メール 面接 日程。 【テンプレあり】面接の日程通知に対する返信メールの書き方

転職面接での日程調整メールの書き方・例文|面接対策完全ガイド|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

メール 面接 日程

1.就活面接でメールは欠かせない 就活面接においては、面接の日程調整からお礼メール、また選考結果の報告まで基本的には全てメールを通して連絡を取ります。 では面接の連絡メールでは具体的にどんなことに気をつければよいのでしょうか。 ここでは、就活面接のメールで注意すべきポイントを詳しく説明します。 1 なるべく深夜・早朝は避ける 面接に関して不明な点があったとき、日程変更を申し出たいときなど、すぐに質問したくなる気持ちは分かりますが、 深夜や早朝にメールを送るのは避けた方が良いでしょう。 なぜなら、場合によっては、プライベートのスマホと連携していて夜中に通知され迷惑になる可能性もありますし、もし翌朝に会社で確認してもらうとしても前日までの多くのメールと共に流され確認が漏れてしまう可能性が高いからです。 「確実にメールを確認してもらう」という意味でも、深夜・早朝の時間帯にメールを送るのは避け、営業時間内の10時~18時ぐらいまでに送ると効果的です。 2 返信スピードを意識する 一般的にメールのマナーは、早く返信することが大切ですが、就活面接では返信スピードは特に重要です。 なぜなら面接の日程調整や選考は、日々刻々と進められていて、1日でも遅くなってしまうと、他の選考に影響が出たり、全体の採用スケジュールがずれ込んでしまう可能性があるからです。 学生も大学の授業やサークル活動で忙しいとは思いますが、メールを確認したときにそのまま返信するということを習慣づけるようにしましょう。 「一旦時間を置いて考えよう」という気軽な判断で返信を忘れてしまい、志望企業に落ちてしまうという事例も多くあります。 ですのでメールの返信スピードには気をつけましょう。 3 誤字脱字をしない 全てにおいて言えることですが、 メールにおける誤字脱字は学生の信頼を失うことに繋がります。 社会人から見れば、大事な就活メールで誤字脱字をする学生は、「大雑把」、「ミスが多い」、「軽率」という印象を持ってしまいます。 当然このようなミスは将来の仕事イメージとも紐付けられ、「仕事でもミスをするのではないか」、「大事な場面で詰めが甘い」というイメージを採用担当者に与えてしまうことになります。 メールの誤字脱字は、ほんのちょっとした見直しで防ぐことができることですので、 メール送信ボタンを押す前に、一度自分の書いた文章を必ず見直すようにしましょう。 2.面接の日程調整メールの流れ・例文 志望企業に応募し、無事面接に進むことが決まったら、初めて採用担当者とのやり取りが始まります。 その最初のやり取りが面接の日程調整メールです。 ここでは、担当者から頂いた日程が問題ない場合と、再度調整して欲しい場合に分け、時系列に沿ってメール全文を紹介していきます。 この度は、弊社の新卒採用にご応募いただき誠にありがとうございました。 つきましては、下記に面接の候補日を記載いたしますので、 ご都合のよろしい日程をお送りいただいてもよろしいでしょうか。 もし下記日程で難しければご連絡ください。 ================= それではご連絡お待ちしております。 何卒よろしくお願いいたします。 先日は、選考のご連絡を頂き、誠にありがとうございました。 お手数おかけいたしますが、 ご確認いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 先日は、選考のご連絡を頂き、誠にありがとうございました。 大変恐縮ですが、頂いた日程ですと調整が難しく 新たにご提案させて頂ければと思うのですが、いかがでしょうか。 何卒よろしくお願いいたします。 ご返信頂きありがとうございました。 何卒よろしくお願いいたします。 ご返信いただきありがとうございました。 ご確認のほどよろしくお願いいたします。 この時点では次のステップに進めるかどうか分かりませんが、すぐに「面接のお礼メール」を送ると良いでしょう。 面接のお礼メールは、必ずしも面接の合否に関わってくるとはいえませんが、最低限必要な就活マナーとして送ることが望ましいです。 ここでは、お礼メールを送る日によって3パターンの例文を用意しましたので、参考にしてみてください。 先程は、お忙しいところ面接のためにお時間頂きありがとうございました。 この度は、このような貴重なお話を頂きありがとうございました。 貴社の発展と社員の方々のご多幸をお祈りしております。 先日は、お忙しいところ面接のためにお時間頂きありがとうございました。 元々御社が最近取り組まれているメディア事業について興味を持っていたのですが、 先日の面接の中でお話頂いたSEOについて少し調べてみた中で、近年はよりコンテンツの質が重視されるようになっているという情報を目にし、ライターとして非常に嬉しいことだと感じるともに、コンテンツの質を重視されている御社のメディアに深く関わっていきたいという思いがより強くなりました。 この度は、このような貴重なお話を頂きありがとうございました。 貴社の発展と社員の方々のご多幸をお祈りしております。 com ================== 3 面接の2日後以降に送る場合 ちなみに 面接から2日以上経ってしまってからお礼メールに気づいた場合は、焦って送るより、そのまま送らない方が良いでしょう。 先ほど述べた通り、お礼メールを送らなかったからといって、不採用になる訳では決してないので、今後の教訓として、次回以降の面接で忘れないように心がける程度で問題ありません。 4.面接の結果が来ないときのメール例文 面接も終了し、あとは面接の結果を待つだけ。 しかし中には、採用担当者が指定した連絡日に何の連絡もない場合があります。 いわゆる「サイレントお断り」という可能性もありますが、しっかり準備して臨んだ面接であるほど、結果が気になるものです。 ここでは、企業から面接の結果連絡が来ない場合にうまく連絡を取るメールの書き方について紹介します。 先日は、お忙しいところ面接のためにお時間頂き 誠にありがとうございました。 面接についてのご連絡を頂いていなかったのですが、 その後いかがでしょうか。 お忙しいところ催促のご連絡となり、 恐縮ですがご確認いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 com ================== 5.まとめ 面接にまつわるメールについてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか? 就職活動の面接に関わるメールには、日程調整からお礼メール、結果の確認までが重要になります。 日程調整メールや結果の確認メールは基本的にテンプレートで問題ありませんが、お礼メールについては、面接の内容について踏み込む必要があるので、少し時間が掛かったりするかもしれません。 3つのメールに共通して言えるのは、最初に述べたとおり、「深夜・早朝にはメールを送らない」、「返信スピードを意識する」、「誤字脱字をしない」ということです。 一つ一つの手順を確認して行えば、メールにも慣れていくはずです。 正しいメールの書き方をマスターして志望企業に内定することを祈っています!.

次の

転職の面接日程メールの返信の書き方ポイント【例文あり】

メール 面接 日程

日程調整メールの書き方・例 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 企業との最初のやり取りになることも多い面接の日程調整メール。 大事な面接の日程を決めるためのメールでもあり、とても重要です。 これらのメール内容に関しては最低限のマナーを覚えておきたいものです。 どのような内容のメールを作成していいか分からない人は、しっかりと効果的に日程調整メールを作るためのポイントを把握し、作成するようにしましょう。 日程調整メールの内容は面接の評価にも影響する ビジネスシーンにおいて、メールが与える印象は大きく、非常に影響力があります。 メールが遅ければ仕事が遅い人、メールの内容が雑であれば適当な人など思われてしまうことがあるのです。 メールで持たれた印象は面接結果にも少なからず影響を与えます。 また転職者となれば、ビジネスマナーを習得しているものと判断されますが、メールでそれらのマナーを逸脱してしまうとその後の選考もかなり厳しくなってしまう可能性があります。 メールのマナーは最低限覚えておくべきものと認識しておきましょう。 どんなメールを送る際にも覚えておくべきポイント 日程調整メールに関わらず、まずは社会人としてのメールマナーについて覚えておきましょう。 これらのマナーはいかなるメールを送るときでも覚えておくべきポイントです。 遅くても24時間以内に送る まずは内容の前に、メールの対応時間についてです。 面接の日程調整メールは、企業や担当者から日程についての伺いメールや電話連絡をもらったら、できる限り早く送るようにしましょう。 担当者は多くの応募者の面接スケジュールを組まなければいけません。 連絡が遅いと迷惑を掛けてしまいますし、自分の希望日時の枠がどんどん埋まっていってしまいます。 先述の通り、ビジネスシーンでは、メールが遅い人は仕事も遅いという印象を持たれることもありますので、どんなに遅くても24時間以内を一つの目安に送るようにしましょう。 もし企業側のメールに対して、正確に答えられない場合は、「申し訳ありません。 」など、遅れる理由と目処を前もって伝えておくようにしましょう。 尚、メールを送る際は、企業の営業時間内に送るのがマナーです。 10時~18時を目処にメールの送信を行うようにしましょう。 件名は分かりやすくする 件名は極力シンプルで分かりやすくすることを心掛けましょう。 仕事をしていると社内・社外問わず、毎日大量のメールを受信します。 担当者は、通常業務以外にも多くの応募者からメールを受信している可能性があります。 忙しい時間の中で用件の分かりづらいメールは、ストレスを与えてしまいますし、見過ごされてしまうリスクもあります。 そうすることで、担当者も効率良くメールを見ることができます。 お礼を入れる メールを送る際には、必ずお礼を入れるようにしましょう。 お礼を言われて嫌な気持ちになる人はいません。 「先日はありがとうございました」「面接調整ありがとうございます」など、一言お礼を入れるだけで印象が変わってきます。 少しでも好印象に思って頂けるよう、お礼を入れることを忘れないようにしましょう。 署名を忘れない 意外に忘れがちになるのが署名です。 署名がないと誰からのメールなのかすぐに把握することができず、担当者を困らせ、不親切なメールとなってしまいます。 どんなに本文が短かったとしても、「名前、メールアドレス、携帯番号」と必ず署名を入れるようにしましょう。 メールソフトの設定で自動挿入することを忘れずに、送信前の確認も怠らないようにしましょう。 面接調整メールを送るときに覚えておきたいポイント 面接調整メールのやり取りをする際にも覚えておきたいポイントがあります。 これらのマナーをしっかり習得して、スムーズに面接まで進めるようにしましょう。 希望日程を自由に送れる場合は、3つ以上の候補日程を送る 面接調整において、企業指定の日から選ぶのではなく、自由に希望日程を送る際は、希望日は3つ以上送るようにしましょう。 採用担当の方も複数名担当している場合もありますし、他の業務もあります。 スケジュール調整はそんなに簡単なことではないので、こちらから希望日を伝える場合は選択肢を出来るだけ多くすると良いでしょう。 複数日を指定するだけでなく、その日の中でも時間帯の幅を持って送っておく方法もあります。 確定していた日程を調整してもらう場合は謝罪を入れる 既に日程が決まっているにも関わらず、日程を変更したい場合に送るメールには、必ず謝罪を入れるようにしましょう。 既に決まったスケジュールを変更してもらう訳ですので、多大な迷惑が掛かる場合があります。 「大変申し訳ございません」など謝罪文を入れるようにしましょう。 スケジュールを変更してもらうことは、よくあることではありません。 非常に重大なことということを受け止め、文面で表現するようにしましょう。 面接の日程調整メールの例 ここでは、「面接候補日の指定が来た場合」「頂いたメールで日程を選択する場合」「面接候補日を送る場合」のメール例について紹介いたします。 面接候補日の指定が来た場合.

次の

面接日程や調整メールの正しい返信方法!件名や署名はビジネスメールの基本

メール 面接 日程

このたびは、一次面接のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 ご指示いただきました下記の日程にてお伺いします。 当日は何卒よろしくお願いいたします。 項目ごとに適した書き方を見ていきましょう。 件名 採用担当者からのメールに返信する場合は、自動的に設定されるように「Re: (受け取ったメールの件名)」という表記でお送りすれば問題ありません。 独自のタイトルに置き換えてしまうと、採用担当者にとっては逆に分かりづらくなってしまうことも考えられますので、そのままのタイトルを活かしたほうがベターです。 宛先 本文の冒頭には、必ず相手の会社名・部署・役職・名前を書きます。 いきなり自分の名前を書いたり本題を書いたりするのはNGです。 相手の部署名や名前が分からない場合は、代わりに「採用ご担当者様」と記載しましょう。 また、株式会社や有限会社は、(株)や(有)と省略せずに、きちんと書くようにしてください。 挨拶 「お世話になっております。 」という挨拶と一緒にご自身の名前を書きます。 社会人経験をお持ちの方はご存知だと思いますが、「おはようございます。 」や「こんにちは。 」などの挨拶はNGです。 また、仕事をしながら転職活動をしている場合でも、現職の社名を記載しなくて大丈夫です。 本文 まずは面接の連絡をいただいたお礼をして、指定された日時や場所を改めて記載します。 もし、企業から複数の候補日時を提示された場合は、希望する日時を書いて返信します。 また、状況によっては提示された日時では予定が合わない場合もあります。 詳しくは、ページ下部「返信メールテンプレート集」でご紹介します。 締め 最後にもう一度、面接の機会をいただいたお礼を書き、本文を終えます。 相手が忙しい中メールを読んでくれたことへの感謝が伝わる内容で締めると印象も良いでしょう。 署名 署名の内容と順番は、「名前」「郵便番号・住所」「電話番号」「メールアドレス」が基本です。 読みにくい名前の場合は、括弧書きで読み仮名を書き添えると良いでしょう。 住所も書類などの郵送物が送られてくるかもしれませんので、郵便番号まで正確に。 メールアドレスはやり取りしているアドレスをそのまま記載すればOKです。 メールを送る際に守るべきマナー メールは「24時間以内」に返信するべし メールは即返信が鉄則です。 企業側も「できるだけ早くスケジュールを確定したい」と考えていますので、「メールを受け取って24時間以内」に返信するようにしましょう。 ただし、返信する時間帯は「企業の就業時間内」がベター。 深夜に返信すると「この人は生活リズムが不規則なのか?」と、マイナスの印象を与えかねないので注意が必要です。 本文は「残したまま」で返信するべし メールサービスの多くが、返信する際に「送信されたメールを引用する設定」になっています。 普段はあまり気にせず削除する場合もあるかもしれませんが、ビジネスシーンでは引用されたメール文面を削除しません。 メールのやり取りがすべて分かる状態にしておけば、自分も相手も、過去のメールをわざわざ見返す必要がなくなるからです。 本文とは関係のない署名欄に使用するのも避けてください。 面接の返信メールはあくまでもビジネス文書です。 「この人は仕事とプライベートの区別がつかない人」というマイナスの印象を与えかねません。 「署名」は必ずつけるべし 普段のメールではあまり使用しませんが、最後に署名を添えると、企業により丁寧な印象を与えることができます。 そのため、今回の返信メールを機にご自身の署名をご用意いただくと良いと思います(例文の署名をぜひご活用ください)。 」が多くなったり、言葉の頭に必要以上に「お」や「ご」をつけてしまうこと。 また、「御社」ではなく「貴社」、「了解しました」ではなく「承知しました」、「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」なども間違えやすいので注意しましょう。 (苗字 名前)です。 このたびは、一次面接のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 いただいた日程の中から、下記でお伺いさせていただけますでしょうか。 当日は何卒よろしくお願いいたします。 (苗字 名前)です。 書類選考通過のご連絡、誠にありがとうございます。 ご連絡いただいていた面接の希望日程をお送りいたします。 何卒よろしくお願いいたします。 (苗字 名前)です。 書類選考通過のご連絡、誠にありがとうございます。 大変嬉しく、ぜひ面接にお伺いさせていただければと思っております。 ただ、ご指定いただいた日時ですが、現職の都合上、 お伺いするのが難しい状況です。 誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、 よろしければ以下の日程の中で、 面接日時を再設定していただけないでしょうか。 (苗字 名前)です。 大変申し訳ございません。 誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、 可能であれば以下の日程の中で面接を再設定いただけないでしょうか。 (苗字 名前)です。 ご依頼いただきました履歴書と職務経歴書を こちらのメールに添付してお送りします。 お忙しい中恐縮ですが、 ご査収の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 本日(もしくは昨日)はお忙しい中、貴重なお時間を頂戴し、 誠にありがとうございました。 まずは、面接のお礼を申し上げたく、メールいたしました。 末筆ながら、貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 (苗字 名前)と申します。 誠に申し訳ございません。 一身上の都合により、選考を辞退させていただきたく、 ご連絡を差し上げました。 日程を調節していただいていたにもかかわらず、 誠に申し訳ありません。 メールにより面接の辞退をご連絡しましたことを 重ねてお詫び申し上げます。 末筆ながら、貴社の益々のご発展とご活躍を祈念しております。

次の