ポン酢レシピ。 【みんなが作ってる】 ポン酢 作り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

かけるだけじゃない!便利なポン酢の簡単レシピ [一人暮らし] All About

ポン酢レシピ

お手製の「ポン酢」を作りませんか 鍋物には付き物の「ポン酢」、皆様のご家庭ではどうしてらっしゃいますか? 私が子供の頃、我が家の「ポン酢」は、食べるときに自分で柑橘果汁(いわゆる「ポン酢」と云う名称で市販されている味のついていないタイプです)に醤油を混ぜて作っておりました。 一口に言うと「塩っぱくて」て「酸っぱい」だけの「ポン酢」でした。 たまの外食で鍋を食べると、そのお料理屋さんの「ポン酢」は旨いのなんの。 我が家の「ポン酢」とは大違いです。 「なんで家のは酸っぱいだけなんだろう?」 「食べ物屋さんのはどうやって作っているのだろう?」 と、子供のくせにずっと疑問をもっておりました。 数年前、どうしても「あの食べ物屋さんのおいしいポン酢」を自分で作りたくなりました。 聞くは一時の恥とばかり、お客さん(板前さん)何人かに聞きました。 例によって、十人十色の作り方でございましたが、シンプルで旨そうな方法を試したら、 意外と簡単に、「あの味のポン酢」が出来上がりました。 柑橘果汁 すだち、橙(だいだい)などを手絞りすれば本格的なんでしょうが、 市販の「味のついていないポン酢」で大丈夫です。 ただし、市販のポン酢の多くは、 果汁100%ではありません。 醸造酢が主原料になっているようです。 酢に色と香りを付け、酸味料を加えて、それらしく仕上げます。 もちろん、果汁も入っているようですが、実際にどの程度入っているのでしょうか? できれば、を使いたいものです。 ちなみに私の好みは「すだち」。 我が家ではでポン酢を作っています。 味醂 醤油:柑橘果汁:味醂の割合は「5:5:1~2」が目安です• かつお節 写真は、たまたま、「まぐろ節の血合抜」を使っていますが、普通の「かつお節」で何ら問題はありません。 ただ、宗田節、鯖節の類は避けた方が良いと思います。 昆布 これも、たまたま、真昆布を使っていますが、羅臼でも利尻でも日高でも良いのですよ。 日高は甘みが一番少ないとは思います。 かつお節と昆布の量はお好みでどうぞ 私は、かつお節と昆布は入れれば入れるほど旨くなるとかたくなに信じていますので、いっぱい使います。 写真の時は醤油、すだち、味醂の総量が約1.2リットルに対して、まぐろ節が60g、昆布は12センチ各程度 でした。 ダマされたと思って、一度、かつお節と昆布を思いっきり入れてみてください。 本当においしいですから。 さあ、作りましょう。 先ずは・・・ 大きめのボールに、醤油、柑橘果汁、味醂を入れてかき回します。 次に・・・ かつお節と昆布を入れます。 ボールいっぱいにかつお節を入れても、時間が経つと沈みますからご安心を。 せっかちな方は菜箸で軽く突っついてください。 そして、24時間待てば出来上がり 24時間経ったら(夏場は冷蔵庫に入れてください)、ボールの中身を濾してかつお節と昆布を取り出せば、 お手製「ポン酢」の出来上がりです。 漉して出来上がったポン酢は、瓶に移し、冷蔵庫で時間の許す限り、寝かせてください。 (出来上がったポン酢は常温保管できません) 味は味醂で調整します 果汁があまり入っていない市販の「味のついてないポン酢」は酸っぱくないので、 私は味醂の割合を1にしていますが、100%果汁の柑橘果汁は酸っぱいですから、 味醂の割合を1.5にしています(2だと私には甘いですね)。 味醂の量を加減して、お好みのポン酢の味付けをみつけてください。 ポン酢は寝かせれば寝かせるほど旨くなります 弊店のお客様からを募集したところ、 ポン酢を仕込んでから使い始めるまでに寝かせる日数の平均は110日でした。 ポン酢を寝かせる事により、柑橘酢の角が取れ、実にまろやかな味になります。 私自身、5ヶ月間寝かせたポン酢を使ってみましたが、 その旨さに感動してしまいました。 時間の許すかぎり、熟成させてからお使いになる事をお勧めします。 伏高は、大正7年に祖父が日本橋の魚河岸で創業しました。 関東大震災の後、魚河岸と一緒に築地に移転して以来 飲食店様への海のだしの卸売りを生業としています。 厳しいプロのお客様にご満足していただける 高品質の素材を目利きする力、集める力があってこそ、 長年、市場で商売が続けられたのだと思います。 プロ顧客に鍛えられた100年以上歴史が、 品質の証です。 築地仲卸 伏高 三代目店主.

次の

かけるだけじゃない!便利なポン酢の簡単レシピ [一人暮らし] All About

ポン酢レシピ

ポン酢はしょう油よりもさっぱりと仕上がる もともとはオランダの7スパイスカクテルである「ポンス」が18世紀ごろに日本に渡り、日本独自の工夫がなされて現在のポン酢が誕生しました。 そんな ポン酢は醤油よりもさっぱりとしているので料理に使ってもさっぱりとした味わいと後味で食べやすくなります。 いつもは醤油を使っている料理でもさっぱりと食べたいと思ったときには人気のポン酢を使ってみるといいでしょう。 例えば冷ややっこ一つにしても醤油で食べるより、ポン酢で食べるととてもさっぱりとしていつもとは違う味わいになります。 醤油では結構濃い味になってしまいがちな料理もあるので、たまにはポン酢に変えてみてもおいしく食べられるでしょう。 手作りポン酢のおすすめレシピ3選 ポン酢を手作りするのも人気となっているようですね。 自分の好みの味に作れるので食べやすいでしょう。 そんな人気の手作りポン酢レシピをご紹介します。 ゆずを使って手作りポン酢• 梅干しですっきりポン酢• ゆず:果汁100ml• 濃口醤油:150ml• 昆布:5g• 鰹節:5g 清潔な瓶に醤油と果汁を合わせ、昆布と鰹節をしずめて冷蔵庫で1~2日寝かせましょう。 可能ならば1~2週間寝かせるとさらにおいしくなります。 手作りのポン酢は長く寝かせるほどうま味が増すのです。 使う時には昆布と鰹節は取り出し、半年を目途に使用できます。 柚子以外にもすだちや橙などの柑橘類でも大丈夫ですが100mlの果汁を用意しましょう。 果汁が足らない場合には市販の果汁をプラスしても大丈夫です。 柑橘類の果汁:300㏄• 米酢:100㏄• みりん:70㏄• 酒:30㏄• 醤油:350㏄• 鰹節:20g• 昆布:10g• 梅干し:1個 清潔な瓶に材料を入れて1週間ほど冷蔵庫で寝かせましょう。 梅干しも入っているのでとてもさっぱりとしたポン酢が出来上がります。 酢:180cc• みりん:120cc• 醤油:300cc• レモン果汁:300cc• 鰹節:20g• 冷蔵庫で2~3日寝かせてから濾して再び冷蔵庫へ。 濾したものをすぐに使う場合には酸味が強いように感じますが、長く寝かせることでまろやかになります。 柑橘類は市販の果汁をつかっても良いですが、 搾ったものの方が香りも良いですし、風味も違ってきますよ。 ポン酢を使った肉料理のおすすめレシピ5選 ポン酢を使って肉料理を作ってみましょう。 豚バラもやし巻き• 根菜と豚バラのポン酢炒め• さっぱり鶏チャーシュー• 豚肉となすのさっぱり炒め• 材料 (2人分)• 豚肉150g~• もやし1袋• レタス4枚• 塩コショウ適宜• お酒大さじ2• 生姜 1片 千切り• ポン酢大さじ3 お皿にちぎったレタスを敷き、もやしはさっと茹でて水にさらしておきましょう。 もやしを適量まとめ、豚肉でくるくると巻いていきます。 フライパンに油を熱し、巻き終わりを下にして並べて焼き、塩コショウをふっておきましょう。 お肉に火が通ったらお酒、ポン酢、しょうがを入れてひと煮たちさせてレタスの上に盛り付けて出来上がり。 材料 (2人分)• 豚バラ肉150g• レンコン150g• 長芋 250g• ポン酢大さじ2• 水大さじ2• ネギ1本• 唐辛子 適量 豚バラを3㎝くらいにカットしてフライパンで炒め、火が通ったら輪切りにしておいたレンコンと長いもを入れます。 ポン酢、水を加えて水分がなくなるくらいまで煮たらお皿に盛り付けましょう。 ネギと唐辛子を乗せれば完成です。 材料 2人前• しょうが1かけ• にんにく1かけ• 赤とうがらし1本(お好みで) まずは生姜は薄くスライスし、にんにくはつぶしておきます。 赤唐辛子は種を取り除いておきましょう。 鶏肉は皮の付いたままで水気をキッチンペーパーで拭き取り、フォークで全体にまんべんなく穴をあけておきます。 フライパンに(A)と生姜、にんにく、赤唐辛子を入れてひと煮たちさせ、皮目を上にして鶏肉を入れて蓋をします。 約7分ほどでひっくり返し、さらに7分煮詰めます。 火をとめたら皮目を下にしたまま10分ほど置いておきましょう。 お好みの厚さに切り、煮汁をかけてできあがりです。 材料 2人前• 豚バラ肉 薄切り160g• なす2本• ごま油大さじ1• ポン酢大さじ2• 万能ねぎ (小口切り)適宜 豚肉となすは食べやすい大きさに切り、なすを10分ほど水にさらしておきます。 キッチンペーパーでしっかりと水気をとりましょう。 ごま油をフライパンで熱し、豚バラを炒めて火が通ったらなすを投入。 なすが柔らかくなったら余分な油をキッチンペーパーで取り除き、ポン酢を入れてさっと混ぜ合わせます。 お皿に盛り付けてネギを散らしたら完成です。 ポン酢大さじ4 ハンバーグのたねをしっかりとこねて滑らかにしたら、2つに分けて形を整えます。 油を熱したフライパンで強火で焼き、焦げ目がついたらひっくり返して蓋をして弱火で仲間で火を通します。 楊枝を指して肉汁が透明になっていたらポン酢を加えて絡ませてできあがりです。

次の

手作りポン酢のレシピ/作り方:白ごはん.com

ポン酢レシピ

大根にもポン酢がしみしみ。 フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を焼きます。 両面色づいたら、大根とポン酢、水を加えて、少しずらした状態でフタをして、20分ほど煮ます。 大根が柔らかくなったら、できあがり。 煮詰めすぎると辛く感じるので、注意してください。 酸味はそれほど強くありませんが、甘みは控えめなので、お好みでポン酢と一緒に砂糖を加えて煮込むと、より角煮の味に近づきます。 酢鶏 酢鶏に使う甘酢あんを作るとなると、酢・醤油・砂糖・だしの素などたくさんの調味料が必要です。 でも、ポン酢とケチャップがあれば、他の調味料なしで、とろみのある甘酢あんができます。 市販の冷凍唐揚げを使えば、あっという間に完成です。 ポン酢とケチャップで本格的な甘酢あんに。 パプリカと玉ねぎをくし切りにします。 ポン酢とケチャップ、水を混ぜ合わせておきます。 フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを炒めます。 透明になったら、鶏の唐揚げとパプリカを加えて、さっと混ぜ、合わせ調味料を全体になじませたら、できあがり。 調理時間はわずか5分程度。 あれこれ調味料を揃えたり、市販のタレを買わなくても、ちゃんと美味しい甘酢あんかけができあがります。 冷凍の唐揚げを使いましたが、お惣菜などでも、もちろんOK。 ピーマンやにんじん、しいたけなど、お好みの野菜を加えても美味しいです。 たことキュウリとわかめの酢の物 一人暮らしで意外と使いにくいのがお酢。 そのため、持っていないという人も多い調味料です。 酸っぱいものが食べたいときに使うなら、ポン酢の方が汎用性が高くて便利。 ポン酢があれば、シンプルな和食の酢の物も作れます。 和食の基本である酢の物。 たこはそぎ切りにします。 わかめは水で戻しておきます。 ポン酢、水、砂糖、かつおだしの素を合わせ、きゅうりとたこ、わかめになじませたら、できあがり。 かつおだしの素は、お好みの和風だしの素を使っていただければOK。 これが入るだけで、ぐっと本格的な和の味。 お酒に合わせたくなります。 ナスときゅうり、もやしとわかめなどを和えても美味しいです。 ポン酢卵 味がしみこんだ卵はとても美味しいもの。 そのアレンジ版としておすすめなのが、ポン酢卵。 他の調味料を合わせずに、ポン酢だけで作れるので、手軽です。 味付き卵のポン酢バージョン。 ポン酢と水を合わせて、ゆで卵とともにフリージングバッグなどに入れます。 半日程度すると、味がよくしみます。 ポン酢ならではの酸味が暑い季節にぴったりです。 おつまみにしたり、ラーメンに添えたり、お弁当の一品としてもおすすめ。 ちなみに、めんつゆを使えば、たくさんの調味料いらずで、いつもの味付き卵が作れます。 好みにもよりますが、温めるならめんつゆバージョン、冷やして食べるならポン酢バージョンの味付けが美味しいように思います。

次の