きつい 仕事 ランキング。 きつい仕事ランキング|肉体的…精神的…経済的……トップ10

心を病みやすいきつい仕事ランキング! 会社辞めたい・転職・就活考えてる人・メンタル弱い人向け

きつい 仕事 ランキング

セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• スリーエフ• etc.. 全国各地を見渡せばいろんなコンビニチェーン店がありますが、 どこが一番きついのかという疑問。 ちなみに 僕は上記のコンビニチェーン店のうちの2つで働いた経験を持っています。 業界の間ではセブン・イレブンが厳しいと言われていますが、それはあくまでもオーナーの話。 バイトの忙しさやきつさというのは、お店を経営する オーナーや立地条件に左右されます。 一概にどこのコンビニがきついかという事は言えません。 田舎の隅っこの方にあるコンビニなら楽だろうし、繁華街の中心地にあるコンビニだと1日中忙しいです。 ただし ローソン・セブンイレブン・ファミマと大手御三家は提供しているサービスが多いです。 認知度も高く全国への出店数も多くやることも多いので忙しいでしょう。 ポプラやココストアみたいな知名度の低いコンビニだと、提供しているサービスの幅が狭く覚えるのが楽という側面はあります。 きつい時間帯はどこ? これもやはり立地によって変わります。 すべての時間帯での経験値を持つ僕の私見では、 早朝が一番きついと感じます。 理由としては• 通勤客で慌ただしい• みんなピリピリしている• スピーディーな仕事が要求される• 朝早起きしなければならない が挙げられます。 朝早起きするのが苦手な人にとってはきついでしょう。 寝坊なんてもってのほかです。 お客さんが息つく間もなく入ってくるので、入荷した商品の検品や陳列も素早く行わなければなりません。 街中や駅近くにあるコンビニの早朝はかなりハードだと思います。 その次にきついのは 深夜です。 働く時間帯としては一番特殊です。 日中時間帯と比べるとお客さんは少ないですが、 商品の搬入など力仕事と並行してレジを打たなければなりません。 立ち仕事しながら重いものも運ばなければならないので、腰が悪い人にはおすすめしません。 バックルームとレジとの距離が離れている店舗だと、短距離ダッシュの繰り返しです。 特に一番きついと思うのは、 生活リズムが乱れることです。 朝ごはんが晩ごはんになってしまうし、お昼に寝てもあまり深く寝付けません。 深夜から朝までぶっ通して働いたときなど、意識朦朧になりました。 (しかもそのあとファミレスのバイトもしてましたからね) きつい仕事は? お客さん側からみると楽そうなイメージのコンビニでも、覚えることは多岐にわたります。 僕の完全な偏見で付けたきつい仕事ランキングベスト5はこちらです。 5位:深夜の検品と品出し 深夜は仕入れた商品が大量に入り込んでくる時間帯です。 日中のお客さんが多い時間帯にこなせない仕事を片付けなければなりません。 雑誌や飲料やアイスや日用品などいっぱいあります。 (コンビニというあの狭いお店の中にはなんと2000種類以上もの商品が!) 店舗によってはお店の棚替えをすべて深夜に回しているところもあるので、バックルームでのんびり仕事というのはなかなか難しいです。 長時間冷蔵庫に籠って飲料やお酒の補充をするというのも大変です。 寒いし重いし、商品のどれがどこにあるのか分からないし、レジに呼ばれたら行かなければなりません。 そして夜寝ずに働くというのはとても疲れます。 生活リズムも乱れるしあまり健康的ではありません。 4位:レジ業務 とにかく覚えることが多い! レジの大変さというのはこの一言で説明できます。 「ああもう覚えた。 コンビニのレジン移管してはプロフェッショナルだなオレ」 と思い始めた矢先に、今まで受けたこともない仕事が降ってくることもあります。 店長ですら知らないような意味不明なサービスというのもあるくらいです。 (マニュアルの隅っこの方に書かれてあるような) 特に最近だと 電子決済のサービスがたくさん導入されているので、 現場の人間は四苦八苦しています。 さらに 公共料金やチケットの販売も ミスをすると大惨事につながる可能性を秘めています。 公共料金の支払い 信じられないかもしれませんが、 1回のレジ決済で40万円もの支払いをするお客さんというのもいます。 コイン皿の上に札束をバーンと置かれたらビビります。 数え間違いはないだろうか・・・と、札束を数える手が震えるのです。 チケットの購入や支払い 渡さなければならない お客様控えをわたしそこねたときなど地獄です。 謝罪の電話を入れ、お客さんの家まで持って行かなければなりません。 だいたいどこのコンビニもレジが2台でありますが、 レジAとレジBのお客さんが同じタイミングでチケットを購入した際、 間違ったチケットを入れ替わりで渡してしまうリスクがあるのです。 岡山県からわざわざ 千葉の舞浜ディズニーランドまでオーナーとSVがわざわざ持って行ったこともあるのです。 片道5時間 距離にして500kmの道のり チケット渡し間違えたバイトの尻ぬぐいのために、遠路はるばるお届けしに行ったわけです。 しかも お客さんと連絡がつかなかったので、 朝6時くらいからディズニーランドの チケット引き換え所のところで待ち伏せし、 支払い所の職員全員に間違えたチケットを持って来場された お客さんがきたら電話してくれるようにお願いして回り、 やっとの思いで無事正しいチケットを渡すことに成功したそうな・・・。 このようにスケールの大きな話に発展することもあるのです。 3位:混雑時のレジ対応 混雑時のレジ対応というのは カオスです。 息つく暇もなくレジ対応をすることを強いられます。 お客さんも並ばされて イライラを隠しません。 お昼時にお弁当がバンバン売れる時間帯というのは電子レンジもフル稼働です。 どの商品がどのお客さんの物か覚えてお叶えればならないし、忙しい時間帯に限って荷物の持ち込みをしてくる人もいます。 またどういう因果でしょうか? 忙しい時に限って コピー機が紙詰まりを起こしたり、 コーヒーマシンが故障をしたりするのです。 コンビニ店員といっても店内すべてのことを把握しているわけではありません。 コピー機やコーヒーマシンというのは専門の業者を呼ばなければ直せないケースもあります。 2位:変なお客さんの接客 コンビニには老若男女いろんな人がやってきて、変なお客さんというのもたくさんいます。 宗教の勧誘パンフレットを渡してくる人や突然キレる人など様々です。 中には 高級ホテルレベルの接客をコンビニ店員に求めてくる人もいます。 ある時行列が並んでレジ対応にもたついていると、 一人の女性客が遅いだの礼儀がなってないだの、商品の扱い方が雑だの文句を言ってきたことがありました。 スターウォーズに登場するダークサイドに堕ちたアナキン・スカイウォーカーのような顔をしていました。 「ストレスのはけ口にされてるなぁ」と思いながら、 すみませんと頭をさげ、お客さんの胸元をみたらビックリです。 「ホテルグラ〇ヴィア大阪」と立派な名札がついているではありませんか! 服装もビシっとしたホテルウーマンです。 おそらく仕事の休憩の合間にコンビニに買い物にきたのでしょう。 時給870円のコンビニ店員に一流の接客を求めるというのはどういうことか・・・。 待たされてイライラする気持ちも分かりますが、同じ接客の仕事のつらさを知る者として残念な気持ちになりました。 ・・・僕の予想ですが、 ホテルウーマンの女性もまたお客さんおクレームに合って精神がすさんでいたのではないかと思われます。 クレーマーが新たなクレーマーを生み出す負の連鎖です。 1位:クレーム処理 ホテルウーマンの例もそですが、 クレーム対応というのが一番精神的にきついです。 常識外れのありえないクレームを言ってくるお客さんも相当数います。 「箸が入ってないから持って来い!」 「釣銭が汚いから取り換えろ!」 「タバコの銘柄も覚えられないのか!」 「弁当がまずいから返金しろ!」 「コンビニ店員のくせに何だその態度は!」 とかいろいろ言われてきました。 コロナウイルでもドラッグストアの店員さんは 「ウイルスよりも人が怖い」 と言っていましたがその通りです。 人間というのは、かくもわがままな生き物なのか・・・。 こう思わざる負えませんでした。 大人の姿をした子供というのはたくさんいるものです。 オーナーや店長がいる場合はいいですが、 一人のときに変なお客さんに捕まると絶望します。 バイトよりもネット副業をおすすめ 基本的にアルバイトはどの仕事も嫌なこと楽なことの1つや2つあります。 上司や社員と相性が悪いとか、お客さんが嫌だとか、肉体的にきついとか・・・。 稼ぐ方法は何もアルバイトだけではありません。 ネットを使った副業でも稼ぐことは可能です。 僕もアフィリエイトというビジネスに取り組んでみたところ、あっさり4万円稼ぐことに成功しました。 ネットなら働く時間を自由に決められ、在宅で仕事をすることも可能です。 パートやアルバイトで得られる金額はたかが知れていますが、ネット副業なら収入は青天井です。 (ブログで月収10万円以上稼ぐ方法) (ネット副業の方法まとめ) この記事のまとめ コンビニの仕事のきつさを独自の経験と偏見からランキング形式にまとめてみました。

次の

男性版:楽な仕事ランキングTOP10!体力的・精神的に楽な仕事とは

きつい 仕事 ランキング

スポンサーリンク きつい仕事とは 旅行関係の仕事はきつい サービス産業の仕事というのは、比較的勤務時間が長くなりがちで大変ですが、特に旅行関係の仕事というのは大変さが増します。 通常の旅行代理店勤務でも、普通の企業と同じように朝は9時から勤務が開始となりますが、夜は早くても19時、遅くまで開いている駅ビル店などでは20時から21時までの営業となります。 また、土日祝日はもちろん営業しているので、普通の人が休みの日にも働かなければなりません。 さらに、国内や海外の旅行のツアーに出る場合は、24時間体制での勤務となります。 建前上は朝8時から夜の20時までの勤務となっていますが、夜間に何かあったら呼び出しがありますから、実質24時間気を抜く事はありません。 そのうえ旅行関係は比較的給料が低いのです。 金融などに比べると、どうしても低めとなっています。 仕事はきついですが、やりがいがあるという点が、この職種のメリットです。 介護関係の仕事 介護関係は、給料面が低い割には勤務時間が長く、勤務先によっては夜勤などもあるので大変な仕事です。 また、日々の業務が介護という事で他人の体を持ち上げたり入浴のケアをしたりする事もあるので、体力も必要です。 気を付けていても、それでも勤務中に腰を痛めるといった形で体にダメージを負う事もあります。 さらに現在介護関係の仕事は全体的に人手不足なので、どうしても休みがとりにくく、働きすぎの傾向にあります。 精神的にも人間関係の仕事ですから、場合によってはストレスがたまる事も多く、介護を受ける本人やその家族との関係と悩む事もあるのです。 介護関係の仕事はこれからの日本に欠かせない大切な職種なのですが、働く環境があまりにもきつすぎるというのが問題となっているのです。 スポンサーリンク 生命保険などノルマのある仕事もきつい きつい仕事として、やはりノルマのある仕事があげられます。 どのような会社でもノルマの達成は重要となってきますが、特に生命保険などはノルマが厳しく、ノルマが達成できないと上司や社内でのあたりも厳しく、しんどいと感じる事でしょう。 そして、車などの消費物と異なり、保険というのは、そうそうすぐには今かけている保険をやめて、別の保険をかけ直すという事もないので、新規顧客を得るためには相当な努力が必要です。 そのために、お客様となってくれそうな人には何度も電話をかけたりして、アポイントを取らなければなりません。 中には向いている人もいますが、なかなかノルマの達成ができずに苦しむ人も多い仕事といえます。 給料面は比較的良い事が多いですが、向き不向きでかかるプレッシャーはかなり違ってくるでしょう。 終わりが見えない仕事はきつい 例えば,研究者などの仕事があげられるでしょうか。 確かに、今までにない物を世に生み出す、発見するという夢のある仕事です。 しかし、華々しい成功をあげられる保証は誰にでも約束されたものではありません。 彼らは、大きな成功を得られるかの確証の無い中、いつ道が開けるかも分からない、言わば暗闇の中を地道に日々歩き続けなければいけません。 その中で、仕事の行く末、仕事の着地点を明確にし、そこに至る道筋をきちんと立てられない人物は、とても精神的、肉体的にきつい仕事だと感じてしまいます。 また、発見や手柄などの成果は早い者勝ち。 彼らの世界は弱肉強食の世界で、精神的にもタフで、負けん気の強い人物でなければ務まらない仕事であると言えます。 さらに、やっとプロジェクトがうまくいきそうかと思えば、突然プロジェクト自体の中止が言い渡され、今までの苦労が全て水の泡ということも、決して珍しくはないのです。 いつ終わるとも言えない、いつ終わりを告げられるかもわからない環境での仕事は、きつい仕事そのものです。 スポンサーリンク 変化が無い仕事はきつい 例えば、工場の生産ラインなどでの単純作業の仕事です。 誰にでも出来る、簡単なお仕事というのは、一見楽に思えます。 しかし、毎日毎日ほとんど変わったことなど無く、ひたすら同じ作業の繰り返しというのは、主に精神的にきつい仕事でしょう。 自分の変わりはいくらでもいるので、いつ明日職を失うかわからない。 また、体を使ったきつい仕事であっても給与が少ないことが多く、そのような環境下で働き続けることは、まさに「きつい」と言えるでしょう。 命に接する仕事 例えば、医師、看護師、介護職などの病院職員などです。 彼らは、老若男女、優しい人だろうと、罵声を浴びかけてくるような性格に難のある人であろうと、どんな人物に対しても腰を低くし、へりくだって対応しなければいけません。 また、取扱うのは、患者が持つたった一つの「命」です。 ちょっとしたミスが取り返しのつかないことになるかもしれないという状況下での仕事となります。 常にそのような極限状態にさらされるストレスは、とてもきついと言えます。 また、命に接する仕事は、患者等の血液を見ることや、汚物の世話など、まさに3kの職場での、きつい仕事であると言えます。 スポンサーリンク 昇給が無いと仕事がきついと感じる 仕事がきついと感じる理由の一つに、行動が評価されない点が挙げられます。 これは仕事の内容が高度になり、こなせる仕事量が増えても給料に反映されないことがあるからです。 企業によって昇給や能力の評価制度はまちまちです。 しかし、大手など明らかに収益力が違う企業はともかく、同じレベルの中小企業でも給与が上がらないときついと感じやすくなります。 昇給がなければ将来に対する不安も出てきます。 年齢を重ねれば身体が動かなくなり、いつまで続けられるかという不安も出てくるからです。 昇給という評価がついてくればモチベーションも上がりますが、待遇に反映されなければそれだけ意欲も低下します。 正当な評価を得られない仕事は全体的にきついと感じてしまう原因となるのです。 出世や昇給のための具体的なキャリアパスを示してくれる企業は、仕事をきついと感じる可能性が減るのです。 有給を自由にとれない仕事はきついと感じる 給料などが良くても、休みを取りたいタイミングで有給をとれない企業は仕事をきついと感じがちです。 有給をとるのにやたらと理由を求められるのも、精神的に追い詰まる原因となります。 特にエンジニアなど専門職にありがちですが、会社の都合が優先されて休みが取れなくなってしまうと、私生活とのメリハリがつけられなくなることが多いのです。 休みが自由に取れなければ、意欲や能力が低下するだけでなく私生活が犠牲になります。 私生活が犠牲になれば長期的に仕事を続けることが難しくなることがあります。 そのため、給料が低くてもフリーランスに転向する人や、より自由に働ける企業を目指して転職する人も多いのです。 きつさに見合う給料が支払われても、身体や精神が持たなければ意味が無くなります。 場合によっては待遇の改善を求めるなど、自分を守る努力も必要になるのです。 スポンサーリンク 企業や上司の管理能力が低くても仕事はきつくなる 企業や上司の管理能力の低さもきつさを感じる原因になります。 人員の配置や仕事の取り方によって急に残業が増えるなど現場に負担がかかることも多く、上司が変わって休息に職場の環境が悪くなることもあり得るのです。 理由の一つに、ノルマや売り上げに対する意識があります。 管理職になると売り上げを上げる事を求められることが多く、収益重視の方向に舵を切ることが珍しくないのです。 また、人によって余裕に対する意識も異なります。 人員的な余裕がなければ有給が取りづらくなることや、緊急時のトラブルに対抗できなくなる場合があります。 しかし、余裕を無駄と考え、常に全力で稼働させれば生産性が上がると考える企業や上司も多いのです。 企業の経営方針の変化や、上司の変化は仕事のきつさに直結することがあります。 きつさが増せば割に合わない仕事になることもあるため、労働組合を通じて意見を送ることや、転職を考えるなど、対策も大切になるのです。 下請の仕事 システム開発や会計など、様々な分野でアウトソーシングが進んでいます。 アウトソーシングの利点はコストを下げられることですが、下請けとして仕事を受け始めた場合は利益率の確保に苦労することになります。 問題は、低い報酬が常態化すると待遇の改善が難しいことです。 同じ単価で品質の向上を求められる場合も多く、時間と労力だけがかさんで儲けが増えないということもありがちになります。 大手企業の下請けとして仕事を受ける中小企業も珍しくなく、深刻な低賃金を招く原因ともなっています。 待遇を改善するためのポイントは、きつい仕事を断ることです。 仕事が断れない場合や、待遇の改善を要求できない場合はいつまでも状況が改善されないからです。 内容が良ければもっと高い報酬で依頼をしてくれる企業も出てくるため、取引先を選ぶことも大切になるのです。 評価を報酬で返してくれる取引先を選んだ方が余裕が生まれやすいのです。 きつい仕事ばかりなら辞める いかがでしょうか。 今回は、きつい仕事について、お伝えしました。 どのような仕事でもきついと感じる部分がありますが、自分がその仕事に向いているか、耐える事が出来そうかという事を、ある程度考えてみるという事も大切だといえるでしょう。 ちょっとやってみて、これはきつい仕事だからもう嫌だ・・・となっていたら、他の仕事も絶対に続くことはありません。 しかし、ある程度慣れるまでやってみて、どうしても仕事にやりがいがない、楽しいとは思えないのであれば、その時は ことや転職を検討するべきでしょう。 タイミングが難しいのですが、自分の気持ちに正直になって決断すると、後悔することはありません。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

きつい・人気のない仕事ランキングTOP10|変わった職業・人気の職業も

きつい 仕事 ランキング

コンテンツ目次• 以下、職業ごとに分けて紹介しています。 ・ブルーカラー ブルーカラーは、青い襟の作業着・制服から由来しています。 土木・建築系や、メカニックエンジニア、警備などの、現業系・技能系の職業を指す言葉です。 ブルーカラーの業界は、労働環境が「きつい」「汚い」「危険」である傾向にあり、これらの頭文字をとって「3K」としています。 ・ホワイトカラー ホワイトカラーは、白い襟のYシャツを着用する頭脳労働のことを指します。 含まれる主な職業は、IT系、事務職、管理職などです。 3Kは肉体労働を主とする職場のイメージとして用いられていましたが、これまで3Kとされていなかった職業も、残業の多さなどの過酷な労働環境が取り沙汰されるようになり、「きつい」「帰れない」「厳しい」など、「新3K」として定義されるようになりました。 なお、新3Kの内容は、職場によってさまざまです。 ・看護師 看護師の労働環境は、「休暇がない」「規則が厳しい」「給料が安い」などを含めた6つの項目が従来の3Kに追加され、「9K」と言われています。 これは1992年に日本医労連 日本医療労働組合連合会 が「ナース・ウェーブ行動」によって上記のように訴えたことから浸透し、当時の流行語大賞の表現部門で銀賞を受賞するまでに至りました。 「3K」は、人手不足の問題が深刻化し、外国人労働者が急増した1990年に登場し、流行語となりました。 そのような背景と、上記のような状況も踏まえると、3Kは過酷な労働環境を指していることがわかります。 <関連記事>• 【介護業界】 一人での日常生活が困難な高齢の方を、在宅介護や施設介護でサポートしています。 代表的なサービス形態は、以下のとおりです。 ・訪問介護 高齢の方の自宅を訪問し、入浴や食事のお手伝い 身体介護 や、家事やお買い物の代行 生活援助 を行います。 ・デイサービス 利用者の方が施設に通い、機能訓練やレクリエーションなどに参加して一日を過ごす日帰りのサービスです。 施設によっては、機能訓練のみに特化した短時間のサービスも行っています。 ・有料老人ホーム 施設に入居している高齢の方に、排泄や入浴、食事などの生活全般のお手伝いや、レクリエーションやイベントの開催などのサービスを行っています。 ・介護老人保健施設 治療を終えて回復期に入った高齢の方が、不安なくご自宅に復帰できるように、一時的に入居するリハビリ中心の施設です。 病院と併設する施設には、医師や看護師が配置されており、医療体制が整っています。 ・グループホーム 認知症の方がおよそ10名ほどの少人数で共同生活をする小規模な施設です。 自立支援と認知症の緩和の観点から、全てをお手伝いするのではなく、家事などを職員と入居者の方が共同で行い、一人では難しいことはお手伝いするスタイルとなります。 介護のお仕事は、利用者の方と信頼関係を築いたり、利用者や家族の方に感謝されたりというところにやりがいを感じている方が多いようです。 高齢の方と接するのが好きだったり、人のお世話をするのが好きだったりする方に向いている職業といえるでしょう。 【建設業界】 建設業界は、28種もの業種に分かれており、バリエーションが豊富です。 以下、その中の一部を紹介します。 ・土木工事業 木工やとびなどのさまざまな専門工事業と協力し、主にトンネル、ダム、道路、橋などの建築に関わります。 ・とび・土工工事業 足場組立、コンクリートによる工作物の増築、杭打ちなどを行う業種です。 ・建築一式工事業 建築物を建築する際、企画、指導、調整を行います。 総合的なマネジメントを行う元請けの立場であり、建築は下請けの専門工事業者が行う形式です。 ・大工工事業 木材の加工や取り付けにより、工作物の築造または木製設備の設置を行います。 ものづくり携わる職業の一つであり、時代に合わせてさまざまな工夫が要求されます。 自分が関わった建築物が形や記録となって残ることに楽しみを見出している方が多いようです。 【清掃業界】 一口に清掃業界といっても、さまざまな分野に分かれています。 ・ハウスクリーニング お客様の自宅を訪問し、電化製品や家具、水まわり、キッチン、お部屋などをお掃除し、快適に暮らせるようにサポートする業務です。 ただ掃除をするだけでなく、清潔な状態の維持も目的としています。 ・ビルクリーニング オフィスビルやデパート、スーパー、学校、駅など、公共的に利用される建築物の清掃を主に行います。 ・病院清掃 病院の清掃を専門的に行う業務です。 施設の特性上、通常の建築物よりも衛生管理を求められるため、掃除の際は消毒や感染予防を徹底して行います。 ・特殊清掃 一人暮らしで亡くなった方のお部屋を清掃するお仕事です。 死後数日経っているお部屋を訪問することが多いため、室内の消毒や状態の回復が主な目的となっています。 お客様から感謝されるだけでなく、働きながら清掃に関する知識や技術を身につけられるため、自分自身の生活にもプラスになるお仕事といっていいでしょう。 3Kと一括りにされている職業でも、大変なだけでなく魅力も多くあります。 また、近年は職員のワークライフバランスに配慮し、休暇を取りやすくする、短時間勤務を取り入れる、福利厚生を充実させるなど、労働環境の改善を図っている企業も増えてきているようです。 <関連記事>• また、自分に合っていない仕事を選んでしまうと「きつい」と感じることもあります。 自分の適性をしっかり把握し、希望する企業や業界の研究を十分に行いましょう。 的確な自己分析を行いたい方は、エージェントを活用し、第三者の目線を取り入れてみるのもおすすめです。 ハタラクティブでは、専属のアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行っていますので、自分でも気がつかなかった適性を知ることができます。 また、求人情報は実際に取材したものだけを紹介しているため、詳しい仕事内容や職場の雰囲気を掴むことが可能です。 自己分析に自信がない、自分の適性がわからないとお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

次の