毛 玉取り。 正しい毛玉の取り方って?プロが教えるテクとおすすめアイテム

毛玉取り器おすすめ13選|主要メーカーの商品を比較検証【気になる使い方も紹介】

毛 玉取り

毛玉取りの方法6選! 毛玉取りは毛玉をむしりとらずに切り取るのがベストです。 身近なものを使った毛玉取りと、毛玉取り専用グッズをご紹介したいと思います。 スポンジでなでる スポンジのざらざらしている面を毛玉にあてて優しくそっとなでるように動かします。 すると毛玉がざらざら面に絡まってきれいに毛玉取りしてくれます。 毛玉取りの仕上げはスチームアイロン 毛玉取りが完了したら仕上げにスチームアイロンの蒸気をあてると毛羽立ちが目立たなくなります。 注意点 ニットやセーターのように伸びやすい性質の繊維にスポンジを強くかけると繊維を引っ張ってしまい伸びてしまう可能性がありますので注意しましょう。 毛玉取りのスポンジでおすすめは3MのScotch Brite スコッチ ブライト です。 ざらざらが強度で毛玉取りに向いていると思います。 カミソリを使う際の注意点 カミソリを洋服の毛玉の部分に滑らすときは、「カミソリの刃を押し付けない」「力を入れて動かさない」「カミソリの刃を立てない」などに注意してください。 毛玉を剃り落とすのではなく、なでて切り離す感覚です。 毛玉取りが完了するとカミソリの刃の部分にたくさん毛玉が絡まっていますが、毛玉をカミソリの刃から取る時は皮膚を傷つけないよう十分注意してください。 洋服の縫い目部分やボタンやファスナー部分の使用はカミソリの刃がひっかかって生地が切れる可能性がありますので注意しましょう。 ハサミを生地と平行にして毛玉を一つ一つカットします。 コツコツ作業ですので毛玉が少ない洋服や、大きい毛玉ができている洋服などにおすすめです。 また、ハサミで洋服自体をカットしないよう十分注意しましょう。 やすりの部分を毛玉の上にあててやさしくそっと一方方向に滑らせます。 スポンジの毛玉取りと同じですね。 大型カッターだから大きなセーター・アウターウェアーもラクにお手入れでき、付属の風合いガードを付ければ、生地を傷めずに素材の風合いを守りながら毛玉取りをしてくれます。 洋服を着てから毛玉に気がつくことありますよね。 でも毛玉を取るために洋服を脱ぐのは面倒…「毛玉とるとる」は洋服を着たまま毛玉取りができるので、洋服を脱ぐことなく見つけた毛玉を取ることができます。 ふわふわガードで衣類の繊維の質感はそのままで毛玉だけをしっかりカットしてくれます。 100均「くるくる毛玉取り器」ダイソー 100円とは思えない高性能でコスパも満足な電池式毛玉取りです。 細かいびっしり毛玉もきれいにとってくれます。 生地が毛羽立っている衣類は毛玉取りブラシ、生地が毛羽立っていない衣類は毛玉取り機。 平面状のものや網目が大きい衣類の場合、ブラッシングすることで平らな面の生地を逆に毛羽立たせたり、ブラシがひっかかって網目を広げたりすることもあります。 毛玉を防ぐ方法 毛玉を防ぐための日ごろのケアをご紹介します。 着用後は洋服用ブラシをかける アクリルやウールなど毛玉ができやすい衣類を着た後は、洋服用のブラシでやさしくブラッシングしてください。 ブラッシングは一定方向にかけるのがきれいに繊維を整えるコツです。 方向をバラバラにブラッシングすると逆に毛玉ができやすくなりますので注意してくださいね。 衣類を裏返して洗濯ネットに入れる アクリル素材などの衣類を裏返し、洗濯ネットの大きさに合わせてふんわり軽くたたみ、洗濯ネットに入れてファスナーをしっかり閉めてください。 洗濯機は手洗コース、ドライコースなどで洗いましょう。 洗濯ネットから衣類が出てしまうと毛玉の原因になりますので気をつけてくださいね。 上着の素材と合わせる 異なる性質の繊維同士がこすられると毛玉ができる原因となりますので、重ね着や上着など同じ素材を組み合わせましょう。 例えばアクリル素材のニットの場合は同じアクリル素材の上着を着るなどです。 上着のサイズはゆったりしたものにする 毛玉は摩擦によってできますので、毛玉ができやすい服の上にぴったりした上着を着ると摩擦が置きやすくなります。 上着は摩擦がおきにくいようできるだけゆったりしたサイズを着ることをおすすめします。 毛玉取りでしてはいけないこと 毛玉取りのやりすぎ! そもそも毛玉は繊維が丸まってできたもので、衣類の繊維であることには変わりありません。 つまり毛玉取りは繊維そのものを切り取っているのと同じということですので何度も毛玉取りをすると繊維自体が薄れてきますので注意しましょう。

次の

【徹底比較】毛玉取りのおすすめ人気ランキング25選

毛 玉取り

なぜ毛玉ができるのか 生地の表面に摩擦が加わることで、繊維や糸の先端が小さな毛羽になり、その毛羽が収束され絡み合って毛玉が発生するというのが毛玉のメカニズムです。 毛玉の原因は摩擦。 お気に入りの服は、着用回数や洗濯の頻度が多くなるため毛玉ができやすくなります。 洗濯時の摩擦はネットに入れることで改善できます。 毛玉をとる方法 手でむしるのは気が遠くなる作業。 毛玉をとる身近な道具として、台所用スポンジ、ラップの切り口のギザギザ、使い捨てカミソリ、紙ヤスリなどがあります。 それらの方法は、毛玉をとるために作られたものではなく、衣服を無駄に傷つける可能性がありそうだったので、専用の毛玉取り器を買うことにしました。 スポンサードリンク 100均の毛玉取り器 最初は、ダイソーで買った100均の電池式毛玉取り器を使っていました。 これはこれで良かったのですが、使えば使う程、パワーダウンして動かなくなり、約1ヶ月程でお役御免。 これをきっかけに、長く使えて性能がいいものを探すことに。 実際に買ってよかった毛玉取り器7つの秘密 買ったのはテスコムの「 」。 アマゾンで1,627円でした。 手頃な価格とAmazonのレビューで評判が良かったという理由が決めてとなり、買ってみました。 この毛玉毛玉取り器がなかなかのやり手だったので、買ってみて分かった7つの秘密を紹介します。 簡単にキレイにとれる 電池を入れて電源をonにすると、刃が回転してシャーーーーー!っと音がし始めます。 毛玉のついた所に当てて、刈り取っていきます。 力も必要ありません。 押したり引いたり回したりするだけで、みるみるうちにキレイになります。 丸みがあって大きな持ち手のおかげで、安定感があり扱いやすいです。 高さ調整できる 高・中・低で、衣服への当たり具合を高さ調整できます。 薄手の衣類や極太の毛糸など服の材質に応じて使い分けができます。 衣服を傷つけない ガードがついているので、衣服への負担を軽減してくれます。 電池式で場所を選ばない 単三電池2本使用。 コードタイプのものもありますが、電池式や充電式のものは、コードも邪魔にならないし、どこでもできるので楽です。 コードがぐるぐるまとわりつくと、きっと小さなストレスになります。 ゴミがきれいにまとまる 刈り取った毛玉は、本体上の透明なブルーの容器に溜まっていきます。 繊維がからまってごっそりと取れるさまは爽快です。 ハマる! 毛玉を取る行為が面白くて仕方なくなります。 僕もそうですが、ハマる人は、時間を忘れてずっとやってると思いますw 7. 服が復活する ボロボロに見えていた服が復活します。 毛玉がつきやすいニットやトレーナーは色あせて見えることがありますが、これも毛玉のせいであることが分かりました。 ほんとに新品みたいになりテンションが上がります! 毛玉をとる前。 毛玉をとった後。 値段も手頃な上、十分な機能がついているので、かなりおすすめです!.

次の

100均でおすすめの毛玉取り器5選!衣類を傷めないコツや裏ワザも!

毛 玉取り

毛玉ができる原因は、ズバリ2つ! 毛玉の取り方を説明する前に、まずはその原因についてお話します。 毛玉の原因はズバリ 2つあります。 まずは、 「摩擦」です。 お洋服の繊維が擦れて毛が飛び出すと毛玉ができてしまうので、とくに ポリエステルやアクリルは注意が必要です。 反対に、 ウールやカシミアなど天然の毛繊維は毛玉ができても勝手に剥がれ落ちます。 化学繊維は繊維自体が強いので、毛玉として表面に残ってしまうんですね。 2つ目の要因は 「静電気」です。 摩擦によって出てしまった毛は、丸まって毛玉になりますが、その丸まってしまう原因というのが静電気です。 静電気が発生しやすいのは、空気が乾燥している冬。 偶然にも、ニットやセーターを頻繁に着る時期なのです …。 こんなタイミングを狙ってくるなんて、静電気は KYですね。 家にある道具2つで毛玉を「切り取る」方法 毛玉の取り方は、実はいろいろあるのです。 とはいえ、どれも基本は同じ。 「 毛玉を切り取る」ということが大切。 お洗濯のように洗剤や薬品を使うということはないので、素材によって方法が異なるということはありません。 まずは、お家にあるものを使ってできる2つの方法を紹介します! カミソリ まずはカミソリを使って、毛玉を取る方法です。 表面の毛玉のついた部分に、カミソリをやさしく滑らせていきます。 ハサミを使う時と同じように、お洋服自体を切ってしまわないように注意が必要です。 顔をそるように 、力は入れずに優しくすべらせること。 ゆっくり滑らせると、取れた毛玉がどんどん溜まっていきます。 縫い目やボタン部分の近くは、特に注意してください! カミソリの刃をひっかけて、縫い目を切ってしまわないように気をつけましょう。 <ビフォーアフター> なんということでしょう。 あんなにゴロゴロ毛玉が付いていたカーディガンが、一気にキレイになりました! たかがカミソリ、されどカミソリ。 素晴らしい活躍ぶりです。 取れた毛玉 ちなみに、今回背中の部分をキレイにしたらこんなに毛玉が取れました! カミソリで毛玉を取る方法、本当に簡単なのでおすすめです。 あまりにもスイスイ取れたので感動のあまり家中のセーターの毛玉をキレイに取ってしまい、母に めちゃくちゃ感謝されました。 親孝行ですね。 こんなにも簡単なら、もっと早くこの情報に出会いたかったです。 安いカミソリでも1本で十分に取れますので、ぜひお試しください! 服をブラッシングしていきます。 繊維の流れに沿って、ブラッシングしていきましょう。 この毛玉取りブラシを使えば、カミソリなどのように服を切ってしまう心配がないので、安心ですね。 ただブラッシングもガシガシ力を入れてしまうと、生地を傷めてしまう可能性があります。 なるべく、優しくかけることを意識しましょう。 毛玉取りブラシには色々ありますが、こちらがおすすめです。 天然のいのししの毛が使われているため、化学繊維のものよりも衣服を傷めにくく力を入れずにブラッシングするることができます。 中央に穴があることで毛玉の取れ具合を見ることができ、ブラシクリーナーがついているため取った毛玉が散乱しないのも嬉しいポイントです。 セーターストーン 出典: セーターストーンは、その名の通りセーターの毛玉を取るためのストーンです。 衣服の上から軽く撫でるだけで、簡単に毛玉を落とすことができます!ニットだけでなく、スエードやフリースなどの表面もキレイにすることができる万能商品です。 出典: このセーターストーンは、より細かい毛玉を取る時に役立ちます。 スエードやフリースの毛玉にも大活躍ですよ! 実際に使ってみるとこんな感じ。 出典: はさみでは取りづらい細かい毛玉が驚くほどキレイに取れていますね!これで大きな毛玉の発生も事前に抑えられそうです。 アメリカではどの家庭にもあるポピュラーなセーターストーン、一度試してみてはいかがですか? 実はNG! やってはいけない毛玉取り方法 毛玉の取り方の中には、ついやってしまいそうだけど、実はNGな方法があります。 ここでは2つご紹介しますね。 手でむしりとる これって、みなさんが最もやってしまいがちなのではないでしょうか? 毛玉を無理やりぎゅっとちぎり取ってしまう方法。 毛玉とは服の繊維が飛び出してできてしまうものです。 これをむしり取ってしまうと、飛び出していない状態の繊維までちぎってしまいます。 つまり飛び出していない正常な部分の繊維も薄くしてしまう、ということ。 スポンジを使う スポンジを使った毛玉取りも、手でむしり取るのと同じように 生地を傷めてしまうためNGです。 確かに、スポンジで表面をこすることで毛玉がごっそり取れる、とよく言われます。 しかし、スポンジはお洋服の繊維をかなり強く引っ張ることになってしまい、繊維が伸びてしまう可能性があります。 特にニットやセーターは伸びやすい繊維なので、お洋服の型を保つためにもスポンジの使用はひかえましょう。 スポンジで毛玉を取る方法もある? 実は、どこの家にでもあるスポンジを使って毛玉を取る方法もあります。 よく台所で使うような 食器洗い用スポンジで簡単に毛玉が取れちゃうんですよ。 表が黄色で裏が緑色のスポンジが特にオススメです。 スポンジの裏でこする 毛玉取りとして使うのは スポンジの裏の部分です。 鍋の焦げ付きなどを落とすときに使う、少し硬い方の部分です。 スポンジの緑色の面をとりたい毛玉の部分に当てて、そっと なでるようにこすってみてください。 このとき、力を入れすぎてセーターなどの生地をいためないように気をつけてください。 やさしく、ゆっくり地位からをいれずに、表面をなでるようにするだけで、びっくりするくらい簡単に毛玉が取れてしまうんですよ! 毛玉を取った後の遊び毛などが目立つ場合は、 スチームアイロンを浮かせた状態で蒸気を当てれば、網目や形が整い、きれいになります。 本当は毛玉取りをしない方が良い? ここまで話してなんですが、実は毛玉取りって服にとっては負担なんです。 なぜなら、毛玉自体が服の繊維で出来ているから。 言ってしまえば、 服を切り取っているようなものなんですね。 そこだけ生地が薄くなってしまいます。 だからと言って放置はできないし、取れば服が傷んでしまう。 何か対策法は無いのでしょうか? 毛玉を防ぐケアが大事 出来てしまったものはしょうがないです。 今後大切にしたいのは、 毛玉ができないようにケアしてあげること。 その内の一つが洗濯中。 あれだけの衣類がこすれ合うのですから、当然といえば当然ですね。 そんな洗濯中の摩擦から守ってくれるのが 洗濯ネットです。 他の洗濯物と絡み合うこともなく、サイズをピッタリにすれば無駄に擦れません! いつも大き目のネットを使っている方も、サイズを合わせて洗濯してみましょう。 中性洗剤 洗濯つながりでもう一つ。 使う洗剤は、 中性洗剤(おしゃれ着洗剤)を選ぶようにしましょう。 普段使っている洗濯用洗剤は、アルカリ性のものが多いです。 これは、皮脂などの酸性汚れを落としやすくするためですね。 洗浄力が強いということは、服に与えるダメージも大きいということ。 一方、中性洗剤は名前からも分かるように中性。 洗浄力は少し落ちますが、服に与える ダメージが少なくて済みます。 ですがその分、生地にかかる負担も大きくなってしまいます。 特に 静電気は溜まるものですから、ある程度休ませてあげることが大切です。 洗濯はしない場合でも、数日はハンガーに掛けておきましょう。 毛玉ができにくい素材を選ぶ 今お話したケアは、購入した後にするものですよね。 正確に言うと、毛玉になっても自然に取れてしまう素材です。 詳しくお話しましょう。 毛玉は、ほつれた繊維同士が絡み合ってできたものです。 ところが動物繊維は強度が弱いので、擦れた時に取れてしまいます。 なので、出来はしますが目立たない素材なんですね。 理由は動物繊維の反対。 強度のある繊維同士が絡まってできた毛玉は、服に残ってしまうのです。 これらを参考にして、次のニット、セーター選びは生地にも着目してみましょう! 毛玉ができにくくするには? 「毛玉のとり方はわかったけど、毛玉ができにくくするにはどうすればいいの?」 そんなお悩みを抱えている方も多いはず!ここからは毛玉をできにくくする方法を2つご紹介します。 着た後には、ブラッシング 毛玉は、毛が飛び出して絡まることでできます。 そのため、 毛玉ができる前に毛の流れを整えることで、予防できるのです。 ブラッシングをすることで、毛の流れを整えることができます。 ここで使うブラシとは、洋服の毛並みを整える 洋服ブラシ。 着ていた服を脱いだ後に、ハンガーなどにかけて、洋服ブラシで毛並みを整えましょう。 また、毛玉ができやすいカーディガンなどは、続けて着るのは避け、1回着た後は2~3日休ませてあげましょう。

次の