外壁 塗装 プラチナ コーティング。 外壁サイディング をクリヤー塗装する際の注意点

茨城 外壁塗装 屋根塗装 取手市 守谷市 塗装は【プラチナコーティング】

外壁 塗装 プラチナ コーティング

少子高齢化が進み、今後は新築住宅よりも既存住宅のリフォームが活発になると言われていますから、 外壁塗装においても耐久力がある塗料が求められています。 外壁塗装のおおまかな目安として、10年に一度の塗り替えが目安ですが、昨今の標準塗料のシリコン塗料だと10年~12年は持ちますし、高耐久塗料のフッ素塗料だと15年は持ちます。 しかし、 ガラスコーティング塗料は20年持つと言われており、かなりの耐久力の強さです。 その秘密はガラスコーティング塗料は、完全に石やガラスと同じ無機質の塗料であり、何年たっても劣化しない特徴があるからです。 本日はガラスコーティング塗料について、外壁塗装で親方を30年やっている筆者がメリットとデメリットを解説いたします。 この記事の目次• ガラスコーティング塗料とは? 通常塗料は、有機質と無機質が混ざっていますが、ガラスコーティング塗料は完全に無機質な塗料なんです。 無機質なので紫外線による劣化、雨水による劣化がありません。 つまり無機質とは、ガラスや石のような物質を指しますから、環境による変化や劣化がなく、塗料として、極めて高い耐久性を誇ります。 しかも壁面の素地を選ばないことも大変便利です。 ガラスコーティング塗料は、デザイン性に優れたコンクリートや石材などによく使われます。 また、外壁だけにかかわらず汚れやすい場所、例えば、 駅のトイレなどに使われる塗料です。 汚れに徹底的に強いため、公共施設によく採用されている塗料で、一般住宅よりもよく使われています。 また、無機質な塗料のため、環境を汚染しません。 しかも光触媒塗料のように親水性が高いため、雨水があれば、汚れと外壁の間に水を通して、汚れを自分で落としてしまいます。 強いて言えば、その費用の高さです。 標準的な塗料のシリコン塗料より40%も値段が高くなります。 以下の表を参考にしてください。 なぜならサイディングボートには、ボードとボードの間には接合部分があり、そこにはシーリングというゴムのような素材が埋められていますが、このシーリングの寿命が最長でも8年程度しかもたないので、20年持つガラスコーティング塗料とは相性が悪いのです。 サイディングボートに限らず、シーリングがあるものとは、費用対効果がとれないため向いていません。 ですから、 この塗料を使った実績がある塗装屋を探さなくてはいけないというデメリットです。 この高耐久の塗料を使いたいのであれば、で業者を探すしかありません。 つまり高防汚性のため、次回の塗り替えの時にも影響するのです。 このデメリットは、同じく高耐久塗料のフッ素塗料にもあります。 落書きや張り紙に悩んでいる方に最高の塗料 公共の施設で使われている塗料ということで、落書きや張り紙に強いのです。 例えばスプレーで落書きされても、スプレー塗料が密着しないためカンタンに落書きを落とすことができます。 もし、 落書きなどに悩んでいる場合は、ガラスコーティング塗料は最適です。 ツヤ有りとツヤ無しが選べます ガラスコーティング塗料はツヤありとツヤ無しの両方があり、好みで使えます。 塗装業者とよく相談しましょう。 地震でも、塗膜が割れることはありません 無機質でガラスコーティング塗料という名前ですから、塗膜が固く割れやすい印象がありますが、実は塗膜には弾力もあり、地震などの多少の揺れで塗膜が割れることはありません。 外壁はフッ素塗料で、屋根をガラスコーティング塗料で塗るのも良し! フッ素塗料も同じく高耐久性の塗料ですが、屋根と外壁を全てフッ素で塗ってしまうと、環境が厳しい屋根の方が先に劣化します。 ですから、これを利用して、屋根をフッ素よりも高耐久性の誇る、ガラス塗料を使うと、耐久性のバランスが良いでしょう。 このように、 外壁塗装と屋根塗装を一緒にやる場合は、塗料の耐久性の違いを意識することが大切なのです。 ガラスコーティング塗料のまとめ 本日はガラスコーティング塗料を紹介しました。 「高耐久のガラスコーティング塗料を使いたい!」あるいは 「落書きに悩んでいる」という方は、ガラスコーティング塗料を検討するのがよいでしょう。 ただし、ガラスコーティング塗料は、実績のある業者にお願いしないと失敗します。 なぜなら通常の塗料と塗り方が異なるためです。 ですからガラスコーティング塗料をお願いする場合は、を使って、ガラスコーティング塗料の実績のある塗装メーカーを探します。 このサービスに入力すると、オペレーターから電話がかかってくるので 「外壁塗装でガラスコーティング塗料の実績のある業者を紹介してください」と伝えれば問題ありません。

次の

ガラスコーティングで外壁塗装のメリット・デメリット

外壁 塗装 プラチナ コーティング

ただ、丈夫な反面錆やすく、鉄の場合は錆びると膨張し、そこから水が侵入することで内部から崩れてしまう危険性もあるのです。 なので、通常の外壁塗装よりも早く劣化してしまうことが考えられます。 その劣化を遅らせるために、撥水コーティングが外壁塗装でもかなり有効と言えます。 特にコンクリートの打ちっぱなしは、保護膜がないので撥水コーティングを施すと、水をはじいて水分を内部へ入り込ませないようにできます。 透明の撥水コーティングを使用すれば、見た目にも変化なく外壁を保護することが可能です。 雨や雪の水分に含む汚れ以外に、屋根などに付着した砂埃や雨水が外壁に流れたり、泥はねなどで外壁に汚れがついたりします。 ところが、撥水コーティングをすることで水分をはじくので、汚れが定着せずに水洗いだけでも綺麗な美観を維持することが可能です。 通常、こびり付いた汚れは高圧洗浄で掃除しますが、撥水コーティングされた外壁であれば強い水圧で掃除する必要もありません。 さらに、外壁表面のコーティングにより、空気中に舞っている肉眼で捉えることが難しいチリなどの付着も抑えられます。 ・の負担が軽い 外壁は経年劣化によって、塗装のヒビ割れや剥がれが増えてしまいます。 しかし、原因は経年劣化だけではなく、水分の吸収や外側の衝撃から劣化してしまうケースがあります。 いずれも外壁の劣化を抑えるためには、一定のタイミングで外壁塗装を行うことが必要です。 ですが、外部的な要因でおきる劣化を防ぐことができれば、必要以上の補修は必要なく、塗装も長く維持することができます。 水はじきがよく、汚れ付着を抑える撥水コーティングを活用することは、耐用年数を長期的にし、メンテナンスの回数を減らしてランニングコストを抑えることに期待できるでしょう。 メリットの大きい撥水コーティングですが、外壁が長持ちする塗料の性質から他の塗料と比較すると価格は高めです。 広範囲を一気に撥水コーティングする場合、ランニングコストを配慮するとさほどデメリットには感じないでしょう。 しかし、毎回の出費を抑えたい場合には、価格に関してデメリットを感じてしまうと考えられます。 ・通気性が悪い 撥水コーティングは外壁表面をコーティングしてしまうため、通気性が悪いというデメリットがあります。 通気性が悪いと建物内部に湿気が残り、結露やカビが発生する原因へと繋がってしまうのです。 カビは建物の劣化や健康被害に悪影響があります。 なので、温暖さが激しい地域や冷暖房を頻繁に使用する住宅の場合、生活状況によって撥水コーティングが不向きの場合もあるでしょう。 地域や建物の状況に合わせて撥水コーティングを検討してください。 しかし、撥水コーティングは内部の保護がメインとなります。 ですので、水や汚れに強くても、表面につく錆を防ぐことは難しいです。 また金属部品がない外壁でも、空気中の水分に含まれている成分が科学反応を起こすことにより、錆として外壁表面に付着してしまう場合もあります。 撥水コーティングは汚れを流しやすくても、表面にできてしまう錆を完全に防げないことを理解しましょう。 吸水性に優れた布よりも、水をはじきやすいビニールの方が手入れもしやすいでしょう。 撥水コーティングの外壁もそれと同様で、雨によって汚れが落ちることで美観を維持することができます。 そのため、雨のあたりにくい部分に塗ってしまっては、撥水コーティングが持つ防汚性を十分に発揮することが不可能です。 これは撥水コーティングの特徴であり、同時にデメリットとも言えます。 単純に防汚性を重視した塗料を選ぶのではなく、その部分に適しているかをしっかり考えましょう。 このように、外壁にある金属部品などを保護したり、防汚性を高めたりと撥水コーティングは有効な外壁塗装です。 しかし、メリットと同時にデメリットもあるので、しっかりその点を理解して選ぶ必要があるでしょう。 外壁素材や地域の気候傾向、建物の状態、塗布する場所などを考慮する必要があります。 ですが、優れた機能性を持つ仕上げなので、外壁塗装に撥水コーティングは必要であると言えるでしょう。

次の

プラチナコーティングの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?

外壁 塗装 プラチナ コーティング

プラチナコーティングの口コミ・評判について プラチナコーティングの口コミを評判についてを調べました。 プラチナコーティングに関する口コミや評判は、参考になる書き込みは見当たりませんでした。 そのため、実際に依頼をする際には、自分の目で判断しなければなりません。 外壁塗装の業者によっても、価格やサービス、提案などは異なりますので、慎重に業者を選択するようにしましょう。 その際には、無料一括見積もりを利用すると、簡単に比べる事が出来ます。 地元エリアに密着した営業をしています。 1級塗装技能士による直接施工にて行なっています。 多くの実績もあるため、技術面でも問題ありません。 施工に満足できなかった場合には、全額返金保証もあります。 無料やり直しサービスなどもあるため、安心と言えるでしょう。 詳細の保証の内容などは、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。 トラブルを防ぐためにも、非常に重要な項目と言えます。

次の