馬場 氷川 神社。 alohamakana

高田氷川神社

馬場 氷川 神社

きゅうびとは、 日本、中国に見える狐が化けた女の妖怪。 「金毛九尾の狐」とも呼ばれる。 中国の地理書「山海経」によれば、青弓山という中国の南にある山に住んでおり、赤ん坊のような声で泣き、人を食うという。 日本においては古くは、平和の世に出るめでたい獣とされたが、後世になって、多くの年を経た妖狐とされた。 本体は狐の姿だが、九本に分かれた尾と黄金色の美しい毛並みを持つ。 紀元前千年ごろに妲妃という美女に化けて殷の紂王の妃となり、寵愛をたのんで淫楽に耽り、残忍な行為を多く行い、殷の滅亡の因となった。 その後、インドを経て日本に来ると、玉藻前という美女に化け、寵愛してくれた鳥羽上皇を熱病で苦しめたが、安倍泰成の法力で正体を見破られ、三浦義明に射止められ、下野国那須野に飛び去り殺生石(栃木県那須郡那須町の、那須岳の寄生火山御段山東腹にあり、付近の硫気孔から有毒ガスが噴出する)となったという。 また、その後も殺生石は近づいた人間や動物たちを殺したが、後深草天皇のときに、玄翁和尚が杖で打って、石の霊を成仏させたという。 山、自然、ハイキング、花、旅行、写真、神社仏閣巡り、猫、ハンドメイドetc... お断りします。 無言フォローはスルーさせていただきます。

次の

alohamakana

馬場 氷川 神社

御祭神:素盞嗚尊・奇稲田姫命・大巳貴命 社格:旧村社 URL: 所在地:東京都豊島区高田2-2-18 最寄駅:都電荒川線 面影橋停留場 JR山手線 高田馬場駅 西武新宿線 高田馬場駅 御由緒:創建は貞観年間 859~877年 に大宮氷川神社の御分霊を勧請したことに始まるとされる。 平安時代初期の貴族で六歌仙の一人、在原業平も参拝したと伝えられ、山吹の里氷川宮と呼ばれていた。 鎌倉~室町期には武家の崇敬が篤く、江戸時代に入るとこれに加え商家・職人・農民らにも幅広く信仰され「江戸名所図会」などによれば、氷川大明神と称され旧下高田村(豊島区高田・雑司ヶ谷・目白・文京区目白台)の総鎮守となっていた。 また、主祭神が素盞嗚尊であることから俗に「男体の宮」ともいわれ、奇稲田姫命を主祭神とする旧落合村(新宿区下落合)のの「女体の宮」と合わせ「夫婦の宮」と呼ばれていたという。 1869 明治2 年に氷川神社と改称し、1872 明治5 年11月8日には村社に列せられた。 第二次世界大戦中の1945 昭和20 年4月13日の空襲により、社殿はじめ境内施設と宝物の大半が灰燼に帰した。 1954 昭和29 年に現社殿が再建され現在に至る。 都電荒川線の面影橋停留所が最寄り。 停留所のそばにあり、名称の由来となっている面影橋を渡って道なりに100m超進めば社頭に辿り着く。 鳥居は1790 寛政2 年に鳥羽藩主稲垣対馬守が寄進したもの。 また、境内に入ってすぐ右手に置かれている古い狛犬は1807 文化4 年奉納、参道の石燈籠は1878 明治11 年奉納、手水舎脇の玉垣がいずれも豊島区の登録文化財となっている。 拝殿は珍しく瓦葺。 一方、本殿は覆殿の中にあるため、ようやく流造であることが確認できるのみ。 境内社は三社。 高田姫稲荷神社 豊受大神 ・神明神社 天照大御神 ・道祖神社 猿田彦命 である。 高田姫稲荷神社には岩本神社 在原業平朝臣 、六所神社 伊弉諾尊・伊弉冉尊・天照大神・月夜見尊・蛭児尊・素盞嗚尊 、山祇神社 大山祇命 、藤森神社 舎人親王 の十柱も合祀されている。 高田氷川神社と高田姫稲荷神社の御朱印。 境内左手の社務所にてお願いできる。 兼務社の目白豊坂稲荷神社の御朱印もこちらで拝受可能。 高田氷川神社の御朱印は単体で拝受すると初穂料は500円。 高田姫稲荷神社、はそれぞれ300円。 ただし、この三社を併せて拝受する場合は初穂料1,000円となる。 例祭のある9月限定の御朱印。 「山吹の里 氷川の宮」の文字が金泥に。 このほかにも、毎月時節に合わせた絵柄での御朱印が授与されている。

次の

高田氷川神社

馬場 氷川 神社

片山氷川神社の概要 片山氷川神社は、新座市馬場にある氷川神社です。 片山氷川神社の創建年代等は不詳ながら、片山郷の総鎮守として中世に創建したのではないかといいます。 明治40年、字駒形の村社駒形神社、同境内社稲荷社、字堀ノ内の無格社八雲神社、字同道場の無格社稲荷神社、字堀ノ内の無格社白山神社、同稲荷神社を合祀したといいます。 片山氷川神社の概要 社号 氷川神社 祭神 素盞雄命 相殿 誉田別尊、息長足姫命、高良玉垂命、k倉稲魂命、菊理姫命 境内社 稲荷神社 祭日 例祭4月6日 住所 新座市馬場4-10-25 備考 -• 片山氷川神社の由緒 片山氷川神社の創建年代等は不詳ながら、片山郷の総鎮守として中世に創建したのではないかといいます。 明治40年、字駒形の村社駒形神社、同境内社稲荷社、字堀ノ内の無格社八雲神社、字同道場の無格社稲荷神社、字堀ノ内の無格社白山神社、同稲荷神社を合祀したといいます。 新編武蔵風土記稿による片山氷川神社の由緒 (辻村)氷川社 村の西の臺野火留の境にあり、大門の間一町半ばかり、その内半町程奥に鳥居を立つ、本社は一間に九尺の宮作にて、上屋は二間に三間あり、前に拝殿をたつ二間に三間半、此社鎮座の年代は詳ならざれども古き勧請なりと云、大門の兩脇をはじめ社の三面に、松杉の老樹櫛比して寂々たり、此村及び原ヶ谷戸・上片山・堀之内五村の惣鎮守なり、古へ村内當社大門の側にありし時持なりしが、今の池にうつされ別當を圓光院にゆづり、今はかの院の持となれり。 (新編武蔵風土記稿より) 新座市教育委員会新座市文化財保護審議委員会掲示による片山氷川神社の由緒 江戸時代に幕府が編纂した地誌書『新編武蔵風土記稿』文政十一年(一八二八)成立には 辻村 氷川社 大門の間一町半ばかり、その内半町程奥に鳥居立つ。 本社は一間に九尺の宮作にて、上屋は二間に三間あり。 前に拝殿をたつ。 左右仁は素盞嗚尊。 この社鎮座の年代は詳らかならざれども古き勧請なり。 大門の両脇をはじめ社の三面に松杉の老樹櫛比して寂々たり。 … と記されています。 この老樹の中でも本殿脇に祀られている樹齢七〇〇年と推定される御神木の老杉は、現在は切株だけ残されていますが、かつてはどの場所からも望むことができる巨木でした。 この辺りの黒目川流域は、古くから鎌倉幕府の支配する土地(国衙領)で、「片山郷」といわれていました。 旧辻村は、その中心に位置し、江戸時代には幕府の御料所(直轄領)でした。 (新座市教育委員会新座市文化財保護審議委員会掲示より) 境内掲示による片山氷川神社の由緒 当社は、さいたま市大宮区高鼻町に鎮座するからの分霊である。 江戸時代の『新編武蔵風土記稿』には「氷川社 村の西の臺野火留の境にあり、大門の間一町半ばかり、その内半町程奥に鳥居を立つ、本社は一間に九尺の宮作にて、上屋は二間に三間あり、前に拝殿をたつ二間に三間半、此社鎮座の年代は詳ならざれども古き勧請なりと云、大門の兩脇をはじめ社の三面に、松杉の老樹櫛比して寂々たり、此村及び原ヶ谷戸・上片山・堀之内五村の惣鎮守なり、古へ村内當社大門の側にありし時持なりしが、今の池にうつされ別當を圓光院にゆづり、今はかの院の持となれり、」 とある。 当地は、中世の片山郷の中心であったといわれ、当社西方の堀ノ内一丁目付近は鎌倉御家人で片山郷の開発領主とされる片山氏が居住した地であると伝えられる。 当社の創立も中世に遡ると考えられる。 本殿は、一間社流造りで、元治元年(一八六四)に社殿が再建されています。 江戸時代までは、当社北東に隣接していたが別当を務めていたが、同寺が移転した為に原ヶ谷戸円光院が務めていた。 社蔵の天明九年(一七八九)の「奉拝礼氷川大明神御宝前」と書かれた木札には「別当円光院住」とある。 この他、天保四年(一八三三)三月の鳥居再建の棟札が残されている。 明治四十年五月二十日、字駒形の村社駒形神社同境内社稲荷社、同年六月十四日、字堀ノ内の無格社八雲神社、字同道場の無格社稲荷神社、字堀ノ内の無格社白山神社、同稲荷神社を合祀した。 (境内掲示より) 「埼玉の神社」による片山氷川神社の由緒 氷川神社<新座市馬場四-一〇-二五(片山村字宮前)> 鎮座地である馬場の地名は、元来は辻村の小字の一つであった。 旧辻村の辺りは中世の片山郷の中心であったといわれ、当社西方の堀ノ内一丁目付近は鎌倉御家人で片山郷の開発領主とされる片山氏が居住した地であると伝えられる。 この辺りにはほかに、鎌倉期に既に時宗の道場として知られていた古刹・や、明徳三年(一三九二)の開基を伝えるがあり、当地の古い開発を裏付ける。 当社の創立も中世にさかのぼると考えられ、片山郷の惣鎮守として祀られたものであろう。 社蔵の天保四年(一八三三)の大島居再建棟札には地頭の桜井庄之助を始め、原ヶ谷戸・上片山・堀ノ内五村(ママ)の惣鎮守なり」と載る。 別当はかつて当社北東に隣接していたが務めていたが、同寺が移転したためにいつのころにかその職を原ヶ谷戸村円光院に譲ったと伝える。 社蔵の天明九年(一七八九)の「奉拝礼氷川大明神御宝前」と書かれた木札には「別当円光院住」と見える。 当社内陣に素盞鳴命像と共に納まる如意輪観音像は別当により奉安されたものであろう。 (「埼玉の神社」より)  片山氷川神社の周辺図 片山氷川神社 .

次の