アントニオ マルケス。 NHK ハイビジョン特集「サパテアードは止まらない〜スペインの至宝 アントニオ・マルケス〜」

小松原庸子スペイン舞踊団 :主な舞踊団員紹介

アントニオ マルケス

1969年舞踊団創立以来、東京をはじめ日本各地で公演を行いスペイン舞踊の発展に力を注いでいる。 主な年間活動には日本全国公演、文化庁芸術活動推進事業のアジア、アメリカ、ヨーロッパ公演、2000年に30回記念を迎えた日比谷野外大音楽堂でのフェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」及び秋の芸術祭参加公演等がある。 舞踊団員は小松原庸子の指導の下厳しいレッスンを重ねると共に本場のマエストロの指導も受け研鑚に励んでいる。 外国公演では1974年ヘレス市フェスティバルに招かれ、アンダルシア各地で公演。 1984年芸術祭大賞作品「ゴヤ」を世界初の外国人によるスペイン舞踊団の本格的公演として舞踊団一行60名三週間に渡るスペイン公演を行い主要各地で好評を博した。 又1986年マドリッド市とカタルーニャ州政府の招聘によるアンコール公演が行われ、 "こんなにも遠く離れた東の国の人々が 隣人よりもこんなにも深くスペインを理解し、愛していたとは" スペイン紙 "YA" より との絶賛を博した。 1988年フラメンコの最も権威あるスペインのフェスティバルに招かれ、セビージャ王宮野外劇場公演においても絶賛を博した。 1992年コルドバ芸術祭において現代舞踊協会賞作品「コルドバの詩」を上演。 1996年には初のアジア公演で成功を収め、益々その評価を高める。 "日本人のドゥエンデ 妖しい魅力 - 美の儀式 - とりわけ驚異的なのは、日本人がかくも隔たった芸術を理解するその深さ そして舞台での格調の高さであった" スペイン "エル・パイス" 紙より 1998年には創立30周年記念公演としてニューヨークそしてシンガポール公演を成功の内に終え、小松原庸子スペイン舞踊団は次代を担う多くの若手舞踊手を輩出し、我が国のスペイン舞踊界の先導的役割を果たしている。 2000年文化庁芸術活動推進事業に選ばれ、再びニューヨークそして初のサンパウロ公演。 2001年スペイン、マドリッド&セビージャ公演。 2002年はスペイン及びサンパウロ公演を行う。 2004年舞踊団は創立35周年を迎え、記念公演を開催。 世界中の観客から喝采を受けた。 2006年新春公演「女の平和」を上演。 ギリシャ喜劇をフラメンコで演出し、小松原の発想、演出力をも称賛された。 文化庁国際芸術支援事業によりシンガポール、韓国、スペインでも公演を行い、各国で絶賛を浴びた。 2007年浄瑠璃とフラメンコのコラボ「炎とフラメンコ」を上演。 日本とスペインの魂が、美しく融合した舞台と 大好評を得る。 2009年舞踊団創立40周年記念事業が、新春公演「カルメン」「ドゥエンデ・デル・フラメンコ」を皮切りにスタート。 名古屋、和歌山での「フラメンコその神秘と情熱」等、日本各地で活発に公演活動を行う。 2010年新春公演として舞踊団創立40周年記念事業の、千秋楽を飾る「ひびき-西と東」を上演。 林英哲氏の太鼓、 ドランテのピアノ、舞踊団のフラメンコという異色のコラボに、絶賛を博す。 この年、毎夏恒例の「真夏の夜のフラメンコ」は40回目を迎えた。 秋には、スペイン・メキシコ公演を開催。 スペイン公演では、セビージャのマエストゥランサ劇場にて、新春公演で絶賛を浴びた演目「HIBIKI-西と東-」を、またメキシコでは日墨交流400周年を記念し、メキシコ国内4か所で「浄瑠璃フラメンコ」を上演。 各地で大歓迎を受けた。 2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、7月には東日本大震災復興支援チャリティーフェスティバル「第41回真夏の夜のフラメンコ2011」を開催。 マノロ・マリン、クリスティーナ・オヨス、アントニオ・カナレス、クリージョなどスペインフラメンコ界を代表する錚錚たるメンバーが、未曾有の大震災で打ちひしがれた日本人を励ますために特別に来日、圧巻の舞台を展開した。 9月には西日本16か所で民音主催の「パッション・デル・フラメンコ」を行った。 2012年2月には、フラメンコとオペラのコラボレーションの舞台「フラメンコ オペラを舞う」を新国立劇場で上演、フラメンコとオペラという異色の組み合わせと斬新な舞台に各界から大反響があった。 5月には、民音主催の台湾ツアーを行う。 7月には恒例の「2012真夏の夜のフラメンコ」を開催、前年に引き続き、フラメンコ界の巨匠、アントニオ・カナレスが来日し、会場は興奮の渦に巻き込まれた。 2013年新春公演として、小松原庸子スペインと50年-掉尾を飾る-「私のマエストロに捧げる」「血の婚礼」を新国立劇場で開催、マノロ・マリン、アントニオ・カナレス等、世界のフラメンコ界を牽引する巨匠達が来日した。 また同月、都民芸術フェスティバルに参加し、「La Traviata-椿姫」を上演。 5月には民音主催の「パッション・デル・フラメンコ」を、北海道内8か所で上演、続いて相模原公演、兵庫公演、佐渡公演を行った後、8月には「真夏の夜のフラメンコ」を開催、また翌月9月には、初のコロンビア公演「フラメンコ オペラを舞う」を行った。 帰国後12月には民音主催の「フラメンコ・オーレ!」を横浜と東京で上演した。 2014年3月、スペインの画家フリオ・ロメロ・デ・トーレスが描く世界を舞台化した「遙かなるコルドバ」「スペイン黄金の時」を東京芸術劇場で上演。 エキゾチックで魅惑的な舞台は、高い評価を得た。 8月に行われた「2014真夏の夜のフラメンコ」には、スペインフラメンコ界の巨匠、ラ・ファルーカを招聘。 日比谷野音の会場は興奮のるつぼと化した。 12月、小松原庸子スペイン舞踊団創立45周年記念公演プレ・オープニング「フラメンコ 粋と情熱」-その神髄を杉並に-を地元、高円寺の小劇場、座・高円寺にて開催。 地元の人々にフラメンコの素晴らしさを伝えた。 2015年1月、兵庫県立芸術文化センターで「フラメンコ カルメンを舞う」を開催。 日本のギター界の巨匠、荘村清志氏と小松原庸子との夢のコラボレーションが実現した。 また同公演は、3月、水戸でも上演された。 同月、舞踊団創立45周年記念公演として東京芸術劇場にて「フラメンコ 伝統とモダンを踊る」を開催。 スペインからはフラメンコ・ピアノの名手、ドランテを招聘。 クラシコエスパニョールの珠玉の名品の数々とスペイン内戦の哀しみ、ヒターノの苦悩をフラメンコを通して表現し絶賛を浴びた。 4月、MIN-ON主催の四国ツアー「情熱フラメンコ!!」が行われた。 8月には恒例の第45回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」にフラメンコ界の女王マヌエラ・カラスコを招聘。 その圧倒的な美しさと超絶的なバイレは観客を魅了した。 また同月、栃木市で「FLAMENCO カルメンを踊る in とちぎ」を開催。 スペインからはアントニオ・マルケス、クリージョらを招き、日本の邦楽、中国、スペインという3つの国の音楽とフラメンコとの融合に会場が酔いしれた。 また同公演は各界からも賞賛を浴びた。 11月には東京近郊および北陸ツアー「情熱フラメンコ!!」(MIN-ON主催)が行われ、日本中の多くの人々に、フラメンコの楽しさと感動を伝えた。 2016年4月にはアンドイッツ・ルイバルを迎え、国内ツアー「情熱フラメンコ!!」(Min-On主催)を行い、福島、山形、青森等、東北5カ所を回り、東北のお客様に本物のフラメンコの素晴らしさを伝えた。 7月には、恒例の第46回野外フェスティバル「2016真夏の夜のフラメンコ」を日比谷野外大音楽堂にて開催。 スペインフラメンコ界を代表するエル・フンコをはじめ、サンティアゴ・エランス、オスカル・マニェンザーネ、アレハンドロ・ララ、またイスラエルからはコンパス・フラメンコ舞踊団が来日し、日本・スペイン・イスラエルの3か国の名手達が、国境を越えて日比谷野音の大舞台に華を添えた。 9月には再び「情熱フラメンコ!!」(Min-On主催)の国内ツアーが行われ、愛知、静岡、群馬、宮城、岩手、福島、栃木県、計10カ所の会場で、満員のお客様から喝さいを浴びた。 All Rights Reserved. e-mail:.

次の

NHK ハイビジョン特集「サパテアードは止まらない〜スペインの至宝 アントニオ・マルケス〜」

アントニオ マルケス

昨夜、所沢ミューズのマーキーホールで、アントニオ・舞踏団の公演を見た。 スペイン国立バレイ団のトップから華麗にフラメンコダンサーに転進したというふれ込み通り、民族舞踏としてのフラメンコの型を取り入れながら、表現の幅はフラメンコをはるかに凌駕するステージで、総勢20人足らずのグループ表現とのパフォーマンスに圧倒された。 スペインを旅行した折、何度かフラメンコのステージを見たことがあるが、すでに完成しつくしたフラメンコのステージには、音楽とダンスがかっちりとフラメンコ的な枠組みの中で固定化して、限りない繰り返しのなかで退廃し、衰退のふちに止まる芸事の爛れるような憂鬱が滲み出ようで、見ていて辛かった。 観光客が、これぞフラメンコという典型を期待する中で、ダンサー達は諦めと怒りを混ぜ合わせたような表情で、汗を滲ませながら踊り狂っているように見えた。 スペインでフラメンコのショーを見るのはもういいかなという気がしたものだった。 だが、はるばる世界各地を公演しているの舞踏団の公演には、フラメンコの伝統を突き抜けたような圧倒的な表現力があった。 フラメンコには独特のような決めのポーズがあるが、その一瞬のポーズがダンスの句読点となってダンスに躍動と停止の型を与えていて、素晴らしく切れ味のいい印象となって迫ってくる。 男女それぞれ8名ほどのグループの展開も、フラメンコでありながら、グループ表現の力で、フラメンコの枠から大きくあふれ出す表現となっていた。 プログラムは、前半が「続」と題された、歌劇の場面をのダンスを軸に、生前の妖艶なと死後の不気味なが鮮やかな対比のもとに踊りまわるというもの。 の死を境に悲嘆に悶え苦しむカミーリョを演じたの見事な演技力に息を呑む。 を舞う二人のダンサーのエロチックなこと、フラメンコ本来のエロチシズムが零れ落ちるような踊りだった。 後半は、「はかない人生」と「」。 「はかない人生」の歌とダンスの組み合わせの哀愁も良かったが、やはり「」のほうが圧倒的。 モダンバレーのの表現にフラメンコの薬味をきかせた感じといえばいいか、グループ表現の組み合わせを何度も変えながら、の舞踏を軸にクライマックスに向けて盛り上げていく組み立てはなかなかのもの。 最後に、観客の拍手に答えて見せたのステップの表現力の凄さ、あっての舞踏団だということが胸に刻まれる。 のパフォーマンスを堪能した一夜だった。 toumeioj3.

次の

マルク・マルケス

アントニオ マルケス

幼少よりバレエで鍛えられたテクニックとスペイン的な美しい容姿と生まれながらの舞台の華を持つ数少ない舞踊手。 入所2年目の初舞台以降、国内はもとより、スペイン、アメリカ、ブラジル、イスラエル、メキシコ、アジア諸国、多数の公演で活躍。 NHK教育、ミュージカルにも出演。 舞踊団記念公演では「カルメン」、「椿姫」、「血の婚礼」等を主演し好評を博す。 クリスティーナ・オヨス、アントニオ・マルケス、トゥリニ・アルティゲス、 ダビ・サンチェス等に師事。 2009年、文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員として、 マドリードのアントニオ・マルケス舞踊団にて 研鑽を積み、 イタリアツアーや、由緒あるサンタンデール舞踊祭に参加。 その後も渡西を重ね、初リサイタル「美と幻想のスペイン」を草月ホールで上演。 平成24年度 第67回 文化庁芸術祭舞踊部門、新人賞を受賞。 11歳よりクラシック・バレエ、その後モダンバレエを学ぶ。 小松原庸子スペイン舞踊研究所にて研鑽を積み、2002年渡西。 マティルデ・コラル、マヌエル・ベタンソ等に師事。 帰国後、小松原庸子スペイン舞踊団の一員として、スペイン、中国、韓国をはじめ、国内外の数多くの公演に参加する。 2007年、スペイン舞踊振興MARUWA財団主催「第4回CAFフラメンコ・コンクール」にて、豊かな表現力と華麗な舞が評価され、見事、準優勝に輝く。 その後、スペインのコンセルバトリオ・スペリオール・デ・ダンサ「マリア・デ・アヴィラ」に留学。 2011年、スペイン舞踊振興MARUWA財団主催「第6回CAFフラメンコ・コンクール」で第3位となる。 現在、小松原庸子スペイン舞踊研究所およびカルチャーセンターにて、 後進の指導にも力を注いでいるが、丁寧で、的確な教え方は、生徒達からも 大好評である。 幼少より器械体操、ジャズダンス等を習得し、その後、フラメンコと出会い、小松原庸子スペイン舞踊研究所で研鑽を積む。 2004年、第34回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」で初舞台を踏む。 クリスティーナ・オヨス、カルメン・レデスマ、マリベル・ガジャルド、ラファエル・デ・カルメン、クリージョ・デ・ボルムホス、ファン・オガジャ、ダビ・サンチェス、ハビエル・サンチェス等、スペインの著名なアーティストに師事。 舞踊団の国内公演、および韓国、スペイン、イスラエル公演等でも活躍をする。 現在、小松原庸子スペイン舞踊研究所や各地のカルチャーセンター等で指導にあたる。 心と体がつながった、踊ることの楽しさを体感できるレッスンを目指している。 基礎を大切にした指導法は、子どもから大人まで、幅広い年代の受講生に人気が高い。

次の