ミスミ 売上。 ミスミグループ本社に転職したい人のための企業研究【最高売上連続更新】

圧倒的な商品数を誇る材料系BtoBのECサイト(モノタロウ・ミスミ・イプロス)から学べること

ミスミ 売上

消費増税反動減から回復 上位300社の合計売上高は、前年同期の調査(5兆8900億9400万円)と比べ5. ネット販売企業を中心に売り上げを伸ばすところが多かったほか、14年4月の 消費増税による反動減の影響が薄れ、伸び率が前年同期調査時から高まったと見られる。 また、16年7月に実施した第66回調査の上位300社の合計売上高と比較すると、0. 各社の数値は、16年7月の調査と比べ大きく変動していることはない。 多くの通販企業の決算期が2月、3月、12月などで、7月の調査と今回の12月の調査で調査対象期間が重なっているためだ。 企業数は多くないものの、16年6月から9月に前期決算期を迎えた企業に関しては売上高と営業利益の数値が変わっており、この分が今回の調査に反映されている。 前期実績に関しては、前述の通り消費増税の反動減の影響がなくなったとして「前々期から回復」(専門店通販など)との意見が聞かれる。 一方で「 消費者の節約志向が根強い」(化粧品通販企業)、「 個人消費の冷え込みは続き、節約志向・低価格志向に」(専門店通販)と15年4月の消費増税が依然として影を落としていると見ている企業も一部ある。 今回の調査での上位企業をみると、 売上高が1000億円を超える最大手は11社。 前年同期調査時と同数で、顔ぶれも同一になっている。 トップのアマゾンジャパンは20. 決算期が12月で、16年12月期は1兆円超えが確実視される。 2位と3位はともにBtoB通販をメインとするアスクルとミスミグループ本社がランキングした。 ミスミグループ本社は前年同期調査時3位だったベネッセコーポレーションを上回る実績で、今回は1つ順位を上げた。 5位はジャパネットたかた。 15年12月期の実績は1. 6~11位には総合系通販が3社ランキングしているが、ベルーナ以外の2社は減収だった。 500億円以上1000億円未満の企業に目を移すと、12位のヨドバシカメラや22位のMonotaROといった成長を続けている企業がランキングしている一方、小幅な増収率を維持し安定した売り上げで推移する企業が見られる。 また全体を見渡すと、衣料品や健康食品をネット販売で展開する企業の躍進が目立つ。 増収が過半数に 「通販・通教売上高ランキング」調査における 「増収」の企業数は、上位300社のうち153社(前年同期調査120社)になっている。 前年同期調査時は増収の企業数が大幅に減少していたが、今回は2年前の同期調査時(156社)並みの企業数に回復している。 前年同期調査時は14年4月の消費増税を前にした駆け込み需要の反動から売り上げを減らす企業が多かったが、今回の調査はその影響が大きく薄らいだ格好になっている。 増収企業数を売上階層別に見ると、1000億円以上の企業は11社のうち8社になっている。 500億円以上1000億円未満の9社では8社が増収となり、200億円以上500億円未満の38社では29社が増収。 100億円以上200億円未満の売上階層の61社では、46社が増収となった。 100億円未満の売上高の181社では、そのうち149社が増収になっている。 減収だった60社のうち2桁減は14社(前年同期調査34社)と大幅に減少した。 2年前の同時期調査時の13社とほぼ同数。 この4社は売上規模や商品ジャンルなどに偏りなく分布している。

次の

空圧機器の選定・通販

ミスミ 売上

2020年3月期の売上高は3133億円• 2020年3月期の経常利益は232億円• 2020年3月期の最終利益は165億円 ミスミグループ本社 が5月7日大引け後 16:00 に決算を発表。 20年3月期の連結経常利益は前の期比26. 9%減の232億円に減り、従来予想の273億円を下回って着地。 なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。 同時に、前期の年間配当を17. 55円 前の期は21. 2円 に減額し、今期の年間配当は未定とした。 直近3ヵ月の実績である1-3月期 4Q の連結経常利益は前年同期比38. 9%減の55. 9億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の11. 1%に大幅低下した。 決算情報 ミスミグループ本社 9962 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】313,337百万円【当期純利益】16,504百万円【自己資本比率】79. 20 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ミスミグループの競合情報

ミスミ 売上

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 52,891 63,179 65,502 50,684 51,646 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 87,904 97,102 114,402 124,936 124,749 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 29,180 27,874 29,714 37,637 45,503 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 19,714 19,012 24,587 29,661 32,334 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 4,497 4,874 9,287 9,475 10,452 総資産 資産合計。 194,186 212,041 243,492 252,393 264,684 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 41,112 46,448 57,302 47,541 50,080 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 11,268 10,388 0 0 3,529 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 141,806 155,205 186,190 204,852 211,075 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 124,936 122,615 120,089 123,328 124,749 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 37,637 - - - 45,503 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 29,661 29,006 29,193 30,488 32,334 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 9,475 53,400 54,740 56,543 10,452 総資産 資産合計。 252,393 248,998 253,229 259,444 264,684 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 47,541 33,845 35,686 36,101 50,080 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 0 12,061 11,967 11,924 3,529 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 204,852 203,092 205,576 211,419 211,075 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 72,576 76,499 72,115 101,083 125,696 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 6,909 7,958 7,930 7,497 0 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 3,499 3,131 2,506 2,175 139,715 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 2,925 3,185 3,590 4,560 -125,696 総資産 資産合計。 101,807 103,305 110,979 115,315 139,715 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 32,372 36,143 36,298 37,565 59,971 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 14,154 8,663 13,122 11,838 4,488 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 55,281 58,499 61,559 65,912 75,256 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 106,547 125,696 106,352 114,521 123,701 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 7,530 0 7,516 6,475 6,493 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 1,946 139,715 1,756 1,740 1,666 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 4,559 -125,696 4,562 4,577 4,584 総資産 資産合計。 135,190 139,715 137,661 143,478 151,329 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 54,132 59,971 57,184 60,099 65,716 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 7,474 4,488 4,575 4,677 4,782 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 73,584 75,256 75,902 78,702 80,831 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 139,096 151,564 178,917 189,846 179,751 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 45,837 45,514 44,999 44,760 44,478 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 127,575 161,171 160,801 168,314 222,223 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 57,219 57,082 59,977 60,110 62,615 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 16,712 18,727 24,323 13,047 28,216 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -9,470 -6,056 -14,887 -16,955 -16,659 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -3,581 -4,008 -5,725 -5,991 -6,428 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 6,169 3,859 9,507 6,794 8,056 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -3,761 -773 486 -6,448 -9,924 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 8 -3,458 -360 -1,706 -904 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 -4,702 -2,842 17,907 -3,259 3,987 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 24 -4,842 -1,714 -1,867 -1,501 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -642 5,012 -4,007 -2,808 -1,421 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 2,741 4,071 -2,136 -1,772 -2,888 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -636 -298 -344 729 -1,516 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -2,542 540 1,469 -1,062 2,368 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 521位 506位 412位 602位 総資産 資産合計。 642位 631位 602位 600位 現預金等 397位 385位 379位 465位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 479位 463位 414位 401位 現預金等増減 664位 325位 499位 3,496位 624位 決算年月日 2010年3月31日 2011年3月31日 2012年3月31日 2013年3月31日 2014年3月31日 現預金等 15,898 12,532 24,838 0 0 利益剰余金 損益取引により発生した剰余金。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 3,335位 3,261位 390位 - 1,078位 総資産 資産合計。 844位 859位 801位 - 763位 現預金等 675位 858位 518位 - 3,232位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 737位 733位 688位 - 700位 現預金等増減 3,067位 2,913位 135位 - 832位 0位 1961年8月8日生 1984年4月 通商産業省 現経済産業省 入省 2000年5月 ㈱ツタヤオンライン代表取締役社長 2002年6月 カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱代表取締役常務 2004年7月 ㈱産業再生機構マネージングディレクター 2004年11月 カネボウ㈱代表執行役社長 2007年4月 丸善㈱代表取締役社長 2010年2月 CHIグループ㈱ 現丸善CHIホールディングス㈱ 代表取締役社長 2013年6月 ㈱西武ホールディングス社外取締役 現任 2015年6月 当社取締役 現任 2015年8月 ㈱日本人材機構代表取締役社長 現任 2016年4月 金融庁参与 現任 2017年9月 ㈻至善館理事 現任 2018年8月 経済産業省大臣官房参事 現任 当社グループを取り巻く環境並びに今後の見通しにつきましては、国内外における通信インフラ設備を始めとした設備投資の動向、コンピュータ、民生機器、自動車、産業機器等を中心として、中長期的にはエレクトロニクス産業における需給バランスの変動による好不況は避けられません。 同産業におきましては国内市場の成長鈍化も予想されており、さらなる業績の拡大を目指すには、グローバルの観点からの戦略が重要となってきます。 また、国内企業においては、今後さらに生産や設計・開発機能の海外シフトが加速すると予想されます。 そのような中、中国、台湾を始めとするアジア・パシフィック地域は、世界中の電機・情報関連機器メーカーの生産移管もさることながら、現地ローカル企業の成長も著しく、大きな半導体市場として期待されております。 このような状況の中、当社グループといたしましては、シンガポール、香港、台湾、上海、タイに現地法人を設立し、主に日系メーカーの現地生産移管への対応を進めて参りましたが、現地ローカル企業への対応力強化の一環として、中国市場においては、CYTECH TECHNOLOGY LIMITED、台湾市場においては、GALAXY FAR EAST CORPORATION、インドを始めとしたアセアン地域においては、CYTECH GLOBAL PTE. LTD. などを中心に、現地企業への浸透を図り、アジア・パシフィック全域への戦略展開を加速する体制を構築しております。 また、欧米においても技術力の高い企業をグループ化するなど、設計・開発から生産までシームレスなサポート体制をグローバルにカバーしていきます。 さらに、従来よりグループ各社で行っている設計・開発サポートに加えて、グループ各社の技術・開発ソリューションを結集し、グローバルにより高度で総合的なソリューション提案を実施するための体制を整えました。 今後は、グループ各社の高いテクニカル・サポート力及び幅広い顧客基盤を活かし、当社グループの強みである強力な商品ラインナップとテクニカル・サポート力を組み合わせることでさらなる相乗効果を生み、グローバルレベルにおいて、独自の顧客価値を提供し、さらなる発展を遂げる所存であります。 また、価格競争など競合他社との競争が激化する中、他社との差別化・優位性をより明確化するため、社内技術レベルのさらなる高度化を進めると同時に、国内外の当社グループ間で技術ノウハウを共有し、お客様製品の価値向上に貢献していく所存です。 商材力、新規商材発掘力、テクニカル・サポート力という当社の強みを活かし、グループ全体を挙げて利益確保・業績向上に邁進いたします。 すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の