ドラパルド 育成 論。 ドラパルト育成論、二刀流が強い努力値振り、技候補や性格 ポケモン剣盾

【ダブル】ドラパルトの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ドラパルド 育成 論

本日からポケモン剣盾の育成論や構築記事を上げていくのでよろしくお願いします。 今回紹介するポケモンは「意地っ張り鉢巻ドラパルト」です。 ドラパルトは合計種族値600、いわゆる600族と呼ばれるポケモンの1匹で、現在のランクマッチ環境ではミミッキュに次ぐか同程度の圧倒的使用率を誇っています。 このドラパルトを使用したパーティで マスターボール級21位まで順位を伸ばすことができたので、ある程度信用できる型なのかなと思っています。 技構成に関しては、火力の出せる技としてドラゴンアロー、後述する意地っ張り鉢巻の強みを活かすためふいうち、ナットレイなどの鋼に対してダイマックスを切って打つ技として大文字までは確定でいいでしょう。 ラスト1枠はミミッキュやオーロンゲなどフェアリーに強く出るなら鋼の翼、シンプルに火力を求めるならゴーストダイブがおススメです。 ダイホロウのBダウンが強力 意地鉢ドラパルトの強み ・B4振りドラパルトに対して不意打ちで乱1 68. 現在のランクマッチではスカーフドラパルトが流行しており、ドラパルト同士の対面になった際には基本的にドラゴンアローで突っ込んできます。 もし倒せなかったとしても後続の先制技圏内に入っていますし、他の型のドラパルトがダイマックスを切ってきたとしても大きく削ることができ、良い展開を作ることができます。 例えば、上記のドラパルト不意打ちに加えて、意地A252オーロンゲに黒い眼鏡などの火力アップアイテムを持たせた不意打ちで叩くことで、ダイマックスを切ったドラパルトを確定で倒すことが可能です。 最速を取らないデメリット 準速ドラパルトの素早さ実数値は194で、これは 最速125族と同値です。 これに該当するポケモンは、 マニューラ、コオリッポ ナイスフェイス 、サンダース、ガラルヒヒダルマ ダルマモード 、カマスジョーの5体です。 ダルマモードのヒヒダルマはほぼ使われないので、実質4体と言っても過言ではありません。 また、スカーフ持ちやダイジェットといった素早さ1段階上昇についても考慮する必要があり、これに関しては最速66族と同値です。 こちらに関しては数は多いものの、最速で使われているのをよく見かけるのはウオノラゴン、パッチラゴンの2体ぐらいでしょうか。 ただし、この2体に関しては超火力を押し付けてくる要注意ポケモンなので、別途処理ルートを用意しておく必要があります。

次の

ドラパルトの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルド 育成 論

HP: 88• 攻撃: 120• 防御: 75• 特攻: 100• 特防: 75• 素早さ: 142 現環境最強 今環境の怪物。 A120、S142とかヤバすぎ。 ダイマックスで上から強力な攻撃を叩きつけることが可能。 とりあえず出来ることが多すぎる。 物理型が主流で、見たことないけど特殊型もいるっぽい。 現環境では採用率はミミッキュと同じぐらいいるので、対策は必須。 ドラパルトの主な持ち物は? 最近の流行はスカーフ。 次点でタスキ。 他には鉢巻や命の玉など。 ただし、命の玉はパーティ採用率トップのミミッキュがほぼ確定で持っているため、ミミッキュとドラパルト両採用されている場合、ドラパルトが命の玉を持っていることが少ないため、玉持ちドラパルトは少なめといえる。 ドラパルトの主な性格は? 正直多すぎて困る。 いじっぱり、やんちゃ、ようき、むじゃき、せっかちなどなど。 スカーフ持ちなら火力がほしいので、いじっぱり、やんちゃで良さそう。 ドラパルトの対策は? 有名なところで言うなら ミミッキュ、オーロンゲあたりで簡単に処理できる。 ナットレイではきつい。 スカーフドラパルトの育成論 今回は流行りのスカーフ型の育成論。 性格:いじっぱり 持ち物: こだわりスカーフ 努力値: A228 B28 S252 特性:クリアボディ 技:とんぼがえり ドラゴンアロー かえんほうしゃ シャドーダイブ 調整について• A:余り• B:いじっぱりナットレイA252振りジャイロボール確定耐え 83. S:最速 ドラパルトを上から攻撃することが可能。 ただし、最近スカーフドラパルトが流行っているため、ミラーになることが少なくない。 よって、sを落とすわけにはいかない。 Aを少し落としてBに少し回し、環境に多いナットレイの対面に強くなるような調整した。 かえんほうしゃでH252d4ナットレイ確2 66. 2〜79. ただ、耐久性が少し落ちる上に、通常の大文字の命中が不安定で、対ナットレイでダイマックスがきれない場合、2回連続で当てなければならないのがやだったのでこちらの案は不採用。 特性について すりぬけの強みが生かせる場面にほとんど対面したことないのでクリアボディを選択。 ギャラやウィンディの威嚇、ダイマックス技の能力値ダウンも無効。 持ち物について こだわりスカーフを持たせることで 素早さが291となり、どんな相手でもほぼ先に行動できる。 からを破られた後のパルシェンよりも早い。 技構成 ドラゴンアロー、シャドーダイブ これは確定。 抜く理由ないです。 とんぼがえり ミミッキュの皮剥がせる。 オーロンゲ相手には先制電磁波が嫌なので、とんぼでダメージを入れるよりも交代した方がよいかも。 ちなみに電磁波で麻痺すると素早さが145 最速80族と同じ まで落ちる。 かえんほうしゃ 主にナットレイ対策。 かえんほうしゃでもだいもんじでも確定2発なので命中安定のかえんほうしゃでよい。 後は上に書いた。 ダメージ計算 与ダメ ドラゴンアロー HC252、B4ロトム確2 53.

次の

【ドラパルト育成論】のろい×壁貼り=起点作成/対策と弱点も解説|ポケモット

ドラパルド 育成 論

弱保ドラパルトの育成論 特性 クリアボディ 性格 いじっぱり 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:76 攻撃:236 防御:148 特攻:0 特防:4 素早さ:44 実数値 173-187-114-x-96-168 技 ドラゴンアロー ゴーストダイブ アクロバット はがねのつばさ 持ち物:じゃくてんほけん タイプ相性で弱点の技を受けたとき攻撃と特攻を2段階上昇させる道具です。 耐久が大きく上がり倒されにくくなる ダイマックスと「じゃくてんほけん」は非常に相性が良いです。 ドラパルトは「つるぎのまい」や「わるだくみ」など 決定力を大きく上げる手段がないため、この持ち物で補うことができます。 この調整を施さなくとも基本的に対面から突破することは可能ですが、「こだわりスカーフ」持ちに上から2回殴られて負けてしまったりすることを防いだり、ダイマックスターンを節約することができるようになります。 今回のように物理、特殊ともに調整先が存在する場合は、まずHPを伸ばし必要努力値が少ないほうを耐えるようにします。 その後、もう片方の攻撃を耐えるまで防御または特防を伸ばすことで効率の良い配分を実現できます。 また、連続技なので「じゃくてんほけん」発動後であれば「きあいのタスキ」を貫通して倒すことができ、6世代のメガガルーラを彷彿とさせるような活躍を見せます。 ダイマックス技として使用した場合 相手の攻撃を下げる追加効果を持つので、「じゃくてんほけん」の安全な発動に貢献するほか、バンギラスとの殴り合いで相手の「じゃくてんほけん」を発動させずにダメージレースで勝利することを可能にします。 また、通常技として使用した場合1ターンの無敵があるため、相手の ダイマックスターンを稼ぐ技としても活用できます。 ただし、鋼タイプが弱点であるバンギラスやトゲキッスは「じゃくてんほけん」を持ちがちなので、「ダイドラグーン」や「ダイジェット」などで削ってから「ダイスチル」を使用しましょう。 ただし、元の技が 命中不安であることや、特防に努力値を割いたり 「タラプのみ」を持ったアーマーガアは突破できない点などデメリットも存在しますし、そもそも 「はねやすめ」で様子見された後に交代されるとほとんど活躍しないままダイマックスが切れてしまうため根本的な解決となっているとは言い難いです。 ダイマックスした時に 「ダイウォール」に変化する点も優秀ですが、ドラパルトの「じゃくてんほけん」が発動してかつ生存している場合はほぼ勝ちであることが多いので、 過剰な有利状況技であるとも考えられます。 弱保ドラパルトの対策 殴らずにやり過ごす• まともに殴り合って勝てるポケモンではないので、タイプや数値の高さを活かして受けることでダイマックスターンが切れるのを待つのがベストな対策です。 ただし、 「ダイホロウ」が防御を下げてくるため2匹以上受け流せるポケモンを選出し交代を混ぜ合わせるか、技「あくび」で連打を抑制するなど工夫は必要です。 ダイマックス+ミミッキュで倒しきる• 調整を見てもらえば分かる通り、このポケモンはダイマックス同士での殴り合いにかなり強いです。 しかし、こちらもダイマックスしないとただ高火力技で倒され反撃すらできません。 そこで、 撃ち合いで勝つことを諦め、ダイマックスポケモンで削り裏のミミッキュで倒しきるルートを取ることでなんとか対処します。 今回紹介したドラパルトは ダイマックスポケモンの撃ち合いにおいて非常に強く、上手く決まれば1体でゲームを制することができる性能を持っていました。 同じポケモン、 同じ持ち物でも開拓が進み技構成や配分が新たになることで大きく性能が変化することもこのゲームの面白さの1つですね。 新たな調整や型が発見され次第、随時紹介していくので最新情報をチェックできる公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。

次の