オーダーカーテン 70。 オーダーカーテン専門店|カーテンファクトリー

【楽天市場】カフェカーテン(小窓用カーテン) レース 70cm丈(ロング) フランス製 カフェカーテン オーダー(切り売り) LA3260 小窓をおしゃれに演出してくれるヨーロッパ直輸入 淡いベージュ地にバラの刺繍のオーダーカフェカーテン [メール便可/宅コン可]:北欧雑貨 マット プロヴァンスの風

オーダーカーテン 70

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月12日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月19日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月26日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 Column 季節によるカーテンの選び方など、カーテンについての情報を掲載!• 2020年03月04日 2020年のトレンドカラーの中でもこの春夏おすすめのカラーは大人っぽさを感じるペールトーンのニュート…• 2019年09月24日 今年の秋冬はブラックが再登場、ストイックで神秘的な雰囲気を感じさせる色ですね。 黒はたびたびトレンド…• 2019年05月14日 今年の夏のトレンドカラーはテラコッタ&ティールブルー暖色と寒色、情熱的でクール、対照的なふたつの夏カ…• 2019年01月21日 毎年、パントン社発表される「カラー・オブ・ザ・イヤー」2019年のカラートレンドが発表されました。 2018年11月21日 空が高くなり風が冷たく感じはじめ、いよいよ冬の到来です。 2018年の冬は、平成最後の冬ですね。 こ… カーテンの語源は幕、覆いを意味するラテン語の「cortina」から変化したものだといわれています。 古くはエジプト時代にさかのぼり、当時は現在のような窓に掛けるような形ではなく、寒さを防いだり、プライバシーを守ったりなどベットの周囲を布で覆ったものであったと考えられています。 中世ヨーロッパでガラスの製造技術が進み、平らなものが作られるようになりました。 当時流行のゴシック建築では、壁を薄くして開口部を大きく取る事ができる様になり、ガラス窓やステンドグラスが取り入れられるようになりました。 しかし、当時ガラスはとても高価で、これを利用できたのは教会や王侯貴族などに限られました。 このガラス窓装飾の為にカーテンがかけられるようになりました。 カーテンにもファッションと同じように、それぞれの時代により流行のスタイルがあったようです。 15世紀、イタリアのフィレンツェにおいて、文芸復興が花開いたルネッサンス時代は、窓はそれほど大きくはなく、カーテンはあくまでもガラス窓を引き立てるための装飾品として使われていたようです。 窓を完全に覆ってしまわず、ひだもほとんどありませんでした。 17世紀のバロック様式では、光沢のある布や金、銀糸を織り込んだ贅沢な布が使用されるようになりました。 上飾りの縁どりやタッセルなどには複雑なデザインが好まれ、重厚な形に変化しました。 ロココ様式には、軽やかで柔らかく繊細な曲線のデザインが好んで採り入れられ、ナポレオン旋風が吹き荒れた19世紀、古代エジプトやローマを思わせるような古典的で荘重なアンピール様式です。 この時代に今日のドレープとレースの二重掛けスタイルの原型が誕生しました。 日本においては、平安時代に几帳(絹の織物の衝立)が間仕切り的に用いられたり、御簾(竹製のすだれ)や壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)が使用されており、それらが今日のカーテンの原点とも言えます。 日本でカーテンが使われるようになったのは江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃だと言われていますが、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったと考えられています。 当時は「窓掛け」といわれ、ほとんどが輸入品の高価なものでした。 「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、素材として綿・毛・絹、麻などが用いられ国内で生産され始めました。 大正期に入って中産階級が増え、次第に広まっていき、建築の近代化や洋風化が進み、カーテンも増えてはきたもののまだ一部の上流階級のものでした。 そして昭和30年代に入り、一般住宅に本格的にカーテンが普及し始めました。 住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。 その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、カーテンは家庭の必需品として定着するようになりました。 現在では、季節よってカーテンを変えたり、自分の気持ちにフィットするカーテンに変えたり、カーテンもインテリアとしての価値が高まっています。 特にオーダーカーテンでファッショナブルな窓装飾をしている方も増えています。 オーダーカーテンのことならカーテンファクトリーにお任せ!1万円~のバリュープライスで良質なカーテンをご提供いたします。 横浜、川崎エリアに4店舗ございます。 店舗にも是非お越しください。

次の

【楽天市場】メーカー直送カーテン専門店。激安販売、通販、オーダー、アウトレット。:満天カーテン[トップページ]

オーダーカーテン 70

当店「窓カフェ」はカーテン専門商社直営のWEBショップです。 当グループでは自社オリジナルデザインの中〜高級オーダーカーテン用生地を国内、海外の織布工場にて製造し、全国の小売店、住宅メーカー、ホテル等への卸売を行っております。 当店を訪れていただいたお客様には、それらの商品を 卸売価格と同等価格にて格安にご提供させていただいております。 また縫製は永年の当社との提携に加え、数社のメーカー縫製を請けているオーダーカーテン専用工場にて加工をしており、 有名メーカー品と同等または上回るクオリティーと自負しておりますと共にご購入者より数多くのお褒めをいただいております。 超お買い得な「オーダーカーテンの窓カフェ」アウトレット。 有名メーカーの廃番品やホテル等の別注品の余剰反、ブランドメーカー用の試作品等、オリジナル開発品から独自ルートで仕入れた掘り出し商品を数量限定で販売。 とにかく激安価格、売り切れ御免。 お早めにお買い求めください。 欧米ではレースカーテンの王道。 ジョイントがなく、おしゃれでウエーブが綺麗な横使いカーテンはこちら。 WEBショップでは扱いの少ない特におすすめのコレクションです。 セラミック入り太陽光遮断糸が熱を遮断し異型ブライト糸がミラー効果でプライバシーを守る。 またUVカット機能でお部屋の日焼けを防止、もちろん遮熱効果もございます。 伝統的なデザインをヨーロッパの香りをそのままに、ベーシックなジャガード織物で復活した人気のドレープカーテンコレクションです。 おしゃれでエレガントな刺繍コレクション。 モダンな植物柄やクラシックデザインまで多彩なバリエーションからお選びください。 レースカーテン以外に珍しいドレープカーテンの刺繍柄もご用意しております。 素材・色・テクスチャーを吟味して開発された充実したモダンデザインのコレクション。 北欧調デザインやイタリアモダン等、ジャガード・プリントなど様々な種類の生地で表現しました。 数々の有名ホテルに採用されている「オーダーカーテンの窓カフェ」防炎コレクション カラーが豊富な1級2級の遮光カーテン以外にドレープカーテンにも採用。 もちろんレースカーテンのラインアップも豊富です。 花柄や植物柄を現代的にアレンジした「オーダーカーテン窓カフェ」のプリントコレクション。 かわいい子供部屋用も含め、お部屋造りに彩りを加え、明るい生活を演出します。 色と素材が豊富な「オーダーカーテンの窓カフェ」無地コレクション 生地の表情が豊かで白や黒を含めカラーバリエーションも豊富、最も人気のシリーズです。 糸使い・編み・加工の技が生きる「オーダーカーテンの窓カフェ」ファンシーレースコレクション。 プライバシーを守るミラーレースはもちろんUVカットや遮熱機能も充実で、すべて格安価格でのご提供です。 TEL. 0120-669-637(9:00〜19:00) ー 売れ筋ランキング ー• 「窓カフェ」マスターより こんにちは! このたび、窓カフェの新店長に就任しました「ラテ」です。 私の本業はインテリア専門商社のバイヤーです。 おもに国内外ブランドメーカーのカーテンの仕入をする傍ら、なぜか当店の店長を任されております。 日本のカーテン業界はちょっと複雑で古くから悪しき慣習もたくさんあります。 当店にご来店のみなさまにはそうした慣習に惑わされず、正しい判断でお買い物ができるよう、なるべく多くの情報を発信していきたいと思っております。 当店の商品は有名インテリアショップや家具店、住宅メーカー、マンションオプション、また数々の有名ホテルへの納入実績を誇り間違いなくご安心いただけるものです。 わからないことやご質問がありましたらご遠慮なくお問合せください。 では美味しいコーヒーでも飲みながらごゆっくりご覧ください。

次の

【窓カフェ】激安アウトレットのオーダーカーテン通販専門店

オーダーカーテン 70

ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月12日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月19日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 12月26日(木)は店内メンテナンスの為、横浜店は臨時休業となります。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございません。 Column 季節によるカーテンの選び方など、カーテンについての情報を掲載!• 2020年03月04日 2020年のトレンドカラーの中でもこの春夏おすすめのカラーは大人っぽさを感じるペールトーンのニュート…• 2019年09月24日 今年の秋冬はブラックが再登場、ストイックで神秘的な雰囲気を感じさせる色ですね。 黒はたびたびトレンド…• 2019年05月14日 今年の夏のトレンドカラーはテラコッタ&ティールブルー暖色と寒色、情熱的でクール、対照的なふたつの夏カ…• 2019年01月21日 毎年、パントン社発表される「カラー・オブ・ザ・イヤー」2019年のカラートレンドが発表されました。 2018年11月21日 空が高くなり風が冷たく感じはじめ、いよいよ冬の到来です。 2018年の冬は、平成最後の冬ですね。 こ… カーテンの語源は幕、覆いを意味するラテン語の「cortina」から変化したものだといわれています。 古くはエジプト時代にさかのぼり、当時は現在のような窓に掛けるような形ではなく、寒さを防いだり、プライバシーを守ったりなどベットの周囲を布で覆ったものであったと考えられています。 中世ヨーロッパでガラスの製造技術が進み、平らなものが作られるようになりました。 当時流行のゴシック建築では、壁を薄くして開口部を大きく取る事ができる様になり、ガラス窓やステンドグラスが取り入れられるようになりました。 しかし、当時ガラスはとても高価で、これを利用できたのは教会や王侯貴族などに限られました。 このガラス窓装飾の為にカーテンがかけられるようになりました。 カーテンにもファッションと同じように、それぞれの時代により流行のスタイルがあったようです。 15世紀、イタリアのフィレンツェにおいて、文芸復興が花開いたルネッサンス時代は、窓はそれほど大きくはなく、カーテンはあくまでもガラス窓を引き立てるための装飾品として使われていたようです。 窓を完全に覆ってしまわず、ひだもほとんどありませんでした。 17世紀のバロック様式では、光沢のある布や金、銀糸を織り込んだ贅沢な布が使用されるようになりました。 上飾りの縁どりやタッセルなどには複雑なデザインが好まれ、重厚な形に変化しました。 ロココ様式には、軽やかで柔らかく繊細な曲線のデザインが好んで採り入れられ、ナポレオン旋風が吹き荒れた19世紀、古代エジプトやローマを思わせるような古典的で荘重なアンピール様式です。 この時代に今日のドレープとレースの二重掛けスタイルの原型が誕生しました。 日本においては、平安時代に几帳(絹の織物の衝立)が間仕切り的に用いられたり、御簾(竹製のすだれ)や壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)が使用されており、それらが今日のカーテンの原点とも言えます。 日本でカーテンが使われるようになったのは江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃だと言われていますが、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったと考えられています。 当時は「窓掛け」といわれ、ほとんどが輸入品の高価なものでした。 「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、素材として綿・毛・絹、麻などが用いられ国内で生産され始めました。 大正期に入って中産階級が増え、次第に広まっていき、建築の近代化や洋風化が進み、カーテンも増えてはきたもののまだ一部の上流階級のものでした。 そして昭和30年代に入り、一般住宅に本格的にカーテンが普及し始めました。 住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。 その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、カーテンは家庭の必需品として定着するようになりました。 現在では、季節よってカーテンを変えたり、自分の気持ちにフィットするカーテンに変えたり、カーテンもインテリアとしての価値が高まっています。 特にオーダーカーテンでファッショナブルな窓装飾をしている方も増えています。 オーダーカーテンのことならカーテンファクトリーにお任せ!1万円~のバリュープライスで良質なカーテンをご提供いたします。 横浜、川崎エリアに4店舗ございます。 店舗にも是非お越しください。

次の