口臭 なくす 方法。 口臭をなくす方法わかりますか?

玉ねぎの口臭を消す方法と翌日に臭いを残さないポイント

口臭 なくす 方法

口臭を消す方法 「口臭を消す方法」というと、口臭で悩まれている方であれば胡散臭く感じると思います。 それは、口臭を消すために、今まで色んな方法を試しても効果がなかったからではないでしょうか。 誤解のないように申しますと、今回ご紹介するのは「緊張時の口臭」を消す方法についてです。 歯周病などの歯科疾患や耳鼻科・内科疾患など病的な口臭の場合は、根本原因を治さないと口臭を消す(予防する)ことはできないでしょう。 しかし、一般的に多いのは、 普段は口臭がしていない(歯科でも問題ない)けれど、会話の時に発生する口臭です。 緊張すると口臭が起きるのは、無口になることが原因です。 口を閉じると、口臭原因となる嫌気性菌が増殖し揮発性硫黄化合物が産生されます。 そして、緊張によって口腔乾燥がおこり口臭ガスが発生するのです。 口臭を消そうと思っても簡単には消せないのは、そういう理由だからです。 だからといって「口臭を消す」ことをあきらめる必要はありません。 どのようにするかと言うと… 口やのどにたまっている口臭ガスを外に出す、汚れた唾液を新鮮な唾液に入れ替える、そして、口腔を保湿する。 この3つで口臭を消すことが可能になるのです。 今回の記事は、簡単に口臭を消すことで自分に自信を持っていただこうと思って書いています。 緊張した時の口臭でお困りでしたら是非ご参考にしてください。 この記事の目次• 口臭の原因 口臭を感じる 口臭(におい)は自分では、中々分からないものです。 自分の口臭の強さは主観が入ったり、慣れがあったりするので、自分で判断するのは困難です。 本院の口臭外来では、検査によって、「歯科医師が息を嗅いで悪臭を感じる場合や、息の中に口臭物質が高い濃度で含まれている場合」に「口臭がある」と診断します。 引用: 口臭は、口やのどから発生するガス(臭気)です。 発生した口臭ガスは口腔にたまっているのですが、会話などで口を開けた時に口臭が口の外に出ます。 (一部の口臭は、のどから鼻を抜ける) 外に出た口臭を鼻に吸い込むと自分でも口臭を感じますが、のどから鼻に抜けるニオイによっても自分の口臭を感じます。 口臭の発生する原因 (口臭測定では)揮発性硫黄化合物のうち、特に口臭の主成分である硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジメチルの(ジメチルサルファイド)の濃度を測定します。 それぞれどの成分の濃度が高いかによって口臭の原因の傾向が異なってきます。 引用: 口臭は様々な原因で発生しますが、その中でも多いのは口やのどの嫌気性菌が産生する揮発性硫黄化合物によるニオイです。 揮発性硫黄化合物は、卵が腐ったような臭いの硫化水素、野菜の腐ったような臭いのメチルメルカプタン、ごみ臭のメチルサルファイドなどからなります。 加齢や全身的な病気の治療のための薬の影響で唾液が出にくい人もいます。 引用: 嫌気性菌は、酸素(唾液中の酸素)の少ない、歯肉溝、歯周ポケット、舌乳頭のすき間、口蓋扁桃のいんかなどに繁殖します。 そして、口臭原因になる嫌気性菌の繁殖をコントロールしているのが 唾液なのです。 口臭の発生要因 注意したいのが脱水や唾液の分泌の減少による口の中の乾き。 口腔内が乾くと、においを発生させる雑菌が繁殖しやすくなり、口臭につながります。 引用: 唾液と反対に、揮発性硫黄化合物の産生を助けているのが口腔乾燥(舌など粘膜の乾燥)で、食いしばり癖による口腔容積の減少、口呼吸、唾液量の減少が口臭の原因となります。 また、過剰な歯磨きや舌磨き、刺激の強いマウスウォッシュの使用、不規則な生活、不適切な食習慣があると嫌気性菌の増殖を招き口臭原因となります。 他にも、花粉症やアレルギー性鼻炎が粘膜の防御機能を低下させ口臭原因となる菌を増殖させる要因となることも。 そのことが、口腔乾燥にしてしまい嫌気性菌を増やすことになってしまうのでご注意ください。 引用: 会誌「口臭症患者における舌診初見の分析」 口臭を消す方法 勘違いしてはいけないので始めにお伝えしますが、口臭原因には病的や精神的なものがあります。 そのような口臭の場合には、根本原因から対策しないと口臭を消すことは不可能です。 (一時的に口臭を軽減することはできるかもしれませんが。 ) この記事ではそのような口臭ではなく、誰にでもある生理的口臭で緊張時におきる口臭の予防法についてです。 (生理的口臭は)誰にでもあるにおいで、起床直後 起床時口臭 、空腹時 飢餓口臭 、緊張時 緊張時口臭 は特に口臭は強まります。 引用: 関連記事 口臭原因のまとめ 先ほど口臭の原因についてお伝えしましたが復習すると、こういうことです。 口臭に不安があると無口になり口腔乾燥を起こす• 口臭原因となる嫌気性菌が増殖• 嫌気性菌が揮発性硫黄化合物を産生• 口腔乾燥によって唾液の水分が蒸発しガス(臭気)が発生する• 閉じている口内やのどに口臭ガスがたまる• 会話を始めたときに口臭ガスが口の外に出る これを見ると、「わたしもそう!」と変に納得してしまいませんか? 口臭を消すためのポイント 不安と緊張によって、たいていの人が口臭を発生させます。 それでは、どうすれば緊張時の口臭を消すことができるかというと、まとめるとこうです。 口内やのどにたまっている口臭ガスを排出する• 汚れている唾液(揮発性硫黄化合物が溶け込んでいる)を洗浄する• 新鮮な唾液を出す• 口腔乾燥を予防する たったこれだけで(緊張時の)口臭を消すことができます。 口臭を消すための具体的な方法 では具体的にはどのようにすればいいのでしょう。 今から具体的な方法を説明しますね。 うがい うがいは、口内のブクブクうがいとのどをきれいにするガラガラうがいを行います。 うがいによって、口内の汚れや汚れた唾液を洗浄できます。 うがい効果はそれだけではありません。 口を開けて呼吸する度に口臭ガスを吐き出すことができます。 歯磨きを行うと更に口臭予防効果が高まりますが、この時歯磨き粉は使用しないほうが良いです。 使う場合は、無添加歯磨き粉(美息美人のアルカリイオン水)がおすすめです。 ガムを噛む シュガーレスガムを30分ほど噛みます。 (舌で転がすだけでも良いです)ガムを口で転がすことで唾液の分泌を促進する効果があります。 ガムがない時は昆布などでも代用できます。 舌にジェルを塗る (清潔な)指で舌にジェルを塗り込み、うがいして舌の汚れを吐き出す。 再度、舌にジェルを塗り舌の乾燥を予防する。 水を飲む 小まめに水を飲むのが口臭を予防するコツです。 水を飲む理由は、リラックス、口腔乾燥を予防する、唾液量を増やす、唾液腺の刺激など口臭予防に効果があるからです。 ケースによる口臭を消す方法 「口臭を消す方法」といっても、どのケースにも効果があるわけではありません。 どうしてかというと、口臭には種類があるからです。 口臭原因によって口臭を消す方法も違うので、ケースによる「口臭の消す方法」をご紹介します。 一瞬で口臭を消す 今までに、一瞬で口臭を消すためにあなたはどんな方法をとったことがありますか?もしあるとすれば、次のような方法ではないでしょうか。 ガムをかむ• 牛乳を飲む• 口臭サプリを飲む• 消臭タブレットや飴をなめる• 舌ブラシで舌を磨く• ていねいに歯磨きを行う• 口臭スプレー• マウスウォッシュでクチュクチュする• 緑茶でうがい• ヨーグルトを食べる など…ありますが、どれか一つでも一瞬で口臭が消えたものがあったでしょうか。 たとえ、行なったその時だけ効果を感じたとしても、ほんの短時間で口臭がするようになります。 もし、効果がずっと継続するのでしたら、元々、口臭がしていなかったと思いますよ。 現在、私が知る限りでは、残念ながら一瞬で口臭が消えるものは存在しません。 ですから、一部の情報に騙されないようにしてくださいね。 ニンニクによる口臭は、食後3時間程度で自然と消えます。 しかし、体内に吸収された臭いは翌日も口臭となって出ることが問題ですよね。 ニンニクを食べた翌日の口臭対策として効果があるのは、食後や就寝前の牛乳だそうです。 牛乳を飲むと腸粘膜に牛乳の膜が張り、臭い成分を吸収しにくいといわれているので、ニンニクの他にも、においが強い料理の時には牛乳を飲むと良いでしょう。 唾液の臭い 唾液が臭いと口臭を発生します。 その理由は、口内細菌がつくった臭い物質が唾液に溶け込んでいるからです。 ですから、口臭チェックをするときには、指をなめて「唾液のにおいを嗅ぐ」とよく分かります。 口臭を消す(対策)には、唾液のにおいを無臭に近づけることなのです。 そのための方法をご紹介します。 唾液を出す(ストレスを減らしリラックスを心掛ける、舌を動かすなど。 小まめに水を飲む• 虫歯・歯周病の治療と定期的に検診を受ける• 口腔ケア(はみがき・うがい)をていねいにする。 舌をきれいにする• 喉のケアをする(膿栓、膿汁の予防) 唾液が臭いを消す方法は、「」をご参考にしてください。 舌の臭い 舌苔(ぜったい)ができると口臭を発生します。 口臭の6割以上が舌苔が原因だといわれています。 ですから、口臭対策をするには舌苔対策が重要です。 だからといって、舌ブラシで舌を磨いても舌苔を取ることはできません。 それどころか、過剰に舌磨きを行うと舌苔が悪化するのでご注意ください。 アルカリイオン水でうがい、歯磨きを行う• 就寝前の口腔ケアは、特にていねいに行う• 厚く舌苔が付いている場合は、コットンにアルカリイオン水を湿らせて拭く• 唾液を出す• 小まめに水を飲む 舌苔の取り方について詳しくは、「」をご参考にしてください。 喉からの臭い 喉から口臭がしている場合は、臭い玉(膿栓)と膿汁が原因のことが多いです。 ですから、喉からの口臭を消すには、臭い玉(膿栓)と膿汁の対策が重要です。 臭い玉(膿栓)や膿汁ができるのは、後鼻漏(副鼻腔炎、鼻炎による)とドライマウスが原因になっていることが多いです。 ですから、副鼻腔炎や鼻炎の治療と、ドライマウス対策をすることが大事です。 しかし、慢性的に臭い玉(膿栓)や膿汁ができる場合は、その対策をしないと臭いを消すことはできません。 【臭い玉(膿栓)と膿汁の対策と予防法】• アルカリイオン水による喉のうがいを毎日行う• 膿栓が取れてからも、うがいを行い予防する• 唾液を出す• ニンニクや玉ねぎなどの臭い食べ物を食べた後。 お酒やビールなどアルコールを飲んだ後。 喫煙の後。 胃腸で消化不良を起こし過剰にガスが発生した時。 食事や飲酒のあとにニンニクの臭いなどがしても、それほど心配する必要はないかもしれません。 口臭がしても、時間の経過とともに自然消滅するからです。 でも、大切な人に会う前には、ニンニクなど臭いの強い食べ物は避けたほうがいいでしょうね。 菌による口臭• 歯周病や虫歯• 膿栓・膿汁や後鼻漏・蓄膿などにより喉に細菌が増殖 これらのケースでは、口臭原因は細菌です。 ですから、たとえ臭いを消したとしても、細菌がある限り、何度でも口臭が発生します。 かんたんに口臭が消せないのは、こういう理由からです。 最初にお話しした「口臭をあっという間に消す方法」が可能だとすれば、食べ物が原因の口臭にだけです。 食べたものが臭いの原因なら、市販の口臭グッズで消えるかもしれませんよね。 しかし、 細菌が口臭原因になっているケースでは、 100%ぱっと口臭が消えることなどありません!99%ではなく100%です。 歯磨きをしても消えない口臭 口が臭い時に歯みがきをすれば、一瞬だけ口臭がなくなります。 しかし、口臭が消えるのは、ほんの一瞬だけです。 一瞬というのは大げさかもしれませんが、口臭がなくなるのはほんの数分です。 これが現実です。 その証拠に、 「歯磨きをしたほんの数分だけニオイが消えているのですが、すぐにクサく臭ってきます。 」という相談が多いのです。 これは、口臭原因が細菌であるためです。 歯磨きで細菌や汚れを落としても、すぐに細菌が元どおりに増えてしまうからなのです。 たとえていうと、こんな感じです。 生ごみを入れたバケツの生ごみを捨てても、 バケツの中のニオイまで捨てることはできません。 生ごみを捨てると、多少はニオイも減少しますが、バケツにふたをして数分間放置したあと、ふたを開けて中のニオイを嗅いでみると、くさ~い! それでは、生ごみが入っていたバケツの臭いを消すために、あなたなら何をしますか? 多分、生ごみを捨てた後、カラになったバケツに水をかけブラシでこすって洗うと思います。 それも、何度も何度も水で洗いながらゴシゴシと。 口の中も、バケツと同じです。 ガムをかむ、タブレットをなめる程度では口臭は取れませんし、うがいをしても口臭は取れません。 歯磨きをしたとしても、2~3分程度の軽いブラッシングでは、効果がありません。 (最低でも10分以上のブラッシングが必要) それどころか、 唾液が少ないなど口腔乾燥がある人の場合には、歯磨き粉に含まれている添加物が口臭の原因になることもあるのでご注意ください。 だから、私は常々、「口臭は厄介な病気です。 」という表現を使います。 しかし、口臭をなくすことをあきらめる必要はありません。 口臭は、口腔環境がキレイになればなくなるからです。 先ほどからお話しているように、細菌が減りキレイな環境になれば、臭いもしなくなる。 これは当然のことです。 ですが、 キレイな状態で細菌バランスが定着するには、ある程度の日数を要します。 善玉菌が定着する日数には、個人差があります。 ですから、焦ってもいけません。 ストレスをかかえると唾液が減り、口臭にとっては逆効果になるからです。 ですから、口臭をなくすにはコツコツと口腔ケアを続けるしかないということです。 できれば、無添加でアルカリイオンの「美息美人(びいきびじん)」がおすすめです。 な~んだ。 歯磨き粉の宣伝か~。 と思われるかもしれませんが、今、私が自信を持って申し上げられるのは、それしかないのです。 もし、口臭が気になるようでしたら、美息美人(びいきびじん)をお試しになってはいかがでしょう。 口臭を消す食べ物 世間で口臭を消せるといわれている食べ物をご紹介します。 果たして効果はあるのでしょうか? 緑茶 緑茶にはポリフェノールやフラボノイドが含まれています。 これらの成分は、殺菌作用があるため口臭予防が期待されて飲む人が多い。 お茶を飲むことで口内の汚れが洗い流されるので、口内環境を整えるためには良いことです。 しかし、緑茶を飲んでも、はっきりと口臭予防に効果が出るほどの殺菌力はありません。 口臭菌は、緑茶に含まれているポリフェノールやフラボノイド程度では殺菌できないからです。 また、緑茶には利尿作用もあるので、緑茶を飲むと血管内の水分も減少し唾液も減るというリスクもあるということを知っておいてください。 牛乳 焼き肉などニンニク料理を食べる前に牛乳を飲むと、ニオイを消すといわれています。 しかし、普段から口臭がしている場合には、牛乳を飲まないほうが良いかもしれません。 その理由は、口臭がしている6割以上の人の舌には舌苔(ぜったい)が出来ています。 舌苔は、口臭菌が集まってできているため、牛乳を飲むと、菌がたんぱく質を分解し口臭ガスを発生することになります。 そして、元々白い舌がよけいに白くなることにも。 舌苔ができている場合は、たとえニンニク料理を食べるときでも、牛乳は飲まないほうが良いかもしれません。 牛乳を飲まなくてもガムを噛んだほうが即効性があると思います。 梅干し・レモン 梅干しやレモンには多量の酸が含まれています。 この酸が口臭菌が食べるたんぱく質を分解するため口臭予防になるといわれます。 しかし、それ以上に、梅干しやレモンを食べると唾液がいっぺんに分泌されます。 口臭を消すためには、唾液を出すことが一番です。 口臭は菌が作ります。 口臭は身体や口が作っているのはなく、身体や口に棲みついている菌が作っています。 じつは、常在菌が口臭を作っているのです。 常在菌は人と共に生きているので、無くなることはありません。 身体の状態によって菌は増えたり減ったりします。 だから、決して無くなることはありません。 菌は無くなったら無くなったで、人の健康にも問題なのです。 簡単な話をすると、たとえば風呂場のカビ。 カビ落し剤を使いきれいに風呂掃除をしても、日にちが経てば、いつのまにかカビが生えています。 口の中の菌も同じです。 たとえきれいにしても、菌が活性化しやすい環境が整うと一晩で増えます。 いつも口が乾く人であれば、 舌磨きをして一時的にきれいにしても、すぐに舌が白くなるのはそういう理由からです。 舌磨きが良くない理由は、『』をご参考にしてください。 喉(のど)の菌も舌の菌と同じです。 うがい薬で喉(のど)をきれいにしても、口呼吸やいびきをかく人はすぐに菌が増えます。 詳しくは『 』をご参考にしてください。 その結果、口臭も! 「だったら口臭は一生消えないのでは?」そう考えていませんか?諦めるのはまだ早いです。 ガム・タブレットで口臭は消せない? 一般的に、口臭を消すために使われるといえば、ガムとタブレット。 実際、この二つの効果はどれだけあるのでしょう? 結論からいうと、どちらも口臭を消せません。 その理由は口臭を消すために開発されたものではないからです。 ガムとタブレットの成分には、香料が含まれています。 香料の目的は、口臭のような不快なニオイをマスキング効果(悪臭をごまかす)にあります。 詳しは、『』をご参考にしてください。 しかし、口臭予防のためにガムを噛むことについては賛成です。 その理由は、口臭が発生する大きな原因として口腔乾燥があります。 唾液分泌が減少するなどによって口内が乾燥すると、口臭菌が増える。 このことが口臭が出る大きな原因です。 ですから、ガムを噛み唾液を出すようにすることをおすすめします。 しかし、間違っても砂糖の入っているガムでは逆効果になります。 糖は口内を酸性にします。 口臭菌は酸性が大好きです。 唾液を出すためにガムを噛み口臭菌が増えるようでは本末転倒です。 そうならないためには、シュガーレスガムを噛むことが大事です。 歯磨きしても口臭は消えない? 口臭がしているときには、たとえ人と会う約束がなくても一日も早くきれいな息にしたいと思いますよね。 だから、デートが目前にせまっていれば尚さら今すぐに口臭を消したいはず。 私も口臭がしていた時には、とにかく口臭を無くしたいと思いが強く、色んな歯磨きやサプリを購入し試したものです。 でも、直ぐに口臭が消えるものに出会うことはありませんでした。 それもそうです。 そんなものがあれば、口臭外来なんて必要ありません。 でも、巷には口臭予防や消臭をうたう歯磨き粉やガム・サプリが山ほどあります。 だから、「もしかしたら、今度は消えるかも?」と思ったのです。 昔の私は、毎回そのようなものを信じました。 しかし、その度に期待は裏切られ。。。 良く考えれば分かることですが、感情的になっていたのかもしれません。 歯磨きできれいになるのは歯。 口臭が発生している原因が歯の汚れであれば、歯磨きで解決できます。 でも、歯磨きで口臭がなくなるなんてことは稀です。 それほど歯が汚れている人なんてないからです。 口臭を気にしている人であれば、普段から歯磨きをていねいにしています。 それに歯磨き粉にもこだわっています。 歯磨き粉の選択に困ったら、『』をご参考にしてください。 それに、口臭の原因の多くは歯ではなく、舌と喉(のど)にあるのですから、歯磨きでは解決できません。 同じように、 口臭予防のサプリを飲んでも胃腸の調子を整えるには良いかもしれませんが、肝心の舌や喉(のど)には無関係。 それに、胃腸の調子を整えるだけだったら胃腸薬のほうが即効性があるかもしれません。 完ぺきに口臭を消す方法 口臭を即効で消すことは困難ですが、改善することは可能です。 過去に口臭で悩んでいた私ですが、現在ではほとんど口臭がしなくなっています。 だから、自信をもって口臭は改善できると言い切れます。 それに、毎日口臭チェッカーで測ってもいつもレベル0なので、口臭チェッカーが壊れていないかと心配になることもあるくらいです。 そんな時には、歯科衛生士の娘にチェックをしてもらいます。 そんな私が自信をもっておすすめする最短で口臭を消す方法についてご紹介します。 この中の一つを行なうだけでも良いのですが、より最短で確実に口臭を消したいのであれば、すべてを実行することをお勧めします。 完ぺきを目指す口臭対策• 口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」を使用する。 今使っている歯磨き粉やマウスウォッシュを使わないこと。 そして、歯磨きを楽しむ。 歯磨きを楽しむことがポイントです。 人は楽しむと自律神経(副交感神経)に影響して唾液が出ます。 逆に嫌々と行うと、唾液が出なくなります。 もちろん、丁寧に磨くこともできません。 舌磨きをやめる。 アルカリイオン水で歯磨きを行なうと舌の苔がふやけて浮きます。 歯磨きが終わった後、舌の表面を歯ブラシで軽く2度だけ撫ぜてください。 決して3度以上は舌磨きをしないことが大切です。 小まめにゴロゴロ・ブクブクうがいを行なう 美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水でうがいを行います。 口腔内と喉を清潔にすることが、口臭予防で最も重要なことです。 小まめに水を飲む 口・喉(のど)が乾かないように水で潤す。 どれだけ口腔内や喉をきれいにしても、その後乾燥してしまうと口臭がします。 そのようにならないように、水を飲むことは重要です。 ストレスをためない、リラックスする。 不安や心配などストレスがあると、唾液が減るため口臭発生のもと。 ストレスを発散しリラックス状態を作ることで唾液が増える。 酸性食品を減らし、アルカリ食品を増やす 口内が酸性化すると口臭を作る菌が増えます。 アルカリ性の食品を多く摂ることで菌の増殖を抑えることができます。 タンパク質の多い食品を減らす 菌はタンパク質を分解してニオイを産生します。 ですから、肉類や乳製品を減らすか、もし食べた場合には、美息美人(びいきびじん)で歯磨きやうがいを行なうと良いでしょう。 喫煙・コーヒーをやめる 口臭を無くすには、タバコを吸わないことは絶対条件です。 また、コーヒーやお酒も口臭にとってよくありません。 その理由は、それらには利尿作用があり唾液が減少するためです。 もし、どうしてもコーヒーやお酒を飲む場合には、横に水を置いて飲むと良いかもしれません。 舌・顎を動かす 唾液を多く出すには、意識的に舌や顎を動かすことが大事です。 良く喋り良く噛むことを意識的にすると良いかもしれません。 これでもまったく改善しない場合があります。 それは、胃腸からの口臭や内科疾患、薬による副作用、蓄膿症、歯周病、虫歯などがあるときです。 そのような場合は、お医者さんにかかり治療することをお勧めします。 今回の記事では、最短で口臭を消すことにポイントを置いています。 しかし、 口臭を限りなくゼロにするには、ご紹介したことを出来るだけ取り入れることが大事です。

次の

道具を全く使わずに白い舌をきれいにする方法が簡単で画期的すぎる!

口臭 なくす 方法

1.舌苔とは 舌の表面の角質がなんらかの原因で伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白く苔が生えたように見えます。 舌苔の原因は細菌や口呼吸、消化器系の疾患などがありますが、原因が不明なことも多くあります。 舌苔自体を治療する必要はなく、口臭の原因として舌苔が考えられる場合は舌ブラシで舌を磨きます。 舌苔が口臭の原因 口臭の主な成分の一つである硫化水素は舌苔に関連していると言われています。 ちなみに口臭のメチルメルカプタンという成分は歯周病が関連しています。 硫化水素は食べカスや上皮カスが細菌によって腐敗されることによって発生します。 このような環境が舌苔にあるため口臭の主な原因とされます。 ただし、舌苔は必ずしも病的なものではないため、口臭も生理的な口臭の範囲であることが多いのです。 詳しくは「」を参考にしてください。 色素を作り出す細菌が原因の場合は黄色や灰色、茶色、黒色など変化することがあります。 例えば猫などの動物の舌はザラザラとヤスリのようになっていて、食べ物をかき取る作用があります。 実は人間の舌も表面は角質化しているのです。 この角質化が進むと舌の細胞が伸び、その隙間に剥がれた上皮が溜まり、舌苔になります。 舌の本来の位置は上顎に軽く付いている状態です。 舌の位置が低い位置にあったり、口呼吸があったり、舌の動きが悪いと舌が周りと擦れず、食べかすが残ってしまいます。 汚れは乾燥するとこびりつき取れにくくなります。 キッチンなどでも濡れている間は汚れがすぐに取れますが、一度乾燥してしまうと簡単には取れなくなります。 口の中もいつも唾液で濡れていますが、口呼吸のある方はすぐに、乾燥してしまい汚れが自然に落ちないために舌苔ができてしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 唾液は口の中を洗い流す効果があります。 唾液が減ると汚れや細菌が舌に溜まり、舌苔ができます。 高血圧の薬や精神疾患の薬の中に唾液が少なくなる副作用があるものもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 口臭は朝が一番出ます。 それは寝ている間は舌の動きが悪く、唾液量も少なくなるため舌に汚れがたまるからです。 高齢や病気になって舌の機能が低下したり、動きが悪くなると、より舌の表面の汚れが落ちにくくなるため舌苔が多くなります。 そのため舌苔ができる位置は常に上顎とすれて、汚れが落とされています。 受け口や口呼吸で舌位が低い人は、擦れて汚れが落とされないために、舌苔がつきやすくなります。 薬の影響でカビ菌の一種であるカンジダ菌が増え、硫黄化合物と血液中のヘモグロビンが結びついて黒くなると言われています。 鏡を見ながら舌を思いきり前に突き出して、白い舌苔がついている箇所を確認してください。 舌ブラシを水に浸した後、鏡で見える最も奥に軽くあて、手前に引いてください。 決して力を入れ過ぎないようにしてください。 また、この時に息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射(おうとはんしゃ)が出にくくなります。 舌ブラシの先を水道の水でよく洗い、舌ブラシの先に汚れがついてこなくなるまで、繰り返してください。 1日の舌みがきの回数は、起床時の1回で結構です。 それ以上行うと、舌の粘膜を傷つけるおそれがあります。 舌に傷があるときは、舌清掃は控えましょう。 歯ブラシで舌を磨くと傷つけることがあります。 下は舌ブラシを3日間使用した写真です。 舌苔が綺麗に取り除かれていることがわかります。 この舌ブラシは、舌表面を傷つけないように開発されたソフトで特殊なナイロン繊維を使用しています。 価格は500円で通販で購入可能です。 舌苔の溜まっているといわれる部分にも入っていってくれるので舌の表面を傷つけません。 また、ブラシにも幅がありスプーン状になっていて汚れを一気にかき出すことが出来ます。 全体も18cmの長めの設計で使いやすいです。 価格は620円で通販等で購入可能です。 多くは先天的な異常ですが、慢性炎症が続いて出ることもあります。 深い溝は食べカスが入り込み不潔になりやすく、痛みや味覚障害を引き起こすこともあります。 痛みが強い場合はコンクールなど消炎剤の入った洗口剤を使います。 特に治療をする必要はありませんが舌ブラシで舌を清掃し、いつも清潔にしておく必要はあります。 黒く見える原因はカンジダ菌が増え、硫黄化合物が作られ、血液のヘモグロビンと結合し、黒く見えると考えられています。 カンジダ菌は抗菌剤やステロイド剤を長期間使っていると、口の中にいる細菌の種類が変わり、カンジダ菌が増えてきます。 しかし、口臭の原因になる場合は舌ブラシで毎朝、優しくなでるように磨いてください。 傷をつけてしまうと逆効果になってしまいます。

次の

口が臭いと思われないために ~自宅で出来る口臭チェックと対策~(apps.axisphilly.orgサプリ 2015年05月29日)

口臭 なくす 方法

口臭の原因は歯垢や舌苔などです。 臭いなら歯周病になってるかもしれません。 根本的な対策をしないと口臭は無くなりませんが まずは歯科で歯石を取り除くべきです。 歯肉炎、歯周病にはウォーターピックがおすすめです。 歯磨きをしても食べかすが取り切れず 歯周ポケットに残っている場合があります。 食べかすが歯周ポケットに残っていると 数時間後には腐って臭くなります。 そのままほっておくと歯肉炎になり痛くなってきます。 さらに進行すると歯槽膿漏のようになります。 歯周病になると菌が血液に入り動脈硬化や 心筋梗塞、脳梗塞の原因にもなり 最悪では死ぬこともある恐ろしい病気です。 ですから歯周病にならないためには歯周ポケットの食べかすを 食後すぐに、できる限り完全に取り去ることが必要です。 しかし歯ブラシでは歯周ポケットの食べかすを 完全には取り切れないことがよくあります。 特にクラウンなどの被せた歯や差し歯では 歯周ポケットが深くなっているので 歯周ポケットの奥に多く食べかすが残ります。 食後に水圧を用いたウォーターピックを使うことで 歯周ポケットの食べかすをかなり取り除くことが可能です。 使用してみると人によってはびっくりするほど食べかすが出てきます。 パナソニック ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ52-W などがおすすめです。 歯石を取り除くことも歯周病には効果的なので 定期的に年1回くらいは歯科で歯石を取り除くべきです。 歯磨きのときに殺菌成分の入った歯磨き粉を使い フロス歯間ブラシで歯垢を取り除いたり 寝る前や数時間置きに殺菌成分の入ったマウスウォッシュを 使うことも歯周病の予防になります。 歯ブラシはフィリップス ソニッケアーなどの電動歯ブラシも よく歯垢を落とせるのでお勧めです。 口臭の予防には舌みがきで舌苔を除去することも効果的です。 NONIO ノニオ マウスウォッシュやマウススプレー GUM ガム メディカルドロップ、シタクリア キャンディ ロイテリ菌タブレット ロイタブなども口臭の予防になります。 茶、コーヒーなどは口腔内が乾燥してしまい 口臭が悪化するので水を飲んだほうがいいです。 睡眠不足、過労、飲酒、喫煙などのストレスによって 免疫力が落ちて歯周病が悪化し痛くなることもあります。 ビタミンBCEを取ることも歯周病の予防になります。 もし喫煙をしているなら絶対にやめたほうがいいです。 喫煙していると歯槽膿漏になる可能性がかなり高く 進行も早くて歯がどんどん抜けていきます。

次の