ドラメシヤ色違い。 ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策

ドラメシヤ色違い

こんにちは、昨日の夜にソードシールド に乱数調整が存在することを知り今朝から1日かけて作業したところ色違いを大量に入手することが出来ましたのでその方法を今回は解説していきます。 この記事では星1、2のマックスレイドバトルの乱数調整で初級者編です。 星3から星5の上級者編は下記記事をご覧ください。 まず始めに乱数調整という言葉を聞くとソフトを弄る危険な行為かのような勘違いをする方がいるかもしれませんが、 乱数調整とは普通のプレーで必然的に狙いの個体を入手する方法であるため、 ソードシールドのソフトやスイッチに悪影響はありません。 それでも乱数調整という言葉に嫌悪感を抱く方がもしかしたらいるかもしれないのでそういう方は見ないようにお願いいたします。 乱数調整とは 乱数調整と一言で言ってもゲームソフトによって全く中身は異なります。 僕が昔やっていたハートゴールドの乱数調整はストップウォッチで0. 03秒という細かい時間を計ってボタンを押すというようなものでした。 それに対してソードシールドの乱数調整はサンムーンの孵化乱数と似ていて、 時間を計測するというようなことは必要ありません。 どういう個体が出るかということを事前に知ることにより色違いを効率よく出せるようになるというイメージです。 ソードシールドの乱数調整の始め方 ソードシールドではそもそもマックスレイドバトルでしか乱数調整をすることが出来ません。 しかも乱数調整が可能な状況は現時点で限られています。 条件を簡単にいうとマックスレイドバトルの星1か星2 か星3? の出現ポケモンのみです。 すなわち 現状では夢特性は出来ないと思います。 ただし一度色違いのマックスレイドバトルを出すことができればサブロムがあれば無限に色違いポケモンを増やすことが可能です。 なので現状、ドラメシヤなど 夢特性が必要ない星1or2で出現するポケモンがターゲットになります。 その理由も含め原理をまず簡単に説明していきます。 乱数調整の原理 マックスレイドバトルに関して日付変更でどんどんポケモンが変わっていくことは周知の事実となっていると思うのですが、 その個体値、性格、特性、色違いなどは実は毎回全く同じなのです。 例えば、巣穴に願いのかたまりを投げ入れるとあるポケモンのマックスレイドバトルが出現します。 ここでセーブしておいて、そこから日付変更するとまた別のポケモンのマックスレイドバトルが出現します。 リセットして同じように日付変更すると先ほどと全く同じ個体値、性格、特性のポケモンのマックスレイドバトルが出現するのです。 細かいことを言うとポケモンの種類自体は決まっているわけではありません。 現時点のポケモン、日付変更した次の次のポケモンまでは種類が確定しています。 しかし その先はポケモンの種類自体は確定していません。 ただ、 個体値、性格、特性、色違いはこの時点でどこまでも決まっているのです。 つまり例えばこの時点であと1万回日にちをずらしても色違いが出ないということも決定してしまっているのです。 そこで現状のマックスレイドバトルのポケモンの個体値、性格、特性と日付を1度変更した次のポケモンの個体値、性格、特性からその先の個体値、性格、特性、色違いを知ることが出来るツールを利用して あと何日日付変更することで色違いに出会えるのかを知るというのが今回の乱数調整になります。 個体値で現在の状況を知るので確定Vの多い星2以上ではそれが出来ないので、現状星1のポケモンでその確認が必要になります。 ちなみに日付変更は1日進めるのもそれ以上進めるのも一緒です。 何回行ったかというのが問題になります。 必要なもの• ソードシールドのアカウント 星1のマックスレイドバトルが出るバッジの少ない状態のもの ちなみにバッジ0個の状態では星1のマックスレイドバトルしか出ませんが、バッジを1個手にいれると星2のマックスレイドバトルも出現するようになります。 星1しか出ない方がやりやすい一方で出来るポケモンの種類がかなり少なくなります。 リンクから最新版をダウンロードしてください。 ちなみにmacでは動かないのでWindowsのパソコンが必要です。 ねがいのかたまり何個かと経験アメやふしぎなあめなど個体値を確定するためのアイテム• サブロムともう1台のスイッチ 必須ではないが新しいデータにアイテムを送ったり、色違いの量産をする上では必須 手順 まずは目当てのポケモンを決めます。 僕の場合はドラメシヤを狙ったのでそれで考えます。 で星1か星2で出る巣を探します。 ドラメシヤの場合、うららか草原gかキバ湖の瞳のいずれかだが序盤は水を進めないためうららか草原gのみとなります。 この場合星2でしか出現しないのでまずバッジは1つ入手しておく必要があります。 ねがいのかたまりを狙いの巣に投げ入れる レア光のみの場合はレア光を厳選• 上記を満たすマックスレイドバトルが出現したらレポートを書いてもう1日ずらして次のポケモンも星1かどうか確認。 もし違う場合はこの条件を満たすまで日付変更していく。 確認後リセット。 ちなみにそれぞれリセットするので1匹だけ個体値を確定出来れば十分なのでそのためのアメを事前に用意しておく。 レベル100まで上げれば確定させられるが、それも面倒なのでを使ってちまちま個体値を絞っていってもいいと思います• ツールに捕獲した2体の情報を入力する を参考にしました 例えば1匹目が「スボミー、1-31-25-10-5-18、いじっぱり、しぜんかいふく」、2匹目が「スボミー、11-27-10-21-31-9、うっかりや、どくのトゲ」だった場合以下のように入力する。 ちなみに特性1か2かはポケモン徹底攻略で上の特性が1で下の特性が2です。 「検索開始」を押してしばらく待つ。 僕の場合は3分くらい待たされました 7. Den Seedに値が入力され、リストが表示されたら成功。 その場合は2に戻る。 巣を変えたりねがいのかたまりを投げなおしたりする必要はありません 8. リストの星が色違いで一番左の数字がそれに必要な日付変更回数です。 その作業に耐えられるか自分で判断する。 ちなみに 1年 365日 日付変更するのに約2時間かかります。 そのため下記のように1050回だと3年弱なので6時間弱かかる計算です。 数字が大きすぎて無理と判断した場合はねがいのかたまりを投げ直すとこからやり直しです。 日付変更の革命 ランクバトル の後日付変更を自由に出来るというのを利用することにより大幅に時間短縮が可能なようです。 ランクバトルに一度挑戦したあと、 日付変更してOKを押すというのを繰り返すだけで乱数消費が可能なようです。 つまりゲーム画面に戻る必要がないのです。 この方法だと1時間で3600くらい消費が可能なようなので試してみてください。 前までの方法だとワット数で消費数が確認できるのがメリットなのですが大量消費はこの方法でやるべきですね。 消費数の数字-3回日付変更を行う 上記の場合だと1047回 この時点でポケモンキャンプをする。 (オートセーブタイミングでバックアップが取られる) あくまで1050回目で色違いのマックスレイドバトルは出現するのですが、1047回の時点でセーブしておくことにより 色を確定にしてポケモンの種類を固定しないことが出来るので同じ個体だが 別の種類のポケモンの色違いも入手することが可能になるのです。 今回の場合でいうとドラメシヤだけでなく以下のように様々なポケモンの色違いを入手することが出来ます。 3日ずらしてポケモン確認。 理想のポケモンが出るまでリセットして繰り返す。 狙いのポケモンが出たらレポート。 これで狙いの色違いのポケモンのレイドの完成です。 しかも ゲームのオープニング画面で十字キーとBボタンとXボタンを同時に押すことでバックアップから始められます。 つまり、ポケモンキャンプをしたタイミングに戻るため、 もう一度ポケモンを変更することが可能になるのです。 まとめ 現時点では結果が出てこなかったり星1しか無理だったりと制約は多いが、これからもう少し改善されることが期待されます。 また 日付変更に結構な時間がかかりますので結構大変です。 その代わり1度出せれば 同じ巣の色々なポケモンの色違いを入手することが可能です。 あとこの方法は自分というより人に色ポケモンを配る方が向いている方法です。 自分もこのレイドは消していないのでいつでも皆さんに色違いポケモンレイドにより色違いを配布することが出来ます。

次の

【ポケモン剣盾】ドラメシヤの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ドラメシヤ色違い

ここで見分けましょう。 星マークの色違い演出も!? ただ、たまご孵化で色違いが出現した場合は周りに星マークが散らばる演出になるようです。 色違いの出現確率 色違いポケモンの出現率は最近のシリーズ通しておよそ「4000匹に1匹」つまり 0. 025%の確率とされています。 絶対色違いが出ない法則 最近のシリーズ通して 人からもらったポケモンは色違いになることはありません。 野生か卵孵化のみ色違いポケモンは出現します。 もし最初に選ぶ 御三家ポケモンで色違いが欲しい場合は、 通常の色の雌(メス)受け取り、卵孵化させる必要があります。 伝説ポケモンの色違いは出るのか 伝説ポケモンである「ザマゼンタ」と「ザシアン」は色違いブロックルーチンが掛かっているので、通常では出現しません。 今後、色違いカプ・コケコやネクロズマのように何かしらのイベントで配布されるかもしれません。 レイドバトルでも色違いは出るのか? マックスレイドバトルでもごく稀に色違いポケモンは出現します。 登場時から色は変わっており、捕まえる前から色違いなのか一目で判断が可能です。 マックスレイドバトルでは野生や孵化とは違い、「ひかるおまもり」や「ポケモンを倒した数」が影響しないので乱数調整などで固定しない限りは狙ったポケモンを色違いで出現させるのは至難の技です。 色違いのメリット 色違いのポケモンはただ色が違うだけで、ステータスや覚える技は 通常ポケモンと同じ、性格ももちろんランダムです。 しかし、激レアと言うだけあってコレクションしているプレイヤーもいます。 ポケモン交換の時に役に立つ可能性もあるため、目当てではないポケモンでも色違いならゲットしておくべきでしょう。 剣盾の色違いポケモン一覧 ポケモン剣盾(ソードシールド)に登場する新ポケモンの色違い一覧です。 色違いの画像はタップで拡大することができます。

次の

ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラメシヤ色違い

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。 この型では、起点作りのための状態異常技と状態異常で火力が出せるようになるたたりめを採用している。 育成論と使い方 速さを活かして起点を作る ドラパルトの圧倒的な速さによって先制でやけどやまひを撒く起点としての役割を持っている。 様々な型があるドラパルトの中で 現在使用率を伸ばしている型となっている。 たたりめで火力も出せる 状態異常相手のたたりめは威力が130もありタイプ一致技でもあるため火力が高い。 また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 Cに努力値を振ればドラパルトの最大火力になる。 特性はすりぬけがおすすめ 特性の選択肢はクリアボディ以外の2つ。 すりぬけならみがわりを貫通してでんじはやおにびが当たる。 基本的にはすりぬけがおすすめだ。 のろわれボディであれば相手の行動を縛れる。 型や対策したいポケモンに合わせて自由に技を入れ替えよう。 育成論と使い方 AとSに252がおすすめ 最速にしない理由はほぼないのでS252。 火力もなるべく出したいのでAにも252振ろう。 余りをHに振ってしまうと偶数になり、定数ダメージを余分にうけてしまうので、BかDに回すといい。 特性はクリアボディかすりぬけ 特性はいかく対策のクリアボディか、壁対策のすりぬけがおすすめ。 環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。 ミミッキュはダイスチルで対処 物理運用だとはがねのつばさが使えるので、苦手な ミミッキュもダイスチルでばつぐんを狙える。 防御も上がり受けられる技の範囲も増える。 大文字や呪いもおすすめ 物理技ではないが、だいもんじやのろいを採用するのもおすすめだ。 だいもんじでアーマーガアやナットレイ、のろいでカバルドンやドヒドイデなどに対抗できる。 だいもんじを採用する場合は性格を無邪気にすると良い。 持ち物の選択肢が多い 耐久を補助するタスキ、スカーフ持ちポケモンに勝てるスカーフ、火力を高めるいのちのたま、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんなど、 持ち物の選択肢は多め。 他に使うポケモンに合わせて技を選ぼう。 育成論と使い方 CとSに252がおすすめ 物理型と同様の理由で、CとSに252振り、余りはBかDに回そう。 調整次第では耐えられる攻撃は多いが、アタッカーで運用する場合は、なるべくCとSに振っておきたいところ。 特性は好みで すりぬけなら 身代わりやひかりのかべを無視して攻撃できる。 クリアボディならダイマックスわざなどの能力ダウンを防げる。 ミミッキュが辛い… ミミッキュとはタイプ相性が悪いうえに、ばけのかわがあるせいでタイマンだと絶望的。 対面してしまったときは、とんぼがえりでばけのかわを剥がしつつ交代させよう。 持ち物の選択肢は多い やはり持ち物の選択肢が多い。 行動保証になるタスキ、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんのほか、スカーフ持ち対策のスカーフ、純粋な火力上げにメガネなどが挙げられる。 ほとんどの相手から先手を取れるため、壁貼り役としても優秀だ。 耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。 高い攻撃力で自衛もできる ドラパルトで壁を貼る利点は、 自身の攻撃性能も高い点。 有利対面では自ら倒しに行く動きができるため、相手としては厄介この上ない。 耐久調整も有効 壁さえ貼れれば良いと割り切るなら、素早さを削って耐久調整するのもおすすめだ。 スカーフサザンドラのあくのはどう、ドラパルトのドラゴンアロー、珠ミミッキュの剣の舞後のかげうちなどは調整すれば耐えられる。 選出段階と戦闘中に相手のドラパルトの型をある程度推測できれば、立ち回りがしやすくなる。 ダイマックス状態では慎重に行動 ドラパルトは最速100族抜きにSを調整して耐久に振っている型も多い。 HP満タンでダイマックスになると大抵の弱点攻撃は耐えてしまうため、弱点保険を発動+ダイジェットで手がつけられなくなる。 持ち物が全く分からない場合は、確定で倒せる保証が無い限り弱点を突くのはオススメしない。 ブラッキーが後出しで勝ちやすい ドラパルトの型次第になってしまうが、特殊・物理のどちらでも、後出しから持ち直すことが可能。 HB特化で特殊・物理を受け切ることができ、返しのイカサマで物理の場合は確1・特殊は高乱数で倒すことができる。 ブラッキーで対策なら弱保・命の珠は警戒 弱点保険を発動させなければ、ダイマ状態でも後出しで受けてあくびで流せる。 特殊型の珠ダイドラグーン りゅうせいぐん であっても、余裕は無いが後出しからあくびを入れることは可能。 オーロンゲもおすすめ オーロンゲはフェアリーなのでドラゴン技は完封できる。 さらに特性いたずらごころにより でんじはを先に撃つことができ、とんぼがえり前にまひにできる。 先制技のふいうちを覚える点も優秀で、ふいうち圏内に入れられれば相手を縛りやすい。 スカーフ持ちで上から攻撃する こだわりスカーフ持ちのポケモンで上から一撃で倒すのもおすすめの対策方法。 ただし、スカーフ持ちに上を取られないためのスカーフドラパルトも存在するので、過信は禁物だ。 相手のパーティから誰がスカーフを持っているかを予想しつつ動かそう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の