あいの しら こ。 長崎県立大学の学生による自主制作映画『しらあいの赦』|長崎県立大学

長崎

あいの しら こ

1971(昭和46年)• 社会福祉法人 広里会設立・永倉民郎理事長就任• 1972(昭和47年)• 特別養護老人ホーム 清祥園開設(広里会)• 1977(昭和52年)• 社会福祉法人 揺籃会設立・永倉民郎理事長就任 西町保育所開設(揺籃会)• 1978(昭和53年)• 優良民間福祉事業施設団体 天皇陛下御下賜金(広里会)• 1980(昭和55年)• 精神薄弱更生施設 あかとき学園開設(広里会)• 1984(昭和59年)• わかば保育園併合(揺籃会)• 1985(昭和60年)• 社会福祉法人 広里会 大谷 武 理事長就任 社会福祉法人 揺籃会 永倉 尚郎 理事長就任• 1986(昭和61年)• 軽費老人ホーム ひいらぎ荘開設(揺籃会)• 1993(平成5年)• 特別養護老人ホーム ゆうあいの郷開設(揺籃会)• 1996(平成8年)• 特別養護老人ホーム 清祥園 納内町へ新築移転 深川市デイサービスセンター 清祥園開設(広里会) 深川市在宅介護支援センター 清祥園開設(広里会)• 2005 平成17年• グループホーム ゆうあいの郷開設 揺籃会• 2006 平成18年• 社会福祉法人 広里会 永倉尚郎理事長就任• 2007 平成19年• 社会福祉法人 揺籃会 青木守二理事長就任• 2008 平成20年• 多度志生活支援ハウス しらゆりの里併合 揺籃会• 2011 平成23年• 障害者支援施設 あかとき学園 移転新築 広里会• 2012 平成24年• 地域密着型特別養護老人ホーム ゆうあいの郷開設 揺籃会 地域密着型事業所 ハピネス開設 広里会 認知症高齢者グループホーム 小規模多機能型居宅介護事業所 社会福祉法人 広里会・揺籃会合併協議会設立• 2013 平成25年• 両法人 合併調印 北海道知事より合併承認認可• 2014 平成26年• 社会福祉法人 広里会解散 社会福祉法人 揺籃会へ合併• 2015 平成27年• わかば保育園 退会• 2017 平成29年• 西町保育所移転新築• 2018 平成30年• 浦臼町認定こども園なかよし開設.

次の

介護老人福祉施設 白ゆりあいの里【札幌市北区】特別養護老人ホーム(特養)【料金と空き状況】

あいの しら こ

監督を務めた情報システム学科3年の宮本さんが、本学ので宇久を訪れた際、宇久の良さや、島民の方々が抱える問題に直に触れることで「宇久島で映像を作りたい」という気持ちが芽生え、また、今年の3月オール長崎ロケで撮影された映画「こはく」にインターンシップという形で関わったことで、初めて触れたプロの映画制作の現場に圧倒されると共に感動し、尊敬する先輩たちの背中を追いかけたいと感じ、「自分たちで映画を制作したい!」との思いを強くしたそうです。 タイトルの『しらあいの赦』には、どのような思いが込められていますか。 「しらあい」の部分は「白藍」という、日本の伝統色の名前です。 宇久島の魅力を白、人口減少などを含めた問題点を藍として、その両方が溶け合って「宇久島」であることを表現しています。 また、主人公である松本の心を藍、奈々恵を始めとする島民の心を白としたとき、松本が島民たちに溶け込んでいく様子を表しています。 また、「白藍」を「しらあい」と表記したのは、「あい」を「愛」や「(出)逢い」とかけるためです。 これは、私たちが制作をするにあたり、様々な愛情を受けていること、また、様々な人たちとの出逢いから、私たちが映画を制作できていることを意味しています。 「赦」の部分は、松本の「誰かに赦してほしい」という願い、奈々恵を始めとする島民の「赦してあげたい」という心を、「ゆるし」で止めることで、双方からの気持ちであることを表しています。 出演者をオーディションで選んだと聞きました。 何よりも一番重要視したのは、松本という役との相性でした。 お芝居の上手さより、「松本」という人物を一緒に作ってくれる方と一緒に制作をしたいと考えていました。 加えて、私たちスタッフと、手探りながらも、心を通わせた現場を一緒に作ってくれる方に出演いただければ、と考えていました。 宇久島での撮影を終え、現在はどのようなことをされていますか。 現在は、上映に向け、本編の編集に加え、予告やメイキングの編集を平行して行っています。 同様に、劇中音楽・主題歌の制作や、上映会場の手配、上映にあたっての広報物の製作、クラウドファンディングの特典の準備、各後援の申請、プレスリリースなどを各担当者が行っています。 上映は、1月5日宇久島での上映、1月21日~25日本学学生向けの上映、3月2日長崎市上映、3月21日佐世保市上映を予定しております。 今後、様々な形で告知させていただきますので、続報を楽しみにしていただければ嬉しく思います。

次の

長崎県立大学の学生による自主制作映画『しらあいの赦』|長崎県立大学

あいの しら こ

監督を務めた情報システム学科3年の宮本さんが、本学ので宇久を訪れた際、宇久の良さや、島民の方々が抱える問題に直に触れることで「宇久島で映像を作りたい」という気持ちが芽生え、また、今年の3月オール長崎ロケで撮影された映画「こはく」にインターンシップという形で関わったことで、初めて触れたプロの映画制作の現場に圧倒されると共に感動し、尊敬する先輩たちの背中を追いかけたいと感じ、「自分たちで映画を制作したい!」との思いを強くしたそうです。 タイトルの『しらあいの赦』には、どのような思いが込められていますか。 「しらあい」の部分は「白藍」という、日本の伝統色の名前です。 宇久島の魅力を白、人口減少などを含めた問題点を藍として、その両方が溶け合って「宇久島」であることを表現しています。 また、主人公である松本の心を藍、奈々恵を始めとする島民の心を白としたとき、松本が島民たちに溶け込んでいく様子を表しています。 また、「白藍」を「しらあい」と表記したのは、「あい」を「愛」や「(出)逢い」とかけるためです。 これは、私たちが制作をするにあたり、様々な愛情を受けていること、また、様々な人たちとの出逢いから、私たちが映画を制作できていることを意味しています。 「赦」の部分は、松本の「誰かに赦してほしい」という願い、奈々恵を始めとする島民の「赦してあげたい」という心を、「ゆるし」で止めることで、双方からの気持ちであることを表しています。 出演者をオーディションで選んだと聞きました。 何よりも一番重要視したのは、松本という役との相性でした。 お芝居の上手さより、「松本」という人物を一緒に作ってくれる方と一緒に制作をしたいと考えていました。 加えて、私たちスタッフと、手探りながらも、心を通わせた現場を一緒に作ってくれる方に出演いただければ、と考えていました。 宇久島での撮影を終え、現在はどのようなことをされていますか。 現在は、上映に向け、本編の編集に加え、予告やメイキングの編集を平行して行っています。 同様に、劇中音楽・主題歌の制作や、上映会場の手配、上映にあたっての広報物の製作、クラウドファンディングの特典の準備、各後援の申請、プレスリリースなどを各担当者が行っています。 上映は、1月5日宇久島での上映、1月21日~25日本学学生向けの上映、3月2日長崎市上映、3月21日佐世保市上映を予定しております。 今後、様々な形で告知させていただきますので、続報を楽しみにしていただければ嬉しく思います。

次の