とうもろこし 茹で 方 ガッテン。 とうもろこしのフライパン蒸し|北海道のこだわり旬野菜のネット通販サイト/シエラ ファーマー

とうもろこしの茹で方。甘さを120%引き出すには、水から皮付き&時間をかけて加熱が正解!

とうもろこし 茹で 方 ガッテン

黄金に輝くぷりっぷりに茹であがったとうもろこし。 もぎたてを茹でたてで頂くのが、本当に美味しいですよね。 ただ茹で方にもいろいろな方法があります。 夏に向けてとうもろこしを食べる機会も増えてきますが、どうせ食べるなら美味しく頂きたい! 今回はためしてガッテンで紹介された究極の美味しい茹で方や焼き方、蒸し方をご紹介します。 とうもろこしの美味しい茹で方!ガッテン流塩の使い方 まずは美味しいとうもろこしの見分け方をご紹介します。 ヒゲの色も濃いこげ茶が良いです。 このヒゲの数が実の数と比例しているので、毛がふさふさしていると実もぎっしり詰まっている証拠です。 切り口が白っぽいものを選びましょう。 あまり濃い色だと成熟しすぎています。 こうしてお目当てのとうもろこしを見つけたら、皮を剥がさずそのまま持ち帰りましょう。 皮を剥いてしまうと鮮度が落ちてしまいます。 それでは美味しい茹で方を見て行きましょう。 茹で過ぎは旨味が逃げるので注意です。 水1リットルに対して塩は30g(大さじ2)くらいです。 たったこれだけで、簡単に今までとは違う究極に美味しい茹でとうもろこしが出来上がりますよ。 ぜひ試してみてくださいね。 ちなみに保存したい場合は、1本ずつラップに包んでから冷蔵庫に「立てて」保存します。 元々縦になって実っているとうもろこし。 横に寝かすとストレスを感じてしまうので、縦にするのがおススメです。 とうもろこしの焼き方をガッテンで紹介 一般的に自宅で焼きとうもろこしを作る場合、まず茹でてからトースターやオーブンで焦げ目を付ける。 そして醤油を塗って更に焼きますよね。 けれど家で作ると不味くはないけど、味はまあまあだったという方は多いのではないでしょうか?実はもっと美味しく焼けるコツがあるのです。 日本で初めて焼きとうもろこしを作ったのは、北海道の大通公園にあるとうもろこし屋台なのだそうです。 夏になると毎日見かけるあの屋台。 観光シーズンになると観光客にも大人気のあの焼きとうもろこしです。 販売しているおばちゃん達はまさに焼きとうもろこしの達人。 まず茹でてから専用のガス台で一気に焼きあげるそうです。 強火で外側をカリッとし、中身はジューシーに仕上げています。 家庭用の魚焼きグリルでも同じように作りたいですよね。 そのコツはと言うと、茹でないで生から焼くこと。 例えばスーパースイートと呼ばれるとうもろこしは甘みがとても強いですよね。 あれは茹でないでそのまま食べても十分甘くてジューシーです。 そして加熱時間は、両面焼きグリルの場合は強火で10分焼きます。 ただ5分焼いたら90度回転させます。 片面焼きの場合は強火で12分焼きますが、3分ごとに90度回転させます。 最後に好みのタレをつけて強火で2分焼きます。 様子を見ながら返してください。 タレはシンプルに醤油や砂糖醤油もおススメです。 これで絶品焼きとうもろこしの出来上がりです。 とうもろこしの蒸す方法ガッテン流 実はとうもろこしは室温に放置しておくと、どんどん甘みが失われていきます。 そのため買ってきたり、もいだ後はすぐに火を入れます。 蒸す場合は皮を全部剥かず、薄皮を1枚つけたままで蒸しましょう。 火を通しすぎないように十分蒸気が出たところで4分。 その後3%の食塩水を入れて30秒ほど蒸します。 最後に塩水を入れるのは、塩気が更に甘さを引きたててくれて、冷めてからも皮がシワシワにならない効果があるためです。 保存するときは、水分を拭き取ったらまだ温かいうちに1本ずつラップをして包み、冷めてから冷蔵庫にいれます。 この方法ですと翌日になってもとうもろこしはシワシワになりません。 まとめ 新鮮で美味しいとうもろこしなら、茹でても焼いても蒸しても満足できそうですね。 今年はベストなとうもろこしを見分けて、好みの調理法で美味しさを堪能しましょう。

次の

目から鱗が3回落ちる、トウモロコシをふっくらジューシーに茹でる方法

とうもろこし 茹で 方 ガッテン

スポンサードリンク 2. 加熱直後は粗熱が取れるまで我慢。 加熱直後すぐにラップを開封すると熱が逃げてしまい、水分もいくらか失います。 ですので、 加熱直後はしばらく置いて、粗熱が取れるまで冷ましておく。 こうすることで、予熱で芯まで蒸すことができ水分の蒸発も防げます。 また、すぐにラップを開封するのは、蒸気もあって火傷の危険もあるのでしばらく冷ましておくのがいいですね。 塩で甘みを増やす。 粗熱が取れたらラップを取って、いざ、食すのみ! なのですが、その前に 「塩」を用意しましょう。 実は、 塩を軽くつけることでとうもろこしの甘みが増す。 そうすると甘みが際立って、さらに美味しく食べることができます。 とうもろこし全体を塩水に軽く浸すやりかたでもOKです。 これは 味の対比効果によるもので、 スポンサードリンク あとがき 夏はとうもろこしがおいしく食べられる季節で、とれたての新鮮なとうもろこしだと生でも食べられちゃうんです。 その糖度はメロンにも匹敵すると言われるほどで、ほとんどデザートですね。 そんなとうもろこしですが、実はカロリーはそこまで高くありません。 そのカロリーは、 一本約180kcal だから、お菓子を食べるなんかよりもよっぽど低カロリーなんですね。 主成分は糖分なのでそれほどたくさん食べると良くないですが、おやつとして1/3本位食べても60kcalほどなのでとてもやさしい食べ物だと言えます。 今回はとうもろこしの茹で方として、電子レンジやフライパンを使った調理方法を紹介しましたが他にも色々とあると思います。 例えば、『ためしてガッテン』というテレビ番組でも紹介されたやり方ですが、先ほどフライパンで作るやり方の際に、 「沸騰したお湯」 を使いました。 しかし、ためしてガッテン流では.

次の

とうもろこしの茹で方|レンジ皮付きが簡単!塩やお湯でのゆで時間をご紹介します!

とうもろこし 茹で 方 ガッテン

お好きな所からお読み下さい。 美味しいとうもろこしのゆで方 美味しいとうもろこしのゆで方は、4種類あると言われています。 皮をむいてゆでる• 皮をむかないでゆでる• 皮をむいて電子レンジでチンでる• そのまま電子レンジでチンする 一つずつ見ていきます。 1 皮をむくゆで方 「ガッテン」で紹介していた方法です。 まず、皮とひげをすべて取ります。 鍋に水をれて火にかけます。 しゃきしゃき感が好きな人は、沸騰したお湯に入れて。 3~5分。 ジューシーなのが好きな人は、水からいれます。 沸騰したら3分ゆでます。 時間がたったら、1Lにたいして、30gの塩(大体大さじ2杯)いれて、かきまわします。 4分たったら、ざるにあけ、水気を切ります。 後から、塩を入れるのがミソですね。 2 皮をむかないゆで方 これは、一般的にやってるやり方ではないでしょうか。 皮は、最後の一枚だけ、向かないでそのままにしておきます。 お鍋に水と、2~2. 5%のお塩を入れて、沸騰させたあと、弱火にします。 そこに、とうもろこしをいれます。 10分~12分ゆでた後、火を止めて10分おいておきます。 取り出して、水気を切った後に、皮をむいて食べます。 3 皮をむいて電子レンジでチン 皮とひげをすべて向きます。 水で軽く洗った後、水を切らずにそのまま 塩で軽くもみます。 ラップに包んで、500wで5分間、チンをします。 そのまま粗熱が取れるまで、放置しておきます。 4 そのまま電子レンジでチン 「得する人損する人」「ソレダメ!」で紹介された方法です。 一番簡単で、何も考えずにできてしまいます。 とうもろこしを何もせず、皮のまま電子レンジに入れます。 500wで5分間、チンします。 とり出して、茎側から2cm位の所で、切り落とします。 先端の部分、ひげが出ている方を持って、トウモロコシを振ると、ひげが取れている状態で、とうもろこしの実だけがつるんと落ちてきます。 これだけです。 基本的に、ゆでるよりも電子レンジでチンする方が、糖度がたかいので、甘いはずです。 美味しいとうもろこしの見分け方 美味しいとうもろこしの見分け方を紹介します。 甘さとか、おいしさは、品種にもよります。 美味しいとうもろこしの見分け方は、どの種類も同じです。 その見分け方は、• 皮のみどりが濃い• ずっしり重い• つぶがそろってる• ひげがふさふさで濃茶色 そして、とうもろこしは鮮度が落ちるスピードが速いです。 なので、収穫してから、どれだけ早くゆでるかが、命です。 鮮度が高いとうもろこしを見分けるポイントは、• ひげや全体が湿ってる。 茎の切り口が白い• 実が白っぽい です。 美味しさと鮮度を確認して、とっても美味しいとうもろこしをみつけてください。 スポンサーリンク まとめます。 美味しいとうもろこしのゆで方を紹介しました。 まずは、下のようなとうもろこしを買ってきてきてください。 ひげがフサフサで濃茶でしめってる• 茎の切り口が白い• 皮が深い緑色でテカってる これを、買ってきたら、すぐにゆでることが大事です。 まずは、ゆでて、すぐに食べなければ、冷蔵庫で保存してください。 2~3日間はもちます。 ゆで方は、人それぞれの好みによって違います。 シャキシャキ、ジューシー、やわらかい、チョット固め・・・など。 上で紹介したやり方を、一度やってみて、お好みのゆで方を探してください。 私のおすすめは、電子レンジです。 手軽に、しかも甘くできますので。 とうもろこしの旬は、7~8月ですので、一番おいしい時に、一番おいしいゆで方で食べてみませんか? 以上、美味しいとうもろこしのゆで方についてでした。

次の