キムタク シャンクス。 【ワンピース】シャンクスの正体・伏線まとめ【伏線・考察】

【ワンピース】 キムタクがシャンクスのイラストを描く お気に入りキャラなんだな : あにまんch

キムタク シャンクス

[以下引用] 13日のインスタで、《こんな時間の過ごし方、久々でしたぁ!! 》というコメントとともに、色鉛筆でイラストを描いている自身の写真を公開した木村。 その絵は、兄・エースを救うことができなかった主人公・ルフィに対し、シャンクスが「勝利も敗北も知り 逃げ回って涙を流して 男は一人前になる」「泣いたっていいんだ…!! 乗り越えろ!!! 」と独白するシーンを描いたもの。 外出自粛生活が続く中、シャンクスの言葉に重ねて、ファンにアツいメッセージを送ったようだ。 インスタグラムではなく、 中国版ツイッター『ウェイボー』で投稿された最初のイラストは、『乗り越えろ!!! 』が『乗り起えろ!!! 』になっていました。 すぐにミスに気が付いたのか、木村はこの投稿を即削除。 そして訂正して再投稿したのですが、時すでに遅し。 」について、ツッコミを入れずにはいられなかった模様。 《アンチじゃないけどこれは恥ずかし過ぎる…》 《笑いが止まらないww 嘘でしょ!? 》 《何が「起えろ」だよ。 《毎日やらかしてて気の毒になってくる》 《コロナで沈んだ気持ちに笑いをくださるTAKさん》 《インスタがバカ発見機になっちゃうよ》 いずれにせよ、あのキムタクが楽しくインスタをやっているようで何よりなのだから、ツッコミはそこそこにしてみんなで楽しむべきだろう。 [まいじつ] 「Mather」に続いて「乗り起えろ!」なんて、コレがマジでミスってるならツライですよね。。 先日、中居くんが医療関係者の方々に豪華な差し入れをしていることが発覚し、「さすが国民的大スター」と賞賛を浴びてましたが、 キムタクはキムタクで別の角度から素敵なプレゼントをくれるんですから、さすが元国民的アイドルグループのツートップはやることが違いますね! [スポンサーリンク] ちなみに、ネットでは 「こんなに絵がうまいなんてすごい!!」 「キムタクのシャンクス上手いしかっけぇ!元気出た」 「字もすごい達筆!びっくりした」 など、イラストと直筆メッセージの字を称賛する声も多く見られました。 わずか1週間で160万人を軽く突破したフォロワーの方々も、満足してくれるはず。

次の

『ワンピース』考察!シャンクスの正体は天竜人?本名はロックス・D・シャンクス?

キムタク シャンクス

Contents• シャンクスの基礎情報 『ワンピース』1巻より画像引用 この期に及んでという感じですが、一応シャンクスの基礎情報を確認しておきましょう。 シャンクスは、 『ワンピース』の第1話から登場する古参キャラクターで、 「赤髪のシャンクス」という通り名で知られています。 ルフィの命の恩人であるとともに、彼にルフィのトレードマークとなる麦わら帽子を託した人物。 ご存知の通り実力は本物で、新世界における 四皇の一角を担っており、赤犬の攻撃を刀一本で止めれるほどです。 また、 覇王色の覇気の使用者でもあり、平の海賊なんかは彼と向かい合うことすらできません。 加えて、マリンフォード頂上決戦に離れた場所からすぐさま来れたことから、 トキトキの実の能力者ではないかと、ファンの間では考察されています。 関連記事 シャンクスは天竜人? ではここから、シャンクスの正体に迫っていきましょう。 ずばり、 シャンクスの正体は天竜人であると考察します。 その根拠として挙げられるのは、やはりこのシーンです。 「ある海賊について」話をするためだけに、 天竜人の中でも最高権力者にあたる五老星に謁見ができるというのは、普通の海賊ではありえないことです。 ましてや、レヴェリーが開催されている非常に大事な時期なので、海賊がマリージョアに来るなど言語道断。 また、五老星側も「君だから時間をとった」と言っていることから、 シャンクスをある程度対等な人間だとみなしていることがうかがえます。 これまでの話の中で描かれてきましたが、自称「神」である天竜人は人を人だとは思わず、ただの道具のように扱う奴らです。 その中でも最高権力者にあたる五老星が、シャンクスを卑下していないということは、つまるところシャンクスも天竜人だからではないでしょうか。 ちなみに、シャンクスが天竜人であった場合、新世界から頂上決戦の舞台であるマリンフォードまでありえない速さで行くことができたのも、納得がいきますね。 マリージョアにコネがあるのなら、わざわざ魚人島を経由する必要がないので、非常に簡単にマリンフォードまで行けます。 このような事象を含めると、シャンクス天竜人説はより濃厚なものになってきました。 スポンサーリンク なぜ海賊をしているのか? では、シャンクスが天竜人だとすると、彼はなぜ海賊をしているのでしょうか。 考えられるのは、世界の秩序を脅かすような 危険分子を探し出すため。 要するに、五老星の使いとして世界の安全を見て回っているということです。 危険分子というのは、例えば ラフテルに行きつきそうなDの名をもつ海賊が挙げられます。 「ある海賊について」話をしに来たことから、その可能性は高いと考えられます。 ちなみに、ここで言う「ある海賊」はルフィか黒ひげのことでしょう。 もしシャンクスがこのようなポジションにある人物だとしたら、見習いとしてロジャー海賊団のクルーになったのも、実は五老星によって手引きされたものなのかもしれません。 そうなると、ロジャーが海軍に捕まったのも納得がいきますね。 本名はロックス・D・シャンクス? 最後に、シャンクスの本名についてです。 ファンの間では、 シャンクスの本名はロックス・D・シャンクスではないかと考えられています。 ロックスというのは、現在のワンピース世界から40年前に時代を築いた「ロックス海賊団」の船長の名前です。 ロジャーの一世代前に名を馳せた海賊ですが、ルフィのおじいちゃんであるガープに捕まってしまった模様。 そんなロックスの子孫にあたるのが、シャンクスではないかと言われているのです。 これについては確たる証拠がないので、私は何とも言えません。 ですが、第1話から登場しているにもかかわらずシャンクスの本名が明らかになっていないということは、 シャンクスの本名がストーリー上大きくかかわってくる、あるいはロックスのような 超大物の子孫であるという可能性はあります。 ただし、もしロックス・D・シャンクスだった場合一海賊の息子ということになるので、私が今回考察した「シャンクス天竜人説」とは矛盾してしまいますね。 関連記事 スポンサーリンク まとめ 今回は、シャンクスは天竜人であるという考察でした。 確かにストーリーを振り返ると、シャンクスが天竜人だった場合丸く収まる部分もあるので、納得がいきます。 また、ファンの間で言われている、シャンクスの本名がロックス・D・シャンクスであるというのは、現状では何とも言えません。 ますます謎が深まってきた『ワンピース』。 今後の展開に期待ですね。 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の

シャンクスの二人説,双子説!?傷ないシャンクスの正体,本名も考察!黒幕の可能性は?

キムタク シャンクス

四皇・赤髪のシャンクスといえばONE PIECE世界きっての大物海賊、実力者です。 シャンクスの戦闘描写はまだまだ少ないですが(2019年現在)、主だった攻撃手段としては剣によるものが多いようです。 過去には王下七武海・鷹の目のミホークと幾度とない決闘を繰り広げていたことからも、シャンクスの剣士としての実力の高さが窺い知れますね。 出典:ワンピース コミック 第45巻より そんな シャンクスが愛用している剣である「グリフォン」 ですが、その名の通りであればヨーロッパの伝説に登場する怪物が由来となります。 しかし、筆者はそんな「グリフォン=悪魔の実を食べた刀」説を、3つの側面から真っ向否定したいと考えています! というわけで、今回はシャンクスの剣にまつわる考察と、剣士としてのシャンクスの実力に迫まっていきましょう! 目次• シャンクスの剣の名前になっている「グリフォン」とは? 「グリフォン」とは「グリフィン」や「グリュプス」とも呼ばれる空想上の怪物です。 鷲の上半身と翼、ライオン(獅子)の下半身を持つ生物として、主に西洋の伝説やRPGゲームなどに登場します。 日本ではハリー・ポッターに登場する「グリフィンドール」がグリフォンをモチーフにした学生寮として有名ですよね。 グリフォンとよく混同されがちな生物として、「ヒッポグリフ」という怪物もいます。 ヒッポグリフも頭部が鷲なのはグリフォンと同様ですが、下半身が馬になっていることが大きな違いです。 シャンクスとグリフォンのイメージはぴったり? グリフォンは百獣の王であるライオンと、大空の覇者である鷲の特徴を併せ持った威厳のある生物です。 また、 紋章学におけるグリフォンは「黄金」や「知識」を象るとされ、王家や貴族の家紋などに広く用いられてきた歴史があります。 海賊としてお宝(黄金)を追い求め、海賊王の元クルーとして世界の知識を持ち、そして四皇として新世界に君臨するというシャンクスにはぴったりの意匠だと思います! シャンクスの剣は悪魔の実を食べた武器ではない3つの理由 さて、ネット上でもしばし見かける 「シャンクスの剣はグリフォンの実を食べた武器なのではないか」という説について…。 冒頭でも述べた通り、筆者は「グリフォン」は悪魔の実を食べていないのでは?と考えています。 その理由としては下記の3点があります。 ファンクフリード … ゾウゾウの実を食べた剣• つまり、「ダックスフント」の実を食べたからといって、名前が「ダックスフント」になったりしないということですね。 出典:ワンピース コミック 第20巻より このネーミングルールに従えば、グリフォンの能力を持っていても、シャンクスの剣には別の名前が付いているはずです。 なので、逆説的にグリフォンはグリフォンの能力を持った剣ではない、ということになります。 どちらを取るかによりますが、筆者はもしグリフォンの能力が登場するのであれば、翼があることから「トリトリ」に分類される可能性が大きいと思っています。 出典:ワンピース コミック 第19巻より この「5種のみ」とされるトリトリの実の定員が近いことが、グリフォンの能力が登場しないと考える理由です。 以下に、既に登場済みのトリトリの能力者をまとめていきます。 バズは劇場版「ONE PIECE 3D 麦わらチェイス」に登場する悪魔の実を食べた犬で、トラツグは京都で開催された「ONE PIECE ART NUE 大覚寺「魔獣と姫と誓いの花」展」に登場する「鵺」という怪物に変身できる人物です。 原作とスピンオフが入り混じってしまうところが微妙ですが、尾田先生が厳密に監修しているとして、既に4種のトリトリの能力が登場済みとなる計算なのです。 そして、 黒ひげ海賊団のラフィットや、革命軍幹部のカラスなども「トリトリの能力者では?」と噂されているあたり、5人の能力者は他でカウントされてしまう可能性が高いと見ています。 既出、そして今後の登場する確率などを考えると、トリトリの実の幻獣種になるであろう「グリフォン」の能力がシャンクスの剣に宿ることは無いのでは…と推定します。 グリフォンが実在するという点に関しては、ビッグマムの珍獣コレクションの中に 「南の海(サウスブルー)のグリフォン」が居ることから明らかです。 出典:ワンピース コミック 第84巻より しかし、大多数の方が「なぜグリフォンが実在していることがシャンクスの剣に関係あるの?」と思われますよね。 少し複雑な話になりますが…頑張って説明していきます。 まず、ワンピースの世界には 「実在する幻獣」というものが設定上存在すると筆者は考えます。 「実在する幻獣」というのは非常に矛盾する表現ですが、ようは「現実世界では空想上の存在だけれどワンピース世界では少し珍しいぐらいの生物」という意味合いです。 例をあげるのであれば、クラーケンなどが上記に当てはまりますね。 漫画の話ですし、現実世界の伝説や寓話などを元に、そこに登場する怪物や生物が度々登場するのがワンピースの世界観です。 ただ、ワンピースの世界においても 「実在しない幻獣」、つまり「空想上の生物」というものはいる(ハズ)です。 これも例を挙げるのであれば、パンクハザードに登場したドラゴン(ドラゴン十三號)が適切でしょうか。 ドラゴン十三號と遭遇した麦わらの一味は「ドラゴンは実在しない」という常識を持って、その存在を疑っています。 出典:ワンピース コミック 第66巻より グリフォンという生物が実在する以上、ワンピース世界におけるグリフォンは「実在する幻獣」扱いで、「ワンピース世界の珍しい生物」にカテゴライズされます。 そして、先ほどのドラゴン等はワンピース世界においても「幻獣」のまま…。 様々書いてきましたが、以上3つの理由から、グリフォンが悪魔の実を食べた剣ではないと思われます。 シャンクスの剣士としての実力を考察 冒頭でも書いたとおり、 シャンクスは「世界最強の剣士」であるジュラキュール・ミホークと同等の強さを誇ります。 剣を用いない純粋な戦闘力はまだ未知数ですが、剣士として対峙したであろうミホークと決着がつかないということは、シャンクスは剣士として世界最強レベルにあるということになります。 上記の逸話の他に、シャンクスの剣士としての実力が垣間見れるシーンが以下の2つあります。 まずは黒ひげを追うエースを止めるように白ひげに忠告しにやってきた後、交渉が決裂して白ひげと斬り合った際のこのシーン。 出典:ワンピース コミック 第45巻より 真っ向から「世界最強の男」である白ひげと打ち合うシャンクス。 この後で二人の剣から放たれた衝撃で、雲(天)が割れるほどの威力があります。 そして2つ目は頂上戦争の終盤、戦争を止めようとするコビーを静粛しにかかる赤犬を止めたこのシーンです。 出典:ワンピース コミック 第59巻より マグマグの能力を解放し、おそらく驚異的な威力を持ったサカズキの一撃をいとも容易く剣で受けきるシャンクス。 これらの場面から、やはりシャンクスの剣士としての実力は一級品であると見て取れるでしょう。 まとめと余談:シャンクスは右利きなのに剣が抜ける? 以上、シャンクスの剣「グリフォン」と、剣士としての実力についてまとめてきました。 現時点ではグリフォンはただの剣(もちろん名剣である可能性はありますが…)であるという結論に至りましたが、シャンクス自身の剣士としての高い実力は本物のようですね。 余談として、「シャンクスが剣を右差しなのに右腕で抜いているのはヘンなのでは?」というお話もありまして、そちらにも触れます。 白ひげと斬り合う寸前の以下のシーンをご覧ください。 出典:ワンピース コミック 第45巻より 刀や殺陣(たて)に詳しい人なら一目瞭然なのですが、 通常なら剣士は利き腕の反対側に帯刀し、抜刀をするものです。 そうしないと腕の長さの都合によって、刀が抜けないからですね(実際に試してみるとわかります)。 シャンクスはルフィを助けるために左腕を失っており、右腕のみで剣を振るっていますから、本来であれば剣を「左差し」すべきです。 現実世界では先ほどのシーンのような剣の抜き方はできないはずですが…シャンクスの場合は直後にしっかり抜刀して、白ひげと刀を交えているので問題ない(?)様子。 これが尾田先生のミスかと思いきや、よく見ると赤犬を止めた際も右側に鞘を差しているので、ちゃんと設定があるみたいです。 シャンクスのレベルになれば、どんな帯刀をしていても抜刀に問題はない!ということでしょう(笑).

次の