ご相談に乗っていただき。 「相談に乗る」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ご相談に乗っていただき

このオンライン宿泊には特典が付いております。 「朝食体感コース」と「想いを体感するコース」の二種類が選べるのですが、今回ぼくは「想いを体感するコース」を申し込みました。 笑 当日は5名もの方が集まってくださり、色々お話をしてくださりました。 事前に質問を送っていたので、それをベースに話をしていきました。 参考までに事前に送っていた質問のリストを載せておきます! ======================= 生活のこと 1. 自治会など地域の活動とは、どのくらいの頻度でどのようなものがあるのでしょうか。 ニュースにもあるように、地方移住の流れが加速していますが、問合せは増えていますか? 仕事のこと 3. 皆さん、どんな仕事をされているのでしょうか。 また、その仕事はどうやって見つけられましたか? 4. 自転車レンタルやコワーキングスペースの運営の事業を起こす事を考えています。 事業を起こす際の資金調達やPRなどはどの様にされましたでしょうか。 また、事業を進めていく上でメンター的な人の出会いはありましたか?事業計画のたたきを作ったのですが相談する相手がおらず、進め方迷子になっています・・・ 家のこと 5. 家はどの様に探されましたか? 人のこと 6. やる気は十分あり、体も健康ですが、何か特殊な技能(ウェブサイト作れたり、何か設計出来たり、資格があったりなど)があるわけではないので地域に貢献できるかが不安です。 やはりそういったスキルがないと移住は難しいでしょうか? ======================= 以下は、お聞きした内容のまとめです。 地域の掃除、蕎麦祭り、運動会、新年会などがある。 もちろん町によって違う。 こんな事がしたいということも含めて伝える。 本当に、得難い機会をいただき、ここまで色々お話しできて本当に嬉しかったです。 最初申し込みをしたときは不安だったのですが、今では嘘のようです! 移住やゲストハウスの運営、その他もろもろ何かやってみたいけど不安・・・という方はお話し聞いていただくと前向きに進めていけるようになると思いますよ〜! 皆さん、本当にありがとうございました! そして、ここまで読んでくださって、ありがとうございました!.

次の

マンションの騒音について。 長くて面倒な方は一番下の相談部分だけ読んでください。 相談に乗っていただきたいのと、 少しだけ気持ちを吐き出させてほしいです。 先週引っ越してきて初

ご相談に乗っていただき

尊敬語と謙譲語について敬語が難しいのは、尊敬語と謙譲語の区別が付きにくいのが最も大きな要因でしょう。 中でも尊敬語の「お食べになる」「お怒りになる」と「ご登場する」「おすすめする」などは類似点が多く、混同してしまいがちですよね。 これらの言葉を見極めるためには、「なる」と「する」の違いについて判断することが重要です。 「なる」は一人でその状態になることで、「する」は人の動作を表現する時に使うもの 敬語の「なる」と「する」の違いについて、「なる」は基本的にひとりでその状態に変化することを指します。 例えば「雨水が溜まって水溜りになる」「夜が明けて朝になる」などのように、人の力ではどうしようもない変化が該当します。 続いて「する」についてですが、これは「ご相談する」のように、人の動作を表現するときに使われます。 相手の行為を敬語で表現するときには、「する」が正解ですが、敬意を持って表現するために、大いなる力を指す「なる」と表現されるケースもあります。 相談する時の表現は? 相談するのはビジネスの基本です。 よく報連相(ホウレンソウ)という言葉を耳にしませんか?報告・連絡・相談の略です。 それだけ「相談する」という行為は、ビジネスで重要不可欠だというのが分かりますね。 では、実際に相談するとき、何と言って切り出せば、上手に相談する事が出来るのでしょうか。 「ご相談させてください」と伝えよう! ずばり、相談するには「ご相談させてください」というのがベストです。 これは、後述する通り、敬語としてのルールにも則っていて、適格な言葉遣いです。 何か相談したければ、以下のようにご相談させてくださいと伝えてください。 」 「今回のプレゼンについてご相談させてください。 」 「給料交渉の件について、ご相談させてください。 」 といった形で、ご相談させてくださいというワードを使いましょう。 ただし、ご相談させてくださいと言えば何でも許されるわけではありません。 必ず相手の都合を考慮したうえで、ご相談させてくださいと言うようにしましょう。 言葉遣いとして「ご相談」は間違いではない 上司などの目上の方、そして取引先の方に相談がある場合、「ご相談があるのですが」という敬語の表現方法と「相談があるのですが」という方法が存在しますが、敬語としてはどちらの表現が正しいのか曖昧になっている部分がありますよね。 結論としては、謙譲語として「ご相談」を使うことは間違いではありません。 これは「相談」という行為が相手にまで及ぶことが要因です。 そのほかにも「ご報告」「お手紙」「お願い」なども同様になります。 「ご相談がある」の違和感は「ある」という言葉が敬語表現になっていないから 「相談」でも「ご相談」でも問題がないとはいえ、「ご相談がある」という言い方にどこか違和感を感じる人も少なくありません。 その違和感の原因としては、うしろの動詞の「ある」という言葉が敬語表現になっていないことからきています。 つまり、文章中の前後のバランスが取れていないのです。 謙譲語にするなら「ご相談に上がる」としてランクアップ! どうしても「ご相談がある」に違和感を拭えないという人は、「相談に上がる」「相談申し上げる」「相談いたします」のほうが良いでしょう。 尊敬語の場合であっても、「手続きをなさってから」「お手続きをした後に」等の言葉を比較してみると一目瞭然です。 ちなみに、「相談申し上げる」という敬語や「ご相談致します」などは謙譲語になり、「ご相談があります」は丁寧語に分類されます。 謙譲表現と比較すると、どうしても敬意が軽く受け取られてしまう可能性もあります。 相談する時には敬語表現として「ご相談に上がる」などの正しい謙譲語にして使おう! 「ご相談」という言葉をピックアップして敬語の使い方をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。 相談するのはビジネスの基本です。 しかし、相談する時に何て切り出せばいいか分かっていない人は多いもの。 相談する時は、ご相談させてくださいと言いましょう。 この「ご相談させてください」は、シンプルかつ丁寧な言い回しなので、すぐに実践可能です。 「ご相談」を使うときは謙譲語に直すと使いやすくなりますので試してみてください。 基本的には自分が行動する場合には「御」をつけず、相手側が行動をするのであれば敬語を意識するのが吉です。 ちなみに「ご相談」は二人に関わる言葉なので、厳しく問われることはないでしょう。 基礎的なことから応用的なものまで、正しい敬語を学んでいってくださいね。

次の

「ご相談」はメールの件名に使える?文例で敬語表現を完全マスター

ご相談に乗っていただき

「ご相談」の意味と敬語 「ご相談」の意味は「相手に意見を求めること」 「ご相談」は、「相談」という言葉に接頭語の「ご」をつけることにより、敬語表現しています。 「相談」とは、「 適切な結論を出すために、他人と話し合ったり他人の意見を聞いたりすること」をいいます。 自分の話を聞いてもらったり、アドバイスを相手に求めるときは「相談する」といい、その逆に自分が話を聞いたり、アドバイスをする場合は「相談にのる」というように表現します。 「ご相談」の敬語の種類は、基本的に尊敬語(謙譲語の場合もあり) 接頭語「ご」は敬語であり、 文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなりえます。 「ご相談」の場合、相談するのが自分であるという時は相手への敬意を示した尊敬を表す接頭語になります。 逆に自分が「相談をされる」というときの「ご相談」の「ご」は、相手に敬意を示して自分の行動をへりくだった表現をする「謙譲語」になります。 このように接頭語の「ご」の意味合いは、使い方によって変化しますが「ご相談」の場合、基本的には「尊敬語」もしくは「謙譲語」であるといえます。 「ご相談」の前後の言葉も敬語にする 「ご相談」という言葉を使用する場合は、 前後の言葉も敬語にする必要があります。 例えば「ご相談がある」などの表現は、「ある」が敬語表現になっていないため不自然です。 相談をする場合は「ご相談させてほしい」というお願いをする敬語表現にすることはもちろんのこと、「相談がある」なども後につづく言葉は敬語表現に変える必要があるということを頭に入れておきましょう。 「ご相談」の例文:自分が相談する場合 「ご相談させてください」が一番無難 相手に相談にのってくださいとお願いをする場合、「 ご相談させてください」が一番無難な表現です。 「させてください」は、「 〜させてほしい」という意味の敬語表現です。 つまり、「ご相談させてください」は、「相談させてほしい」という意味の敬語表現であるといえます。 しかし、「ください」という表現が「くれ」を丁寧語・尊敬語にした命令するニュアンスのある言葉であるため、目上の人にお願いをする言葉としてふさわしくないという考えもあります。 誤った表現ではありませんが、使用する相手によってはもっと丁寧な表現をするほうが好ましい場合もあります。 「させていただく」は、相手に許可や了承を得る表現で、「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 つまり、「ご相談いただけますと幸いです」は「 相談にもってもらえると嬉しいです・ありがたいです」というニュアンスになります。 「ございます」は、存在するという意味の「ある」の丁寧語で、「相談があります」という言葉を丁寧に表現したものであるため、目上の人にも使用することができます。 「〜したいです」は、「〜したい」という自分の願望を伝える表現ですが、 「〜したいです」という表現では相手に敬意を示す敬語表現にはなりませんので、社外の人や、目上の人に使用する表現としては、あまりふさわしくないと言えます。 身近な人など関係性によっては使用しても問題ありませんが、「ご相談したく存じます」などさらに丁寧な表現をすることが望ましいと言えるでしょう。 お時間いただけますか?」 「ご相談に乗ってください」は自分の行為に対して尊敬語を使ってるので不可 「ご相談にのってください」は、自分の行為に対して尊敬語を使用しているため誤用となります。 上述しているように、 接頭語の「ご」が相手に対して尊敬を表していう表現になりますので、自分の行為に対して使用することはできないのです。 「相談に乗る」という表現を使用するのであれば、「相談にのっていただきたいです」というような謙譲語で使用することが正しい表現になります。 「〜させていただきたい」は「させてもらう」の謙譲語である「させていただく」を使用した言い回しで、「〜させていただきたい」には「 あなたが許可してくれたら」というニュアンスが含まれるため、相手の許可が必要な表現です。 また、「ご相談させていただきたい」は、「相談」の謙譲語の「ご」に、「させていただく」という謙譲語で成り立っているため、二重敬語となります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 「ご相談に乗っていただき〜」でお礼・感謝 相手に相談にのってもらったことに対するお礼の気持ちを表現する場合は、「 ご相談に乗っていただき〜」を使用します。 この場合の「〜いただく」は、「〜してもらう」の謙譲語で、お礼を伝える様々な場面で使用できる表現で、「ご相談にのっていただきありがとうございました」など、感謝の気持ちを続けて使用することができます。 例文 「この度は、お忙しい中ご相談にのっていただき誠にありがとうございました」 「今回のプロジェクトに関しましてご相談に乗っていただきありがとうございました、お陰様で無事に成功させることができました」 「ご相談させていただくこともあるかと存じますが〜」はメール文末で使う 「ご相談させていただくこともあるかと存じますが〜」は、メールの文末で使用する言い回しです。 「ご相談させていただきたくこともあるかと存じますが〜」は、「 相談させていただくこともあると思いますが」という意味の丁寧な表現で、相手に対して「今後、相談させてもらうかもしれませんが、その時はよろしくお願いします」というニュアンスで使用されます。 例文 「今後、ご相談させていただくこともあるか存じますが、どうぞよろしくお願いいたします」 「ご相談させていただくこともあるかと思いますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。 」 「ご相談」の例文:自分が相談される場合 「ご相談いただければと思います」が一般的 「ご相談いただければと思います」は、一般的に相手に「 何かあったら相談してくださいね」というニュアンスで使用する表現です。 「ご相談いただければと思います」の他にも、 ・ご相談いただければと存じます ・ご相談いただければ幸いです といった表現を使用することも可能です。 例文 「仕事内容に関して何かお困りの際は気軽にご相談いただければと思います」 「買い取り金額に関しては、ご相談いただければと思います」 「勤務時間については、ご相談いただければと思います」 「ご相談ください」は可 「 ご相談ください」でも使用可能です。 しかし、「ご相談ください」だと、「ください」という「くれ」の丁寧語を使用していることから命令口調に感じられ、上から目線だと思われてしまう可能性があります。 特に取引先の相手など目上の人に使用する場合は、より丁寧な表現をすることが好ましいです。 使用する相には注意が必要な表現です。 例文 「何かお困りの際は、受付の者へご相談ください」 「医療費に関する領収書については、それぞれの医療機関はご相談ください」 「常備薬がある場合はかかりつけの医師へご相談ください」 「ご相談してください」は不可 「ご相談ください」は使用可能ですが、 「ご相談してください」は誤った表現であるため使用することはできません。 「してください」は、他人に行動を促す丁寧語です。 つまり、相手に敬意を示す表現方法である尊敬語や謙譲語とは違い、相手に敬意を示しているわけではないため相手の行動を促す言葉として失礼になる場合があります。 また、「相談してくださいね」のように、語尾につく「ね」は念を押す意味合いが込められていて上から目線で物を言われているという印象をうけてしまう可能性がるので、目上の人へ使用することは避けましょう。 「ご相談を承ります」だと丁寧 「ご相談を承ります」だとさらに丁寧な表現になります。 「承ります」は「 うけたまわる」と読みます。 つまり、「ご相談を承ります」は「慎んで相談をうけます・お聞きします」というニュアンスの丁寧な言い回しになります。 ビジネスメールでは、基本的に件名を入れ、ひと目で用件がわかるようにすることが、相手の手をわずらわせないためのマナーでもあります。 相談内容は簡潔にまとめる 相談内容に関する本文の内容は、ダラダラと書かずに簡潔にまとめましょう。 ダラダラと余計なことを買いてしまうと、何が相談したいのかわらないといったことになってしまい、相手に余計な時間をとらせてしまうことになります。 万が一、相談内容が複数あるというような場合には箇条書きにするなど相手が内容をわかりやすくするための工夫をしましょう。 「相談」が付く言葉 別途相談 「別途相談」は、「 べっとそうだん」と読みます。 「別途」は、「別の方法」「別の扱い」という意味のある言葉で、「別途相談」は「 別のことも相談に応じますよ」という意味の表現です。 「別件で」「別に」といった言葉を同じ意味がある言葉です。 例文 ・料金に関しては、別途相談を承りますので。 ・詳細については改て別途相談させていただきます。 要相談 「要相談」は、「 ようそうだん」と読みます。 「要相談」は、「 相談する必要がある」という意味で使用される言葉で、つまり「条件によっては相談をしてもらう必要があります」という意味合いで使われます。 例文 ・記載されている時間帯以外をご希望の場合は要相談。 ・貸し出しをご希望の場合は要相談。 応相談 「応相談」は、「 おうそうだん」と読みます。 「応相談」は、「 相談に応じます」という意味で使用される言葉です。 「相談してもらえれば、可能な限り応じます」というニュアンスで使用されます。 例文 ・オープニングスタッフの募集を行っておりますが、勤務開始日については応相談。 ・当社では、時間応相談の求人情報を多数ご用意しています。 「ご相談」の類語 ご質問 ・「 ご質問」 「ご質問」は、「質問」とう言葉を「ご(お)〜をする」という謙譲語にして使用しています。 「質問」は、 相手にわからないところや疑わしい点について問いただすという意味の言葉です。 例文 ・ご質問がございましたら、受付のものにどうぞお尋ねください。 ・本日、ご質問は全部で3点ございますので順番にご質問させていただきます。 お問い合わせ 「お問い合わせ」は、「 尋ねて確かめること」という意味で使用される言葉です。 例文 ・先日お問い合わせいただいていた件に関しまして回答いたします。 ・テレビで紹介された影響でたくさんのお問い合わせがありました。 お伺い 「お伺い」の意味は、「 聞く・訪ねる」の謙譲語です。 「伺う」という言葉自体に、「聞く」「伝え聞く」「尋ねる」「訪問する」「行く」の謙譲語の意味があります。 相談として、相手の意見を聞きたいというような場合には「伺う」というへりくだった表現をすることで、目上の相手へ敬意を示します。 ・後日直接お話をお伺いしたいのですがよろしいですか?.

次の