東京ラブストーリー音楽。 東京ラブストーリー復活!主題歌・灯火を歌うVaundyの動画や歌詞 | こーさんのためになる情報

東京ラブストーリー2020の無料動画1話~最終回の見逃し配信!地上波放送は?

東京ラブストーリー音楽

広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となり東京へやってきた。 部長の和賀(眞島秀和)から赤名リカ(石橋静河)を紹介され、リカが完治の仕事の面倒を見ることに。 完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。 完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡がある。 リカが店にやってくると、三上は一緒に飲もうと誘う。 この夜がきっかけとなり、同級生3人の交流が再び始まり、完治とリカの関係も単なる仕事仲間から次第に変化し始めていく…。 「東京の女」 広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京の営業部に配属となり東京へやってきた。 同僚の赤名リカ(石橋静河)が完治の仕事の面倒を見ることに。 完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。 完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡があり、四人は一緒に飲むことになる。 その帰り道、いきなり「カンチ、キスしよっか」とリカから言われドギマギする完治。 「じゃあ代わりにランチごちそうして!」と積極的なリカ。 しかし、リカは上司の和賀(眞島秀和)と関係があると社内で噂されているからやめておいた方がいいと言われる。 「はじまりは恋ではなく」 完治(伊藤健太郎)は、関口(石井杏奈)への想いを断ち切れぬまま、昨夜リカ(石橋静河)に突然キスされたことを思い出しながら悶々とした日々を送っていた。 一方、互いの気持ちを確かめあった三上(清原翔)と関口であったが、三上から今後の二人の関係に関する明確な言葉はなかった。 そんなある日、完治の家に三上が遊びにきた。 三上は「関口の事、本当にいいのか?」と聞くが、完治はモゴモゴと口ごもるだけ。 数日後、四人でまた飲むことになるのだが…。 「逢えない時間」 一夜を共にした完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)だったが、朝起きるとリカの姿はなかった。 どんな顔をしてリカに会えばいいのか分からず出社する完治だったが、無神経な一言でリカを怒らせてしまう。 そんな折、リカが現場の足場から落ちて緊急搬送されたという連絡が入り、完治は慌てて病院に走るのだった。 一方、付き合い始めた三上(清原翔)と関口(石井杏奈)は幸せな日々を送っていたが、ある日三上の鞄から見覚えのあるアクセサリーの入った箱を見つける。 自分へのプレゼントだと思い楽しみにしていたが、数日後鞄の中のアクセサリーは無くなっていた…。 「雨傘と嘘」 完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)は付き合うことになり、仕事終わりにディナーの約束をする。 関口は前の晩、連絡のつかなかった三上(清原翔)に悶々としていた。 そんな時、三上のケータイに長崎尚子(高田里穂)という知らない女から「昨日はごちそうさまでした」という連絡があり、こっそり見てしまう。 たまらなくなった関口は完治に連絡するのだが、リカとの約束がある完治は困ってしまい…。 「二人で描く未来」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)との約束をドタキャンし、だまってさとみ(石井杏奈)と会っていたことがバレてしまい、リカに無視される日々。 完治はリカと仲直りしようとリカの好きなものを手土産に出張帰りのリカに会いに行き、無事に仲直りを果たす。 翌日、二人は会社をずる休みをしてデートすることにする。 三上とさとみも一時はケンカをしたものの仲直りをし、平穏な日々を送っていた。 ある日、さとみは三上がケータイを自分の家に忘れていったことに気づき、三上がいる大学病院にケータイを届けることにするのだが…。 「繋がる思い、離れる心」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)にもうすぐ誕生日であることを伝えるが「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてしまう。 恋人として一緒に過ごしたいと思う完治はモヤモヤが取れないままだった。 完治は盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いにいき、三上(清原翔)と一緒に暮らすことにしたと聞き応援する。 br ある日曜日。 完治はリカと約束していたパーティーに出席し、リカのドレスアップした姿に見惚れつつ、現代アーティストのアルヴィン・ヤン(フィガロ・ツェン)と英語で楽しそうに話すリカの姿を完治は複雑な表情で見つめるのだった。 「それぞれの覚悟」 完治(伊藤健太郎)が家に帰ると部屋が飾り付けられていた。 リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。 完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。 一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。 三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。 そして、完治はリカが突然辞表を出したと和賀(眞島秀和)に聞き、一番に相談してもらえなかったことにショックを受け、気持ちをリカにぶつけるのだが…。 「すれ違う想い」 完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「ニューヨークに行く」と突然伝えられ、困惑する。 だが、完治は行かないでほしいという気持ちを抑え、リカの意志を尊重するべく、送り出すことにする。 会社を辞めたリカは出発までの間、完治の家で一緒に暮らすことに。 そんな折、完治は責任ある仕事を任され、チャンスを手にする。 一方、三上(清原翔)は父親の訃報を聞き、葬儀に出席するため実家の愛媛に帰るのだった。 母親から父親の本当の気持ちを伝えられた三上は医師になる決心をする。 そして、そんな三上を心配したさとみ(石井杏奈)は完治に三上を飲みにでも誘ってあげてほしいとお願いするのだが…。 「遠く離れても」 完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「リカは自分の事しか考えていない」と思わず言ってしまう。 リカは「ニューヨークに行く! 」と言い残し、完治の家を飛び出した。 完治はリカを探しあて、なんとか仲直りをして送り出すことが出来た。 一方、三上(清原翔)と別れたさとみ(石井杏奈)は、急遽来れなくなったトキコ(手島実優)の代わりに完治を映画に誘う。 気分転換に誘いを受けた完治だったが、映画館で三上と長崎(高田里穂)に出くわしてしまい…。 「秘密」 完治(伊藤健太郎)は突然帰ってきたリカ(石橋静河)に困惑していた。 リカは以前のように完治にずる休みをしてデートしようと提案するが、完治はリカを避けるようになっていた。 ある日リカは、さとみ(石井杏奈)にNY土産を渡しに会いに行くが、そこで完治とキスをしたことを聞く。 リカは完治に「ニューヨークに戻ることになった」と嘘をつき、完治の家を飛び出した。 そして街で偶然和賀(眞島秀和)と再会するのだった…。 一方、三上 清原翔 は長崎 高田里穂 の両親に会いに行き、結婚話を切り出すのだが…。 「ただ、そこにあるもの」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)が妊娠していることを知り、なんで相談してくれなかったのかと問い詰める。 しかし、リカに「急に別れてほしいと言われて、言えるはずがない。 この赤名リカが」と言われ、言葉を失う。 完治は三上(清原翔)に相談するが、一方三上も長崎 高田里穂 から結婚の話はなかったことにしてほしいと言われていた。 やがて、完治は和賀(眞島秀和)から「リカにプロポーズした」と伝えられる。 リカからも「和賀と結婚する」と聞いていた完治だったが、リカが突如姿を消してしまう…。 CAST• 永尾 完治 ・・・ 伊藤 健太郎 愛媛県出身、完治と三上の高校の同級生。 東京の保育園で働いている。 真面目で誠実、常識的で保守的な優等生。 自分では認めたがらないが、高校時代から密かに三上に恋心を抱いていた。 長崎 尚子 ・・・ 高田 里穂• 北川 トキコ ・・・ 手島 実優• 和賀 夏樹 ・・・ 眞島 秀和 STAFF• 原作 ・・・柴門 ふみ• 脚本 ・・・北川 亜矢子• 音楽 ・・・戸田 信子• 主題歌 ・・・Vaundy「灯火」(SDR)• 企画・プロデュース ・・・清水 一幸• プロデューサー ・・・森谷 雄/森本 友里恵• 監督 ・・・三木 康一郎/永田 琴/山本 透• 制作協力 ・・・アットムービー• 制作著作 ・・・フジテレビジョン Twitter.

次の

Vaundy、令和の『東京ラブストーリー』主題歌に抜擢

東京ラブストーリー音楽

広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となり東京へやってきた。 部長の和賀(眞島秀和)から赤名リカ(石橋静河)を紹介され、リカが完治の仕事の面倒を見ることに。 完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。 完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡がある。 リカが店にやってくると、三上は一緒に飲もうと誘う。 この夜がきっかけとなり、同級生3人の交流が再び始まり、完治とリカの関係も単なる仕事仲間から次第に変化し始めていく…。 「東京の女」 広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京の営業部に配属となり東京へやってきた。 同僚の赤名リカ(石橋静河)が完治の仕事の面倒を見ることに。 完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。 完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡があり、四人は一緒に飲むことになる。 その帰り道、いきなり「カンチ、キスしよっか」とリカから言われドギマギする完治。 「じゃあ代わりにランチごちそうして!」と積極的なリカ。 しかし、リカは上司の和賀(眞島秀和)と関係があると社内で噂されているからやめておいた方がいいと言われる。 「はじまりは恋ではなく」 完治(伊藤健太郎)は、関口(石井杏奈)への想いを断ち切れぬまま、昨夜リカ(石橋静河)に突然キスされたことを思い出しながら悶々とした日々を送っていた。 一方、互いの気持ちを確かめあった三上(清原翔)と関口であったが、三上から今後の二人の関係に関する明確な言葉はなかった。 そんなある日、完治の家に三上が遊びにきた。 三上は「関口の事、本当にいいのか?」と聞くが、完治はモゴモゴと口ごもるだけ。 数日後、四人でまた飲むことになるのだが…。 「逢えない時間」 一夜を共にした完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)だったが、朝起きるとリカの姿はなかった。 どんな顔をしてリカに会えばいいのか分からず出社する完治だったが、無神経な一言でリカを怒らせてしまう。 そんな折、リカが現場の足場から落ちて緊急搬送されたという連絡が入り、完治は慌てて病院に走るのだった。 一方、付き合い始めた三上(清原翔)と関口(石井杏奈)は幸せな日々を送っていたが、ある日三上の鞄から見覚えのあるアクセサリーの入った箱を見つける。 自分へのプレゼントだと思い楽しみにしていたが、数日後鞄の中のアクセサリーは無くなっていた…。 「雨傘と嘘」 完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)は付き合うことになり、仕事終わりにディナーの約束をする。 関口は前の晩、連絡のつかなかった三上(清原翔)に悶々としていた。 そんな時、三上のケータイに長崎尚子(高田里穂)という知らない女から「昨日はごちそうさまでした」という連絡があり、こっそり見てしまう。 たまらなくなった関口は完治に連絡するのだが、リカとの約束がある完治は困ってしまい…。 「二人で描く未来」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)との約束をドタキャンし、だまってさとみ(石井杏奈)と会っていたことがバレてしまい、リカに無視される日々。 完治はリカと仲直りしようとリカの好きなものを手土産に出張帰りのリカに会いに行き、無事に仲直りを果たす。 翌日、二人は会社をずる休みをしてデートすることにする。 三上とさとみも一時はケンカをしたものの仲直りをし、平穏な日々を送っていた。 ある日、さとみは三上がケータイを自分の家に忘れていったことに気づき、三上がいる大学病院にケータイを届けることにするのだが…。 「繋がる思い、離れる心」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)にもうすぐ誕生日であることを伝えるが「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてしまう。 恋人として一緒に過ごしたいと思う完治はモヤモヤが取れないままだった。 完治は盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いにいき、三上(清原翔)と一緒に暮らすことにしたと聞き応援する。 br ある日曜日。 完治はリカと約束していたパーティーに出席し、リカのドレスアップした姿に見惚れつつ、現代アーティストのアルヴィン・ヤン(フィガロ・ツェン)と英語で楽しそうに話すリカの姿を完治は複雑な表情で見つめるのだった。 「それぞれの覚悟」 完治(伊藤健太郎)が家に帰ると部屋が飾り付けられていた。 リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。 完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。 一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。 三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。 そして、完治はリカが突然辞表を出したと和賀(眞島秀和)に聞き、一番に相談してもらえなかったことにショックを受け、気持ちをリカにぶつけるのだが…。 「すれ違う想い」 完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「ニューヨークに行く」と突然伝えられ、困惑する。 だが、完治は行かないでほしいという気持ちを抑え、リカの意志を尊重するべく、送り出すことにする。 会社を辞めたリカは出発までの間、完治の家で一緒に暮らすことに。 そんな折、完治は責任ある仕事を任され、チャンスを手にする。 一方、三上(清原翔)は父親の訃報を聞き、葬儀に出席するため実家の愛媛に帰るのだった。 母親から父親の本当の気持ちを伝えられた三上は医師になる決心をする。 そして、そんな三上を心配したさとみ(石井杏奈)は完治に三上を飲みにでも誘ってあげてほしいとお願いするのだが…。 「遠く離れても」 完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「リカは自分の事しか考えていない」と思わず言ってしまう。 リカは「ニューヨークに行く! 」と言い残し、完治の家を飛び出した。 完治はリカを探しあて、なんとか仲直りをして送り出すことが出来た。 一方、三上(清原翔)と別れたさとみ(石井杏奈)は、急遽来れなくなったトキコ(手島実優)の代わりに完治を映画に誘う。 気分転換に誘いを受けた完治だったが、映画館で三上と長崎(高田里穂)に出くわしてしまい…。 「秘密」 完治(伊藤健太郎)は突然帰ってきたリカ(石橋静河)に困惑していた。 リカは以前のように完治にずる休みをしてデートしようと提案するが、完治はリカを避けるようになっていた。 ある日リカは、さとみ(石井杏奈)にNY土産を渡しに会いに行くが、そこで完治とキスをしたことを聞く。 リカは完治に「ニューヨークに戻ることになった」と嘘をつき、完治の家を飛び出した。 そして街で偶然和賀(眞島秀和)と再会するのだった…。 一方、三上 清原翔 は長崎 高田里穂 の両親に会いに行き、結婚話を切り出すのだが…。 「ただ、そこにあるもの」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)が妊娠していることを知り、なんで相談してくれなかったのかと問い詰める。 しかし、リカに「急に別れてほしいと言われて、言えるはずがない。 この赤名リカが」と言われ、言葉を失う。 完治は三上(清原翔)に相談するが、一方三上も長崎 高田里穂 から結婚の話はなかったことにしてほしいと言われていた。 やがて、完治は和賀(眞島秀和)から「リカにプロポーズした」と伝えられる。 リカからも「和賀と結婚する」と聞いていた完治だったが、リカが突如姿を消してしまう…。 CAST• 永尾 完治 ・・・ 伊藤 健太郎 愛媛県出身、完治と三上の高校の同級生。 東京の保育園で働いている。 真面目で誠実、常識的で保守的な優等生。 自分では認めたがらないが、高校時代から密かに三上に恋心を抱いていた。 長崎 尚子 ・・・ 高田 里穂• 北川 トキコ ・・・ 手島 実優• 和賀 夏樹 ・・・ 眞島 秀和 STAFF• 原作 ・・・柴門 ふみ• 脚本 ・・・北川 亜矢子• 音楽 ・・・戸田 信子• 主題歌 ・・・Vaundy「灯火」(SDR)• 企画・プロデュース ・・・清水 一幸• プロデューサー ・・・森谷 雄/森本 友里恵• 監督 ・・・三木 康一郎/永田 琴/山本 透• 制作協力 ・・・アットムービー• 制作著作 ・・・フジテレビジョン Twitter.

次の

【酷評】令和版「東京ラブストーリー」第1話のネタバレを含むあらすじと感想や口コミなど!

東京ラブストーリー音楽

公式へどうぞ。 アマゾンプライムは、CMでもお馴染みですが、配達以外に映画やドラマを月額500円で見放題のサイトです。 1か月間は無料でお試しができます。 この FODと Amazon Prime Videoのみで配信されます。 残念ながら地上波では配信されません。 リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。 完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。 一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。 三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。 」 完治に抱き着くリカ 「完治は誰にも渡さない」 完治に黙って、退職届を出してしまったリカ 完治は永尾部長から、初めて聞く 「これから言おうと思ったんだよ」 「話そうと思ってたんだけど、タイミング逃しちゃってさ」 「なんで」 「今の仕事にワクワクしなくなったから」 「他にやりたいことがあるっていったんでしょ?何やりたいことって?」 「教えない」 「いい加減にしろよ!」 「なんで、辞表出す前にちゃんと相談してくれなかったんだよ。 」 「だから、今からそれを話そうと思ってたんじゃん」 「せめて、提出する前に一言ぐらいあったって良かったんじゃないの?」 「でも、もう決めたことだから、事後報告でもいいかなと思ったんだ」 「そういうことじゃなくてさ、なんで大事な事、和賀さんから聞かされなきゃなんないんだよ」 「相談するの好きじゃないんだ」 「大事なことは一人で決めたいの、自分の決断を誰かのせいにしたくないから」 「別に一から十まで相談してくれとは言わないよ。 俺の意見を押し付けるつもりもないし、リカのしたいようにすればいいよ。 ただ俺は、リカが何考えているのか、リカの口から聞きたかったんだよ」 「なあ、リカにとって俺ってなんなの?」 「大事なことは話さないで、今を楽しむだけの関係?だったら、それ、俺じゃなくてもいいんじゃない?」 「完治がそんなにバカだと思わなかった!」と言いながら、クッションを完治に投げるリカ さとみが同僚トキコと 「この人は、自分が傷つかない為なら、どれだけ人を傷つけても構わないんだって」 「私、これ以上自分を傷つけるのを止めなきゃだね」 「ホントだよ、バカ」トキコ カフェフラワーガーデン 三上に呼び出されたさとみ 「携帯届けに行った日も彼女に自分の存在を知らせに行ったの」 「私、結構性格悪いんだよ」 「三上君が思っている様な、素直で従順な女じゃない」 「さとみはいい女だよ」 「一つだけ聞いてもいい?」 「ホテル、あの子といったんだよね?」 「そうだよ」 「でも、神に誓っても手すら握ってない。 」 「だったら、余計にダメだよ」 「さよなら。 三上君」 「さとみ、嫌だ」 「絶対嫌だ!」 腕を振り切って去って行くさとみ 「さとみ!」 三上がリカを誘う 「どうして、ちゃんとさとみちゃんだけをみてあげなかったの」 「甘えてたんだと思う」 「高校の時さ、俺万引きしたんだよ」 「そしたらさとみ、三上君は絶対そんなことする人じゃないってオヤジに啖呵を切ったんだよ」 「あー、こいつ、マジでバカだなー、将来ろくでもない男に引っかかるだろうなって」 「その通りになったじゃん」 「そうね」三上 「自惚れてたんだろうなー」 「世界中が敵に回っても、あいつだけは俺の味方でいてくれるって。 なにやってもあいつは最後まで俺の側にいるもんだと思ってた。 」 「三上君は、そういう人を裏切ったんだよ。 一番信じたい人を信じられなくなって、・」リカ 「さとみちゃん、二度と戻って来ないと思う」 「大好きで仕方なかった三上君が、自分を傷つけるだけの敵になっちゃたんだもん。 」 「さとみちゃんはずっと、今の三上君の何十倍も苦しかったはずだよ。 もう解放してあげなよ。 そのことちゃんと分かってあげて。 それがさとみちゃんに対する最後の愛だよ」 「今ようやくわかったよ。 自分がいかに大馬鹿やろうで、どれだけ大切な物を失ったか・・・・」すすり泣く三上 リカを待っていた完治 「はー、三上君」 「リカに会いに行くって言ってたから、勝手に来た」 「私は、ガチャガチャを回すのが好きなだけで、オモチャが欲しい訳じゃないんだよ」 「へ、ごめん」 「で、何?」 「この前言ったこと訂正しにきた」 「俺じゃなきゃダメだと、リカは俺じゃなきゃダメだと思う。 世界中どこ探したって無駄だよ。 リカは絶対俺じゃなきゃダメ。 」 「俺も絶対リカじゃなきゃ、ダメだから」 「だったら、朝起きたら一番に私の事思い出してよ」 「わかった」 「心の中でおはようっていって」 「おはようって言う」 「日が暮れたら、その日一日の事、全部話して」 「もう、全部話すわ」 「私が呼んだら、真夜中でも会いに来て」 「会いに行く」 「24時間抱きしめて、24時間愛してるって言って」 「それは物理的に無理だけど・・」 リカが完治を平手打ち 「イテっ」 「だったら、そんな調子の言いこと言わないで、私じゃなきゃ絶対だめなんだったら、それくらいできるでしょ。 私はできるもん」 「俺は逃げない・・俺はリカから逃げない!」 「リカは絶対俺じゃなきゃ、ダメだから」 リカが完治に突進して抱きつく 「世界で一番、何よりも愛して」 「分かった」 「死ぬまで一生、死んでからもずっと」 「わかった」 回想 さとみ 三上のデートに買ったダイアナの赤のサンダルをゴミ箱に捨てに行く。 三上 さとみを呼び出した時に、持って行った封筒は婚姻届けの用紙だった。 それを自宅で破る。 居酒屋で 「お前、リカの事ちゃんと捕まえとけよ。 」三上 「あんな面白い女、もう一生出会えないぜ」三上 「よし、決めた。 ニューヨークへ行く」リカ 「え」完治 「アシスタントって?」三上 「ブロードウェイの舞台美術」 「やっぱり、今ワクワクするのはそれだ」 「え、どれぐらい行くの?」完治 「それはわかんないけど」 東京ラブストーリー2020#7ロケ地アクセスも 工房花屋 「カフェフラワーガーデン」で待ち合わせ 三上が婚姻届けを渡せずに、さとみに「さよなら」と言われたカフェ。

次の