近 商 ストア 学園前。 美しい町並み大阪からも近い「奈良学園前」 [大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良に住む] All About

株式会社近商ストア 学園前店(奈良市学園北)|エキテン

近 商 ストア 学園前

ここから本文です。 鮮度に活きる魚屋「旬海」 大切なのは地域に密着していること 旬海のほとんどは、サンディさんや近商ストアさんといった、量販店の中に出店しています。 まず大切なのは地域に密着していること。 季節に応じて、店頭に並ぶ魚も当然変わります。 そうすると、魚の食べ方も変わってくる。 夏は刺身、冬は鍋といった感じで。 でもそこまでのサービスなら大概の魚屋さんはやられていると思うんです。 他の魚屋さんと違う2つの特長 旬海が他の魚屋さんと違う理由は2つあります。 その1つは地域性をつかむこと。 お年寄りが多い地域もあれば、若い夫婦が多い住宅街もあります。 そうなると、当然ニーズも変わってくるわけですね。 それを日頃からよく見て、商品の売れ行き、ディスプレイなど考えていきます。 もう1つは、いかに新鮮なものをお客様にご提供できるかということです。 これは七海水産の絶対条件と言ってもいいかもしれません。 まずは新鮮な魚を仕入れること。 旬海の店長は皆朝の4時、5時に七海水産へ行き、仕入れを行います。 各店舗での販売は、各店長に一任されているので、会社任せではいけないんです。 というよりも、現場にいる私たちだからこそできることなんだと思います。 そして仕入れたものを店舗に搬入し、仕込みに入ります。 バックヤードには各専門のものが準備をしていますので、そこからはオープンまでの時間との勝負ですね。 お客様のことを考えた先にあるのが「旬海」 魚屋さんによっては、前日に加工作業を行うところもあるそうですが、七海水産「旬海」の一番は鮮度なので、必ず当日に行います。 あと、「売れ残りが無いようにすること」が前提としてあります。 もちろん塩干などは別ですけど、鮮魚に関しては本当にこれですね。 こうなると1つ目の理由にも関わってくることですけど、ニーズが掴めていないと当然売れ残りは発生します。 そうすると、それは翌日にまわすか廃棄するしかありません。 これほど無駄で、お客様を裏切ることはないと考えています。 新鮮なものをご提供することは、お客さまのことを考えることだと思います。 「旬海」店舗一覧• サンディ木津店 木津川市大字木津小字池田40 TEL:0774-73-8252 10:00~19:30 定休日:無(正月休み有り)• ハーベスはびきの店 羽曳野市軽里1-10-5 TEL:072-958-2231 9:30~20:50 定休日:無(正月休み有り)• パラディ学園前店 奈良市学園北1-10-1 パラディII TEL:0742-41-3506 10:00~20:00 定休日:年数回有• エコールマミ真美ヶ丘店 北葛城郡広陵町馬見中4-1-1 TEL:0745-55-1030 10:00~19:30 定休日:無(正月休み有り)• (株)近商ストア高の原店 奈良市右京1-3-4 TEL:0742-71-9570 9:00~21:00 定休日:無(正月休み有り)• ハーベス東生駒店 生駒市東生駒1-5 TEL:0743-75-8015 9:30~20:00 定休日:無(正月休み有り)• ハーベス大和郡山店 大和郡山市高田町92-5 TEL:0743-54-5319 10:00~20:00 定休日:無(正月休み有り)• ハーベス松陽台店 奈良市松陽台3丁目17番10号 TEL:0742-51-4773 9:30~21:00 定休日:無(正月休み有り)• スーパーサンコー長吉店 大阪市平野区長吉六反2丁目6-26 TEL:06-6709-6710 10:00~19:30 定休日:無(正月休み有り)• (株)近商ストア西大寺店 奈良市西大寺国見町1丁目1 TEL:0742-45-4891 9:00~21:00 定休日:無(正月休み有り)• ハーベス五位堂店 香芝市瓦口2227 TEL:0745-77-2730 9:00~21:50 定休日:無(正月休み有り)• ハーベス木津川台店 京都府木津川市木津川台1-12-1 TEL:0774-73-0366 10:00~21:00 定休日:無(正月休み有り)• 魚達中央市場前店(業務スーパー) 大和郡山市馬司町536-2 TEL:0743-57-0773 6:00~19:00 定休日:無(正月休み有り)• サンディ三山木店 京都府京田辺市三山木田中67-1 1 TEL:0774-63-1073 9:30~19:30 定休日:無(正月休み有り)• (株)近商ストア喜連店 大阪市平野区喜連西4-5-16 TEL:06-6706-0226 9:00~23:00 定休日:無(正月休み有り)• (株)近商ストア新生駒店 生駒市北新町10-36-101 TEL:0743-73-7360 10:00~21:00 定休日:無(正月休み有り)• ハーベスあやめ池店 奈良市あやめ池北1丁目37番10号 TEL:0742-41-7588 9:00~21:50 定休日:無(正月休み有り).

次の

近商ストア学園前店のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

近 商 ストア 学園前

地勢 [ ] 位置 [ ] 学園前は奈良県の北西部、奈良市と生駒市の境界付近に位置する。 地域の核となる学園前駅は奈良市の西部にある。 学園前駅から直線距離で奈良市役所までは約5km、生駒市役所までは約4. 5km離れている。 大阪市中心部から25km圏内、神戸市中心部からは55km圏内、京都市中心部から40km圏内、奈良市中心部から10km圏内に位置するため、学園前駅から電車に乗車するとまで30分弱、まで40分強、まで約10分の所要時間で到着できる。 学園前に位置する住宅地と学園前駅間は、路線バスを利用して移動できる。 さらにに開通したを利用すれば学園前駅の北約3kmに所在するや北西約4kmに所在するから地下鉄まで40分弱で移動できる。 学園前駅南側には西部出張所が設置されており、奈良市西部地区の行政サービスの拠点となっている。 現在の「学園前」は旧東部、北部、西部(以上、現奈良市)、南部(以上、現生駒市) に相当する地域である。 旧自治体の境界線が通る地域が開発されたため、奈良市域に学園地区自治連合会を設立する際、旧自治体ごとの自治連合会との折衝が紛糾し、最終的には強引にまとめ上げたというエピソードが残っている。 奈良市役所西部出張所の前身は学園地区自治連合会の要望により設置されたが、このような学園前の位置に起因する問題が噴出し、現西部出張所の設置までには相当な努力が必要だったという。 範囲 [ ] 学園前は学園前駅を最寄駅とする一帯の地域名であると認知されており、自治体の資料 、新聞 、住宅情報誌 などにその名が登場する。 しかし、自治体が告示などで定めた正確な地名ではないため、学園前の範囲は一意に定義できない。 1982年に発行された参考文献 では当時の奈良市西部出張所長への短いインタビューを交え、学園前の範囲には以下の3説があると述べている。 主導で開発を行った近鉄がお墨付きを与えた地域。 奈良市役所西部出張所管轄の行政区画(富雄、あやめ池、学園、登美ヶ丘)のうち学園地区、登美ヶ丘地区に相当する地域。 学園前駅を利用する人々が住む範囲。 学園前駅行バス路線の始発地点を含む地域。 — 朝日新聞、「8. もっと奥も」『奈良新風土記 学園前』奈良1P版 1982年9月9日 1970年に発行された参考文献の中で森田勝(元学園地区自治連合会長で当時の奈良市議会議員)は学園前の範囲を定義するのは困難であると前置きした上で、上記 3. の説では漏れる地域があるとし「学園前駅前のショッピングセンターを利用される方々の住む範囲」を学園前と定義している。 奈良市公式Webページのコンテンツでは奈良市の都市計画の例として学園前を取り上げている。 このWebページでは学園前駅より北方・南方に離れた地区の開発を「学園前開発の流れ」として説明し、学園前駅周辺の住宅開発時期を地図と年表でまとめている。 このコンテンツに掲載されている地図が示すのは以下の範囲である。 (開発年代順に並べた上、2008年現在の地名に置き換えて記述している。 ) 学園南、学園北、、登美ヶ丘、鶴舞西町・鶴舞東町、学園大和町、千代ヶ丘、西登美ヶ丘、東登美ヶ丘、中登美ヶ丘、南登美ヶ丘、藤ノ木台、中山町西、学園前緑ヶ丘、朝日町、松陽台 、学園中、北登美ヶ丘 人口 [ ] 学園前周辺の人口推移 - 奈良市域(単位: 人) 年度 伏見 あやめ池 学園 登美ヶ丘 富雄 平城 平城NT 神功 右京 朱雀 左京 奈良市全体 1961年 11166 8383 4885 137413 1963年 12767 11659 5610 147110 1965年 7824 3771 12681 8733 5994 161587 1970年 15348 4534 31169 19007 7595 207819 1972年 17527 4884 34425 23138 8994 1103 226643 1975年 19345 5191 23142 18615 26637 11230 6839 256083 1980年 21169 5385 25257 20587 37995 13993 2589 6358 2238 4 297156 1985年 24571 7042 26707 21737 44744 16151 3094 7800 4942 177 326290 1990年 25475 7530 27257 23643 50897 17480 4404 7618 6878 2888 349675 1995年 26582 7914 27158 23384 52510 18312 4874 7169 7653 5436 361696 2000年 27001 8212 28737 24226 55564 19037 6040 6650 7426 6295 368562 2005年 27609 8553 28182 24192 57326 19377 6105 5803 7350 6386 373189 註1: 伏見・富雄・平城は奈良市に合併される前の旧町村を引き継いだ地区を示す。 その他の地区は伏見・富雄・平城のいずれかから区割りされた地区となっている。 註2: 学園前と呼ばれる地域には上記の平城地区の西端が含まれていたため、この表では平城地区、そして平城地区から分かれた地区の人口を掲載している。 しかし、平城ニュータウンはや奈良市役所北部出張所の所轄であり、最寄り駅もではなくであるため、学園前周辺には含まないのが通常である。 平城ニュータウンは一般的に同じ奈良警察署近鉄高の原駅前交番・ 奈良市北部出張所 [ ]管轄の佐保台を含む。 地理 [ ] 地形 [ ] 学園前のある西端の丘陵地帯は、西から東へ、主脈の、、そしてと続く。 生駒山地は海抜平均400m、矢田丘陵は海抜200-300m前後、一番東の西ノ京丘陵は海抜100m前後で、奈良盆地へ至る。 学園前はこの丘陵地帯のうち、西ノ京丘陵に所在する。 西ノ京丘陵の東側にはの西の堀川と呼ばれたが南北に流れ、西側にはの時代、富の小川と呼ばれたが南北に谷を形成している。 西ノ京丘陵はとに挟まれ、南北に細長い形をしている。 北方の京都府南部付近が一番東西に幅広く丘陵が広がっており、奈良市に入ると幅4km程度、南下するほど幅が狭くなり、最終的には幅1km程度で付近に達している。 丘陵の南北の全長は約18km である。 学園前はこの全長約18km のうち、北部から中央部にわたる東西幅約2km、南北約8kmの細長い場所に住宅地を形成している。 学園前の最高地は北部北登美ヶ丘や真弓付近で約180m前後である。 学園前駅付近では150m、南部では100m位である。 西ノ京丘陵のは丘陵の西側に片寄っており、分水嶺より西側では分水嶺から富雄川まで500mくらいの距離で急斜面を形成している。 一方、分水嶺より東側は緩やかな斜面になっており、分水嶺から秋篠川まで2kmに達する箇所がある。 分水嶺から東側では秋篠川方向に小川が流れ、侵食谷を形成している。 西ノ京丘陵ではこれら侵食谷に水田が形成された。 これら侵食谷は奈良盆地周辺の特徴にもれず水源地が浅いため水不足になることが多く、不足分を補うためのが各地に構築されている(後述)。 のであった泉市郎はこの東側の緩やかな斜面を「住宅地にとって理想的な地形」と評している。 地質 [ ] 学園前のある西ノ京丘陵のはにできたを主とし、一部となっている。 この地層は山麓が砂礫層で中央部がである矢田丘陵、やでできた生駒山地よりも侵食されやすい。 生駒山地、矢田丘陵、西ノ京丘陵のうち西ノ京丘陵が一番低い丘陵となっているのは一番侵食されやすかったからである。 やわらかい砂礫層は宅地造成に適しており、地形だけでなく地層も住宅地にとって好条件であった。 また、学園前の東南部には他の地域と比較して粘土層が多く挟まれている地域がある。 この地域は赤膚山と呼ばれ、粘土層から産出される粘土を用いてが製造されている。 気候 [ ] 学園前は奈良盆地と同じくである。 冬はややする。 風向は北西の風が多く、冬の乾燥したが強い。 この風を「生駒颪」と呼ぶ。 この生駒颪の影響で奈良地方気象台のある奈良市中部に比べ生駒山に気候が近く、標高に対する気温減率に反する。 最寒月の平均気温は1. (奈良が3. 降水量は年平均総量1450mmくらいで、日本の平均よりも少ないほうである。 降水量が少ない影響で奈良盆地やその周辺では乾燥しやすく、また大きな河川が存在しないため水不足に悩むことが多かった。 宅地開発以前は灌漑用水の不足、宅地開発後は上水の不足に悩んだ。 奈良の水不足を表現した「大和豊作米喰わず」ということわざが伝わる。 大和国が水に恵まれ豊作になると他の地域では雨が多すぎて凶作になり、米の値段が上がって庶民は米が食べられなくなるという意味である。 植生 [ ] 学園前は奈良県植物地理区のうち奈良北部植物区-生駒金剛植物区-西ノ京丘陵区に属する。 西ノ京丘陵区は砂礫層を主とするため植物の生育に適しておらず、やを主とする植物区である。 特に学園前には松林が広がっており、開発前から開発初期にかけて、学園前周辺ではアカマツ林でのが観光資源となっていた。 他にマツを切り出して炭にするための炭焼窯が駅の北側に存在したという。 また、2008年現在「学園赤松町(旧富雄町大字二名小字赤松)」という地名が残っている。 社寺には、、、、などのによる林が構成される。 雑木林には、のほか、、、、、などが見られる。 登美ケ丘高等学校、登美ケ丘北中学校の校章は所在地周辺に成育していたツツジ、コバノミツバツツジをモチーフとしている。 河川・溜池 [ ] 学園前には大規模な河川は存在しないが、侵食谷による小さな河川がいくつか存在する。 また、侵食谷による河川を堰き止めた大型の溜池がいくつか残っている。 一覧を以下に示す。 一級河川• 秋篠川 - の河川。 学園前の侵食谷を水源とする。 東進し、中山町を過ぎると進路を南に変えて、西ノ京丘陵の東端を流れる。 富雄川 - の河川。 生駒市高山町付近を水源とする。 水源からは南進し、西ノ京丘陵の西端を流れる。 山田川 - の河川。 生駒市高山町付近を水源とする。 水源からは東進し、京都府内でに合流する。 大渕池 - 秋篠川の最上流。 江戸時代に侵食谷を堰き止めて建設した溜池。 蛙股池• 菖蒲上池・菖蒲下池 学園前付近のパノラマ画像 [ ] この節のが望まれています。 学園前という地域名の由来として通説になっているのはの最寄であったからという説である。 、 - 間にが開校し、翌、が開設された。 人家などのランドマークがない場所に学園だけが開発されたため「学園前」が地域名の固有名詞となったとされる。 実際に、近鉄電車に乗ると、学園前駅への車内到着前アナウンスで、「学園前、学園前、帝塚山学園前」とアナウンスされるのを聞くことができる。 異説として、がのから教示された説がある。 野崎清孝によると、学園前の地名の由来は戦前に計画されたものの実現しなかったの分校計画にまで遡れるとしている。 慶應義塾大学の分校計画話が流布していたのは事実で、箕面有馬電軌は慶應義塾大学を誘致するため(大正7年)ごろに用地を求めている。 街並み [ ] 学園中地区の遠景 学園前の宅地開発は国や自治体のニュータウン計画に沿った開発ではなく、民間主導で進められた開発であった。 に近鉄が学園都市を目指して学園前南地区の開発をはじめた。 その後、近鉄の計画に参加した、や、多数のデベロッパー(、、、、、、、など)により、年次ごとにブロック単位の開発が進められ、丘陵地の開発の手は駅を中心に南北へ延伸していった。 民間主導によるブロック単位の開発を進めることで、学園前には10万人規模の街ができあがった。 しかし、街がブロックの断片的な積み重ねでしかない状態を生み出す弊害が生じ、各ブロックごとに街路の方位や街区が異なる、ブロック間のつなぎ部分で交通体系上の問題が生じる等の課題が現れている。 交通体系上の問題は交通渋滞を引き起こし、学園前が当初目指した「良好な住環境を持つ学園都市」とは異なる発展を遂げた。 ライフライン [ ] 電気 [ ] 学園前ではが電気の供給を行っており、関西電力奈良支店奈良営業所が管轄している。 2002年現在、学園前周辺には一次として新生駒変電所がある。 新生駒変電所には500kVの送電線が4系統、275kVの送電線が2系統、154kVの送電線が3系統接続されている。 500kV級の送電線のうち北河内線は西京都変電所に接続される大飯幹線などを経て、をはじめとする周辺のに繋がる。 、雪害のため大飯幹線、大飯第二幹線の両送電線からの送電が停止し、近畿地方の約70万世帯が停電した際には、学園前を含む、生駒市、平群町、東大阪市、木津町、加茂町などで停電が発生している。 学園前に電気がやってきたのはごろである。 、は鉄道事業開業に先立ち電灯事業を開始した。 1918年、大阪電気軌道は常用出力 1300kW の放出火力発電所を持ち、から 160kW を受電しながら、現在の学園前を含む生駒郡に電気を供給していた。 しかし、大阪電気軌道は、には自力での発電を行わなくなり、全ての電力を受電に頼るようになっている。 の統計では、大阪電気軌道の電気供給事業はよりの受電が半分以上、他に、、からの受電で成り立っていた。 に公布されたに従い、に関西急行鉄道を含む関西大手電気供給事業会社14社は関西配電、現在の関西電力に統合され、現在に至る。 ガス [ ] 学園前ではが 13A を供給している。 2005年現在、学園前は大阪瓦斯の区分で北東部地区に属する。 学園北一丁目には大阪瓦斯の奈良事業所が存在する。 奈良事業所はに学園前へ移転した大阪瓦斯奈良営業所を元とする。 奈良営業所はに設立された奈良ガスが大阪瓦斯と合併することになったに設置された営業所である。 学園前を縦断する形で近畿幹線第1東部ラインとよばれる高圧幹線が敷設されている。 近畿幹線第1東部ラインはに建設が開始された大阪瓦斯初の高圧幹線である。 大阪東部、奈良地区で行われていた 6C によるガス供給を天然ガス 13A に移行するため、また、供給末端である京都、滋賀への大量のガスを輸送するために建設された。 近畿幹線第一東部ラインは泉北工場を基点とし、堺市、藤井寺市、大和郡山市、奈良市を経て枚方供給所に至る。 総延長は 79km、管径は 600mm、最高圧力は 2. 5MPa である。 ガス管には API5LX42 と呼ばれるアメリカ石油協会ハイテストラインパイプ規格の管を用いている。 奈良地区での建設反対運動を説得の上、に完成した。 1977年には泉北工場に泉北第二工場を増設している。 学園前ではからにかけて高圧幹線敷設を問題視し、大阪瓦斯と交渉を行ったと記録されている。 上水道 [ ] この節のが望まれています。 上水の不足としてはに学園前の北部周辺で大規模な断水が続き、大きな問題となった。 富雄井戸(現廃止)、奈良市東部の、大渕幹線、藤ノ木貯水池の完成により、頃には上水の不足は解消している。 下水道 [ ] 学園前のは奈良市域、生駒市域とも最終的に県営下水道の大和川上流流域下水道第一処理区に接続されている。 ただし、分水嶺を越えて淀川水系の流域に属する鹿ノ台は生駒市の単独公共下水道が整備されている。 大和川上流流域下水道第一処理区は右岸のを処理し、大和川の水質を改善するために事業が開始された流域下水道である。 奈良県で初めての流域下水道事業であった。 供用開始はである。 学園前の下水は富雄川幹線(管径1800-1100mm, 延長約14km)をとおり、西側の終末処理場(浄化センター)で処理され、大和川に放流される。 ごみ処理 [ ] パラディ 学園前駅前にはと名店街(ここでは専門店街を指す)で構成された、「パラディ」がある。 2008年現在、1984年にオープンした「パラディI」、1991年にオープンした「パラディII」から構成される。 パラディの前身は学園前初の大規模小売店舗「学園前ショッピングセンター」である。 学園前ショッピングセンターは学園前駅北側へに設置された学園前第一ショッピングセンター、第一ショッピングセンターに隣接してに設置された学園前第二ショッピングセンターから構成されていた。 1960年代当時の学園前第一ショッピングセンターは全国でも珍しい円形の建物であり、同じく円形の帝塚山学園の校舎とともに長らく学園前のランドマークとなっていた。 開店初期は、学園前第一ショッピングセンターに、近鉄パーラーが入居し、第一・第二ショッピングセンター両方に名店街が入居していた。 学園前第一ショッピングセンターに入居した近商ストアは近商ストアにおける第一号であり、日本で初めてにを導入したスーパーとして、業界や買い物客からの注目を集めた。 1970年代には近商ストアが第二ショッピングセンターに移転し、近鉄パーラーが北京料理百楽 に業態変更されるなどの改装が行われている。 、学園前ショッピングセンターの北側にショッピングセンター新館(現、パラディI)がオープンした。 学園前第一・第二ショッピングセンターはショッピングセンター新館オープン直後に、学園前駅北口拡充工事のため取り壊された。 跡地には奈良交通バスセンターとタクシーのりばなどへ通じる道路、そしてにパラディIIが開店し現在に至る。 新規出店と住環境 [ ] 1970年代後半、大手スーパは学園前周辺への出店を目論むようになっていた。 の新聞記事には「みどり台ショッピングセンター」「中山町パークサイドセンター」「ショッピングバザール富雄」の出店が計画されていると記述されている。 結局、「みどり台ショッピングセンター」は学園前店とともに開店、「ショッピングバザール富雄」は(現)富雄店とともに同じく1983年開店、「中山町パークサイドセンター」はとしてに開店している。 学園前サティは当時のニチイが「サティ」ブランドで初めて出店した店舗であったが、その後の(2003年に再建するもその8年後にに吸収合併され消滅)の経営破綻の際、不採算店舗に指定され、2001年に閉店した。 大型小売店一覧 [ ]• 学園前店• 北大和店• 学園前店• 学園前• 旧・大丸ピーコック 北大和真弓店 旧跡 [ ]• 真弓塚• 蛙股池(貯水池) 宿泊施設 [ ]• 奈良市• 歴史 [ ] この節のが望まれています。 前史 [ ] 古代、大和国北西部は登美郷と呼ばれた。 法隆寺のある斑鳩や平城京から比較的近いため、登美郷には要人の関わったとされる伝説が残っている。 が亡くなった際、は以下のような和歌を残したと伝わる。 この「富の小川」は現在のを指すと考えられている。 鵤の富の小川の絶えばこそわが大君の御名忘られめ (いかるがの とみのおがわの たえばこそ わがおおきみの みなわすられめ) 押熊町の北方、京都府相楽郡精華町乾谷には平城京造営の際に使用されたと推定される瓦窯跡が見つかっている。 また、奈良市と精華町との境にある「石のカラト古墳」からは8世紀ごろの金銀の埋葬品が発掘されている。 は富雄川のある土地を訪れた際、水碓(みずからうす、水車のこと)を用いて農民が精米しているのを見かけ、この土地に「三碓の里」と名づけたという伝説が残っており、現在の奈良市三碓町の地名の由来とされる。 三碓三丁目にある(そうのみあがたにいますじんじゃ)は(添上郡・添下郡の)「添」の地を守る神社として建立されたとされ、(3年)建立の本殿()が残っている。 学園前誕生前夜 [ ] この節のが望まれています。 に奈良線(現在の)、上本町六丁目-奈良高天町間が開通し、学園前に相当する地域を電車が横断するようになった。 開通当時、奈良市西部にはとが設置されたのみで、現在の、は設置されず、この地域は松林の続く、人家のまばらな丘陵地帯のままであった。 富雄駅前で券売を委託されたよろず売店にて電車開通の年に誕生した、 の初代校長は当時の富雄や学園前の様子を回想している。 学園前駅はまだ設置されておらず、現在の学園前駅の南西には杣木谷(現在の学園前駅南西の池)という小さな村があるのみであった。 また、富雄川はが生息できるほど清らかで、富雄や学園前の付近は狩りで有名であった。 やが生息し、特にタヌキは近鉄奈良線の富雄川橋梁の付近にまで顔を見せるほどだったという。 また、富雄駅は駅長と改札員の2人だけが配置されたのんびりとした雰囲気の駅で、駅員は電車が着くたびに対向式ホームを往復していた。 たまに米俵を積むための貨車が引込み線に停車していたという。 未開発であったこの地域に目をつけたは、臨時扱いでを開業し、菖蒲池温泉と呼ばれるレジャー施設を建設した。 菖蒲上池、菖蒲下池を利用した遊園地、旅館が併設され、大阪から遊戯客が訪れるようになった。 本格的な「街」の建設の端緒になったのは、に大阪電気軌道の誘致により開学したである。 翌に帝塚山中学校への通学に便宜を図るために学園前駅が設置された。 自ら開発前の学園前駅の最寄に住み、学園前駅を初めて管轄した生駒駅長 が設置当時の学園前駅とその周辺の様子について回想している。 開業当時の学園前駅は2面2線で1線の引込み線が存在した。 この節のが望まれています。 学園前駅からの通勤向けバスが乗り入れる小学校区に属する町の町名と沿革を紹介する。 町名の右に書かれた年は旧町から新町を自治体が正式に分置した年を表す。 よって、この年は分譲が開始された年とは異なる。 例えば、藤ノ木台はに分譲が開始され「藤ノ木台」と通称されていたが、奈良市中町から正式に分置されたのはである。 太字は伝統的な大字・小字に相当する地域を継承した町の町名である。 奈良市• 秋篠町 -• 旧添下郡秋篠村。 奈良市との合併により設置。 中山町 - 1951年• 旧添下郡中山村。 奈良市との合併により設置。 押熊町 - 1951年• 旧添下郡押熊村。 奈良市との合併により設置。 石木町 -• 旧添下郡石木村。 奈良市との合併により設置。 大和田町 - 1955年• 旧添下郡大和田村。 奈良市との合併により設置。 中町 - 1955年• 旧添下郡中村。 奈良市との合併により設置。 二名町 - 1955年• 旧添下郡二名村。 奈良市との合併により設置。 疋田町 - 1955年• 旧添下郡疋田村。 奈良市との合併により設置。 学園大和町 -• 中町、三碓町の各一部から分置。 学園朝日町 -• 中山町の一部から分置。 第二次大戦後にが行われ、朝日園と呼ばれるようになり、に朝日町と通称されるようになる。 学園北 - 1967年• 菅原町、中町、二名町の各一部から分置。 学園南 - 1967年• 菅原町、中町の各一部から分置。 登美ヶ丘 - 1967年• 二名町、中山町、押熊町の各一部から分置。 百楽園 - 1967年• 中町、二名町、三碓町の各一部から分置。 鶴舞西町 - 1967年• 二名町、中山町の各一部から分置。 鶴舞東町 - 1967年• 二名町、中山町の各一部から分置。 中登美ヶ丘 -• 押熊町、中山町、二名町の各一部から分置。 千代ヶ丘 -• 中町、三碓町の各一部から分置。 あやめ池南 -• 西大寺町、菅原町、青野町の各一部から分置。 あやめ池北 -• 西大寺町、秋篠町の各一部から分置。 学園朝日元町 - 1973年• 中山町、西大寺町の各一部から分置。 中山町西 - 1973年• 中山町の一部から分置。 朝日町 - 1973年• 中山町、秋篠町の各一部から分置。 東登美ヶ丘 - 1973年• 押熊町、中山町の一部から分置。 青垣台 -• 石木町、中町、五条町、六条町の各一部から分置。 西登美ヶ丘 - 1976年• 二名町の一部から分置。 富雄北 -• 二名町、三碓町の各一部から分置。 学園中 -• 中町、三碓町の各一部から分置。 三碓 -• 三碓町の一部から分置。 赤膚町 - 1985年• 五条町、中町の各一部から分置。 六条西 - 1985年• 五条町、六条町、七条町、中町、石木町の各一部から分置。 六条緑町 - 1985年• 五条町、六条町、中町、石木町の各一部から分置。 丸山 - 1985年• 大和田町、中町、石木町の各一部から分置。 菅野台 -• 中町の一部から分置。 西千代ヶ丘 - 1988年• 中町、三碓町の各一部から分置。 大倭町 - 1988年• 中町の各一部から分置。 藤ノ木台 - 1988年• 中町の一部から分置。 北登美ヶ丘 - 1988年• 押熊町の一部から分置。 五条西 - 1989年• 五条町、中町の各一部から分置。 三松 - 1989年• 二名町の一部から分置。 学園新田町 -• 学園赤松町 -• 学園緑ヶ丘 -• 松陽台 -• 大渕町 -• 二名町から分置。 南登美ヶ丘 -• 二名 -• 二名東町 -• 二名平野 -• 町村名は前の自治体名を記した。 住井編『学園前のあゆみ』34頁• 奈良県『奈良県宅地供給計画 学園前地区 策定報告書』• 奈良市 Webページ 『古今奈良の都市計画今昔物語 - 学園前の住宅開発経緯』• 朝日新聞社編『奈良新風土記 学園前』• 西田大智、実森出『ふるさとはニュータウン』• リクルート『住宅情報style. 関西版』• 朝日新聞社編「8. もっと奥も」『奈良新風土記 学園前』朝日新聞 奈良1P版 1982年9月9日 閲覧• 住井編『学園前のあゆみ』34頁• 森田勝によると、1970年当時、百楽園の西部では富雄駅を最寄としていたという。 1986年に学園前駅から百楽園へ向かうバスが大幅に増発されたため、2008年現在とは事情が異なる。 奈良市 Webページ 『古今奈良の都市計画今昔物語 - 学園前の住宅開発経緯』• 参考文献に掲載されている図では二名町(真弓)と記載されている。 奈良市『奈良市統計書』• 奈良市『統計なら』• 国土地理院の5万分の1の地形図で、丘陵の北端であるのからのまでの直線距離を実測したところ20kmであった。 よって8kmではなく18kmの誤植であると考えられる。 (執筆者註: 18kmを証明する参考文献を求む。 松川 『平城京跡の村 秋篠川流域』 132頁• 住井編『学園前のあゆみ』10頁• 奈良県史編集委員会編『奈良県史』236-237, 253頁• 奈良県史編集委員会編『奈良県史』236-237, 253頁• 登美ケ丘高等学校『創立十周年記念誌』• 登美ケ丘北中学校Webページを参考• 参考文献『産経新聞』より• 豊中市より• 近畿日本鉄道編『50年のあゆみ』• 奈良市『奈良市都市計画』• 近畿日本鉄道編『最近20年のあゆみ』• 高橋『ニュータウン - 奈良学園前 -』• 住井編『「学園前産土の森」あゆみ 続編』• 関西電力、2002年、1098頁• 産経新聞、2005年• 関西地方電気事業百年史編纂委員会、1987年、116頁、486頁• 関西電力、2002年、128頁• 学園南中自治会,• 近鉄系列の中華料理店。 学園前店は閉店したが、2008年現在でも、、などに店舗を持つ。 参考文献「ふるさとはニュータウン 大和の20世紀(連載全10回)」による。 1973年に開校した2代目の二名小学校。 の前身とは異なる。 近鉄では2008年現在においても全ての駅に駅長を置かず、駅長配置駅の駅長が複数の駅を管轄する方式が採られている。 参考文献 [ ]• 生駒市誌編纂委員会編『生駒市誌 地誌編』、1971年-1985年、• 大阪ガス『大阪ガス100年史 1905~2005』2005年• 関西地方電気事業百年史編纂委員会編『関西地方電気事業百年史』1987年• 関西電力五十年史編纂事務局編『関西電力五十年史』関西電力、2002年• 北倭村誌編纂委員会『北倭村誌』北倭村誌編纂委員会、1962年• 編『最近20年のあゆみ 創業70周年記念』1980年• 近畿日本鉄道編『50年のあゆみ』1960年• 編『近畿地区の下水道 第8次五カ年計画版. 1』1996年、• 国土交通省都市・地域整備局編『都市計画年報 平成18年』都市計画協会、2007年• 住井恒雄編『「学園前産土の森」あゆみ』学園前産土の森保存会、1988年• 住井恒雄編『「学園前産土の森」あゆみ 続編』学園前産土の森保存会、1998年• 住井恒雄編『学園前のあゆみ』学園前ショッピングセンター開設十五周年記念事業誌発行委員会、1975年• 帝塚山学園記念誌編集委員会編『帝塚山学園五十年史』帝塚山学園、1991年• 帝塚山学園創立60周年誌編集委員会編『松毬(まつかさ)創立60周年記念誌』帝塚山学園、2001年• 富雄北小学校創立百周年記念事業実行委員会編集部編『富雄北 創立百年史』富雄北小学校創立百周年記念事業実行委員会、1973年• 富雄町史編纂委員会編『富雄町史』富雄町教育委員会、1954年• 編『奈良交通のあゆみ 発足50周年記念』1994年• 奈良県『奈良県宅地供給計画 学園前地区 策定報告書 昭和54年度』1980年• 奈良県史編集委員会、編『奈良県史 第1巻 地理 地域史・景観』、1985年、• 奈良県都市計画研究会編『奈良県の都市計画 近代都市計画と都市計画区域マスタープラン』清文社、2004年• 奈良県土木部下水道課編『奈良県の下水道』2006年• 『北大和高等学校30年ものがたり』2003年• 『創立十周年記念誌』1996年• 奈良市史編集審議会編『奈良市史 地理編』、• 奈良市史編集審議会編『奈良市史 自然編』吉川弘文館、• 奈良市水道局『奈良市水道五十年史』1973年• 奈良市立図書館編『奈良市の図書館 平成18年度版』2006年• 奈良市立富雄中学校50周年記念事業実行委員会編『50周年記念誌』1997年• 奈良電気鉄道株式会社社史編纂委員会編『奈良電鉄社史』近畿日本鉄道、1963年• 、『これからの郊外戸建住宅地 「思い出し・思い入れ」から「つながり」へ 平城・相楽ニュータウンを事例に』、2005年、• 伏見町史刊行委員会編『伏見町史』1981年• 松川文吉『平城京跡の村々 秋篠川流域』、1993年、• 編者不詳『奈良市及びその周辺地区における水道事業基礎計画』1968年• 雑誌等• 北畠潤一「奈良盆地の北西部丘陵における住宅地化 1965~1976年」『』Vol. 54, No. 8 、・、1981年• 篠部武嗣「近鉄学園前駅の交通規制によるバス優先化策」『トランスポート』Vol. 42, No. 4、、1992年• 関口靖之「地形図にみる都市と大学 日本の学園前とイングランド・スイスの若干の事例」『日本文化史研究』Vol. 28、、1998年• 高橋誠一「ニュータウン 奈良学園前」『地理』Vol. 28, No. 2、、1983年• 淡野明彦「大都市圏における地価形成の傾向分析 大阪大都市圏奈良県北西部の事例」『奈良教育大学紀要, 人文・社会科学』Vol. 29, No. 1、、1980年• 都司尚、北畠肇、牧洋史他「施工 関西学研都市へアクセス路線を建設 京阪奈新線 生駒~登美ヶ丘間」『トンネルと地下』Vol. 34, No. 3 通号391、、2003年• 中島大輔「私鉄による戦前期開発地域の変容 奈良市菖蒲池南園住宅地の事例」『立命館地理学』Vol. 13、、2001年• 長田宏「現場から 近鉄奈良線学園前駅改良等工事」『日本地下鉄協会報 Subway』通号120、、1999年• 『住宅情報style. 関西版』Vol. 30, No. 33 通号1461、、2007年• 「大阪歯科大学天満橋附属病院, ロ-レルスクエア登美ヶ丘第1期, 坂出カトリック教会」『建築と社会』Vol. 78, No. 10、、1997年• 「学園前総合開発計画競技設計(最優秀案)〔設計・安藤忠雄他〕」『建築』通号139、、1972年• 「近鉄学園前駅ビル(ル・シェル学園前)」『近代建築』Vol. 53, No. 12、、1999年• 「西登美ヶ丘の家」『住宅建築』通号285、、1998年• 「フォトレポート 『総合案内』の設置により利便性・効率性の向上図ったクリニックモール」『シニアビジネスマーケット』No. 37、、2007年• 学会予稿集等• 磯田憲生、佐々尚美「環境共生に係る意識や住まい方に関する調査研究 奈良市近郊の新興住宅地の戸建住宅を対象とした場合(2002年度大会(北陸) 学術講演梗概集)」『学術講演梗概集. 計画系』Vol. 2002, No. D-2、、2002年• 今井範子、山本稲子「郊外住宅地・奈良市学園前における高齢期の家族形態と居住形態の動向」『学術講演梗概集. 計画系』Vol. 2002, No. E-2、、2002年• 近藤公夫、前川京子「住宅敷地外囲工についての居住者意識 奈良市学園前住宅地における事例研究」『造園雑誌』Vol. 33, No. 3、、1970年• 東海林史子、渡瀬章子、田中智子「7340 駅型保育所の利用者ニーズに関する研究 第2報 認可保育所との比較 その2 利用状況と評価」『学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題』Vol. 1999、、1999年• 東海林史子、渡瀬章子、田中智子「7209 駅型保育所の利用者ニーズに関する研究(都市型建築・施設複合)」『学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題』Vol. 1998、、1998年• 瀬本真弓、多治見左近「7102 奈良市における地域共有施設の形態と管理に関する研究」『学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠』Vol. 1992、、1992年• 山下和子、鳴海邦碩、澤木昌典、岡絵理子「5059 集合住宅団地における計画的コミュニティ形成に関する研究 ローレルスクエア登美ヶ丘を事例として」『日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系』Vol. 42、、2002年• 横島毅「奈良県における住宅地開発の動向及び秩序立ての一試案 都市計画」『学術講演梗概集. 計画系』Vol. 45、、1970年• 新聞記事• 西田大智、実森出 「ふるさとはニュータウン 大和の20世紀(連載全10回)」『読売新聞』大阪朝刊、1月1日-11日 閲覧• 「学園前(連載全23回)」『朝日新聞』大阪朝刊奈良1P版〈奈良新風土記〉9月1日-30日 閲覧。 大阪人文社編集部編『奈良県都市計画地図集』1973年版、大阪人文社出版センター、1973年• Jinbun21編『奈良県都市計画地図集』平成18年版、大阪人文社出版センター南事務所、2006年• 『奈良市西部』奈良市〈1:10000都市計画図〉、1951年• ウェブ上の資料• 生駒市『』• 奈良市『』• 奈良市『』• 奈良市『』 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

近商ストア(Kinsho/ハーベス)パート・アルバイト・社員求人

近 商 ストア 学園前

概要 [ ] が一括借用している「サンタウンプラザこすもす館」、系のが核店舗のショッピングセンター「サンタウンプラザすずらん館」、などが入居するテナントビル「サンタウンプラザひまわり館」、そして「サンタウンアカデミー高の原」「ユニチカスイミングスクール」がある。 サンタウンプラザこすもす館建設の際には、既存の「サンタウン高の原」は建物の改装及びフロアの整理などの大幅なリニューアルを施され、(18年)に「サンタウンプラザすずらん館」としてリニューアルオープン。 「サンタウンひまわり館」も(平成19年)に「サンタウンプラザひまわり館」としてリニューアルオープンした。 初の大型商業施設で、ニュータウン性(大規模住宅開発地域)・コミュニティ性(地区中心機能センター)・ターミナル性(高の原駅、バスターミナル機能)・カーライフ性(道路網の整備地域、660台収容の駐車場)の諸特性をコンセプトとして兼ね備える 「サンタウン高の原」(略称:SUNTOWN)として(56年)に開業。 テナントには、と、アカシヤ、、たつみ書店、高の原店などの40店の専門店、また飲食店と平城支店、平城支店が入居。 また、店内と店外には休憩所やイベント会場としても使われるサンタウンサークル、サンタウン広場が、現在サンタウンプラザひまわり館がある位置には木造の船の形をした遊具などがあるサンタウンチビッコ広場が設けられた。 その後、(3年)に南西部分を増床し、近商ストアや専門店のフロアを拡張。 (平成18年)には長期休業・改装し、同年に「サンタウンプラザすずらん館」としてリニューアルオープンした。 その際近商ストアは1階のみで食料品だけを扱う「スーパーマーケットKINSHO」として生まれ変わり、2階は専門店だけのフロアとなった。 また(平成19年)には、「サンタウンプラザひまわり館」に移転した南都銀行平城支店跡がメディカルモールになり、2階専門店フロアも再び改装している。 沿革 [ ]• (46年) - 平城ニュータウン入居者の消費活動・娘楽文化活動などに応えるため官公庁・銀行・医療機関・サービス業を含む平城センター会社設立の構想が発表される。 (昭和49年) - 平城ニュータウンセンター開発株式会社が設立される。 平城ニュータウンセンター開発株式会社によって「サンタウン高の原」が建設されることが決まる。 開業に当たって近商ストアは、大店法の申請と説明、商業調整協議会の協議と結審、開発申請と建設確認申請、設計と実施案の決定、内装工事とカラーコントロール、商圏内の宅訪キャンペーン等を行う。 (昭和56年) -「サンタウン高の原」として開業。 イメージソングは下園弘明によってつくられた。 オープンする午前10時に芝谷平城ニュータウンセンター開発社長、松村近商ストア社長など7名がテープカットを行った。 この日の売上は6,700万円(うち近商ストアが4,200万円)。 1981年(昭和56年) - サンタウンサークルに人気タレントを招く。 この日の売上は8,300万円(うち近商ストアが5,300万円)。 198x年(昭和xx年)- サンタウンチビッコ広場がリニューアル。 子どもを乗せて走る汽車とゲーム機が入った黄緑と黄色のテントの建物が設置される。 (昭和59年) - 住友銀行が同一支店内の資金移動取引のみ、銀行のコンピュータとPOSシステムとをつないで資金決済を行う「バンクPOSサービス」を認める。 1984年(昭和59年) - 近商ストアの業務部設置に伴い、近商ストア高の原店でサービスカウンターでの宅配便・引越の取次、バス回数券・テレホンカードの販売、コピーサービス等を開始。 (昭和60年) - 近商ストアと提携した住友銀行がバンクPOSサービス「カードショッピングサービス」を開始。 近商ストア高の原店売場の端末機(UNIPOS105)と近商ストアの事務所のストアコントローラー(UNIVACシリーズ8)、住友銀行のホストコンピューターを通信回線で結び、住友銀行平城店に普通預金口座を開いている約8,000人が近商ストア高の原店で買い物をした際に住友銀行のキャッシュカードで代金の決済ができるもので、銀行とショッピングセンターの提携によるキャッシュカードショッピングシステムとしては当時国内最大規模であった。 (3年) - 増床のため休業。 近商ストア学園前店までの無料送迎バスの運行開始。 1991年(平成3年) - 物販面積を6,000から8. 000m 2に増床。 専門店の数が45店舗に増え、この年の売上額は100億円を突破した。 19xx年 - 近商ストアがフードコートをレストラン営業部に譲渡。 同営業部はサンタウンひまわり館のメルヘン、トラットリア・エルバイタリアーノも営業。 - のオープンに対抗するため、45の専門店にふれあいスタンプ制度を導入。 - 京都府精華町の230世帯余りを対象に財団法人新世代通信網利用高度化協会(PNES)が始めた通信や放送を光ファイバーで家庭に提供する総合的なマルチメディアの実証実験にて、近商ストア高の原店のお買い得情報の配信が開始される。 199x年 - サンタウンガーデン21「高の原モデルハウスランド」跡に「サンタウン北駐車場」(P4)開設。 200x年 - サンタウン北駐車場を拡張。 (平成15年) - 専用水道用の地下水浄化システムの工事を行う。 (平成17年)- ふれあいスタンプに代わり、「ふれあいカード」が誕生。 2005年(平成17年)- が、サンタウン高の原からの独自に発行するハウスカード(ふれあいカード・近商カード)の付加価値を向上させたいという要望に応え、「TONIC」を連動させることでハウスカードを駐車場の退場時に駐車券とともに精算機器に差し込めば、施設利用がなくても一時間以内は料金を無料にするサービスの提供を始める。 2005年(平成17年)-(平成18年) - BEMS導入工事を行う。 2006年(平成18年) - 近商ストアの2階部分が閉店。 2006年(平成18年) - 改装のため、近商ストアの食品売り場と一部の専門店を除いて休業。 2006年(平成18年) -「サンタウンプラザすずらん館」に改名してリニューアルオープンし、2階が専門店だけのフロアとなる。 オープニングイベントとして、イメージソングとイメージモデルの募集などを行なった。 (平成19年) - 近商ストアが専属スタッフによる宅配サービスを開始。 2007年(平成19年) - イオンモール高の原のソフトオープンに伴い、駐車場の自動車の入口が増設される。 2007年(平成19年) - 近商ストアが奈良近鉄タクシーと提携し、5,000円以上購入の近商ストアカード会員を対象にタクシー初乗り運賃の半額割引サービスと運転手が荷物を玄関先まで運ぶポーターサービスとを合わせた「楽タク」サービスを試験的に開始。 2007年(平成19年) - 南都銀行平城支店跡にメディカルモール開業。 2007年(平成19年) - 2階専門店フロアの改装工事が再び始まる。 (平成20年) - 2階専門店フロアリニューアル。 (平成24年)- 2階専門店を移動・新設・増床。 (平成25年) -(仮称)サンタウンプラザひかり館建設に伴い、サンタウンプラザ南が営業終了。 2013年(平成25年)- サンタウンプラザ屋上駐車場の増設工事を行う。 2013年(平成25年) - サンタウンプラザ立体駐車場(3階建、1,389m 2)の基礎工事が完了。 2013年(平成25年)12月上旬 - サンタウンプラザ立体駐車場が完成予定。 主なテナント [ ]• 高の原店 1-2階に店をかまえる総合スーパー「近商ストア高の原店」として開店。 オープン前には周辺商圏への宅訪キャンペーンが行われた。 衣料品・雑貨家庭用品も取り揃えた総合的な品揃えの中規模店は近商ストアでは初めてであり、衣料品を強化したことで近商ストアのイメージを変えることとなった。 (近商ストア高の原店開店当初のフロア構成)• 食品部門 - 食品部門の強化と多様化戦略の推進を基調に大スーパーマーケットゾーンを中心として、銘店コーナーやデリカッセン、コンビニエンスフーズ、カフェテリア、インストアベーカリーなどのコーナーを設ける。 住宅関連部門 - ダイニングキッチン・リビング用品を中心とした家庭用品の品揃えを強化、商圏内に圧倒的に多いニューファミリーを対象とするニューライフを演出する小粋なライフスタイを目指し、1階に日用雑貨とキッチンウェアブティック、2階にインテリア・家具・電化製品・スポーツ用品など。 衣料品部門 - 婦人・子供・紳士洋品のファミリー志向、カジュアルファッション志向への対応をメインコンセプトにセルフコーナーを構成。 また、ハイイメージ・ハイクオリティを目指してアカシヤなどの婦人ファッション・子供服・メンズショップ・高級アクセサリーなどのインショップを展開。 その後、(3年)に食料品売り場を増床。 (平成18年)には、、、、、、、との競合激化に対応するために3億円を投じてからに転換し、近商ストアの地域密着型店舗「近商プラス」では初のSSMとなる「スーパーマーケットKINSHO」としてリニューアル。 同年3月31日にプレオープン、4月1日にグランドオープンした。 また、(平成25年)に近商ネットスーパー「楽ねっと便」の会員募集を開始。 同年に配達を開始する予定である。 サンタウンすずらん館• 高の原店• るあんすずらん• 奈良市つどいの広場ぷらんぷらん• 絵本図書館• 地域の広場• 多目的スペース• るあんアンテナショップ• 高の原支店 (平成16年)、サンタウンガーデン21総合案内所跡に開業。 京都銀行で初の奈良県内の有人店舗。 平城支店 その他テナントはを参照のこと。 「サンタウンひまわり館」として(3年)に開業。 その後、(平成19年)に「サンタウンプラザひまわり館」としてリニューアルオープン。 それに伴い、1階のテナントや2階レストラン街などが閉店。 空いたテナントには南都銀行や事務所などが移転開業した。 沿革 [ ]• (3年) -「サンタウンひまわり館」として開業。 (平成6年) -「KSPフィットネスクラブ」が開業。 (平成14年) -「KSPフィットネスクラブ」が「フィットネスクラブ コ・ス・パ高の原」へ譲渡される。 (平成15年) - 専用水道用の地下水浄化システムの工事を行う。 (平成19年) -「サンタウンプラザひまわり館」としてリニューアルオープン。 テナント [ ]• 平城支店• 中華料理 豚珍館高の原店• 手羽先・串焼きテバス高の原店• 奈良営業センター• UR都市機構管理業務受託者 財団法人住宅管理協会関西支部奈良住宅管理センター• 販売高の原支店• 高の原駅前教室• 高の原教室• 学研奈良乳腺クリニック• オレンジ薬局高の原店• しみず矯正歯科クリニック• 高の原法律事務所• ひまわりクリニック• 高の原 サンタウンプラザこすもす館 [ ] 詳細は「」を参照 サンタウンプラザひかり館 [ ] サンタウンプラザひかり館 SUNTOWNPLAZAひかり館 店舗概要 所在地 〒631-0805 右京1-1-2 開業日 開業 正式名称 サンタウンプラザひかり館 施設所有者 施設管理者 設計者 イチケン関西支店 施工者 イチケン関西支店 敷地面積 7,837. (25年)に開業。 高の原店が一括で借用している。 沿革 [ ]• (24年) - 奈良県に新設を届け出る。 (平成25年) - 関西文化学術研究都市センターがでに基づく地元説明会を開催。 2013年(平成25年) - 建設予定地のサンタウンプラザ南が営業終了。 2013年(平成25年) - 開業。 サンタウンアカデミー高の原 [ ] この節のが望まれています。 (58年)、サンタウン高の原開業前日に閉店した平城店の建物に「サンタウンアカデミー文化教室」として開業。 開業に当たって会員募集、講座編成、講師の手配、運営指導の業務は近商ストア計画部、商品部第二部門、宣伝課、近商ストア高の原店が受託。 文化教室の協力を得て講座編成、講師の人選・依頼を進め、8コース35講座からスタートし、その後同年5月に4講座が追加された。 施設は文化教室3教室、体育教室4教室、音楽教室1教室のほか、会議室と和室があり、地域の会議、集会にも提供されている。 2010年には外壁を改装し、サンタウンアカデミー高の原と名称を変更した。 なお、一時期(ATR)によって、「ATR CALL 英語塾 for ジュニア」が開講されていた。 これは一般的な英会話塾と違い、講師が指導するのではなく、ヘッドホンで聞いてコンピューターで学習するものとして注目された。 沿革 [ ]• (58年) - 近商ストアが業務を受託。 1983年(昭和58年) - 「サンタウンアカデミー文化教室」として開業。 (22年)- 外壁を改装し、サンタウンアカデミー高の原に名称を変更。 サンタウンスイミングスクールユニチカ [ ] この節のが望まれています。 サンタウンスイミングスクールユニチカ 店舗概要 所在地 〒619-0223 相楽台9丁目15-2 座標 開業日 施設所有者 施設管理者 株式会社ユニチカ京都ファミリーセンター 敷地面積 2. (63年)開業。 団地のセンター地区などで賃貸経営を行うが運営している。 沿革 [ ]• (49年) - ユニチカ内に京都工場跡の再開発を目的とした都市開発事業部都市開発第一部が結成される。 (昭和51年) - 都市開発事業部都市開発第一部が独立、「株式会社ユニチカ京都ファミリーセンター」が設立される。 ユニチカの経営状況の悪化から、再開発を予定していた用地の大部分はに売却され、ユニチカ京都ファミリーセンターは日本住宅公団が造成する団地のセンター地区などで、商業施設賃貸経営やスイミングスクール経営を行うことになる。 (昭和63年) - 開業。 過去に存在した暫定施設 [ ] 店舗概要 所在地 〒631-0805 右京1-6 座標 開業日 9月開業 施設所有者 施設管理者 関西文化学術研究都市センター株式会社 店舗数 5(部屋数) サンタウンほっとスクェアは、飲食店とコンビニエンスストア、公団事務所が入居していた商業施設。 (6年)、東館と西館に分かれて開業。 東館には「マルセル」「コーヒーレストランルミエール」、西館には「近鉄高の原駅前店」「海鮮火鍋エル」「カラオケエル」「スナックIZUMO」が入居した。 ちなみに、駅前歩道橋「ふれあい橋」につながるエスカレーターは車いすでも乗れるよう、数枚のステップをフラットに切替えられるようになっているが、乗り口のブザーが押された時の対応は奈良市から委託を受けたローソン近鉄高の原駅前店の店員が行っていた。 (平成16年)までに全て閉店、その後解体された。 (6年) - 開業。 (平成9年)- 新たに住宅・都市整備公団奈良案内所が開設。 2004年(平成16年) - 最後のテナント「串楽高の原駅前店」が閉店。 サンタウンガーデン21 [ ] サンタウンガーデン21 店舗概要 所在地 〒631-0805 〒619-0223 相楽台1-3(当時) 座標 開業日 1986年 施設所有者 施設管理者 関西文化学術研究都市センター株式会社 株式会社インターナショナルテニスコーポレーション 店舗数 2 前身 近鉄高の原駅前サンタウン総合住宅展示場 サンタウンガーデン21は、住宅展示場「近鉄高の原モデルハウスランド」と「ITCテニススクール 高の原テニスクラブ」によって構成されていた施設。 運営は関西文化学術研究都市センターが行っていた。 前身は、(61年)にサンタウンセンターが現在サンタウンプラザ西駐車場がある場所に開設した「近鉄高の原駅前サンタウン総合住宅展示場」。 サンタウン高の原に近い側に、阪奈、、が、平城2号線・平城3号線に面する側に、、大阪、国土建設、、(木造)、積水ハウスのモデルハウスがあった。 その後、同じサンタウンセンターが平城2号線・平城3号線を挟んだ側にサンタウンガーデン21を設けてテニス場が開設され、続いて住宅展示場もサンタウンガーデン21に増設。 近鉄高の原駅前サンタウン総合住宅展示場は撤去された。 近鉄高の原モデルハウスランドには、中央にセンターハウス、大和団地、ミサワホーム近畿が、またそれらを囲むように、パナホーム阪奈(後にパナホーム近畿 に)、京都パナホーム、積水ハウス、大和ハウス、、住宅、住友林業のモデルハウスが展示され 、後に も加わった。 テニススクールは、砂入り人工芝コート6面とプロショップ、休憩所があった。 専門指導者3人のもと、昼間部はテニススクール、夜間部は主に貸しコートとして使われた。 ちなみに、住宅展示場はフリーマーケット会場としても利用され、(11年)から「なでしこふれあいマーケット協会」主催の「サンタウンガーデン21フリーマーケット」が毎月1回第四土曜日に開催されていた。 (平成16年)に閉鎖、その後撤去。 199x年 - 高の原テニスクラブが開設。 199x年 - 高の原モデルハウスランドが開設。 (16年) - 高の原モデルハウスランドが閉鎖。 2004年(平成16年) - 高の原テニスクラブが閉鎖。 交通アクセス [ ] 鉄道 [ ]• 下車すぐ。 バス [ ]• 高の原駅前バスセンター下車すぐ。 の路線バスが、、近鉄・JR及び各地から乗り入れる 道路 [ ]• 一般国道有料道路• (有料道路)• 一般国道• 参照元 [ ] []• - 関西文化学術研究都市センター• 『近畿日本鉄道 創業80周年記念 最近10年のあゆみ』近畿日本鉄道、1990年10月1日、• 『奈良交通のあゆみ 発足50年記念』奈良交通、1994年3月31日、• 「開店情報 ダスキンのミスタードーナツ瓢箪山店、高の原店、麻生店」『日経流通新聞』1981年11月23日付、第7面• 南都銀行行史編纂室編『南都銀行五十年史』南都銀行、1985年6月30日、• 「『平城ニュータウン』の調査から」奈良女子大学文学部附属高等学校1-C稲田純・植田洋・木下雅敬・工藤幸宏・竹島康志・西浦弘望・山田善一・横井昌彦、1975年1月18日、『 』pp. 31-50「 」• - アトムブラザーズ音楽出版• 「ニュースプリズム『奈良ファミリー』開店 どうなる県内消費地図」『朝日新聞』1992年11月10日付朝刊、奈良1版• 「マルチメディアが創る超流通市場(6)試行錯誤続ける実験都市 見えぬニーズ」『日経流通新聞』1995年2月21日付、第2面• 「パーク24、商業施設のポイントカード、駐車料金割り引き」『日経MJ新聞』2005年10月3日付、第11面• 「 」パーク24、2005年10月31日• - 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構• - 関西文化学術研究都市センター• - 近鉄「楽・元気」生活• - 株式会社タケウチ建設• 日本経済新聞社編『関西の中堅流通160社』日本経済新聞社、1985年10月22日、• 日本経済新聞社編『関西の中堅流通170社』日本経済新聞社、1990年4月6日、• 「近商ストア、『高の原店』をリニューアルオープン」『日本食糧新聞』2006年4月14日付、第4面• -スーパーマーケットKINSHO• 「 」京都銀行、2004年2月2日• - 中村建設• 「学研都市、高の原駅前、複合ビル『ひまわり館』飲食・展示場が入居」『日本経済新聞』1991年11月2日付、地方経済面近畿B• 「 」奈良県産業・雇用振興部商業振興課、2013年1月4日• 「」国際電気通信基礎技術研究所、2006年9月7日• 「学研都市に生きて 都市開きから12年 VOL. 4 教育」『毎日新聞』2006年11月19日付朝刊、京都版、第23面• - サンタウン スイミングスクールユニチカ• - スポーツ特集• 「」『建設タイムズ』2004年6月24日付• 民間建築ニュース「」『建設タイムズ』2005年2月8日付• 「」『建設タイムズ』2005年9月30日付• 「」『建設タイムズ』2005年11月9日付• 『ゼンリン住宅地図'95 奈良市中心部』ゼンリン、1994年12月• - ぐるなびレストラン関西版• - ぐるなびレストラン関西版• - ぐるなびレストラン関西版• - ぐるなびラーメン• 「高齢者や障害者 のんびり安心 だれでも散歩マップ 高の原地区 見どころ18カ所紹介 楽しめる1周3キロ あす集い」『朝日新聞』2001年11月30日付朝刊、奈良1版、第33面• 住宅・都市整備公団史刊行事務局編『住宅・都市整備公団史 資料編』都市基盤整備公団、2000年9月、• 『ゼンリン住宅地図'93 奈良市中心部』ゼンリン、1992年12月• - パナホーム近畿• 『ゼンリン住宅地図 奈良市西部'01』ゼンリン、2000年9月• - 一条工務店• - 大和ハウス• - 日本電建• - 旭化成ホームズ• - ITCテニススクール• - なでしこふれあいマーケット協会• - フリーマーケットガイド 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の