縮 毛 矯正 セルフ。 【縮毛矯正の失敗】ビビリ毛になってしまった人へ

【縮毛矯正の失敗】ビビリ毛になってしまった人へ

縮 毛 矯正 セルフ

『ストレートパーマや縮毛矯正を市販の薬剤でやってみようと考えている人は絶対やめた方が良い!必ず失敗します!』 オススメの市販のストレートパーマ・縮毛矯正剤は・・・?とか、効果は・・・?とか教えてGooなどに質問されていますが 言っておきます!!自分でやったら確実に髪は死にます(笑)髪が傷むだけで後で後悔するだけです! 本記事では、これから市販のストパや縮毛矯正の薬剤を使用して自分で挑戦してみよう~!なんて思っている方に なぜ?市販のストレートパーマ、縮毛矯正をしてはダメなのか?どんな効果があって具体的な失敗例をあげながら説明したいと思います。 市販のストレートパーマや縮毛矯正をすると、髪が傷むだけで後で必ず後悔するハメになる! 私たち美容師は、美容学校でこう教わりました。 『絶対に、市販で販売されている〇〇ゼルでパーマ液やストレートパーマ、縮毛矯正剤を使用してはいけませんと・・・・!』 それだけ、薬剤にパワーがあるということです。 髪の専門家である美容師でも扱えないということは、素人は絶対使ってはダメってことになります。 ですから、とくに素人の方にはオススメできないのです。 市販のストレートパーマ、縮毛矯正と美容院の ストレートパーマ、縮毛矯正の違い 基本的に美容院の縮毛矯正とは、パーマの1剤で髪を軟化(柔らかく)させて、150度~180度に熱したアイロンでプレスすることでくせ毛を真っすぐにするパーマのことです。 美容院のストパと縮毛矯正の違いについてはここでは割愛させて頂きます。 詳しく知りたい方はこちらの記事 一方、市販で販売されている縮毛矯正は、薬剤をコーム、ハケ(櫛)など使用して塗ってコームスルー、クシでとくだけです。 市販の縮毛矯正の薬剤と美容院の薬剤は 『似て非なるもの』ってことです。 (市販のストレートパーマ剤にしても、同じことが言えます) 市販で販売されている縮毛矯正を使用したところで、美容院でするような真っすぐには決してならないんですよね。 施術方法が全然違うのですから。 めちゃくちゃ後悔してました(笑) 髪が太くて硬い方、ヘアカラーやパーマをかけてない場合などは多少はくせ毛が伸びる可能性はありますが、一時的なものだと思っておいてください。 日にちが経てば、 『1週間もしないうちに、またくせがでてくる』かと思います。 』 でも、 『どうしても、出来るだけ髪を切らずに何とかしたい!!』って思っている方もいると思うので 一応、方法を教えちゃいます! (注意: この方法はかなりハイリスクになります。 髪が切れてしまう可能性があるのであまりオススメはできませんが自己責任でお願いします ) 『 もう一度、美容院で縮毛矯正矯正もしくは、ストレートパーマをする。 』 かなり高度な技術が要求されますので、出来ることならば、こういったビビり毛を専門で治してくれるサロンを探すと良いです。 ビビりなどを改善する薬剤を扱っているサロンもちゃんとありますので安心してください。 ビビりを治す専門店以外でされる場合は、めちゃくちゃキャリアがあって毛髪診断がきっちり出来るベテランの美容師さんに治してもらうと良いと思います。 ビビり毛を、少しくらいは改善できるかもしれません。 やっぱり、私たち髪の専門家の意見を参考にして欲しいものです!! 市販のストレートパーマや縮毛矯正は自分ですると、ほとんどは失敗に終わります。 1度、失敗したら取り返しがつかないことになるということを覚えておいてほしいです。 後で確実に後悔します!!.

次の

市販の縮毛矯正剤おすすめ人気ランキング10選【さらさらのストレートヘアに!】

縮 毛 矯正 セルフ

もくじ• 縮毛矯正はもちろんやめることができます。 ですが、 縮毛矯正の施術をやめた瞬間に卒業できるわけではありません。 何故かというと、縮毛矯正をかけるのをやめても、髪にはまだ縮毛矯正で真っ直ぐにした部分が残っていますよね。 完璧に卒業するためには、縮毛矯正をかけた部分が完全になくならなければなりません。 全てが地毛になって、やっと「卒業」と言えるわけです。 個人差もありますが、縮毛矯正を卒業するために必要な期間は大体1年~2年半くらいです。 髪の毛は1か月に約1cmしか伸びません。 そのため、髪の毛全体が地毛になるためには、結構時間がかかるものなんですよ。 なので長期的なスパンで考えることが大事になります。 ちなみに髪型によっても、期間は変わってきます。 以下は目安になりますが、参考までにご覧ください。 伸ばしながら少しずつ切っていく• 求める長さまで地毛が伸びるまで待ち、バッサリ切る• 最初にバッサリ切ってしまい少しずつ伸ばしていく どの方法が良いのかは、人によります。 元々髪の毛が長くて「髪を短くしてもOK」という方であれば、最初にショート~ボブくらいにバッサリと切ってしまうのもありです。 でも「あまり短くしたくない」のであれば、少しずつ伸ばしながらカットする方法や、希望の長さまで髪が伸びてから切る方法の方が良いでしょう。 それから、 縮毛矯正をやめようとしている最中はパーマをかけないようにしてください! パーマをかけると傷みますし、現在の髪の状態が分かりにくくなってしまうからです。 縮毛矯正をやめたいお客様のbefore&after 僕の美容院にも、縮毛矯正をやめたいというお客様が多くいらっしゃいます。 縮毛矯正から解放されたい」ということでご来店いただいたお客様です。 髪を結んでご来店されたので、beforeは結び目の跡がついてしまっています。 こちらの方は根元部分が地毛 くせ毛 で、中間から毛先は縮毛矯正でストレートになっています。 毛先のパサつきも目立ちますね。 パリッと真っ直ぐになっていた部分をカットして、ナチュラルなミディアムヘアにさせていただきました。 トリートメントはしていませんが、パサパサしていた部分を切ったので、髪の毛の状態も良くなったように見えますよね。 また くせ毛と自然に馴染むように、最後にコテで軽く毛先を巻いています。 このようにコテでゆるくカールをつけてあげると、縮毛矯正済み部分とくせ毛部分が良い感じに馴染むのでおすすめですよ! 後ろから見るとこのような状態になっています。 真っ直ぐになりすぎているため、縮毛矯正をかけた部分と伸びてきたくせ毛の部分の境目が結構分かりやすい状態になっています。 そこで立体感のあるショートヘアにカットさせていただきました。 メリハリのあるスタイルにしたので、境目が目立ちにくくなっていますよね。 また 襟足に癖があるので、あえて外ハネにすることによって完成するデザインにしています。 癖はこのように活かしてあげると、スタイリングも楽ですよ。 最後はプリュムワックスでセットしています。 縮毛矯正をやめたい方におすすめのスタイリング方法 縮毛矯正をやめている最中は、どうしても扱いにくい状態になってしまいます。 理由は、 くせ毛の部分と縮毛矯正をかけた部分が混在してしまっているからです。 扱いにくい状態なのは仕方がないことなので、カットやスタイリングで少しでもおしゃれに見せるよう工夫しましょう! 正しくカットすることが一番大事ですが、スタイリングをしっかり行うことも大切です。 まず髪になにもつけない状態だとどうしてもパサパサしたりまとまらなかったりするので、必ずスタイリング剤をつけてください。 おすすめは、スタイリング力が高いワックスになります。 特に髪を固めすぎずやわらかく見せてくれる、 トリートメント系ワックスが望ましいですね。 このようにワックスをつけてセットしてあげるだけでも、くせ毛をパーマのようにきれいに見せることができるんです。 縮毛矯正をやめるために頑張っている方なら、プリュムワックスをつけてから毛先を軽くコテ巻きしてあげるのもおすすめですよ。 ワックスを先に使うことでコテの熱から髪を守ることができますし、軽く巻くことでふんわりとした女性らしい雰囲気と軽やかさを出すことができます。 このようにプリュムワックスを使うようになってから、縮毛矯正を卒業することができたという方もいらっしゃいます。 ツヤもしっかり出るワックスなので、地毛をきれいに見せることができますよ。 パサつきやすい髪でお悩みの方も、使ってみてください。 地毛をきれいに活かすにはヘアケアも重要 せっかく縮毛矯正をやめて地毛を活かすことにしたのなら、できるだけきれいに見せたいですよね。 そのためには 正しくヘアケアを行うことがとても重要です。 シャンプー&トリートメントは品質が良いものを選ぶ 毎日使うシャンプー&トリートメントは、しっかりこだわって選んでいただきたいです。 特にシャンプーは、ものによっては配合成分の関係で、使えば使うほど髪が傷んでくるものもあります。 ですから、僕は自分のお店で使うシャンプーは自分で開発した、安心して使えるものを使っています。 シャンプーを選ぶ上で特にチェックしてほしいのが 「洗浄成分」です。 アミノ酸系洗浄成分のみが使われている優しすぎるシャンプーも、大人が使うにはあまり適切ではありません。 優しいシャンプーは確かに頭皮への負担は少ないんですが、洗浄力が穏やかすぎるとスタイリング剤や髪の汚れなどをしっかり落としきることができないんです。 スタイリング剤などが髪の残ったままになっているのは当然良くありません。 なので、適度な洗浄力は必要なんですよ。 強すぎても弱すぎても駄目なんです。 手前味噌で恐縮ですが、僕が開発しているシャンプー「プリュムシャンプー」は、適度な洗浄力でお作りしているシャンプーで、幅広い方におすすめできます。 かなりご好評いただいているシャンプーで、売り切れになってしまうことも多いです。 現在は詰め替えタイプの先行予約を受け付けております。 このようにくせ毛の方にもお使いいただいています。 乾燥&熱ダメージ対策にアウトバストリートメントを使う 縮毛矯正をかけたことがある方の中には「ダメージが気になる」「傷んでいてパサパサする」という方も少なくないと思います。 縮毛矯正のように強い薬剤を使う施術は、どうしても髪の毛の負担が大きいです。 繰り返しかけている方の場合、かなり傷んでしまっていることもあります。 傷んでいない場合であっても、そもそもくせ毛は乾燥しやすい髪質です。 なので少しでもパサパサ感を抑えるために、シャンプー後にはしっかり保湿するようにしてください! お風呂から上がったら、ドライヤーで髪を乾かす前にアウトバストリートメントを使いましょう。 特に、水分を含まないヘアオイルが良いですね。 地毛を伸ばしている期間は、美容院でのトリートメントなどのヘアケアはいりません。 ホームケアだけで十分ですよ! ヘアケア方法が良く分からないという方は、以下の動画をぜひ参考にしてください。 ここで、メリット&デメリットについて改めて考えてみましょう。 かなりの時間を消費する&繰り返しかけなくてはいけない• 頭の形をカバーするのが難しい• 髪の毛が傷む• 髪型や髪色の選択肢が少なくなる ちなみに僕は縮毛矯正を繰り返しかけることは髪にも良くないし時間もかなりかかるため、基本的にはあまりおすすめしていません。 なので僕の美容院には現在縮毛矯正のメニューはないですし、できる限り縮毛矯正を卒業したいというお客様の力になりたいと思っています。 ですが、 縮毛矯正を完全に否定しているわけではありません。 なりたいスタイル的に縮毛矯正をかけた方や良いケースだってありますし、最終的にはその人次第です。 例えばブリーチ必須のハイトーンカラーは髪も傷むしモチも悪いですが「それでもいいからハイトーンカラーにしたい!」と思う方は、誰が何と言おうとハイトーンカラーにしますよね。 それと同じです。 なので縮毛矯正をするかしないか、やめるかやめないかは、極論「どっちでもいい」んです。 後悔のないように、自分にとって良いと思う選択をしてください。 縮毛矯正をやめるか悩んでいる方へ 縮毛矯正をやめたいけど一歩踏み出せない方や、本当にやめて良いのか迷っている方もいると思います。 もしなかなか決心できないのであれば、美容師に相談してみるのもありです。 もちろん僕でも良いし、現在担当してもらっている美容師でも良いです。 相談する場合は、以下のポイントを美容師に伝えましょう。 癖の強さ• 髪が濡れているときの状態と乾いているときの状態• 縮毛矯正をやめてどんな髪型にしたいのか(画像があると良い)• 約2年間の施術の履歴(カラー・縮毛矯正・パーマなど) 縮毛矯正をやめるには時間がかかるので、動き出すなら早めが良いです。 少しでも「やめようかな?」と思っているなら、一度相談してみましょう。 もちろん相談した上で「やっぱり縮毛矯正をかけ続けたい」と思うなら、それでも良いと思います。 最終的に判断するのは自分なので、後悔がないようにじっくり考えてくださいね。 まとめ 今回は縮毛矯正をやめたいと思っている方に向けて、やめるまでの期間やプロセスについて解説しました。 少しでも、縮毛矯正を卒業したいと思っている方の参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました! 電話番号:03-6447-4500.

次の

男(メンズ)の縮毛矯正がきもい!?天パやカッパになるからやめろ!

縮 毛 矯正 セルフ

縮毛矯正をかける最高のタイミングは 縮毛矯正をかけるのに、もっとも理想的なタイミングは『 梅雨の前にかけられるように合わせる』ことです。 梅雨はとても湿度が強い季節。 髪の毛が湿気を吸ってしまい、クセが出てうねり、まとまりにくくなる時期でもあります。 しかし、縮毛矯正をかければ湿気の多い梅雨でもストレートアヘアで過ごすことができます。 ただ、縮毛矯正は髪の毛への負担がとても大きいパーマメニュー。 かけ直しの期間が短すぎると傷みすぎてしまうこともあるので、「もうすぐ梅雨がくるのに、少し前にかけたばかりだから美容師さんに止められた!」なんてことがないように、タイミングを合わせることはとても大切です。 3ヶ月 4ヶ月 6ヶ月の間隔が梅雨に合わせやすい 梅雨前にピッタリのタイミングで縮毛矯正をかけるには、3か月4カ月6カ月置き。 一年の「12」で割り切れる数字がタイミングを合わせやすです。 12で割り切れる数字でかければ、一年後縮毛矯正をまた梅雨前にかけることができるからです。 梅雨が本格化するのは大体6月の後半。 ということは6月中に縮毛矯正をかけるとすると、 3ヶ月置きの間隔でかけるひとは 9月 12月 3月 そしてまた6月と丁度良くかけることができます。 4ヵ月おきなら、10月 2月 そして6月 半年おきなら 12月と6月 このように定期的にかけることができます。 多少前後してもいいと思いますが、目安を決めておけば自分のなかでかけ直すタイミングを決めやすいですよ。 梅雨の時期は全国異なる 6月に梅雨が来るのは、日本の本州です。 沖縄などは5月の前半に梅雨入りしてしまう年もあり、北海道には梅雨がないとも言われています。 それぞれの地域でタイミングを合わせやすいように早見表を作りました。 地域別、梅雨&縮毛矯正タイミング表 みなさんの住んでいる(日本国内)で地域ごとに梅雨入りするタイミングを表にしました。 みなさんの縮毛矯正の頻度で照らし合わせて確認してください。 3カ月、4カ月、6カ月置きに縮毛矯正をかけ直す人別に、何月にかければいいのかを書いてあります。 代わりに『蝦夷梅雨』という10~15日程度雨が続く時期がありますが気象庁に梅雨として認められていないようです。 梅雨前線とは関係なくオーホツク海高気圧の関係で変わるので、やや前後すると考えてください。 雨が続いて湿度が高くなる時期ということで表に書かせていただいています。 この表に書いてある時期に縮毛矯正をかけることで、広がりにくい髪で生活できるようになりますよ。 縮毛矯正のは頻繁にかけられない 「タイミングなんて関係ない!!梅雨前にかけたいときにかけるから気にしない!」 「お客さんがかけてって言っているんだからかけてよ!」 という気持ちもわかります。 しかし、縮毛矯正は髪の毛の傷みのことを考え、短すぎる間隔でかけ直すことができないのです。 例えば、4月に縮毛矯正をかけたとします。 5月になって少し根本が伸びてきてかけ直そうとしたら美容師さんに「伸びている毛が短すぎるから」と断れた… なんてこともあるのです。 縮毛矯正の目安は短くて2~3か月 縮毛矯正をかける最短の頻度の目安は「2~3か月」です。 2~3か月以上経てば、ほとんど問題なくかけ直しができます。 縮毛矯正はどうして頻繫にできないの? 縮毛矯正を短い期間でかけられない理由は、髪の毛への負担が大きくなってしまうためです。 イラストを使ってわかりやすく説明しますね。 このイラストは「毛束」だと考えてください。 上の方が頭皮のある根元側で下の方が毛先を表しています。 縮毛矯正をかけるときは、 このイラストのように根元1cmを空けるように塗ります。 (水色部分が縮毛矯正の薬剤です) 縮 毛矯正は根元からキッチリかけるのではなく、必ず0. 5mm~1cmぐらいあけて行います。 根元からベッタリ塗ってしまうと、頭皮の部分の毛がくの字に折れたような失敗が起きてしまうからです。 ~3ヵ月後~ 縮毛矯正をかけてから3か月経ったとします。 髪の毛は1か月大体1cm伸びるので、地毛が3㎝のびてきます。 すると、 このイラストのような髪の毛の状態になります。 (水色部分は縮毛矯正がかかっているところ) 根元は地毛が伸びていて、毛先は縮毛矯正がかかっている。 こんな髪の毛になります。 縮毛矯正をかけ直すときは、新しく生えてきた部分と、すでに縮毛矯正されている部分で薬の種類を変える必要があります。 新しく生えてきた部分にはしっかりかけるように強い薬を。 縮毛矯正がかかっているところは傷まないように弱い薬を使います。 ということは、次は このイラストのような薬の付け方になります。 (水色は強い縮毛矯正の薬。 緑の部分は弱い薬) もしも根本がほとんど伸びていないと、水色の部分だけに付けなければいけない縮毛矯正の薬が緑色の部分にもついてしまうことになります。 縮毛矯正がすでにかかっているから、本当なら弱い薬をつけなければいけないのに強い薬がついてしまう=髪の毛が傷んでしまうということになるので頻繁にかけ直し出来ないのです。 できる頻度は美容師さんによって違う 一般的におススメされているのは短くても2~3か月おきです。 しかし、美容師さんの中には「薬をつけるのに自身があるから1ヵ月置きでも大丈夫だよ!」という人もいます。 このあたりは技術力のの違いになってしまうので、短くて2~3か月はおススメであって絶対ではないということです。 担当美容師さんに髪の毛の状態をみながら相談するのが一番いいでしょう。 失敗したときに直しもかけられないの? 時には縮毛矯正がうまくいかず、「クセが残った」「チリチリになった」などの経験をされた方もいるはず。 そこで「かけ直ししてもらいたいのに、すぐにかけると傷むから直せないの?」という場合について紹介します。 縮毛矯正がうまくいいかなかったケースは大きくわけて• かかりが弱くてクセが残っている• かかりが強すぎて髪の毛がチリチリになってしまった の2種類です。 かかりが弱かった場合 縮毛矯正をかけたのに、クセが残ってしまっているの。 これは、クセ強さに対して弱い薬だったのでかかりが弱かったのが原因です。 かかりが弱かったということは、まだかけられる余地があるのでかけ直しができます。 2~3日以内だと日が近いので1週間後ぐらいにかけた美容院でお直しをお願いしましょう。 技術的な失敗は、ほとんどの美容院で1週間以内なら無料で直してくれるはずです。 (長いところで2週間) 予定の兼ね合いや、お店の予約の関係もあるので早めに電話して、直しの予約を入れることをおススメします。 かかりすぎてチリチリになってしまった場合 かかりすぎてチリチリ、ゴワゴワになってしまった髪の毛のかけ直しは正直なところ難しいです。 チリチリなってしまったのは、髪の毛が薬の強さに耐えられず形を保てなくなってしまったためです。 無理にかけ直そうとして縮毛矯正をかけると、さらにヒドイ状態になる可能性が大。 トリートメントなどで手触りや引っかかりにくくするケア。 そして毛先を切るなどをして手触りの改善を考えるのが一番安全です。 絶対に直せない。 というわけではなく、チリチリになってしまったゴワゴワ毛を直すのが得意な美容室もあります。

次の