ブラウ ブロ。 ブラウ・ブロ [機動戦士ガンダム

ブラウ・ブロとは (ブラウブロとは) [単語記事]

ブラウ ブロ

概要 [ ] の専用試作型。 をベースに開発された。 でを使用したの有線コントロール式技術の実証検証は成功し、それと同時に同システムをダウンサイジング化した物を搭載した、あるいはモビルアーマーの開発が命じられた。 その理由としてブラウ・ブロは大型突撃艇並みの大きさであったため、量産に向かないと判断されたためである。 開発陣がダウンサイジング機の候補に挙げたのはとザクレロであった。 モビルアーマーのベースにはも候補として挙げられたが、加速性能を損なうとして候補から外された。 2案は了承されザクIIはビショップ計画にて、、へと発展することとなる。 もう一方のプランは量産計画の頓挫したザクレロを再利用して、新たにニュータイプ対応の量産機を開発するものであった。 本機は先行生産されたザクレロをベースにわずか1ヶ月で改造された。 機体後部にはブラウ・ブロの物の小型化を目指した有線メガ粒子砲が装備され、口部に搭載されている拡散メガ粒子砲にはシャッターが設けられている。 プロペラントタンクも増設され、稼働時間が延長されている。 コックピットはタンデム化されており、ニュータイプ能力が発揮できない場合でも通常パイロットによって操縦可能となっている。 にて腕部も改修され、ヒート・ナタも有線制御式となっている。 これにより計4基の攻撃ユニットによるオールレンジ攻撃が可能となった。 テスト結果は良好であり、高い攻撃性能を発揮した。 ア・バオア・クーに送られた本機はニュータイプのトレーナー機として運用された。 当初のプランであるニュータイプ対応の量産機とはならなかったが、サイコミュの練習機という特殊な機体となった。 後にア・バオア・クー防衛任務のために配置転換され、腕部を改修して実戦に参加している。 登場作品と操縦者 [ ] 出典元。 の末期である12月下旬頃に、腕部改修後のテストフライトに向かう本機が撮影されている。 本機は稼働した時期の記録や腕部改修前の姿が発見されておらず、に残された設計図等のみ確認されている。 装備・機能 [ ] 武装・必殺攻撃 [ ] 拡散メガ粒子砲 機体中央部に内蔵されている。 メガ粒子砲は改修前と変わりないが、非使用時に遮断するシャッターが追加されている。 4連装ミサイルランチャー 機体両側面に装備されているミサイル。 有線制御式メガ粒子砲 機体後部に2基装備されている有線制御式のメガ粒子砲。 の物より小型化されている。 エネルギーは本体のパワーコンデンサーから供給される。 有線式大型ヒート・ナタ 両腕部に装備された有線制御式のヒート・ナタ。 出力の限界からメガ粒子砲の代替案として採用された。 実戦での効果は確認されていない。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] ベース機。 この機体のを小型化する目標で本機が開発された。 リンク [ ]•

次の

[ ガンプラ製作「ブラウ・ブロ」 ]

ブラウ ブロ

036 シリーズ Series [Mobile Suit Gundam] グレード Grade [Best Mecha Collection] スケール Scale 販売方法 Distribution [General sale] 定価 Price ¥700 発売日 On Sale 1982年06月 [Jun. 544• 119• 107• 114• 160• 408• 443• 10 スケール• 646• 1,855• 659• 58 販売方法• 2,331• 442• 107• 143• 37 ランナー• 169• 97 ポリキャップ• 126• 2 作品別• 2,510• 457• 174• 219• 192• 127• 208• 102• 409• 343• 216• 109 発売月別アーカイブ•

次の

旧キット ベストメカコレクション 1/550 MAN

ブラウ ブロ

ファティマ第三の預言についてまとめました。 ブログを見てもらえるとうれしいです。 "haru144"で検索すると出てきます。 第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、 アメリカでオーロラが見られました。 ダニエル書を合算し、 未来に起こることを書き記しました。 エルサレムを基準にしています。 全てあらかじめ記されているものです。 これを、福音を信じる全ての方、 救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。 初めてブログにコメントします。 最近仕事でいきずまり病気になって長期休暇。 無趣味な私が昔ガンプラを作って夢中になっていた子供の頃を思い出しアラフォーモデラー! 中古屋さんで500円で買ったHGグフを牛歩で作ってます。 (今のプラモは凄い!) 楽しみ倒そうと思いプラ板やパテを買ってきてお小遣いひぃひぃ・・・ 皆はどんな風に楽しんでいるのかなぁと思い色々なブログをみていました。 そんな時仕事と家族と趣味を両立しているこのブログに出会いました。 触発された私は自由に楽しもうと思いゾット専用グフ(漫画ベルセルクの使徒が乗るモンハンのディアブロ装備みたいなグフを作ろうとスタート!) これからも楽しみに拝見させて頂きます。 (今度良かったらグフを作ってみて下さい。 どんな視点で作るか楽しみです).

次の