美ら海水族館 見どころ。 知ってると得する!沖縄屈指の人気スポット「沖縄美ら海水族館」の楽しみ方教えます!|じゃらんニュース

沖縄美ら海水族館の見どころ紹介!やっぱり主役はジンベエザメ!

美ら海水族館 見どころ

沖縄県の著名な観光地として知られ、1年を通して多くの人が訪れる「沖縄美ら海水族館」。 沖縄の海を再現する水族館では、ジンベエザメをはじめとする多くの海の生き物たちに出会うことができる。 本記事では、「沖縄美ら海水族館」とその周辺施設のみどころをたっぷりご紹介。 他の水族館では味わえない壮大な海の魅力を届ける注目スポットをまとめた。 <目次>• 世界最大級の水槽「黒潮の海」で泳ぐ大型の魚たち 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 「沖縄美ら海水族館」の一番の見どころとも言える「黒潮の海」では、全長8. 7メートルのジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ約65種類の魚たちが泳ぐ。 困難とされていたジンベエザメの複数飼育を世界で初めて実現。 さらに最大級のエイ・ナンヨウマンタの複数飼育と繁殖にも世界で初めて成功した。 魚たちが悠々と泳ぐ姿は圧巻だ。 思い出をより美しく!撮影ポイント 水槽が一番きれいな時間帯は早朝。 魚を撮るときは、目にピントを合わせるのがコツだ。 また、フラッシュ撮影の場合はアクリルパネルの正面より少し斜めに構えると、反射がうつり込まずに撮影できる。 9:30に行われるマンタの給餌解説では、水中のエサを後方回転しながら食べる様子が見られる。 シャッターチャンスを逃さないで! 大水槽を上から眺める人気の「黒潮探検」 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 「黒潮の海」大水槽を水上から自由に観覧する「黒潮探検」は、いつもと違う角度から「沖縄美ら海水族館」を知れる人気の水上観覧コース。 「アクアルーム」で空のように海を仰ぐ 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 「アクアルーム」は天井がアクリルパネルになっており、下から海の世界を楽しむことができる。 優雅に泳ぐジンベエザメやナンヨウマンタは空を飛んでいるかのよう。 海底にいるような気分で海の世界を楽しめる。 沖縄の美しい海を再現する「サンゴの海」 国営沖縄記念公園(海洋博公園):沖縄美ら海水族館 沖縄の美しい海を彩る「サンゴの海」水槽では、自然光をいっぱい取り入れた300立方メートルの大水槽の中にサンゴが展示されている。 造礁サンゴ礁に暮らす小さな魚たちも共存しており、まるで自然そのままの姿を見るような感覚で海の世界を楽しめる。

次の

沖縄美ら海水族館はこう回る!子連れも安心徹底ナビ

美ら海水族館 見どころ

日本が誇る世界最大級の水族館、 沖縄美ら海水族館。 その水族館の見どころと魅力、所要時間等を たっぷりの写真・画像でご紹介します! 那覇空港からの所要時間や ホテルからの団体客対策の時間、 さらには、 美ら海水族館の入場チケットを、最安値で買えるお得情報も! クーポンやファミマで割引チケットを買って、浮いたお金で ぬいぐるみのお土産やランチを楽しみましょう! 見どころ満載!沖縄美ら海水族館の凄さは世界レベルです。 この、沖縄の海を再現した美ら海水族館は、 約740種の2万1000点の生き物が暮らしています。 目の前に広がる巨大な水槽で悠々と泳いでいる ジンベエザメやマンタを見る光景は、圧巻。 まさに『美ら海』(美しい海)の中。 世界最大級の「黒潮の海」の水槽 ジンベエザメとマンタが泳ぐ「黒潮の海」の水槽は、 長さ35m、深さ10m、幅27mと、世界最大級の大きさ! そして、この水槽には、ジンベエザメが3匹、マンタが6匹が 一緒に暮らしており、世界初の複数飼育に成功! さらには、2007年から連続でマンタの出産に成功。 マンタの連続出産は世界初の快挙! 現在では、マンタがファミリーで泳ぐ姿が見る事が出来ます。 「黒潮の海」大水槽に隣接したカフェがあるんです。 その名も『オーシャンブルー』 そこならのんびりお茶しながら、マンタやジンベエザメを見る事が出来ます。 予約は受け付けていないので、朝一番を狙って行くのが確実ですね。 美ら海水族館の所要時間 各水槽を観覧していくと、「美ら海ガイド」というのが無料配布されており、 これを全部集めると、沖縄海洋図鑑の出来上がります。 番号順に配布されていないので、ついつい夢中になって観覧していると取り忘れる事があります。 そこで、配布場所を記しておくので、チェックしながらコンプに緒戦してみてください。 美ら海ガイドの配布場所 順路に沿って観覧するときの配布順に並べています。 美ら海ガイド• No,1・2 タッチプール横• No,3・4 サンゴの海• No,5・6 熱帯魚の海(右)• No,7・8 熱帯魚の海(左)• No,9・10 サンゴの部屋• No,11・12 イセエビ水槽前• No,13・14 マングローブの水槽前• No,15・16 クマノミ水槽前• No,19・20 水辺の生き物水槽前• No,17・18 チンアナゴ水槽前• No,21・22 黒潮の海通路左側• No,27・28 サメ博士の部屋• No,23・24 アクアルーム(右)• No,25・26 アクアルーム(左)• No,29・30 深海の海• No,31・32 深海の海 黒潮探検(水上コース)の整理券 続いては、「黒潮の海」大水槽を真上から見学できる無料ガイドツアー、 黒潮探検(水上コース)のご紹介です。 1Fのジンベエ・マンタコーナーで受付、整理券を配布しています。 各回、先着15名で、定員になり次第、締め切られてしまいます。 そして注意が必要なのは、 代表者だけでは人数分の整理券がもらえません。 必ず、参加者全員が受付にいってください。 (整理券配布時間)ツアー開始時間• 朝一番で美ら海水族館に入館後、のんびり「黒潮の海」まで観覧。 そうすれば、ちょうど9:30の受付時間になります。 10時か10時30分の水上観覧コースに参加してから、 残りの水族館を楽しむのがベストコースです。 水槽とジンベエザメの給餌解説プログラム さらに「黒潮の海」大水槽前で、 ビデオ映像を見ながらの水槽解説もやっています。 これは1日4回開催されており、15時と17時になると、 ジンベエザメの給餌解説もやっています。 コンビニの中でも一番安く買えるのがファミリーマート。 許田ICで降りたら、ファミマによって入場券を買いましょう。 1620円で購入する事ができます。 さらに、許田IC降りてすぐにある、『道の駅許田』では 県内最安値の1550円で販売されています! しかし、この道の駅許田は営業時間が8:30からとなっているので、 朝一に美ら海水族館に入館予定なら、前日購入が必要です。 水族館のチケット売り場では、 午後4時以降は、「4時からチケット」1260円も販売しています。 水族館の各水槽の解説が聞ける音声ガイドも無料で貸し出ししています。 一日100台限定で予約制となっています。 美ら海水族館の上手に楽しむには!.

次の

美ら海水族館徹底ガイド|レビュー・見どころ・割引情報・レストラン・お土産

美ら海水族館 見どころ

知ってると得する!沖縄屈指の人気スポット「沖縄美ら海水族館」の楽しみ方教えます! 2015. 02 取材で沖縄に行くにつれすっかり虜になってしまい、今や取材やプライベートで年間5〜6回は訪れている、編集ディレクター・小宮です。 今回は、沖縄に行くならはずせない人気名所「沖縄美ら海水族館」について、知っておいたらもっと楽しくなる情報をまとめて紹介しちゃいます! 初めて行く人はもちろん、すでに行った事がある人も要チェックです!! お得なチケット情報を事前にチェック! 当日、水族館に着いてからでもチケットは購入できますが、事前にチケットを買っておくのが正解! 沖縄県内のコンビニや提携ホテルなどで、割引券を販売しています。 通常大人1850円で販売されているチケットが1660円で購入できます。 最安値は、水族館最寄りICの許田ICを下りてすぐの 「道の駅許田」。 通常大人1850円で販売されているチケットが1600円!ただし、道の駅許田の営業時間が8時30分からなので、朝一で訪れたい人は前日購入がオススメです! また、夕方から訪れるなら、水族館のチケット売り場で購入できる 「4時からチケット」1290円が断然お得!午前中は、水族館自体も混み合うことが多いので、旅行の予定をまだ立てていない人は、4時からの来館を計画してみては? 駐車場も広い!最寄りの駐車場は北ゲート立体駐車場「P7」 沖縄美ら海水族館は、実は海洋博公園の中にあります。 海洋博公園は、北は「沖縄美ら海水族館」、南は「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」と、すごく広いため、駐車場は全部で9ヶ所(すべて無料)。 沖縄美ら海水族館に行く場合は、 北ゲート立体駐車場「P7」が便利です。 生き物図鑑を集めて回ろう! 水族館内の各水槽では、解説員さんや飼育員さんによる解説が聞ける、 様々なプログラムが開催!お魚についての解説を聞くと、水族館がもっと面白くなるんです。 お目当てのプログラムの時間にあわせて、訪れてみよう! 館外の「オキちゃん劇場」などの時間のチェックも忘れずに!(下記参照) 写真は、「黒潮の海」の大水槽で開催される、ジンベエザメの給餌解説。 ジンベエザメが立ち泳ぎで大きな口を開けて食事するシーンは迫力満点! プログラム一覧は、沖縄美ら海水族館のHPをチェックしてね。 人気No. 1水槽「黒潮の海」を様々な角度から見てみよう! 実は「黒潮の海」は、正面から見る他に、真上から見たり、下から見たり、ご飯を食べながら見たりと、いろんな場所から見る事ができるんです! まずは定番の正面から。 解説プログラムを楽しむには、水槽正面がベスト!間近で水槽を見ると、ジンベエザメの大きさにも圧巻!小さな魚達を探してみるのもいいかも。 後方には、階段状になったところにベンチが設けられているため、座って大きな水槽をゆっくり観賞することもできる。 ボ〜ッと眺めていると、あまりの水槽の美しさに時間を忘れてしまうことも。 次は、シアター気分で。 大水槽裏にある「美ら海シアター」では、沖縄の海にすむ生き物たちに関するハイビジョン映像が上映されている。 上映時間以外は、スクリーンの後ろにある観覧窓から水槽を見学することができるんです。 まるで、映画を見ているかのよう! 「黒潮探検」で上から眺める。 1Fジンベエ・マンタコーナーにある専用エレベーターで4階へ。 「黒潮の海」の大水槽を水上に設けられたデッキから眺められる「黒潮探検」(水上観覧コース)。 予約や人数制限もないので気軽にバックヤードを覗けると子供からおとなまで人気。 こちらでも解説プログラムが開催されているので、詳しく知りたい人は時間をチェックして訪れてね! 下から見ると、まるで海の中にいるみたい! 大水槽で泳ぐ魚たちを下から眺めることができる半ドーム型の観賞スペース。 頭上を泳ぐ巨大ジンベエザメやマンタは大迫力!座って見上げると、まるで海の底にいるような気分に! 食事しながら観賞できるカフェ「オーシャンブルー」 大水槽横にあるカフェ「オーシャンブルー」。 水槽近くの席は、人気があるので早めにゲットしよう! タコライス(617円)や水族館のキャラクターが描かれたデザート、 デコマフィン(515円)などが食べられるよ。 水族館を出てからも楽しみは続く!すべて無料の併設スポット 水族館出口でスタンプを押してもらえば、その日当日に限り再入館が可能になるよ。 ただし、入館時のチケット提示が必要な場合もあるので半券は捨てないように。 海をバックに繰り広げられるイルカのショーは必見!「オキちゃん劇場」 水族館出口より歩いて約5分。 白い大きな屋根が見えてくる。 ココでは、大きなイルカ、オキゴンドウのゴンちゃんをはじめとするイルカ達が魅せる約20分のショーが楽しめる。 華麗なジャンプや、音楽にあわせて歌ったり踊ったりと、大盛り上がり!1日4〜5回のショー。 こちらは約15分間。 [開始時間]11時50分・13時50分・15時30分・17時30分 イルカの事をもっと詳しく知りたいなら「イルカラグーン」へ 「オキちゃん劇場」の隣にある「イルカラグーン」は、イルカがすぐそこに!飼育員さんにイルカの生態を教えてもらえたり、イルカの声が聞けたりと、間近に観察できる。 イルカふれあい体験は、往復はがきにて参加希望日の2週間前までに応募が必要。 開催は土日祝の10時20分〜10時50分の30分間。 詳しい内容や応募方法はHPをチェックしてね! ほのぼのしたマナティーたちに癒される「マナティー館」 人魚伝説のモデルとなったアメリカマナティーが暮らす水槽。 日本で初めて繁殖に成功したことでも知られ、親子でのんびり泳ぐ姿が楽しめる。 エサやりタイムでは、野菜を両手で掴んで食べるキュートな姿を見る事ができるよ。 エサやりタイムに出会えたらラッキー! 水槽の中を悠々と泳ぐウミガメがいっぱい!「ウミガメ館」 世界に8種いるといわれるウミガメのうち5種が飼育されている。 水中観覧室からは、近くに寄ってくるウミガメに圧倒されそう!陸上に設けられた産卵用の砂場では、産卵も行われ、仔ガメも誕生しているよ。 ********** ゆっくり楽しむなら5時間は確保したい、見どころ満載の沖縄美ら海水族館。 同行者によって、過ごし方も様々。 一度訪れたことがある人も、見逃しているところが多いかも!新しい発見を探しに、ぜひ訪れてみて!.

次の