振りまく 英語。 「愛想が良い」「愛想が悪い」って英語で言うと?

気分や感情を表す英語の一覧、英語フレーズ

振りまく 英語

「あの店員はいつも愛想がいい。 」って言いたかったのですが、「愛想」の表現がわかりませんでした。 「friendly」と「愛想」は、少し違う様に思います。 早速、調べました。 Emily is amiable to everybody. ローレンは美人であるばかりか愛想も良い。 Lauren is not only beautiful but also amiable. Dominic is very friendly to everybody. このロブスターを私に売ってくれた魚屋はいつも愛想がよい。 The fishmonger who sold me this lobster is always friendly. She is an unfriendly waitress. 子供たちはその無愛想な老人が好きだ。 The children like the unfriendly old man. My personality is bright and social. アンドレアはとても社交的な人です。 Andrea is a very social person. モリーはあまり愛想が良くない。 Molly is not very social. He is a surly waiter. カーソンは愛想の無い男だ。 Carson is a surly fellow. カフェの店員は愛想が悪い。 The cafe staff have a surly attitude. See you next time!

次の

スピーチやプレゼンにも使える英語の名言・格言182選

振りまく 英語

「愛嬌を振りまく」の意味とは? 「愛嬌を振りまく」の意味• 「愛嬌を振りまく」の英語• 「愛嬌を振りまく」の言葉の使い方• 「愛嬌を振りまく」と「愛想を振りまく」の違い• 「愛嬌を振りまく」を使った例文 「愛嬌を振りまく」の意味とは? 「愛嬌を振りまく」という言葉を耳にした事があるでしょうか。 「愛嬌を振りまく」の 「愛嬌」は 「あいきょう」と読みます。 アイドルファンの方や、女性タレントを応援している人などは、 「愛嬌を振りまく」という言葉の意味が理解しやすいかもしれません。 また 「愛嬌を振りまく」という言葉から、具体的なアイドルの顔などがイメージできるかもしれません。 一方で、 「愛嬌を振りまく」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。 そこで 「愛嬌を振りまく」という言葉の意味や使い方を紹介します。 この言葉の意味を知る事で、身近にいる誰かの顔を思い出す事になるかもしれません。 「愛嬌を振りまく」の意味 「愛嬌を振りまく」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「愛嬌を振りまく」には、 「誰にでもにこやかなに対応する」 「誰に対しても魅力や愛嬌をまき散らす事」という意味があります。 特に子供が大人に対して可愛い発言をしたり、可愛い仕草を見せた時、 「愛嬌を振りまく」と言われる事が多いです。 「愛嬌」には、 「にこやかで可愛い事」 「ひょうきんで憎めない様子」 「相手を喜ばせるような振る舞い」という意味があります。 「振りまく」は、四方八方にまき散らすような意味がありますので、 「愛嬌を振りまく」という言葉には、にこやかで可愛い様子を誰彼かまわずまき散らすという意味があります。 「愛嬌を振りまく」の言葉の使い方 「愛嬌を振りまく」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。 「愛嬌を振りまく」という言葉は、特に女の子や小さな子供の仕草や発言に使われる事が多くなっています。 大人を喜ばせるような可愛い仕草をする子供を見た時に、 「愛嬌を振りまく」という言葉を使ってみましょう。 また最近ではアイドルがファンに 「愛嬌を振りまく」場面をよく目にするでしょう。 以前よりもファンサービスに熱心なアイドルが多いため、 「愛嬌を振りまく」という言葉を使いやすくなっています。 さらに職場の若い女性が、男性社員全員に、好かれるような態度を取っている時などに、嫌味を含めて 「愛嬌を振りまく」という言葉を使う事もあります。 「愛嬌を振りまく」と「愛想を振りまく」の違い 「愛嬌を振りまく」という言葉によく似た言葉に、 「愛想を振りまく」という言葉があります。 どちらも良く似ている言葉で、 「愛嬌」と 「愛想」も、似た意味を持っています。 「愛想」には 「人当たりのいい態度」 「人に対する好意」 「相手の機嫌を取るための言葉や態度」という意味があります。 ほとんど同じ意味なので、 「愛嬌を振りまく」でも 「愛想を振りまく」でも、どちらでもいいと思う人もいるでしょう。 しかし、 「振りまく」と付ける時は、 「愛嬌を振りまく」が正解です。 「愛想」は 「愛想を尽かす」 「愛想を言う」などというフレーズで使い、 「愛想を振りまく」は間違った表現になります。

次の

スピーチやプレゼンにも使える英語の名言・格言182選

振りまく 英語

私は色気=sexyとは必ずしもならないような気がしています。 例えば、女同士でも相手の色気を感じる瞬間はあるだろうし、だからと言って英語でShe's a very sexy girlとか言ったら何かちょっと即物的な物を感じてしまって、日本語で女性同士が交わすような「彼女って色っぽいと思いません?」と云うニュアンスとは別物のような気がします。 映画で"There's something about Mary"と云うのがありましたが、このsomething aboutのsomethingにあたる部分に色気も含まれているような感じ。 特に意識しなくても自然に出てしまう、他人が感じるものが色気だと思います。 だからと言ってsexy auraなんて言ったらフェロモンむんむんって感じで、余計に「色気」と云う世界からは遠のいてしまう感じなんですよねぇ。 さんちゃんさんがどんな状況を描いて言う「大人の色気」なのかをもう少しお聞きしたいような気がします。 参考になる英語も言えずに、質問に質問で返してしまってごめんなさい。 Sex appeal possessed by a grownup typically a woman, demonstrated typically towards persons of opposite sex. 厳密さの要求されない場面での使用を想定した、「とりあえず通じるかな」的な、直訳的表現の案。 括弧書きは、 1 男性にも色気のある人がいる 2 同性に対してアピールする色気というものもある などの可能性を排除しない意図を、暗に示したつもりです。 色気についての説明的な訳ですが、拙訳じたいには色気がありません。 さんちゃんさんは、おそらく表現そのものから「大人の色気」の漂うような訳を、お求めなのだろうとは思いましたが。 あしからず。 しかし、そもそも 「色気」 というのは、一般的に異性を引き付ける魅力じゃないの? その角度からもう少し突っ込んで見ると、動物界で、例えば、鳥類はオスの方がメスより色彩が鮮やかで綺麗です。 ライオンのオスは毛並みが派手でメスより目立ちます。 それは、メスが交尾をする相手を選ぶ力を持っているので、オスは目立ってその相手に選ばれたいからだと聞いた事があります。 人間界では一夫多妻制の時代が長く、未だにその制度が残っている国々があります。 つまり、男が選ぶ相手は健康で子供をたくさん生んでくれる女性であると考えられるので、女性の体格 (装飾・化粧) などを視覚と本能で見極めているのではないでしょうか。 結局、両者の最終目的地はベッドの上で・・・なんでしょうが、大人になってからの情事というものは、どちらかと言うとその行為を楽しむほうに重心が置かれていると思うので、この様な英訳をする時に直接的な言葉だけを追い掛けるのもいいですが、全く違った視点からの言い回しを考えてみるのもいいのではないでしょうか。 つまり、極端に言えば、未だ辞書などには載っていない気の利いた表現を想像する為の一つのアイディアです。 ・・で、私が抱いている 「さりげない性的魅力」 の状況というのは・・ ある夏の夜祭で 髪の毛がまだ乾かない でも、うなじが綺麗で 浴衣姿の女性が シャンプーの香りが髪の毛から 石鹸の匂いを胸元から 漂わせながら 金魚すくいをしている仕草と はちきれそうな丸いお尻を 後ろから見たら・・ ああぁ、色っぽいなぁ・・という感じです。 あの頃と同じように祭りはにぎわっており、駅の方向からの人の波は絶えない。 ふと前を見渡すと、屋台の横で金魚すくいをしている15、6歳くらいの少女に目が止まった。 すみれの花のデザインの浴衣で浴衣地の白とあって、艶やかである。 うなじはうっすらと汗ばんで大人の色香が漂うようであった。 ふと洋介は富士子との間にできた真子の10歳の誕生日に浴衣をあつらえてあげたことを思い出した。 親子で浴衣を着てみると、富士子のことを好きになったすべてが親子で似ているのに驚いた。 愛くるしい瞳、笑うとできるえくぼ、真子は母親の富士子にそっくりである。 真子とは5年前に会ったきりである。 今目の前で金魚すくいをしている少女と同じくらいの年になっているだろうと洋介は思った。 洋介がこの祭りの日に帰ってくると風の便りで聞いていた富士子はひょっとしたら洋介に会えるのではと思い、祭りの所まで来ていたのであった。 5年ぶりに見る洋介の後ろ姿には哀愁が漂っていた。 「あなたの目の前の子は真子よ」と叫びそうになった。 富士子の目から一滴の涙が零れ、月の光に光って落ちた。 決して異論を唱えることが目的ではありませんが、私の感覚だとむしろ「色香」のほうが性的なものに寄って狭いような印象があります。 私は(名前から一目瞭然のように)アントニオ猪木さんのファン(これをこちらの世界では『信者』と呼びます)ですが、結局どこが好きなのかと一言で言えば、「色気がある」ことですが、猪木さんに抱かれたくはありません。 一方で「色香」のある女性だったら、とりあえずお金もかからなくて面倒なことにならないのであれば、「はい、お願いできるのでしたらいつでも」と思います。 むしろ「色気」のほうに、(今は好例を思いつけないのですが)例えば人ではなくてモノや状況や景色などに対しても使えるような、より広い意味や範囲を、私は感じます。 私が抱いていた 「さりげない性的魅力」 のイメージがメチャクチャ大きく変わって来たので、再度、書き直しに挑戦してみます。 ある夏の夜祭りで 黒髪が未だ乾かない でも、うなじが綺麗で 浴衣姿の女性が 黒髪からシャンプーの香りと 胸元から石鹸の匂いを しっとり漂わせながら 浴衣に汗ばんだ肌が 月明かりでチラリと輝き 金魚すくいをしている仕草と はちきれそうな丸いお尻を 後ろからじーっと見つめていた 哀愁が漂っている男の背中を 更に、その後ろで眺めていた 富士子さんは・・ 再び開く花のように うるおいと香りは 蜜蜂を誘惑し シルエットが重なる光景は 月明りと共に海面に映し出され 潮風のようにゆっくりと 波のように揺れ動き 次第に大波のように 時には優しく 時には激しく そして・・ 嵐の後の静けさを求めるかのように 満足感がシルエットを二つに別けた・・ その光景をひっそりと覗いていた さんちゃんが ああぁ、色っぽいなぁ〜! ・・とつぶやきながら大きな溜め息をついた。 さんちゃんはご存知の事とは思いますが、別コミュティーに英語日記添削トピックがありますよね。 そのトピック内で英語上級者と思われる方々が添削された文章なども含めて誤解を招きかねない文、文法的には全く問題がないけど説得力に欠ける (ハッキリ言えば、洗練されていない) 文型などが数々ありました。 その添削の添削をした時に憤慨されたメンバーがおられましたので、その様な結末にならないようなトピックであればいいなぁと思います。 ただ単に言葉遊びだけを主流にやるんだったら、他にも似たようなトピックがありますし、それはそれでいいと思います。 しかし、レベルをもっと高い所に置いて本当に英語上達を目指してやるのであれば、ある物語りとその方向性などに対応した自然な表現と読み手をゾクゾクさせるような語順なども考慮する必要があると思います。 何人ぐらいの方々がそのレベル (英語話者とほぼ同じレベル) を目指しているかにもよりますが、ちょっと考えさせて下さい。

次の