ペパーミント ティー 効能。 ペパーミント茶の効能

ペパーミントの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

ペパーミント ティー 効能

ペパーミントの効能• 美肌効果• 花粉症予防• 整腸作用• リラックス効果• 口臭予防• デトックス効果• 冷え性対策 これだけの効能が含まれていると言う事になる訳ですから、話題にならないはずがありませんね。 2 ミントティーで冷え性対策 噂の元となっているミントティーでの冷え性予防についてご紹介します。 シソには体の内部から温める保温効果があるのでシソ科の植物であるミントティーには当然のようにその効能が備わっております。 ミントには涼しいイメージがありますが、体の内部から温めてくれると手も強い味方なのです。 手足が冷えると言う冷え性に悩まされている方々にはぜひともミントティーを試していただきたいと存じます。 ミントティーによる冷え性改善の理由• ミントに含まれるメントールの整腸効果• 解毒作用により体の毒素を排除し内蔵機能を高める• 内蔵機能が向上する事で基礎代謝が高まる• 血行促進により血管が広がり手足の冷えが改善される 何故ミントティーが冷え性から守ってくれるのかが以上の事から解ります。 体の機能を正常化させる事で血液の循環を良くし、体温を上げる事で冷えを撃退してくれるのです。 冬場や夏冷えなどで体の冷えに悩まされる人はミントティーで体温を上げてみる事を試してみてはどうでしょうか? 3 ミントティーの驚くべくデトックス効果 ミントティーが話題になっている最大の理由であるデトックス効果が凄いんです。 デトックスとは体の中の溜まった毒素を体外に排出する解毒作用の事です。 ミントの効能である解毒効果がデトックス効果を高めているのです。 ミントティーによるデトックス効果の理由はこちらになります。 4 ミントティーのデメリット これほどまでの効能があるとなると、逆に心配になってくるのが副作用やデメリットです。 ミントティーは薬物ではないので副作用はありませんが、人によっては腹を下したなどの前例も聞きます。 何故そう言った事が起きるのか、ミントティーのデメリットは何なのかについて考えてみましょう。 まず、ミントは腸を活発化させ、括約筋を弛緩させる効果があります。 この事から胃腸が弱ってる人や潰瘍持ちの人は気をつけるべきでしょう。 ミントはシソ科の植物の為、シソアレルギーなどのアレルギーを持つ人は避けるべきだとご忠告します。 妊娠中の女性にはつわりを和らげると言う効能がありますが、ミントの香り成分で神経性毒や子宮を作用させるものがあるので過剰に飲むのは危険です。 効果が強い分刺激も強いと言う事なのでしょう。 以上の事からミントティーを飲む時の注意点をこちらにまとめました。 ミントティー1杯分のレシピ 材料• ミントの葉:5枚• ハーブティーのレシピは驚くほど簡単です。 量を増やすなら葉の枚数をとお湯の量増やせば良いだけですので各自で調整を行ってください。 冬の冷え性対策や夏場の水分補給などにもオススメですのでご自宅で作って一度お試しください。 さて、 『ミントティー効能を活かして冷えと毒素を撃退する5ポイント』はいかがでしたか? ミントに含まれる成分が冷え性予防とデトックス効果に優れているのは十分理解できた事でしょう。 しかしながら、効果が高すぎる為に刺激が強くデメリットが発生してしまうのも事実です。 ミントに含まれる神経性の毒は薬効成分でもあり、刺激物でもあるのです。 効果が高いと言えども過剰に飲用したり過信して用法を誤らないように十分注意して試していってくださいね。 今回ご紹介した内容に関連する記事として• も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の

ミントティーとは|ミントティーの効果効能

ペパーミント ティー 効能

3500年以上前から生薬として使用されていたミントですが、現在は定番のハーブティーの1つとしてなじみ深いものとなっています。 飲むことで健康や美容にうれしい効果を得ることができるミントティー。 今回はミントティーの種類と正しい飲み方について、注意点と共に分かりやすくご説明していきます。 [1]ミントの種類はいくつある? 「ミント」とひとくくりで呼ばれることも多いですが、「ミント」はたくさんあるミントの種類を総称した呼び名です。 また、雑草並みに生命力が強いため、今後もっと種類が増えていく可能性もあるとされています。 スペアミントとウォーターミントの交配で誕生し、 薬効が高いことからヨーロッパでは生薬として使用されることが多いです。 清涼感と爽快感の強いメントールの 香りと 独特の甘みが特徴です。 スペアミントは別名 オランダ薄荷(ハッカ)、みどり薄荷とも呼ばれて親しまれおり、やわらかく爽やかな香りが特徴です。 ペパーミントよりも甘くてやわらかい香りなので、ハーブティー以外にも 料理やお菓子作りに使用されることが多いです。 リンゴの甘酸っぱい香りと清涼感のあるミントの香りが融合した、 少しクセのある香りが特徴です。 ミントティーにすると好き嫌いが分かれるようです。 生で サラダなどに使用するのもおすすめです。 また、他のミントに比べて生命力がとても強いので、別の品種のミントと並べて栽培すると新品種が誕生する可能性も秘めているといわれています。 ペパーミントやスペアミントの 清涼感が苦手な方におすすめのミントであると共に、特徴的な見た目のため鑑賞用にするのもおすすめです。 ミントの中でもメントールの含有量が多く、独特の苦味と香りのため、食用にはあまりすすめられていません。 甘すぎず キレのあるフルーティーな香りが特徴で、特に料理に活用されることが多いです。 丸みを帯びた大きめの葉が見た目にもかわいらしいので、鑑賞用にもおすすめです。 [2]ミントティーに含まれる代表的な栄養成分とは ミントに含まれる栄養素が溶け出したミントティーには、さまざまな栄養素が含まれています。 ここからはミントティーに含まれる代表的な栄養成分について詳しくご説明します。 鼻粘膜の腫れを抑えたり、花粉症の原因物質であるヒスタミンやロイコトリエンの放出を抑えるなどの作用があることから、 アレルギー症状を緩和するといわれています。 皮膚を活性化させたり、 胃粘膜を刺激して働きを活性化させたりする働きがあります。 また、 花粉症やアレルギー症状を抑えてくれる働きがあるともいわれています。 そして、 血圧を下げたり、消化を助けたりする働きもあるといわれています。 [3]ミントティーのうれしい7大効能 ミントティーにはさまざまな栄養成分が含まれていることが分かっていただけたのではないでしょうか。 では、実際にミントティーを飲むことで得られる健康・美容効果にはどのようなものがあるのかについてご紹介します。 ドーパミンの分泌が高まることで イライラや不安な気持ちが鎮められ、リラックス効果を得ることができます。 また、ミントに豊富に含まれるメントールには、お腹にガスが溜まり膨張するのを和らげてくれるため、これらの働きが重なりあうことで 便の排出を促がしてくれる効果が期待できます。 リラックス効果で体を休めることで胃腸の働きが整えられ、デトックス効果により体全体の血流が良くなることで基礎代謝が上がるなどすることから、冷え性の改善に繋がります。 メントールには胃の筋肉の緊張を和らげ、けいれんするのを抑えてくれる働きがあり、メントンには脂肪やたんぱく質の分解を助け、消化液である胆汁の分泌を促進することで消化不良や食欲不振などを和らげる効果が期待できます。 また、アズレンには消化器官の炎症を抑えてくれる働きがあります。 良質な睡眠のためには、ハーブティーを 睡眠前に飲むのがおすすめです。 そのため、「痛みを抑えたいけれど、できるだけ薬には頼りたくない」という時には、ミントティーを摂り入れてみることをおすすめします。 また、胃腸の働きを整える作用により、胃腸の不調からくる口臭も抑える効果が期待できます。 [4]効果的なミントティーの飲み方とは ここからはおすすめのミントティーの入れ方・飲み方についてご紹介していきます。 ・ミントの成分をしっかりと抽出するために沸騰したお湯を使用してください。 ・ハーブティーは基本的には全成分が1度に出てしまうので、繰り返しの使用はおすすめできません。 ・もし、おいしいと感じられない場合には、茶葉の量や蒸らし時間を調整し、自分好みの味を見つけてくださいね。 香りも強く清涼感のある味わいで、抗菌作用があり消化の助けにもなるため、消化不良を防いでくれます。 そして、安眠効果も期待できるため、夜に飲むことをおすすめします。 ミントと香りの相性が良いハーブは、 カモミールやローズヒップ、レモングラス、リコリスなどです。 味のマンネリ化を防ぎおいしく飲み続けるためにも、いろいろなハーブとの組み合わせを試してみることをお勧めします。 [5]ミントティーを飲むときに気をつけること ミントはハーブ類の中でも得られる作用が強いと言われているため、早く効果を得たいが故に一度にたくさん摂取してしまうと、過剰摂取となり逆効果になってしまう場合もあるので注意が必要です。 そのため、多くても1日に摂取する量は 2杯までに抑えることをおすすめします。 また、ミントには母乳の出を悪くしてしまう作用があるため、妊娠中や授乳中の女性は避けるようにしましょう。 また、刺激が強いため、幼児の飲用はおすすめできません。 [6]ミントティーを上手に生活の中に取り入れて、体の中からキレイになろう! ミントティーは食品でありながらも効果、効能を強く感じるパワフルな飲み物です。 上手に飲むと、薬に頼ることなく胃腸の働きを助けたり、デトックス効果をもたらすなど体に良い作用がありますが、間違った使い方をすると逆に不調を引き起こしてしまう危険性もあります。 ミントティーを正しい方法で飲んで、体の中からキレイになって下さいね! 《続いて読まれている関連記事》.

次の

ペパーミントとスペアミントのティーの違いは?香りや味や効能についても

ペパーミント ティー 効能

透明感があり、スッキリと爽快感溢れる味わいを持つミントティーは、夏に暑い夏にオススメのお茶としてたいへん人気があります。 ミントティーとは、シソ科ハッカ属に属する多年草「Mentha」と呼ばれる植物を用いて淹れられるハーブティーの総称なので、使用するミントの葉によって香りや味わいなどが若干異なります。 日本でも「薄荷 ハッカ 」という名称で親しまれておりますが、一般的に「ミント」と呼ばれるものは、その植物から抽出された精油もしくは料理やお茶といったハーブとして活用するなど香りを利用するものを英語で「Mint」と表します。 日本における「薄荷」に当てはまるものはハッカ属ハッカに属する日本薄荷や和種薄荷と呼ばれる植物のみを指します。 では、ミントとハッカの違いとはどのようなものが挙げられるのでしょうか。 ミントとハッカの違いについて ミントティーとは、一般的にペパーミントと呼ばれるミントを使用したハーブティーのことを表します。 ですが、ミントティーに使用されるミントの葉によって香りや味わいが異なるため、ご自身に合ったミントを探し出すという楽しみがあります。 そんな薄荷ですが、ミントティーなどに使用されるミントとどのような違いがあるのでしょうか。 ミントとは、地球上のほぼ全ての大陸で自生もしくは栽培が行われており、続々と品種改良が行われているため、品種認定されたものだけでもおよそ100種類を超えるミントが存在します。 ささらに品種認定期限が切れたものを合わせるとその種類は数百種を超えると言われています。 薄荷は数多く存在するミント種の1つであり、ミントの中でもメントールの含有量が高く、とりわけ日本の薄荷はメントールの含有量がずば抜けているため、日本では過去に精油として活用するために大量に生産が行われていた時期もあります。 一方のミントは、北半球の温帯地域からアフリカ大陸にかけて自生しており、その種類はなんと25種に及ぶと言われています。 一般的なミントは毎年可愛らしい花を開花させる多年草ですが、中には花を咲かせた後に枯れてしまう1年草のミントも存在します。 ミントの特徴は、精油の香り成分の1つであるメントールなどが持つ爽やかな清涼感です。 主にガムや飴といった菓子類や歯磨き粉などに用いられており、日常的に使用されるハーブとして認知されています。 タイやベトナムなどでは香辛料の1つとして用いられており、ハーブティーやポプリ、染料など幅広い分野で活躍しております。 また、日本で御馴染みの薄荷は、ヨーロッパ地方を中心に自生しているアルウェンシス種の変種であり、オランダハッカやブラックペパーミントを交配させた「ホクト」やペパーミントを交配させた「シュウヒ」、さらに薄荷の中でも厳選された上質な品種を交配させた「アカマル」など様々な薄荷が誕生しています。 ミントティーの魅力 ミントティーとは、ブレンドせずとも使用するミントの葉によって香りや味わいが変化する珍しいお茶です。 そのため、ご自身に合ったミントを探し出すという楽しみがあります。 ミントティーの魅力は、透明感のある美しい水色と爽快かつ清涼感のあるメントールの香りによってモヤモヤした気持ちや憂鬱な気分を払拭し、気分転換を行えるところです。 また、どのミントを使用しても消化促進や腸内のガスを減少させる効能が含まれているので、ミントティーは胃や腸の働きが弱っている方にオススメの飲料といえます。 しかし、ミントティーは飲用しても良い方としてはいけない方がいらっしゃるので、ミントティーの飲用をお考えの方で持病もしくは妊娠中及び授乳中の方は専門の医師に相談後に飲用することを強く推奨します。 ミントティーとは、そのスッキリとした清々しい香りと味わいを持っており、透明感のある涼やかな水色は、まさに暑い夏の水分補給にぴったりです。 ミントの種類によって旬の時期は異なりますが、一般的なミントの旬は6月から9月、薄荷ならば8月から10月となっておりますので、今が旬のミントをたっぷり使用した絶品ミントティーで暑い夏や厳しい残暑を乗り切ってみませんか?.

次の