あつ森 クリエイト コツ。 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』島クリエイターを使いこなして島を発展させる方法をご紹介

【あつまれどうぶつの森】島クリエイターの解放条件とできること【あつ森】

あつ森 クリエイト コツ

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。 ロケットニュース24のP. サンジュンです。 発売日からプレイされている方よりは少々遅れましたが、私「 サンチェル少年」が『あつまれ どうぶつの森』をプレイし始めて3週間ほどが経過しようとしています。 サンチェル少年の夢は「 世界一のリングを作ること」とでお伝えしましたが、果たしてここ1週間ほどで「ロケッ島(ろけっとう)」はどんな風に変わったのでしょうか? どうぶつの森らしく、ゆるゆるとお伝えしていきます。 ・ついに「島クリエーター」解放 結論から言うと、ロケッ島は大して変わっていません。 サンチェル少年は相変わらず魚釣りに夢中なご様子で、悲願であるハズの「世界一のリング作り」も一時停止しているよう。 だって、 サンチェル少年は5歳の男の子ですもの、怒っても仕方ないですよね。 ただ、ついに昨日「島クリエーター」が解放されました。 「島クリエーター」とは島のインフラや構造、地形すらも変更できるクリエイト機能のことで、ある意味で「あつ森」最大の目玉と言えるかもしれません。 「 島クリエーターが解放されると自由度が100倍くらいアップする」と言っていいでしょう。 個人的に1番大きいと思うのは「道路」をひけるようになること。 島クリエーターが解放されるまでは「原っぱ」と「砂浜」しかなかったロケッ島に、ついに道ができるワケです。 「よっしゃ、キレイに道路を整備してやるゾーーー!」と気合十分で挑んだものの、思わぬ落とし穴が待っていました。 それが「 区画整理」です。 ・区画整理地獄 一言でいうと、道路をひこうとする場所に高確率で「住人の家」や「店」「博物館」があるんですね。 当然、道路をひくには家を移動してもらう必要があります。 当初はだだっ広い草原だったので 適当に家や店を配置してしまったんですが、今となっては後悔の念しかありません。 家や店を移動してもらうには5万ベルかかりますし、さらに引っ越しは1日1件しか出来ません。 ロケッ島ではほとんどの住人に移動してもらう予定なので、 最低でも50万ベル、そして日数も 最短で10日ほどかかってしまう計算です。 リアルに10日か……。 さらに1件につき5万ベルもジワジワと重くのしかかってきます。 本気を出せば魚釣りなどで5万ベルくらいなら比較的早く貯まるのですが、工事に手を出し始めると魚を釣る時間がなくなってくるんですね。 まさに負の区画整理スパイラル……! 最初にちゃんと計算して家や店を配置するべきでした……!! ・時間が足りない ちなみに、みなさんは どうやってベルを稼いでいるのでしょうか? 魚なのかカブなのか? どうぶつの世界なのに世知辛いようですが、あつ森にもある程度の金(ベル)が必要です。 「この先、アジやスズキを何匹売ればいいのか……?」と考えるとやや暗い気持ちにならざるを得ません。 また、サンチェル少年は服装には無頓着なんですが、最近「マイデザイン」もちょっとだけ気になってきました。 これに5月から獲れる魚や虫を加えると「 いくら時間があっても足りねえ!」と感じている次第です。 「世界一のリング作り」もゆっくりゆっくりマイペースで作っていきたいと思います。 参考リンク: 執筆: ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch).

次の

【あつ森】島のレイアウトまとめ

あつ森 クリエイト コツ

島クリエイターのコツとやり方 テーマを決める 島クリエイトとする上で、テーマ決めは欠かせません。 初めにテーマを決めることで、完成形がイメージしやすくなります。 また区画ごとに「家をまとめた住宅街」や「お店を並べたショップエリア」など、細かいテーマをつけることで島づくりがしやすくなります。 大量のお金と1日の時間経過が必要になってしまうため、マス目をきにしつつ施設移動させ、島クリエイトを楽しみましょう。 道・床・道路の塗装をする 島クリエイトをするときは、道、床、道路の塗装から作業を始めましょう。 後回しにして、家具や柵を置いてしまうと、修正に時間がかかります。 おすすめ島クリエイト参考例 公園 遊園地 温泉 崖上釣り場 和風エリア ハンモックビーチ 花畑 駐輪場 滝のあるエントランス 2段滝の入口 結婚式会場 中華な屋台 島クリエイトが苦手な方は、上手なユーザーさんの作品をみてから作ってみるのがおすすめです。 Twitterや過去シリーズのデザインやレイアウトを参考にして、まずは簡単な島クリエイトに挑戦してみましょう。 おすすめのレイアウトを確認! 島クリエイターのできること一覧 島クリエイト できること 地面の塗装• ・自分好みの床、タイルに塗装可能• ・マイデザインでの塗装も可能• 河川の工事• ・地面を削って川を作成可能• ・高台を削って滝を作成可能• 崖の工事• ・崖をなくしたり作ったりが可能• ・迷路やアスレチックが作成可能• 島クリエイターアプリを使用すれば、滝に囲まれた荘厳な一本道をつくったり、島厳選で話題になった「ハート池」などを、地面塗装と河川工事、崖工事の組合せで作成できます。 作れる道の種類は9種類あり、マイル交換で増やしていくことが可能です。 また、地面にはマイデザインが反映できるため実質無制限の舗装が可能です。 角を丸くできる 舗装は直角にできるだけではなく、角にまるみを帯びさせることも可能です。 斜めから二回に分けて塗装すると、角丸塗装になりやすいので是非お試し下さい。 ただしマイデザインは、角を丸めることができないので注意しましょう。 河川の工事 川を大きくしたり狭くしたりできる 河川工事では、川に接している地面の埋め立てや掘削 地面を削る 工事が可能となり、地盤の構成を自由に変更できます。 島の移動が大変だった場所にも、橋なしで移動できるよう加工可能です。 滝の作成も自由自在 島クリエイト「崖工事」と組み合わせれば、すきなところに滝を作り出すことも可能です。 また、魚のなかには崖上にしか出現しないやなども出現させやすくさせることが可能です。 崖の工事 崖の形状を変化させられる 崖の工事は、崖を削ることや崖自体の作成ができることになります。 河川工事とあわせて滝を作成することはもちろん、移動しづらい崖をすべてなくすことも可能です。 迷路やアスレチックを作成可能 崖の中心部をくりぬくように崖工事を行えば、簡単に迷路を作成できます。 また、すこしの隙間であれば主人公キャラは飛び越えるように移動するため、崖をうまく配置することで遊戯施設をつくることもできます。 角を丸くできる 崖はの工事は、角を丸めることができます。 一度崖を作った後、Aボタンを押すと簡単に角を削れるので、緩やかな崖を作成したいときに活用しましょう。 お片付けサービス お片付けサービスは自分の身の回りを一瞬で片付けるサービスです。 身動きが取れなくなったり、崖の上に道具を置き忘れてしまった時に使いましょう。 通信中は島クリエイトできない オンライン通信やフレンドの島に遊びに行った際には、島クリエイト機能は使えません。 また、自分の島にだれかが遊びに来ている場合も島クリエイトは使うことができません。 案内所を改築するために必要な手順は、たぬきちに聞くことで随時教えてもらうことができます。 島の評判を星3にする 島クリエイターは、島の評判を高める事でを島に誘致し プロジェクトK 、とたけけのライブ終了後に入手できます。 島の評判を高めるには、の助言に従うことが重要です。 何をすればよいか不明な場合は話を聞きましょう。 家具は適当設置でも評価が上がる 評判を高めるために設置する家具は、同じもの・適当な場所においても問題ありません。 手持ちの素材から最も簡単に作成できる家具をDIYして設置しまくりましょう。 柵はマイル交換で入手して設置 評判を高めるためには柵の設置も重要です。 柵は、たぬきちからもらえる初期柵だけでは足りないのでマイル交換で入手しましょう。 工事ライセンス解放方法 追加ライセンスはマイル交換 工事ライセンス 交換マイル 河川工事 6,000マイル 崖工事 6,000マイル アーチスタイル 2,000マイル いしだたみ 2,000マイル くみきのみち 2,000マイル くろつちのみち 2,000マイル すなのみち 2,000マイル テラコッタタイル 2,000マイル レンガのみち 2,000マイル マイデザイン 2,300マイル 島クリエイターは、たぬきちに貰った初期状態だと道路補正工事しかできません。 滝をつくるために必要な「河川工事」、不要な崖を削るなどを行うための「崖工事」などの工事ライセンスはマイルで入手できます。 島クリエイト関連記事.

次の

【あつ森】「負の区画整理スパイラルに突入する」の巻 / 第2回「あつまれ どうぶつの森」日記

あつ森 クリエイト コツ

イチからガッツリ島づくりを楽しみたいけどイメージが湧かない、 どこから手をつけたらいいか分からない、という方のための記事です。 本気で島を作りたい、そんな気持ちの一助となれば幸いです。 はじめに 島クリエイターを貰うまでは漕ぎ着けたものの、何をしていいか分からない。 なんとなく作りたいイメージはあるけど、それをどうやって表現すればいいか分からない。 そういう悩みを抱えている方がネット上で散見されます。 私も、同じ壁にぶつかったことがあります。 悩んだ私は『島 作り方』『島クリ コツ』などで検索し、あらゆる動画や記事に目を通しましたが、川の引き方などのテクニック的なものが多く、望んでいた内容に出会えませんでした。 川を「こう引きたい!」って気持ちがあれば役に立つだろうよそりゃあ!! こっちは何から手を付けていいか途方に暮れてるんだからテクニックとかじゃないんだよ!!! テクニックを公開してくれている方々ごめんなさい 結局、私は我流で島クリエイトに臨むことにしました。 そうこう試行錯誤して三週間、島がだんだん仕上がってきた頃に、あつ森をやっている友人から連絡が…… 『島クリエイター、どこから手を付けていいか分からん』 『何からすればいいか分からんし、理想図も特にないしなあ』 そうか、みんな同じ悩みを抱えているのか……ならば、率先して書かねばなるまい!島クリエイトのイメージ作りのための記事を!! という経緯から、友人のために書いた記事です。 同じ悩みを抱えている方の参考に、少しでもなれば幸いです。 「分かっとるわいそんなこと!」と思うかもしれませんが、道に沿って電灯を配置したり、花を植えたり、並木道にしたり。 そういうところから島の個性が出てきて、方向性が決まっていきます。 いろんな島に訪問したのですが、道の太さや敷き方も島によって個性があって面白いです。 道を敷くと動物が歩いてくれるのでカワイイし、そうして生活感を実際に見ることで島のイメージも掴みやすくなります。 この 『イメージ』。 これがとても大事です。 今は小さい火種なので、消えないようそっと守ってあげましょう。 これを解決するためには、まずSwitchの電源を落とし、ゲームから距離を置きましょう。 そしてイメージになるような参考資料を探しに ネットの海に飛び込むのです。 ほんとはお外を歩いて街並みを眺められたらいいんだけど、昨今なかなかそういうわけにもいかないので。 私が参考にしたものをここに記しておきます。 イメージが完成図に近い、明瞭な参考資料であればあるほど深く考えず島クリに着手できますが、 「ワシはオリジナルがええんじゃい」という私のような頑固者や、 「動画にしてネットで上げたいからパクリはちょっと……」という方は 上の方の曖昧なものからウンウン唸ってやってみてください。 きっとその方が考える楽しみはあると思います。 プレイ時間はそーとー必要だけど。 これはイメージ作りのための記事なので、ここが一番重要なのでじっくり解説します。 上から順を追って説明すると、 ・画像検索 『世界 絶景』『日本 街並み』などで画像検索することで、 どういう島にしたいのかのイメージを固めていきましょう。 東側は海に面した小高い丘にしたいとか、川沿いに家があって、奥に森が……なんてイメージを作るのに良いです。 とりあえず何も考えず、「この街好き!」「この風景作りたい!」を大事にして画像探しをしましょう。 時間が溶けます。 私はイメージ収集に、手軽さを求めてPinterestというサービスを使いました。 本当にいろんな画像を引っ張り出してきてしまうので色々アレですが、こういう際にはとても役立ちます。 ・実際にある公園の地図 これは次の項でも出てくる問題ですが、 島には元から自然の地形があるので、それに沿った島づくりをしなければいけません。 なので、自然の地形を残しながら道や施設、広場を置いていくような配置づくりには実際の公園の地図は結構役立ちます。 『公園 地図』などで画像検索。 あつ森内で 地図表示にしたときの全体図の参考になります。 ・他のRPGの街並み ぶっちゃけ マジで参考になります。 今まで羅列した参考の中で一番参考になります。 私が主に参考にしたのはOCTOPATH TRAVELERです だってこないだ半額セールやってたから…… ゲーム中、街をぶらぶら歩きながら、あっ!このへん良い!と思ったらすかさずスクショ。 Switchのスクショ機能便利ですね。 OCTOPATH TRAVELERの実際に参考にしたスクショです。 マジで参考になると言った意味が分かって頂けるかと思います。 家々に立体的な高低差をつけるような、街並みに起伏を作るときのアイデアとしてお借りしました。 あつ森の写真機能の一番引きにした時に収まるくらいの中距離の遠景でしょうか。 これが綺麗に仕上がると、島のフォトスポットになります。 それにしても、こうして改めて街並みに着目しながらゲームをしていると、綺麗な風景や街並みをゲーム的な地形に落とし込むプロの手腕に感動します。 いま、私たちは島クリひとつに頭を抱えていますが、それをもっと難解にしたものをお仕事にしてるのがゲームを作っている人たちなんですね。 ありがとう…… ・無人島ツアーの島 これも意外と参考になるんですよね。 時間帯によって、日光の当たり加減だったり、夜になるとこういう雰囲気が出ますよという実践的な参考になります。 風景的に心に刺さる島に当たったらスクショしておきましょう。 スクショ便利。 ・他の人の島 実際の訪問>youtubeなどの動画>twitterなどの静止画、の順に参考になります。 メチャクチャ分かりやすく参考になるのですが、しかしこれは 諸刃の剣です。 参考になるけれど、無意識のうちにそのイメージに引きずられてしまうので。 島クリは面倒だけどそこそこ手をかけているように見せたい人や、小さいお子様に無理矢理島を作らされているパパママ等、 なんとかとっとと形にしてしまいたい場合などは大いにアリだと思います。 トラブルには気をつけてね。 パクリ、ダメ絶対。 の前に、 全体図を作りましょう。 今の漠然としたイメージのまま作ると破綻します。 なぜなら、 橋、坂、それぞれ8本という建築制限や、絶対に動かせない 河口や岩場、空港、集会所の存在があるからです。 ある程度の計画性は必要。 私の場合、漠然としたイメージとしては 『生まれ育った地元の風景みたいにしたい 要するに田舎 』 『住宅街作ってる人が多いから住宅街は作らねえぞ 天邪鬼 』 って感じです。 イメージなんてこれくらい曖昧でいいんです。 それにさっきの参考資料によるイメージをプラスして、地形や植樹などのもう少し細かいところまで想像していきます。 私の場合、 『東側に海が見える高台がほしい』 『地元の風景で海に高台といえばみかん!オレンジの木を植えたい』 『とりあえず空港出たらポケモンHGSSみたいな自然公園ほしいよな』 『家の前に坂がある感じも作りたい』 『魔女宅 ちょうどやってたので みたいな海岸線の風景ほしい』 みたいなかんじで。 それを一枚の地図にするため、どこにそんな風景を持ってくるかを考えながら頭の中で配置していきます。 図にするとわかりやすくて良い。 あつ森を立ち上げて、地図を開いてにらめっこするのも良いです。 Happy Island Designerという有志の方が作ってくださったメチャすごツールがあります。 でも私はぽちぽちしてるとイィーってなってくるので5分も使いませんでした なんてことを。 集中力が5秒しかもたないので、5秒でチラシの裏に手元でもじゃくったみたいな図を描きました。 私はアナログ人間なので。 会いたかったよ、マイスウィートハート。 とはいえ、ゲーム内は全く作業が進んでいない状態。 そういうときは落ち着いて、 収集したステキな街並み画像を眺めたり、OCTOPATH TRAVELERをやったりしましょう。 現実逃避しても大丈夫。 幸い、ゲームの中に締め切りはありません。 誰に急かされるわけでもないスローライフこそあつ森の醍醐味なのですから。 まあ、ずっとそうやっているわけにもいかないので、心を鎮めるべく、 まずは整地から始めましょう。 整地は頭を働かせることなくできて、しかも整地していると自然に崖や川作りのための島クリのテクニックが身につきます。 触ればわかる。 私の場合、前の工程が雑だったのでイメージが定まらず、とりあえずどこまで元からあった自然を活かすか考えた結果、 川以外の全てが丸坊主になりました。 まあそんなこともあります。 ちなみに、皆さんもよくされてるかと思いますが、 住民の家はみんな砂浜に避難しました。 まだ誰の家をどのへんに置くかも決まってないので。 お店などの建物は砂浜に乗らないので、必要に応じて適宜動かします。 言い忘れましたが、島を丸坊主にするとお金を稼ぐのが難しくなるので、建物の移動費や橋や坂のために2~3,000,000ベルくらいは貯金があったほうがスムーズかもしれません。 崖は4段目まで作れますが、上に登って木や花を植えることができないので実質3段目までで考えていきます。 4段目の良い使い方、誰か教えて。 大事にしたのは、 『自然感を出したいので道はグネグネにして、木も均等には植えない』 『トンネル抜ければ夏の海!みたいな、狭いところから視界がひらける驚きがほしい』 みたいなところです。 狭いところから~はyoutubeの動画、ゲームさんぽのマイクラ回を参考にしました。 素人にとってはプロの意見は非常に参考になります。 大丈夫。 そんな時は、 更地に適当に家具を並べましょう。 ある程度のイメージがあるならそれっぽい家具を並べ、それも全然ないなら店売り家具でも なんでもいいです。 工事作業をしていると風船がよく飛んでくるので、その中に入っているものでもいいでしょう。 幾つか適当に並べていると、ここにこれ置くのいいかも!じゃあここは崖があったほうがいいかな!ってなってきます。 ここもいつか素敵なバーになると信じて。 橋や坂、住居移動もタイミングを見つけて並行に行って下さい。 一日につき橋or坂1つと、住居or施設1つの移動制限があるのでお気を付けて。 一箇所を完成させてから次へ行ったほうがいいのか、全体的に同じくらいの完成度でやっていった方がいいのか?という疑問ですが、 正直、ゲームを始めたばかりで家具も全然揃ってないので、ディテールは雑でも大丈夫です。 多分後々変わるので。 なかなか大きく変えられない、 川、崖、橋、坂、住民の家や施設の配置。 このあたりを後々変えなくてもいいように 全体的にガッツリ整えます。 イメージやアイデアを最優先に。 ひらめいちゃったら、そこだけ細部まで完成させちゃってもいいです。 その方がモチベにもなるので。 ……という要領で島を作っていくとこうなります。 全然下手くそやんけ!という感想を持った方もいらっしゃるかとは思いますが、 なんの取り柄もない素人でもここまでできるという希望にはなったのではないでしょうか。 ちなみに森シリーズは64版以来のプレイです ポケ森は触った当日に詰みました、根気がないので。 余談ですがこの島、自然がダイナミックすぎて、 山の中によくジャスティンやゆうたろうが引っかかって彷徨っています。 これから島づくりする方は気をつけてね。 あと、三段目の崖の裏に平地を作るとこうなります。 設計ミス。 しかし、大好きな地元っぽい自然に囲まれて、在宅帰省できる喜びはひとしおです。 皆さんもハッピー島クリライフをお過ごしください! 低木アプデも超楽しみです。 これからも植林するぞ~~!!.

次の