イラン コロナ 会見。 イラン保険省汗かき会見、実はコロナウイルス感染…みんなの反応は

字幕:イラン保健副大臣、新型ウイルスへの感染を自ら動画で公表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

イラン コロナ 会見

イランは感染者が2万3049人と中東でずば抜けて多く、死者も1812人に上る(3月24日時点のWHOのまとめによる)。 感染者数は中国、イタリア、米国、スペイン、ドイツに次ぎ、死者の数も世界で4番目だ。 その駐日大使の会見とあって、質疑もこの問題に集中した。 とはいえ、話は保健衛生の枠内に収まらない。 ラフマーニ大使は冒頭から、米トランプ政権の政策を「医療テロリズムだ」とやり玉に挙げた。 核開発を大幅に制限する見返りにイランが経済的な実利を得られるはずだった核合意。 トランプ政権は2年前に一方的に離脱し、イランに「最大限の」経済制裁を科している。 このため、医療機器や医薬品の入手が困難で、感染症対策にも支障を来している、というわけだ。 人道物資は制裁の対象外のはずだ。 だが大使は、イランの歳入の柱である原油輸出ができないため資金不足のうえ、米国の制裁が第三国も対象としているため、各国の企業がイランとの商取引に二の足を踏んでいると説明。 イラン国民の健康と福祉を守れないと憤った。 イランでは2月、国会議員選挙があったばかり。 最初の感染者が公表されたのは投票日の2日前だったため、投票率を下げないために情報を隠し、初期対応が遅れたのではないか、との批判もある。 これについて大使は「イランの体制に反対する国家や組織による言い掛かりだ」と一蹴した。 大使は、日本政府がイランに対する25億円規模の医療支援を決めたと明らかにし、謝意を述べた。 ただ、日本が国際機関を通しているのに対し、中国は医療機器や医薬品の提供、専門家の派遣など直接支援を行っているという。 米国、イラン双方と緊密な関係を持つ日本の難しい立場がここにもにじみ出ているようだ。

次の

イラン保険省汗かき会見、実はコロナウイルス感染…みんなの反応は

イラン コロナ 会見

論文は欧州の数人の専門家が匿名で執筆した。 専門家たちは、イタリア、イラン、パキスタンなど新型コロナウイルスの大規模な感染が起きた諸国はいずれも中国主導の「一帯一路」構想に参加していたことを指摘し、その因果関係を説明していた。 一帯一路は、中国が各国と共同で、中国と欧州を結ぶ一大物流インフラを構築する構想である。 結果的に「一帯一路」がウイルス感染の大きな原因になってしまい、不運にも同じウイルスを共有する破目になってしまった、という。 記者会見に臨む保健省次官が感染していた 米国でも中国の「一帯一路」をコロナウイルスの国際的な感染拡大に結びつける指摘は多い。 そんな指摘のなかで、イランについての実例を報告しよう。 イランの場合も「一帯一路」がウイルス感染の背景として大きな影を広げていた。 イランでのコロナウイルス感染の広がりは国際的にみて異様だった。 中国とは地理的な隔たりがあるが、世界各国の感染のなかできわめて早い時期から多数の感染者が報告されたからだ。 中東地域全体でもイランは突出した感染国となった。

次の

字幕:イラン保健副大臣、新型ウイルスへの感染を自ら動画で公表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

イラン コロナ 会見

映像は記者会見に臨むイラン保健省のハリルチ次官です。 会見中に何度も額の汗を拭う様子が確認できます。 24日にイラン保健省が開いていた記者会見で、 ハリルチ次官は時折、激しくせき込むなどしていました。 その後、新型コロナウイルスの検査をしたところ、 自身の感染が確認されたということです。 会見には大統領府の報道官のほか、国内外の記者や カメラマンなども多く同席していました。 イランではこれまでに95人が感染し、 15人が死亡するなど感染が広がっています。 68 ID:lVkyk8N90 日本のトップもコロナに罹れば予算激盛りで対応し始めるぞ。 21 ID:SvgxjQiP0 これはいけない。 18 ID:HBzIFvMw0 先越されてんじゃねえか。 62 ID:N852oBhu0 >「私たちは数週間でウイルスに打ち勝つ」と述べた。 お昼のニュースでこの薄ら馬鹿「私は絶対に勝つから安心してくれ」とかトンチンカンなこと言ってて失笑したわ。 土人はどうして土人のままなのか。

次の