守護 ビショップ。 class_ビショップ

アンリミ守護ビショップの終着点【Shadowverse】【デッキ紹介】|通称:ようせいしょうじょ|note

守護 ビショップ

成長段階 クラス名 射程 クラス特性 備考 初期 ビショップ 170 防御力無視の範囲攻撃 アンデッドタイプの敵に対して攻撃力1. 4倍 全員のHPが秒間 30回復 第二覚醒 パトリアーク 280 防御力無視の範囲攻撃 アンデッドタイプの敵に対して攻撃力 1. 3倍 攻撃の効果範囲が1. 3倍 全員のHPが秒間30回復 通常時は同様の範囲魔法攻撃を行うが、スキル発動により味方の回復を行うことができる遠距離クラス。 スケルトンやヴァンパイアなどアンデッドタイプの敵に特攻を持つのも特徴。 メイジよりもコストがやや高く攻撃力にも劣る傾向があり、スキルも含めると全体的な攻撃性能はメイジの方が上。 とはいえ攻撃力値そのものは範囲攻撃役として充分であり、また魔法耐性も高いものを備える。 アンデッド特効が活きるマップであれば、他のどの範囲魔法攻撃役よりも高い殲滅力を発揮する。 味方のHP回復を行えるスキルを持つのも共通の特徴。 素の攻撃力が高いため、1回あたりの回復力は信頼できる。 ただし回復はメイジの攻撃速度と同等の速度で行うので、やと比べ総合的な回復力は劣る。 また一部のユニットを除きスキル中は攻撃しなくなるので、発動のタイミングを間違えると殲滅力の低下から後逸・戦線決壊等の結果につながる。 基本的にはメイジ互換の攻撃要員として戦い、終盤のボス戦など高い回復力を求められるポイントで回復に転じるという運用になる。 上手く使えば攻防両面で器用に立ち回れるが、スキルを含めての運用には計画性が求められる。 もちろん単純に攻撃スキルの無いメイジとして用いることも可能。 その場合は置いてそのまま高い殲滅力を発揮し続けてもらえばよい。 積極的にクラスチェンジを検討したい。 敵がアンデッドの場合攻撃力1. 2倍、覚醒後は1. 4倍になる。 5倍 フィロソファーのアンデッド・エンジェルへの攻撃力上昇倍率が上昇 1.

次の

鉄壁の守りで相手の猛攻に耐える!「陽光ビショップ」

守護 ビショップ

アークビショップが装備時 装備名 アークビショップが装備した際の効果• [オーディンの力]Lv2使用可能• 精錬値が8以上の時、下記の効果追加• 精錬値が8以上の時、下記の効果追加• 精錬値が8以上の時、下記の効果追加• 魔法攻撃命中時、一定確率で自分にオートスペル[セイフティウォール]Lv3発動• [セイフティウォール]の習得Lvが4以上の場合、習得Lvで発動• 詠唱が中断されない• 魔法攻撃命中時、一定確率で敵をスタン状態にする• 絶対に凍結しない アークビショップ以外が装備時 装備名 アークビショップ以外が装備した際の効果• 魔法攻撃命中時、一定確率で敵をスタン状態にする セット効果 <全職業共通> メイル、シューズ、マントを共に装備時、下記の効果追加• 絶対に凍結しない スポンサーリンク 効果まとめ ボス耐性 ボス耐性が取りやすいことが本装備セットの大きな魅力になると思います。 耐性度を考えると数さえ気を付ければ、リンゴや洞窟モンスターを抱えることも可能になるかもです。 フェアリークロースで属性耐性と完全回避• アクセで完全回避• AB以外でも効果を発揮しますので、修羅が魔法攻撃の手段として活用できるのではないか?とちょっと期待しています。 修羅は自家発電できるので、暴走魔力を導入しやすい利点もありますし、今まで弱点としていたストーンスキルを使用するモンスターを倒すのに使える・・・かも? また、近い将来、ROの各種スキルは調整される予定ですので、「ホーリーライト」が範囲スキルになる可能性も無きにしも非ずです。 「ナパームビート」のような分散スプラッシュ型に変更された場合、暴走魔力を前提にするなら威力も十分、期待できそうかも?• 「フロストノヴァ」のようなタイプに変更された場合、魔法版の「デスペラード」のような高威力を期待できそうかも? スポンサーリンク 情報の引用元 各装備の情報は公式サイトからそれぞれ引用しています。 まとめ ギロチンクロスのスターターパッケのように豪華な性能が付与されることもありますので、当初は• 無難な性能ゆえに、すでに「巡礼型」「アドラ型」「完全回避型」として装備が一式そろってしまっている人には、少々物足りない装備かも?です。 できればもっとディレイカットが欲しかった・・・! でもボス耐性は大きな魅力になりますし、実装直後はちょうど WebMoneyキャンペーン期間中にも重なりますので、購入しておけば便利に使えるかもです! わっしょいわっしょい!.

次の

VIPでRO!本鯖編 Wiki

守護 ビショップ

この記事は、『 Shadowverse シャドウバース 』の 陽光ビショップデッキの紹介です。 陽光ビショップとは、 守護の陽光と呼ばれるビショップ固有のアミュレットを軸に置いたデッキの総称です。 守護の陽光とは2コストのアミュレットで、体力4以上のフォロワーが出るたびに守護を付与することができるカードです。 守護持ちでないフォロワーにも守護を付与することができるので、相手の攻撃を耐えることに対して非常に効果を発揮します。 デッキ紹介 必要エーテル:19,550 コアカードとなるのは守護の陽光とサタンです。 ビショップは中盤以降に守護持ちのフォロワーを高頻度で出していけるので 序盤に相手に一方的に試合展開を握られないように、コスト2-4のカードを豊富に入れて序盤を耐え抜きましょう。 特に漆黒の法典や教会の護り手、鉄槌の僧侶はビショップが試合のリードを奪ったり耐える上で非常に使いやすいカードなので今回はデッキに組み込んでいます。 最初のカードキープ 陽光ビショップは先攻後攻であまり有利不利がそこまで明確に決まることはありません。 最初のカードキープでは、いかに序盤に事故らずに居られるかを考える必要があります。 先攻の場合 先攻を取れた場合は1-3コストのカードを手札にキープしましょう。 特に2-3コストのカードが豊富に入っているので、2コスト枠では スネークプリーストや 守護の陽光、3コスト枠では プリズムプリーストや 教会の護り手を早めにキープしておくと、試合が有利に進めやすくなります。 また、特例として相手が同じビショップだった場合、10ターン目にサタンを先に出した方が勝つパターンが多く見られるのでサタンをキープしておきましょう。 後攻の場合 後攻の場合は、4ターン目までは受け身になってしまうパターンが多いですが、4ターン目の進化タイミングが試合の展開を自分のモノにできるチャンスです。 鉄槌の僧侶をキープして消滅と攻撃で相手のフォロワーを的確に2体倒し4ターン目から試合の流れを自分のモノにできるよう心がけましょう。 1-5ターンの戦い方 陽光ビショップは序盤にしっかり耐えて、可能であればリーダーへのダメージが0の状態で10ターン目へ到達することが理想です。 最初の手札でしっかりとキープした1-3コストのカードを使用して相手のフォロワーからの攻撃を耐えましょう。 一番厳しいと思われるロイヤルの物量攻撃も、スネークプリーストや教会の護り手を2ターン、3ターンと連続で出すことができれば高い確率で耐えれることができます。 4ターン目には手札でリードをつけるために プリズムプリーストを召喚し、デッキからアミュレットを持ってきます。 今回のデッキではアミュレットは 詠唱:聖なる願いの1種類しかアミュレットを入れていないので確実に手札に持ってくることができ、1コストなので追加で場に出すことができます。 4ターン目にあらかじめ手札ドローのアミュレットを出しておくことで、手札が枯渇しやすい6ターン目あたりに手札を増やすことができ、中盤以降も事故を減らすことができます。 しかし、無理にプリズムプリーストを場に出す必要はなく、相手の場にフォロワーが大量に居る場合は守護持ちのフォロワーで耐えることに専念しましょう。 6-9ターンの戦い方 6-9ターン目はだんだんとコストの重いフォロワーが登場し、一度でも攻撃を受けてしまうと大きなダメージを受けてしまいます。 理想では守護の陽光を1-5ターンの間で場にだして守護フォロワーで場を固めたいですが、守護で固められずに相手にリードを奪われている場合は テミスの審判を使用して場のフォロワーを全て破壊しましょう。 相手が疾走持ちのデッキでない限りは、非常に有効な手になります。 最悪、テミスの審判が手札に3枚あった場合、6-8ターン目までをテミスの審判のみで乗り切ることも可能です。 テミスの審判がない場合は、高い体力を持つゴブリンマウントデーモンや、自分のリーダーを回復できる大修道女で回復しながら10ターン目まで耐えましょう。 10ターンの目の戦い方 10ターン目になると、あなたの手札にはおそらくサタンが居座っていると思います。 満を持してサタンを場に出しましょう。 サタンを場に出すことで変更されるアポカリプスデッキのフォロワーは高い攻撃力と体力を誇るので守護の陽光と相性が抜群です。 相手が同時にサタンを出した場合でも、相手は守護のついたこちら側のフォロワーを攻撃するしか手がなく、自分は相手のリーダーを攻撃することができるので構わず相手のリーダーを攻撃しましょう。 手札にサタンが居なかった場合は、引き続き粘ることを意識しなければいけません。 10ターン目にはサタンを引けるように積極的にカードをドローすることを意識しておくと良いです。 最後に 陽光デッキは守護のフォロワーをうまく場にだすことができれば、終盤でも自分のリーダーの体力を20でキープすることができるので予想しない大ダメージによる敗北を予防することができます。 序盤にダメージを受けてしまうことは仕方ないですが、大修道女などで回復することができるので、しっかり回復しながら戦いましょう。 10ターン目まで粘ることができれば、あとはサタンを出すだけです。 サタンを出したら積極的に相手の場やリーダーを攻撃して、試合を終わらせましょう。 今回のデッキは必要エーテルが19,550と少し高めですが、よりレジェンドのカードを入れると中盤の試合展開を自分のものにできるので エーテルに余裕がある場合はムーンアルミラージなどを入れても良いでしょう。 今回紹介したデッキは下記URLからデッキコードを発行できます。

次の