足の臭い 体調不良。 原因がわからない謎の体調不良「不定愁訴」についての5つの考察

足が臭いっ……! 医師に聞いたニオイの原因と改善する方法|「マイナビウーマン」

足の臭い 体調不良

<目次>• 蚊に刺されやすい人の特徴は? 蚊などの昆虫はフェロモンというニオイ成分で、代謝や生態がコントロールされています。 蚊が人間の血を吸うのは、雌の蚊が産卵期に栄養を補給するためで、雄の蚊や産卵期にない雌の蚊は血を吸いません。 普段は花の蜜や樹液を餌にしています(参考「」)。 蚊に刺されると痒いのは、蚊が血を吸う前に血液中の血小板が吸っている間に固まらないように、特殊な唾液を血管に注入するため。 蚊が血を吸うターゲットを決める際、体温に反応して血を吸いに集まります。 また、触覚に嗅覚受容体とよばれるニオイセンサーをもっており、乳酸やオクテノールなどのニオイに集まる。 同じ場所でも刺されやすい人と、刺されにくい人がいるのは、この要素の差から来ています(参考「」)。 次に蚊に刺されやすい人の特徴を挙げていきます。 (特徴1)体温が高い人 もともと体温が高めの人は、低体温の人に比べて蚊に刺されやすい傾向があります。 また、妊婦や赤ちゃんも一般的に体温が高いので、蚊に刺されやすく、お酒などを飲むと一時的に体温が上がるため、蚊に刺されやすくなります。 (特徴2)二酸化炭素(CO2)の排出の多い人 蚊は、二酸化炭素に誘引されます。 体温が高い人は基礎代謝が高いので、結果として二酸化炭素の排出が多くなります。 生まれつき体温が高いタイプの人もいますが、一般的には若い人、赤ちゃんや妊婦さんは体温が高く、二酸化炭素の排出も多くなります。 また、普段は体温が高くない人でも、お酒を飲むと二酸化炭素の排出が多くなり、蚊に刺されやすくなります。 (特徴3)O型の人 国内外の研究で血液型によって、蚊の刺され方に差があるという結果が報告されています。 ある研究によると、O>B>AB>Aの順に刺されやすいという結果が報告されています(参考「」「」)。 O型を決めている糖鎖が花の蜜の糖成分と似た構造をしており、これが皮膚常在菌に分解されて花の蜜と同じニオイを発するからだとしました。 しかし、このO型説には反論も多いようで、明確な結論は今のところ出ていません。 (特徴4)体臭が強い人 体臭の強い人が蚊に刺されやすいことも知られています。 蚊は乳酸や二酸化炭素、体温に誘引されますが、この他にも体臭に含まれる様々なニオイ物質に誘引されます。 ある研究によると、乳酸より誘因性がある17種の脂肪酸が報告されています。 また、これらのニオイ物質の組み合わせによっても、蚊の誘因性が異なり、これは後で述べる皮膚常在菌とも深い関係があります。 蚊に刺されやすい人は足の臭いがする?その理由は? 最近放映されたTV番組で、京都の高校生が小学生の妹の足に蚊が集まることに疑問を持ち、研究をしたことが紹介されました。 この研究によると、ニオイの強さよりも、足の皮膚常在菌の種類の多さに関係するという結果がでたそうです(参考)。 皮膚常在菌の種類が多いということは、ニオイの種類が多いということに繋がります。 菌はその種類によって、好んで食べる物質が異なりますし、持っている代謝酵素も異なるので、その結果出るニオイも異なります。 つまり、菌一種類毎に独特のニオイがあるといっても過言ではありません。 人間は37兆個の細胞で構成されているといわれますが、それと同時に、腸には100兆個、皮膚には1兆個以上など、様々な常在菌と共生していることが知られています(参考「」)。 皮膚常在菌の種類は200種類以上あるとされ、代表的なものに表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌、ニキビの原因菌であるアクネ桿菌などがあります。 菌というとあまり良いイメージはありませんが、皮膚常在菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌は悪玉菌が増えるのを防いだり、皮膚表面を酸性にして皮膚を健康に保ち、免疫を刺激して皮膚抵抗性を高めたりしてくれます。 しかし、悪玉菌が増えると様々なトラブルの基にもなります。 黄色ブドウ球菌は誰の皮膚にもいて、通常は害がありませんが皮膚が酸性でなくなると、勢いを増して皮膚が化膿したり、トビヒができたりします。 マセラチア真菌も通常は害がありませんが、増えすぎるとフケが出たり、脂漏性皮膚炎になったりします。 また、アトピー性皮膚炎がある場合は、この菌が増えると悪化してしまいます。 アクネ桿菌も普段は脂肪酸などを分泌して、皮膚を酸性に保ち保護する働きがありますが、増えすぎるとニキビの原因になります。 この他にも、200種類ある常在菌の中には悪玉菌もたくさんいて、足の分泌物や剥落した皮膚の角質を食べて、蚊が大好きないろいろな種類の脂肪酸を排泄します。 蚊は主に乳酸や二酸化炭素に誘引されますが、皮膚常在菌が増えることで、乳酸より誘因性が高いとされる様々な脂肪酸群が生成して、蚊を足に誘引している可能性が高いのです。 足の臭いを防ぐ方法と対策 そもそもなぜ足は臭いのでしょう?「手に汗を握る」というのはハラハラ、ドキドキした様子を表現する言葉で、人間は緊張すると手のひらに汗が出ます。 この「手に汗握る」状況では、実は同時に足の裏にも汗をかいていますが、あまり気が付きません。 これは人間がかつて樹上生活をしていた霊長類であることに起因しています。 木の枝から木の枝に飛び移るような緊張状態では、手や足が滑って落ちないように、手のひらや足の裏に汗を出して、グリップ力を高めているのです。 今でもロジンバッグのような滑り止めがない時には、手のひらに唾を付けて、滑らないようにするのと同じ原理です。 このため手のひらや足の裏には汗腺が多く存在します。 緊張した時はもちろんですが、暑い時にも汗腺からは汗が出ます。 足が臭くなりやすいのは、足の裏に汗をかきやすいからです。 加えて高温多湿の日本に、西洋の服飾文化である靴が明治時代に入り、一般化したことが拍車をかけました。 高温多湿で足の裏に出た汗は、靴の中で飽和状態になり、足のニオイの原因になる常在菌の温床になります。 この皮膚常在菌がびっしりと付いて、さまざまな悪臭を発する靴下が蚊は何よりも大好きなのです。 蚊に刺さされないための対策は足の臭い予防と根本改善を• 足を清潔に保つ 足のニオイを解消して、蚊の攻撃を防ぐには蚊の大好きなニオイを、足から放散しないことです。 このために最も大事なのは、足の皮膚常在菌を暴走させないことです。 つまり常在菌を増やし過ぎず、善玉菌と悪玉菌のバランスを常に良くすることです。 汗をかきやすい夏などは、夜はお風呂で足の指の間も良く洗い、朝もシャワーできれいにしましょう。 デオドラント効果がある石鹸なども市販されていて有効ですが、こまめに洗うことが一番です。 しかし、あまり極端に洗いすぎると、善玉菌まで洗い流してしまい逆効果です。 清潔に保つことが大事• 靴下を履き替える 足のニオイが気になる人は、毎日清潔な靴下に履き替えることはもちろんですが、お昼頃に一度履き替えるのも大変有効です。 常在菌は湿度と温度が高いと爆発的に増殖しますので、夕方には靴と靴下は大変なことになっています。 抗菌作用がある靴下も販売されていますが、基本的なことをした後でないと有効性は限定的です。 靴と靴下の常在菌の増殖を防ぐには、通勤用の靴と、仕事場での履物を変えるのも有効です。 毎日同じ靴を履かない 毎日同じ靴を履いて通勤する人がいますが、これは最低です。 日中、高温多湿の靴の中の環境で爆発的に増えた常在菌(特に悪玉菌)が、一晩では乾燥しきれず菌が増殖し、更に翌日増殖することを繰り返すからです。 靴は3足以上持って、1日履いたら2日は最低乾燥させる必要があります。 乾燥する間は活性炭や乾燥材を入れておくと効果的です。 保管場所も乾燥した場所を選び、週に一度ぐらいは日光に当てると、ほとんどの菌は死滅します。 靴は毎日履くと変形しやすく、長持ちもしませんから、結局経済的でもあります。 根本対策で足の臭いと蚊の対策を! 蚊が大好きな足のニオイの原因と、その対策を解説してきましたが、そもそも全てのニオイにはその根本原因があります。 上で解説した対策は、いわば水際対策です。 足に限らず体臭の全ては、その人の生活習慣によって大きく左右されます。 体臭とは、その人が食べているもの、その人の生活習慣の結果として発生するものです。 本当の意味での対策は、先ずこれらの食習慣や生活習慣の改善無くして効果は期待できません。 この根本対策については、これまでの私の記事に詳しく載っていますので、是非参考にして頂き、足のニオイと蚊の攻撃の対策として下さい。 【関連記事】•

次の

足のニオイは「爪垢」が原因かも!?簡単にできる足の爪のケア方法

足の臭い 体調不良

足の臭いは気になるものですが、汗をかいたり蒸れたりすれば臭いがあって当然だと思っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、本来、かいたばかりの汗は無臭のため、足が臭いときには何らかの病気が隠れていることもあるのです。 清潔にしているつもりなのに足の臭いがなかなかとれない• 足の臭いが気になる…足だけでなく全身の汗が臭う気がする• 足だけ汗を異常にかく気がする…なんだか臭いも気になる といったときにはどのような原因が考えられるのでしょうか。 足が臭いときに考えられる病気 足の臭いが気になるときには、足になどの原因がある場合や、などの病気が隠れている場合があります。 足の臭いだけが気になる 足の臭いだけが気になるときは、や足のなどの可能性があります。 水虫 とは、 白癬菌 はくせんきん というカビの一種が足などの皮膚に感染することで起こる病気です。 手や体にも感染しますが、高温多湿で菌にとって過ごしやすい環境である足への感染が9割近くを占めます。 足の指の間や足の裏、土踏まず、かかとなどが赤くじゅくじゅくとして皮がむける、白くふやけてぶよぶよする、、小さな水疱、乾燥、ひび割れなどの症状が見られます。 感染者の皮膚からはがれ落ちた角質を素足で踏むなどし、その後、洗い流されず皮膚に残った菌が傷ついた角質に入り込んで繁殖することで発症します。 不潔で高温多湿の状態で感染するので、足の臭いがしたらにも注意が必要です。 他の部分の臭いも気になる 足だけでなく他の部分の臭いも気になるときには、や肝臓の病気などが隠れている場合もあります。 糖尿病 とは、インスリンの減少もしくは作用の低下によって、食事で摂取したブドウ糖をエネルギーにうまく変えることができずにが高い状態になる病気です。 不足したエネルギーを補うために、肝臓が中性脂肪を分解して脂肪酸を作り、脂肪酸からケトン体というエネルギーを合成します。 このケトン体が甘酸っぱく、果物が腐ったような臭いがするので、患者でケトン体が増えると汗からケトン体の臭いがすることがあります。 その他の主な自覚症状は、尿が多い、のどが乾く、体重減少、疲れやすさなどです。 病が進行するとや腎症、神経障害などの合併症を引き起こすこともあります。 肝臓の病気 肝臓は、たんぱく質を分解する過程で生じるアンモニアという有害物質を無害な尿素に変えるはたらきがあります。 肝臓の病気でこの機能が低下すると、分解されずに残ったアンモニアの一部が汗に含まれて、ツンとしたアンモニア臭を放つことがあります。 肝臓の病気はアルコールの摂りすぎや生活習慣などが原因で30~40代から発症しやすくなります。 かなり進行しないと自覚症状が現れにくいですが、疲れやすさや肩こり、皮膚の黄疸、体重減少、むくみ、などの症状が現れることがあります。 病院を受診する目安と医師に伝えるポイント 本来、汗は無臭なので、清潔にしていても臭いがなかなかとれない場合は何らかの病気が隠れていることもあります。 なかなか臭いが改善されないときには、一度皮膚科を受診してみましょう。 医師にはいつ頃から臭いが気になるのか、皮膚症状(じゅくじゅく、カサカサなど)はないか、全身の症状(だるい、疲れやすい、体重減少など)、臭いの特徴(ツンとした臭い、甘酸っぱい臭いなど)等分かる範囲で詳しく伝えると診断の助けになります。 日常生活上の原因と対処法 靴や靴下の問題や、清潔を保てていないことなどで足の臭いが発生している可能性もあります。 靴や靴下が臭う 足の裏は汗をかきやすい部分で、靴や靴下によって密閉されることで高温多湿になり雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなります。 靴や靴下のケア 靴を脱いだ後は消臭・殺菌効果のあるスプレーをし、乾燥剤を入れて靴をよく乾燥させましょう。 1日履いたら2日ほど休ませると清潔に保て、雑菌が繁殖しにくくなります。 長時間靴を履く時には、抗菌・防臭効果のあるものや木綿・麻素材の吸湿性の高い靴下を履いたり、こまめにストッキングや靴下を履き替えたりすることで臭いを減らすことができます。 また、可能であればサンダルへの履き替えや、素足で過ごすことを増やし、通気性をよくして足が蒸れないように心がけましょう。 通気性の悪い靴 革靴やブーツなど通気性の悪い靴は足が蒸れるので、臭いが発生しやすくなります。 革靴などを履くときには どうしても革靴などを履かなければいけないときには、毎日同じ靴は履かずにきちんと手入れをすることが大切です。 爪の間や指の間の汚れ 臭いの原因となる雑菌は角質の皮脂やタンパク質をエサにして繁殖するので、足が汚れていると臭いがしやすくなります。 足を清潔に保つには 足は不潔になりやすいので、毎日の入浴で足をしっかりと洗いましょう。 特に爪の間や指の間は汚れがたまりやすくなるので、特にていねいに洗うようにします。 角質を傷つけるとなどの菌が入り込みやすくなるので、軽いしや角質とりの使用は控え、せっけんでていねいに洗うのが良いでしょう。 また、浴室の足ふきマットやスリッパなどは頻繁に洗ってよく乾燥させ、清潔に保ちましょう。 よくならないときには 足の臭いがいつまでもよくならないときには病気が隠れていないか確認するためにも、一度病院を受診しましょう。

次の

「くさい!」の傷つけない上手な伝え方|体臭対策の殿堂

足の臭い 体調不良

もくじ• 足の臭いの原因が内臓にある3つの可能性 肝臓が弱っている場合はアンモニア臭 肝臓はカラダの中でも毒素を無毒化する役割がある貴重な内臓です。 肝臓と腸の間で臭い成分が移動し合って無毒化することで臭いが発生するのを防いでくれているのですが、肝臓が弱まるとこの機能が弱まります。 カラダの中でタンパク質を分解するときにアンモニアが発生しているのですが、これは肝臓の働きによって無臭化されているのです。 つまり、肝臓が弱まることでアンモニアの分解機能が弱まることで血中に成分が乗ってしまい汗とともに流れ出て臭いが発生してしまう可能性があります。 胃腸が弱っている場合は卵が腐った臭い 胃腸の機能が弱っていると消化しきれなかった食べ物が体内で腐敗して卵が臭ったような臭いであるが発生してしまう可能性があります。 腸が弱っている場合は便臭も 便秘などによって腸内環境が悪くなり悪玉菌が増殖すると硫化水素やアンモニア、スカトール、インドールなどの腐敗ガスを生み出します。 それが血中に乗って汗として排出されることで、臭いの原因になる可能性があります。 このように 内臓が原因となって足の臭いを発生させている可能性もあるのです。 不調を感じる人は病気よる内臓機能低下の可能性も考えられますので、心配な人は一度病院にかかることをおすすめします。 続いては対策をお伝えしていきます。 足の臭いが内臓にある場合の対策 ストレスをためない 内臓の機能は自律神経が司っています。 自律神経がストレスによって乱れることによって内臓機能が低下することで臭いを発生させている可能性があるのです。 そのため、できるだけストレスをためないように発散を心がけたり、ストレスの元になるものからは可能な限り離れるようにしましょう。 臭ってないかどうかがストレスになるケースもあると思いますが、その場合は「臭い対策をしてるから大丈夫」と思えるように対策をすることでストレスを減らすことができます。 臭いのストレスについては難しいかもしれませんが、臭いに対して開き直ってしまうのも大切です。 睡眠をしっかり取って質を上げる 睡眠中は副交感神経が優位になり成長ホルモンが分泌され、これらによって内臓機能が回復し免疫細胞も数が増えることがわかっています。 睡眠時間を取ることはもちろんですが、睡眠の質もカラダの状態を左右しますので、できるだけ自分が睡眠を取りやすい環境を作ることを心がけましょう。 睡眠が浅くなるスマホやPCによるブルーライトは睡眠1時間前から避け、寝る前の食事や交感神経を刺激するカフェインやタバコはやめるようにしましょう。 アロマをたくなどリラックスできるできる環境を作るのが大切です。 暴飲暴食を避けて食生活を変える 内臓に負担を与える脂っこい食事やアルコールの大量摂取は避けるようにしましょう。 カラダに負担をかける食事はそれだけ体内の酵素を消費します。 体内の酵素には消化を司る消化酵素とカラダの機能を司る代謝酵素があるのですが、消化酵素が暴飲暴食で不足すると代謝酵素が助けに入ることになります。 それによって、代謝酵素が不足すると不調を感じる要因にもなるのです。 胃腸に負担をかけて機能が落ちるだけでなく、他の内臓にも負担をかけることになるので注意しましょう。 野菜を中心にビタミンやミネラルなどの栄養バランスを考えて食事を取るのが大切です。 また、野菜以外にも海藻類などに含まれる食物繊維や乳製品に多い乳酸菌、オリゴ糖を含む食べ物を食べることで腸内環境がいい方向になるようにしていきましょう。 噛む回数を増やす 噛む回数を増やすと満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐだけでなく、食べ物が唾液によって消化されやすくなったり、小さくなった状態で胃腸に届くので内臓への負担が少なくなります。 カラダを冷やさない 冷えは内臓機能を低下させる要因です。 冷たい飲み物を控えて常温の飲み物を飲むようにしたり、カラダを冷やさないように心がけましょう。 カラダが温まるホットジンジャーの摂取がおすすめです。 運動をする 運動は血流を促進させて内臓に必要な栄養素や酸素を行き届きやすい状況にしてくれます。 運動によって汗を流すことは体臭面でも臭いにくい、いい汗をかくために重要な要素であるため、臭いで悩んでいる人はぜひ取り入れておきたいところです。 長めに入浴する しっかりと入浴して汗をかくことは代謝アップには大切です。 血流を促進してくれるだけではなく、老廃物を流すデトックス効果が期待できます。 姿勢を良くする 姿勢の悪さは内臓機能を低下させて血流を悪くする要因になります。 姿勢が良ければそれだけ血流が良くなり、内臓機能も活発化するので疲労しにくくなります。 姿勢は見た目の美しさだけでなく、カラダにとっても大切なことです。 足の臭いの原因が内臓にある場合体臭がある可能性あり 内臓が原因の場合は足自体ではなく血液レベルでクサい可能性あり 内臓が弱っている場合、血流に臭い成分がのっている可能性があります。 足の臭いがクサいだけでなく汗や皮脂の分泌によって臭いの原因成分がカラダ中から排出されるため、体臭がある可能性が高いと言えるでしょう。 そのため、体臭対策も大切です。 体臭には3種類ある 体臭には汗や皮脂などの皮膚表面で発生する体表面体臭。 体内から臭いが発生する体臭。 腸内から臭いが発生する体臭といったように大きく分けると3つあります。 内臓の臭い対策は原因が多岐にわたり、体質を改善するにしても変わるまでには3ヶ月かかるとも言われており、臭いの対策までは時間がかかるのが正直なところです。 そのため、おすすめなのはサプリメントです。 体臭も心配な方はサプリメントもご覧になってみて下さい。 まとめ 足の臭いは肝臓、胃腸などの内臓によってもたらされる場合があることがわかりましたね。 通常の足の臭いの発生と違って汗や皮脂に臭い成分が乗って足の臭いが発生しているということは気づいていないものの体臭となっている可能性があります。 まずは臭いがでないように内臓機能が低下しないような生活習慣を目指しましょう。 ニオイが心配になると心配や焦りなどからくる精神性の発汗によってニオイが発生してしまう悪循環に陥ってしまいます。 すぐにでも足の臭いを対策したいという人には全身も合わせて対策できる石鹸がおすすめです。

次の