを上回る!ギガホ・ギガライトは割引・特典に恵まれている 契約だけど、ドコモショップは損するわよ。 機種変更でも、店舗は使わないほうがいいわ。 ドコモの契約はドコモショップで・・と誰しも考えるわけですが、実はかなりの損をしています。 実は、 ドコモショップで契約すると、頭金や事務手数料の名目で5000円から10000円が請求されます。 この請求は端末代金などに当てられるのではなく、ショップの売上として計上されます。 つまり、払わなくていいはずのお金を取られてしまうわけです。 店舗運営は人件費や家賃がかかるからでしょう。 私達ユーザーにとってみれば、関係ない話なのですが・・。 一方、 ドコモオンラインショップなら、不要な手数料はなし。 公式サイトにも明記されています。 ドコモ公式サイトにて 契約方法は、画面の指示に沿ってギガライト・ギガホを選ぶだけ。 新規契約・MNP・機種変更の全てに対応しています。 もちろん、端末(新型iPhone含む)も購入できますよ。 CHECK! この記事のまとめ この記事では、ギガライトとギガホについて詳しく解説してきました。 それぞれの主な違いは、データ容量です。 毎月のデータ消費が7GB以下ならギガライト、7GB以上ならギガホを契約しましょう。 総務省が求めていた「4割以上安く」は実現できているか微妙ですが、確かに旧プランと比べて安くなりました。 いくつか落とし穴となる注意点もあるので、契約前にしっかりと確認しておきましょう。 申し込みはドコモオンラインショップがおすすめです。 10分程度で手続きが終わるうえ、余計な手数料は取られませんよ。

次の

テザリングとWiFiの違いは? テザリングとモバイルWiFiルーターのメリット・デメリットも解説

ギガホ テザリング

その通り、ポケットWi-Fiなしでも大丈夫よ。 さて、ギガホでテザリングを使う最大のメリットは、ネット環境が完結してしまうところ。 ドコモのスマホがあれば、いつでもPC・タブレット・ゲーム機をネット接続できます。 別途、ポケットWi-FiやWiMAXを契約する必要はありません。 ドコモ回線は通信品質がいいので、オンラインゲームでもスムーズです。 さらに、 コスパが抜群でネット環境が整う点も見逃せません。 Androidの設定手順• 「設定」アプリをタップ• 「データ通信・機内モード」をタップ• 「テザリング」をタップ• 「Wi-Fiテザリング」をタップ• Wi-Fiアクセスポイントの情報を設定• 「保存」をタップ• 接続先の通信機器で「ネットワーク名」をタップしてパスワードを入力 AndroidはOSや機種によって表記が一部異なりますが、基本的には上記の流れでテザリングできます。 Wi-Fiアクセスポイントの情報を設定する際は、セキリティの項目で「WPA2 PSK AES」を選ぶと個人情報が漏れにくくなるのでおすすめです。 その場合は、できればUSBテザリングを使った方がいいです。 USBテザリングはWi-Fiテザリングと比べて通信品質がよく速度が速いです。 また、端末を充電しながら使えるのも利点となります。 Androidの設定手順• この記事のまとめ 今回は、ギガホ・5Gギガホのテザリングについて詳しく解説してきました。 ドコモはテザリングのオプション料金がかかりません。 もちろんギガホも対象です。 ギガホなら最低30GB以上のデータ容量が使えるため、 ポケットWi-Fiがなくてもネット環境が完結します。 そう考えると、コスパも抜群です。 データ容量を使い切っでも、最低1Mbpsの速度が出るので実質使い放題です。 一点、ギガホにはデータ繰り越しができないのでご注意を。 テザリングの使い方は、一度覚えると簡単ですよ。

次の

新料金プランでテザリング料はかかる? 3キャリアの条件を確認

ギガホ テザリング

今日、NTTドコモは5Gネットワークに対応した携帯電話サービスとそれに合わせたスマートフォン・モバイルWi-Fiルーターを発表しました。 今日の発表の要旨は以下の通りとなります。 5G技術を用いた携帯電話サービスを2020年3月25日に開始• サムスンのGalaxy S20、シャープのAQUOS R5Gを、3月25日にサービスインと同時に発売• 「5Gギガホ」に加入すれば、キャンペーンで100GBまでのところ、 無制限でのデータ通信が可能• 「5Gギガホ」では、4G(Xi・PREMIUM 4G)エリアでも無制限のデータ通信が可能• モバイルWi-Fiルーターも展開 全体的に残念でした。 NTTドコモのHPより で、5Gを利用できるスポットの情報が公開されています。 言いますよ、エリアではなくスポットです。 韓国・アメリカなどと比較して5Gの展開が遅れていると言われていますが、当初はスポットでの対応です。 はすでにエリアでの展開(とはいいつつ、かなり狭いですがw)がなされているのにも比較して、ドコモはスポットでの対応です。 ドコモ、5Gに関してやる気ありますか? しかし、 技術開発でドコモが5Gに関する技術を豊富に保有しているのは承知の上です。 ファーウェイも5Gに関して先行していると思いますが、なかなかそれをアピールできないのは残念。 今回の5Gサービスの開始について、発表にて先発しているソフトバンクにも劣るというのは、ちょっとひどいのでは。 利用できるスポットに関してPDFでファイル1つ作るだけでは、5G対応のスマホを発表してもサービス開始に関してもっと遅らせてもよかったのでは? スポンサーリンク 料金プランに関してはナイス。 「5Gギガライトは」ひどいですがw 「5Gギガホ」はいい線行ってる 料金プランは攻めてきたなとは思いますが、 5Gにおいてデータ無制限は当たり前のことをしっかりしたという印象です。 しかし、「ドコモ光」を加入し、家族で3回線契約しているとなると、なかなかこの料金プランに当てはまるユーザーは多くはないと思います。 未だに増収増益を繰り広げる携帯電話業界においてユーザーをナメている証拠でしょうか。 今回の「5Gギガホ」ではデータ無制限がテザリングでもOK 今回の「5Gギガホ」では、 テザリングでもデータ通信が無制限です。 もちろん、今回発表されたモバイルWi-Fiルーターでもデータ通信が無制限なので、固定回線の代替になりうるポテンシャルを持っています。 心配なのは、torrentなどのP2Pでの違法ダウンロードがどう対処されるかという点ですね。 最近では、AbemaTVなどのタレ流しでもネットワークに負荷をかけてしまう恐れがありますが、ドコモではそういったユーザーに対して、以下の通り、書いています。 ネットワークの混雑状況によって、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。 また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。 なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。 当たり前の内容ですが、ソフトバンクのようにデータ通信が無制限で利用できるのはYouTubeといった一定のWebサービスのみ、としているのに比較すると、優しい対応だと思います。 「5Gギガライト」は、ユーザーをナメている証拠 5Gギガライト ただ、 「5Gギガライト」はひどい。 普通に下り4Gbpsもスピードが出るスマートフォンを使っていれば、7GBはあっという間では? 7GBでは動画視聴が31時間できる(より)とされていますが、Chromeなどのブラウザで開くようなWebページやTwitterでは最近動画コンテンツが至るところで使用されており、普通にYouTubeとかを見なくてもデータ通信をしてしまいます。 ここは潔く、たまにしかスマートフォンを触らないようなユーザーしか、この料金プランは対応できない気がします。 そこに 7GB超過後は128kbpsでの通信となってしまう点に関しても、「5Gギガライト」は5G時代には考えられない料金プランです。 普通に考えてこの料金プランに加入を検討するなら、格安スマホでも十分対応できるケースといっても過言ではないでしょう。 個人的にはモバイルWi-Fiルーターに惹かれています 個人的に惹かれているのは、シャープ製の5G対応モバイルWi-Fiルーター。 以前記事に書きました。 りんログ 主な特徴として、5Gエリアでは下り4. 1Gbps(4100Mbps)での通信が可能な上、モバイルWi-Fiルーターと有線LANで接続ができ、もちろん、最新のWi-Fi 6に対応し、Wi-Fiでは16台接続できるのはナイス。 スマートフォンで5G端末を選んでしまうと、バッテリー減りが速くなる恐れがあるので、あまりスマートフォンにスペックを求めない方には、5Gのスマートフォンは現時点で選択肢に入れないほうがいいと思っている(でも自分は5Gのスマホがほしい)ので、PCやタブレットの使用が多いユーザーは選ぶと幸せになれると思います。 これに加えて、最近流行しているデジタルノマド(テレワークなど)といった用途には便利ははず。 もちろん、 5Gを体感したいモバイルオタクには最適なモバイルWi-Fiルーターです。 データ無制限で人気なもありますが、モバイルWi-Fiルーターのスペック上、下り150Mbpsまでしか対応していない上、Wi-Fiには5台まで接続できないのがつらい。 しかし、 今回のモバイルWi-Fiルーターは、固定回線にも代替できるスペックを持っているのでは?と思います。 今月23日のKDDIの5Gサービスの発表を待ってみないとわかりませんがw まとめ 今回の ドコモの5Gサービスについて非常に残念だと感じました。 料金プランも攻めてきたとは思いますが、相変わらずユーザーをナメている印象しかありませんでした。 個人的見解として、 ライトユーザーは格安スマホに乗り換えたほうが幸せになれると感じました。

次の