選挙 山田 太郎。 山田太郎氏のネット選挙はなぜ成功したのか~候補者と支持者との「政策の循環」~

山田太郎 (参議院議員)

選挙 山田 太郎

山田太郎53万票プロジェクトとは、に投開票が行われる第回において、認で全例で出しており、の保護と文化の発展を掲げているに票することを標としているの根の活動である。 なお、このは氏の活動であり、氏(同じ全例の補者)・氏(同日に投開票される知事補者)とは一切関係がい。 でブロガーの氏もの他人であり、名前を間違えると効票になる。 プロジェクトの内容 はに投開票される第回において、認補として全例代表で出した。 全例代表であるため、以上の有権者は全どこに住んでいても「」という個人名を例代表の用に記入することでを行うことが可となる。 は今回のにおいて、自身の標得票数を票に設定した。 この票数は、に登場するのと関連付けられることもあるが、より面なに立つと、前回例代表として最も多くの得票数を記録した全長会が支持した補が獲得した万票を上回ることが意図されている。 ここには、における戦略としての的を越し、前回の大きなを与えた29万票を更に上回る票をを守ることを掲げた補が獲得することで、保護勢をにおける最大のとしてすることも巨視的な的としている。 背景 に行われた第24回において、はから全例で出し29万票得票するも落選した。 この時に得票した29万票という票数は、全農政連や連盟、建設業連合会などの大規模な業界団体による組織票と同じ準の票数であり、を守ることを全面に掲げている補がこれだけの票数を獲得したことは前例のないことであった。 このことは、・好者のを持つとみられる、の保護に関心を抱く層が、大規模業界団体に匹敵する票田を秘めていることを顕在化させた。 元々、・文化におけるの支持を表明していたは存在していたが、が潜在的に大きな票田を持つことが認識されるようになると、今まで態度を保留していたも・文化におけるを支持することを表明するようになった。 のは、ににて・文化におけるを守ると明言しているが、この事は第24回でにされた29万票が影しているという観測もなされている。 のでが獲得した29万票はこのように大きな意味を持ったものの、はまでの3年間、議員のを外し、人としての保護に関する精的な活動をしていた。 しかし、議員でなくなったことで議員だった頃に可としていた手法が使えなくなったこともあり、をより効果的に守る為に、再び議員として出することを決断した。 山田太郎の実績 はに関して、議員時代に多くの実質的かつ絶対的な実績を残している。 最も著名な成果が、物を対に含めようとしていたのにおける問題条文のと物保護の附帯決議の追加に関する働きかけである。 これにより、による内容対からやが除外され、今まで出ていた多くの物やこれから出てくる多くの物が決定的に守られた。 それに次いで重要な成果が、における化に伴う禁止を防いだ働きかけである。 この時、は、実質的な条約の交渉に当たる閣僚から、がに対しどのような影を及ぼすか、またそれについてとしてどのように対処するかについて切れ味の鋭い質問を次々と行い、重要答弁を続々引き出した。 その中には、をから守るとであるに明言させたものも含まれていた()。 はこのように筋入りの表現反対であることが知られており、内法においても外事情においても様々な手法を駆使してこれに対抗するやり手であると評価されている。 そのため、のを知らしめる今回のがを囲んで行われたのは、の必然的な結果であったといえる 結果 にが締め切られるとともに、をはじめ各社によりの速報が発表された。 また、から間ほどで「」をとするが24万件以上され、のトンに入りした。 開票終了時の総得票数は 66票となり、標数を達成した。 これは全例補中3位、内でも(補を除く)となり、の団体を持たない補としては異例の結果となる。 その後集計が発覚し再集計が行われた結果、標を上回る 万票となっている。 関連動画 関連チャンネル 関連商品 関連項目•

次の

山田太郎氏、約29万票獲得も落選。民進党の比例当選トップを上回ったのになぜ?

選挙 山田 太郎

経営者として• ネクステック株式会社 代表取締役社長(CEO・創業社長) (2005年3月東京証券取引所マザーズ市場上場)• パラメトリック・テクノロジー・コーポレーション米国本社副社長(米国NASDAQ上場企業) 教育者として• 東京大学 大学院工学系研究科 非常勤講師• 早稲田MBAスクール客員准教授(早稲田大学 大学院商学研究科ビジネス専攻)• 東京工業大学 大学院社会理工学研究科 特任教授 政治家として 参議院• 内閣委員会 委員• 政府開発援助等に関する特別委員会 委員• 議院運営委員会 委員• 議院運営委員会 図書館運営小委員会 委員 自由民主党• 政務調査会 内閣第一部会 副部会長• 政務調査会 知的財産戦略調査会 事務局次長 (デジタル社会に対応した知財活用小委員会 事務局長)• 政務調査会 青少年健全育成推進調査会 事務局次長• 政務調査会 文化立国調査会 幹事• 政務調査会 雇用問題調査会 就職氷河期世代支援プロジェクトチーム 幹事• 政務調査会 クールジャパン戦略推進特別委員会 事務局次• 広報本部 ネットメディア局 次長• 2020 オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部 幹事• 参議院不安に寄り添う政治の在り方勉強会 幹事• 参議院国会対策委員会 委員• 自由民主党東京都参議院比例区第50支部 支部長 議員連盟• マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟• 障がい者所得倍増議員連盟• 自由民主党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟• 自然エネルギー推進議員連盟 学生時代の山田太郎• 日本版インダストリー4. アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)• バーンジャパン株式会社(現米国インフォア社)• プライスウォータハウスコンサルタント株式会社(現日本IBM)• ネクステック株式会社 取締役顧問ファウンダー• 参議院議員就任• 参議院予算委員会、決算委員会、内閣委員会、農林水産委員会、ODA特別委員会等• マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟 事務局長代行• 障がい者所得倍増議員連盟 事務局次長• 子ども・被災者支援法議員連盟 幹事• 参議院選挙落選(29万1188票、野党最多得票者、最多得票落選者)• 株式会社ニューカルチャーラボ創業、代表取締役社長就任• 自由民主党参議院比例区第50支部支部長• 国内外最大手製造業300社以上のコンサルティング。 創業実質3年半で東証マザーズ上場。 連結従業員250名、年商40億円以上、関連4社連結子会社(2008年度) 教育歴• 東京大学 大学院工学系研究科環境海洋学専攻 非常勤講師• 東京大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻 非常勤講師 (工学部システム創成学科応用プロジェクト・ゼミ担当)• 早稲田大学 大学院商学研究科ビジネス専攻 MBA 客員准教授 技術経営論、アントレプレナー論担当)• 東京工業大学 大学院社会理工学研究科 特任教授 21世紀COE博士課程担当• 早稲田大学 理工学部 非常勤講師• 北海道大学創成科学共同機構 非常勤講師• 北京航空航天大学(中国)名誉教授• 清華大学(中国)深圳MBAスクール 講師.

次の

山田太郎(ヤマダタロウ)|政治家情報|選挙ドットコム

選挙 山田 太郎

山田太郎53万票プロジェクトとは、に投開票が行われる第回において、認で全例で出しており、の保護と文化の発展を掲げているに票することを標としているの根の活動である。 なお、このは氏の活動であり、氏(同じ全例の補者)・氏(同日に投開票される知事補者)とは一切関係がい。 でブロガーの氏もの他人であり、名前を間違えると効票になる。 プロジェクトの内容 はに投開票される第回において、認補として全例代表で出した。 全例代表であるため、以上の有権者は全どこに住んでいても「」という個人名を例代表の用に記入することでを行うことが可となる。 は今回のにおいて、自身の標得票数を票に設定した。 この票数は、に登場するのと関連付けられることもあるが、より面なに立つと、前回例代表として最も多くの得票数を記録した全長会が支持した補が獲得した万票を上回ることが意図されている。 ここには、における戦略としての的を越し、前回の大きなを与えた29万票を更に上回る票をを守ることを掲げた補が獲得することで、保護勢をにおける最大のとしてすることも巨視的な的としている。 背景 に行われた第24回において、はから全例で出し29万票得票するも落選した。 この時に得票した29万票という票数は、全農政連や連盟、建設業連合会などの大規模な業界団体による組織票と同じ準の票数であり、を守ることを全面に掲げている補がこれだけの票数を獲得したことは前例のないことであった。 このことは、・好者のを持つとみられる、の保護に関心を抱く層が、大規模業界団体に匹敵する票田を秘めていることを顕在化させた。 元々、・文化におけるの支持を表明していたは存在していたが、が潜在的に大きな票田を持つことが認識されるようになると、今まで態度を保留していたも・文化におけるを支持することを表明するようになった。 のは、ににて・文化におけるを守ると明言しているが、この事は第24回でにされた29万票が影しているという観測もなされている。 のでが獲得した29万票はこのように大きな意味を持ったものの、はまでの3年間、議員のを外し、人としての保護に関する精的な活動をしていた。 しかし、議員でなくなったことで議員だった頃に可としていた手法が使えなくなったこともあり、をより効果的に守る為に、再び議員として出することを決断した。 山田太郎の実績 はに関して、議員時代に多くの実質的かつ絶対的な実績を残している。 最も著名な成果が、物を対に含めようとしていたのにおける問題条文のと物保護の附帯決議の追加に関する働きかけである。 これにより、による内容対からやが除外され、今まで出ていた多くの物やこれから出てくる多くの物が決定的に守られた。 それに次いで重要な成果が、における化に伴う禁止を防いだ働きかけである。 この時、は、実質的な条約の交渉に当たる閣僚から、がに対しどのような影を及ぼすか、またそれについてとしてどのように対処するかについて切れ味の鋭い質問を次々と行い、重要答弁を続々引き出した。 その中には、をから守るとであるに明言させたものも含まれていた()。 はこのように筋入りの表現反対であることが知られており、内法においても外事情においても様々な手法を駆使してこれに対抗するやり手であると評価されている。 そのため、のを知らしめる今回のがを囲んで行われたのは、の必然的な結果であったといえる 結果 にが締め切られるとともに、をはじめ各社によりの速報が発表された。 また、から間ほどで「」をとするが24万件以上され、のトンに入りした。 開票終了時の総得票数は 66票となり、標数を達成した。 これは全例補中3位、内でも(補を除く)となり、の団体を持たない補としては異例の結果となる。 その後集計が発覚し再集計が行われた結果、標を上回る 万票となっている。 関連動画 関連チャンネル 関連商品 関連項目•

次の