ラッキー エビス 画像。 … 『鳥正』。』by ©Loro : 鳥正

【楽天市場】レアなお酒 > ラッキーエビス:MOAI

ラッキー エビス 画像

右手に釣り竿を持ち、左手で鯛を抱える、恵比寿様。 七福神の一柱として知られる福の神です。 さて、いかにも縁起の良いこの ヱビスビールのパッケージには、さらにおめでたさ倍増の、隠れバージョンが存在することをご存じでしょうか。 ビール好きの間で、都市伝説のように語り継がれる、ヱビスの激レアシークレットラベルのお話を本日はお届けしましょう。 実在する都市伝説。 ラッキーヱビスとは? ヱビスビールのシークレットラベル、その名も「ラッキーヱビス」は実在します。 上の写真は通常ラベルと、ラッキーヱビスの比較ですが、カゴ部分にご注目ください。 通常のヱビスビールのラベルに登場する恵比寿様は左脇に鯛を抱えていますが、ラッキーヱビスの場合、背後のカゴに、もう1匹鯛が入っているのです。 実におめでたいデザインですが、目をこらさねば見逃してしまいそうです。 幸運を見つける秘訣は、「注意深く観察すること」に他なりません。 缶、ではなく瓶。 ご家庭や飲食店で、瓶のヱビスビールを楽しむ際は、まずラベルに注目するのが、ラッキーヱビスに出会うためのたった一つの道なのです。 遭遇確率は、なんと数百分の1! さて、ラッキーヱビスは通常、偶然にしか出会うことのできないレアアイテム。 ヱビスビールを取り扱う飲食店で、「ラッキーヱビスください」とオーダーしても決して提供されることはありません。 それもそのはず。 このラッキーヱビス、通常は瓶のヱビスビール数百本に1本の割合でしか存在しません。 さらに、全国のどの販売店、飲食店にあるかなどその所在は一切分からず、まさに出会えたらラッキーな恵比寿様なのです。 ちなみに、スタンダードな金のラベルのヱビスビールだけでなく、プレミアムロースト麦芽がもたらす芳醇な香りが楽しめるヱビスプレミアムブラックにもラッキーヱビスは存在します。 瓶でヱビスを楽しむ際は、種類を問わず目を皿のようにして、ラベルを注視すべし! 人に教えたくなるちょっと贅沢な気分 1998年に始まったこのラッキーヱビス。 見るからに、ちょっとハッピーな気分になれるこのラベルは、現在SNS上でもその発見報告が後を絶ちません。 見かけたらついつい人に自慢したくなる、ラッキーヱビス。 以前でご紹介した、恵比寿駅より徒歩8分の『ヱビスビール記念館』のエントランスにある、 数百本のヱビスビールの缶で作られたオブジェ(上写真)には、1本だけラッキーヱビスが隠されているのです。 超レアなラベルをその目でご覧になりたい方は、ぜひヱビスビール記念館まで。 見学だけなら無料で入館可能です!.

次の

オリジナル壁紙

ラッキー エビス 画像

「ラッキーヱビス」は瓶のみ。 缶には存在しません 出典: サッポロビール提供 なぜ恵比寿様なのか サッポロビールの前身「日本麦酒醸造会社」が1890年に売り出した「恵比寿ビール」。 まもなくして東京を代表するビールになりましたが、1943年にビールが配給品に。 いったん商標が消えたものの、1971年に「特製ヱビスビール」として復活して今に至ります。 発売当初からラベルに描かれている恵比寿様。 命名の由来について、ブランド戦略部ビール第2グループ課長代理・内藤奨さんはこう説明します。 「日本全体が繁盛し、豊かになる願いを込め、商売繁盛の神様でもある恵比寿様にあやかりました」 ちなみにサッポロビールの本社がある東京都渋谷区恵比寿という地名は、ヱビスビールに由来しているそうです。 ヱビスビールの大瓶のラベル。 左が通常品、右がラッキーヱビス 出典: サッポロビール提供 ラッキーヱビスとは そんなヱビスビールに「ラッキーヱビス」が登場したのは1998年。 通常、ラベルに描かれている鯛は1匹ですが、ラッキーヱビスは背後のカゴにも鯛がいます。 SNS上などに定期的に発見の報告が上がるこのラベル。 「恵比寿様が持つ『めでたい』というイメージを活用し、お客様にもっと楽しんでいただければ、という遊び心から始めました」と内藤さん。 気になる確率は「数百分の1」とのこと。 過去には缶でも実施したことがありますが、現在は瓶のみです。 スタンダードな金のラベルのヱビスビール以外に、「ヱビス プレミアムブラック」にも存在するそうです。 確実に見ることができる場所.

次の

鯛が2匹なら縁起がいい? 「ラッキーヱビス」に遭遇できる確率は…

ラッキー エビス 画像

いよいよ暮れも押し詰まってきましたね。 今朝はちょっとだけ店の掃除と、 帰ってから自宅の掃除をして、 あとはのんびりしております。 まったりしておりますと、 なんだか飲みたくなってきますが、 暮れの大晦日とお正月だけは、 明るいうちから飲んでもかまわない。 などと決めておりますので、 先日、ご常連のH様から頂戴した、 エビスビールをプシュッとしました。 お正月用のおめでたいパッケージですね。 めで鯛エビスビールが、さらにおめでたい装いです。 道具屋オヤジはエビスビールが大好きで、 深いコクがあってとてもうまい、 と思っておりますので、 エビスがあるときはこれを飲んでおります。 それにエビスビールは釣り人にとって、 とても縁起がよいデザインです。 えびす様が右手で釣竿持って、 釣った鯛を左手で抱える。 こんな素晴しいデザインのビールって、 世界中の何処を探しても出てこないでしょう。 エビスビールはいわば、 釣り人ご用達のビールです。 ————————- ところでこれはエビスビールの醸造元、 ですが、 ラッキーエビスというものがあって、 左の画像のように、 えびす様の鯛がもう1匹増えているものがございます。 ラッキーエビス ただ、 ラッキーエビスは缶ビールにはなく、 瓶ビールに存在するラベルで、 出会う確率は数百分の一とか。 けっこう珍しいラッキーエビス様ですが、 かって一度だけお目にかかったことがございます。 というのも、 常連のF様のお友達が、 名古屋市内の栄で料理屋さんを経営しておられて、 たまたまお正月が近かった時に伺って、 何か縁起の良いものでもと振ってみたところ、 取り出してこられたのがラッキーエビス。 料理屋さんでもめったにお目にかかれない、 ラッキーエビスですといわれて、 栓を抜かずにそのまま持ち帰って、 自宅でおめでたい時に飲みました。 味はもちろん普通のエビスビールと変わりませんが、 特別な日に飲んだせいか、 特別に美味しかった記憶があるのですが、 まぁ、今から10年以上も前の話ですので、 味わいの記憶は定かではなく、 珍しいエビス様として覚えております。 で、それ以降は一度もラッキーエビス様に お目にかかったことがございませんので、 やはり出会う確率は少ないものでしょうね。 もっとも、 エビスビールを買うときは、 ついつい缶ビールに手が出てしまうので、 来年はぜひ、瓶ビールを飲んでみたいと思います。 見事にラッキーエビス様に出会ったら、 爆釣祈願の成就、 皆様にもお裾分けで、 画像をご紹介申し上げましょうね。 明日のお正月も、 めで鯛エビスビールで乾杯。 来年もどうぞ釣れますように…。 —————————— -蛇足- ちなみにこれはラッキーエビス缶の画像ですが、 かってエビスビール120周年記念で、 2010年に限定缶が発売されたそうです。 ラッキーエビス缶 あいにく入手することができなかったのですが、 もう一度、やってくれませんかねぇ。 ぜひ購入したいと思うのですが…。 カテゴリー, タグ, 投稿ナビゲーション.

次の