ダンス スタジアム 2019 結果。 同志社香里ダンス部の曲は何?ダンススタジアム2018で2連覇!

日本高校ダンス部選手権

ダンス スタジアム 2019 結果

DCC(全国高校ダンス部選手権)の結果 全国高校ダンス部選手権(通称「DCC」)の歴代の結果です。 優勝校の動画(Youtube)を一覧にしました。 ~MOVE 2019年は、大阪の同志社香里が優勝 2019年は、大阪の同志社香里(こうり)高校(大阪府寝屋川市)がダイナミックな創作ダンスで優勝しました。 2018年、2017年に2連覇を果たしたライバルの登美丘(とみおか)高校(大阪府堺市)を破りました。 同志社香里は、ダンススタジアムなど他の全国高校大会では何度も優勝している強豪ですが、DCCでは初めての優勝です。 抜群のキレ味でした。 また、準優勝には、過去2度優勝している北九州市立高校(福岡県)が選ばれました。 歴代の優勝校 年 学校名 テーマ 動画 2019 第7回 同志社香里(こうり)高校 (大阪府寝屋川市) 刻韻 (こくいん) 2018 第6回 登美丘(とみおか)高校 (大阪府堺市) 煇晴 (ハレルヤ) 2017 第5回 登美丘高校 (大阪府堺市) 扇舞 (ジュリアナ) 2016 第4回 北九州市立高校 (福岡県北九州市) 愛翻 (アイホン) 2015 第3回 久米田高校 (大阪府岸和田市) 修羅 (しゅら) 2014 第2回 山村学園高校 (埼玉県川越市) 秀樹 (ひでき) 2013 第1回 北九州市立高校 (福岡県北九州市) 勝利 (しょうり) DCCとは 全国高等学校ダンス部選手権(通称「DCC」)は、高校生のダンス大会(コンテスト)です。 毎年8月に行われます。 ダンスのテーマを漢字2文字で選び、表現力を競うのが特徴です。 審査員が「表現力」「技術力」「独創性」という3つの観点で点数をつけ、合計得点が最も多いチームが優勝します。 主催は日本ストリートダンス協会(JSDA)。 事務局へダンス動画を送り、映像審査を通過したチームが全国大会に出場します。

次の

ダンススタジアム 2019を無料で見る方法!見逃し配信や冬大会情報も │ apps.axisphilly.org

ダンス スタジアム 2019 結果

「」とは異なります。 日本高校ダンス部選手権 開始年 主催 (後援) (後援) チーム数 740チーム 加盟国 前回優勝 スモールクラス: ビッグクラス: 最多優勝 スモールクラス: ビッグクラス: 公式サイト 大会放映チャンネル・、、、 日本高校ダンス部選手権(にほんこうこうダンスぶせんしゅけん)は高校ダンス部日本一を決める競技会。 2008年から開始されたを対象としたオールジャンルのダンス競技会。 別名""。 及びが主催し、の特別協賛により行われている。 とが後援。 発足理由は、ダンスに取り組む高校生の「情熱・努力・友情・チームワーク」そして「感動」を応援するためとしている。 参加条件は認可された・のみに限定され、顧問の教諭の同行が必須条件。 ・・・と年に4回開催される。 通称「春高ダンス」「夏高ダンス」「秋高ダンス」「冬高ダンス」(以下同様に記載)。 地区予選は「北海道」「東北」「関東・甲信越」「東海・北陸」「近畿・中国」「四国」「九州」「沖縄」の8ブロック。 第1回の夏高ダンスではのみの開催であったが、第2回からは、に分けて開催され、第4回以降は複数のブロック予選で上位入賞したチームによる全国決勝大会が行われている。 歴史 [ ]• :大会開始。 :8月:渋谷CCレモンホール(現:LINECUBESHIBUYA)にて全国大会実施。 3月:春高ダンスから高校1年生限定による新人戦が実施。 7月:地区予選大会を・、に拡大。 8月:全国決勝大会をの会場で実施。 7月:地区予選大会を東北地方に拡大。 12月:冬高ダンスから3人1チームによる『スリー・オン・スリー』形式で実施。 3月:専門誌『DANSTA PRESS Vol. 1』発行。 7月:地区予選大会を、に拡大。 また公式キャラクター『ダンスタくん』誕生。 8月:出場校の増加と、出場校のレベル上昇に伴い、全国決勝大会をパシフィコ横浜の会場で2日間に拡大。 3月:第9回春高ダンスより中日本大会が設立。 東日本大会、中日本大会、西日本大会の種目がスモールクラス、ビッグクラスに分かれる。 8月:大会テーマソングにの『Firework』を発表。 6月:10周年メモリアルとして若年層に献血を呼び掛ける『』とし、春高ダンス特別賞の受賞校がで開催された『LOVE in Action Meeting』に出場した。 7月:WEB登録システムの導入。 3月:が春高ダンスのスペシャルパートナーになる。 若年層に献血の大切さを普及。 優秀校は6月、東京国際フォーラムで開催のLove in Actionのステージでダンスを披露する。 7月:夏高ダンスからビッグクラスの出場人数の上限が40名までと改定。 8月:地区予選大会をに拡大。 11月:秋高ダンスからでノンクラスによる『年間チャンピオンを決める選抜大会』形式で実施。 実施要項 [ ] 夏高ダンス [ ]• チームは、、男女混合いずれも可能。 ダンススタイルはオールジャンル。 2人から12人までを『スモールクラス』、13人以上から40人までを『ビッグクラス』として分け、1ステージ2分から2分30秒の間で演技する。 規定時間を越える、または満たない演技は減点または失格となる。 ダンスプログラムには、出場選手の半分以上が同じ振りで踊るユニゾン(合わせ)部分を合計50秒以上取り込むこと。 但し、スモールクラス2名で出場の場合は、2名での振りが対象となる。 使用する備品(小道具)のセッティングは30秒以内で行う。 採点項目はビジュアル、エンターテイメント、テクニック、音楽、スペシャリティーの5項目で各10点満点で評価。 高校生としてのマナー、モラル、および学校関係者の秩序ある言動、行動を重視。 演技中の客席への降壇や客席への衣類などの投げ入れなどは減点の対象となり、また高校生らしからぬ動きや発言、減点項目に挙げられている項目でも悪質と判断した場合は失格となる。 春高ダンス [ ]• 出場チームのメンバーは高校1年生限定で人数は2名以上。 クラス分け、採点項目、減点対象などは夏高ダンスと同様。 1ステージ1分30秒から2分の間で演技する。 ダンスプログラムには、ユニゾン(合わせ)部分を40秒以上取り込む。 使用する備品(小道具)のセッティングは20秒以内で行う。 冬高ダンス [ ]• 男性、女性、もしくは男女混合の3人1チームによるトーナメント形式で対戦する。 対戦相手は当日の抽選で決定する。 1回戦から準決勝前までは自分たちが持ち込んだ曲に合わせて交互に踊る。 1ムーブ40秒で各チーム2ムーブずつ行う。 準決勝以降はが選曲した曲を即興で交互に踊る。 準決勝、決勝は各チーム2ムーブずつ、また決勝は各チーム3ムーブずつ行う。 審査方法は3名の審査員が多数決により判定。 服装は自由。 ただし過度な露出は禁止。 小道具はヘッドスピン用のヘルメット・帽子のみ使用可。 秋高ダンス [ ]• クラス分けはノンクラス(スモールクラスやビッグクラスなどのクラス分けなし)。 前年冬の大会、直近の春の大会・夏の大会で優秀な成績を修めた学校から30校選抜。 近年のでの結果や連続出場などを踏まえてストリートダンス協会が推薦する学校。 ダンススタジアム以外の大会の優勝校(高校生ダンスコンテスト、高校ストリートダンス選手権、日本ダンス大会、全日本高校生ダンス部コンペティション、全国高等学校ダンス部選手権 ほか)。 オールジャンル。 2分~2分30秒。 出場人数は2人以上で上限なし。 歴代優勝校 [ ] 夏高ダンス(全国大会) [ ] 回 開催年 ビッグクラス スモールクラス 1 2008年 () () 2 2009年 ()東日本ブロック (大阪)西日本ブロック ()東日本ブロック 天理高等学校(奈良)西日本ブロック 3 2010年 ()東日本ブロック ()西日本ブロック (神奈川)東日本ブロック (大阪)西日本ブロック 4 2011年 同志社香里高等学校(大阪) 北九州市立高等学校(福岡) 5 2012年 同志社香里高等学校(大阪) (大阪) 6 2013年 同志社香里高等学校(大阪) 大阪府立箕面高等学校(大阪) 7 2014年 (大阪) 大阪府立箕面高等学校(大阪) 8 2015年 大阪府立登美丘高等学校(大阪) (福岡) 9 2016年 大阪府立登美丘高等学校(大阪) 大阪府立箕面高等学校(大阪) 10 2017年 同志社香里高等学校(大阪) 大阪府立箕面高等学校(大阪) 11 2018年 同志社香里高等学校(大阪) (大阪) 12 2019年 (大阪) (福岡) 春高ダンス(新人戦) [ ] 回 開催年 ビッグクラス スモールクラス 1 2012年 () 2 2013年 (大阪) 3 2014年 ()東日本ブロック (大阪)西日本ブロック 4 2015年 ()東日本ブロック 大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック 5 2016年 ()東日本ブロック ()中日本ブロック (大阪)西日本ブロック (東京)東日本ブロック ()中日本ブロック 大阪府立箕面高等学校(大阪)西日本ブロック 6 2017年 神奈川県立川和高等学校(神奈川)東日本ブロック (愛知)中日本ブロック 大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック (東京)東日本ブロック 桜丘高等学校(愛知)中日本ブロック 大阪府立堺西高等学校(大阪)西日本ブロック 7 2018年 ()東日本ブロック 桜丘高等学校(愛知)中日本ブロック 大阪府立登美丘高等学校(大阪)西日本ブロック 日出高等学校(東京)東日本ブロック ()中日本ブロック (大阪)西日本ブロック 8 2019年 千葉敬愛高等学校(千葉)東日本ブロック (三重)中日本ブロック (大阪)西日本ブロック (東京)東日本ブロック 桜丘高等学校(愛知)中日本ブロック (大阪)西日本ブロック 8 2020年 開催なし 東日本ブロック 5月下旬決定 中日本ブロック 5月下旬決定 西日本ブロック 5月下旬決定 東日本ブロック 5月下旬決定 中日本ブロック 5月下旬決定 西日本ブロック 冬高ダンス(バトルトーナメント) [ ] 回 開催年 優勝校・チーム名 1 2013年 ()・Fire 2 2014年 静岡県立浜松東高等学校(静岡)・Fire(東日本ブロック) ()・Bang;DAK(西日本ブロック) 3 2015年 ()・Butterfly effect(東日本ブロック) 上宮高等学校(大阪)・The circle(西日本ブロック) 4 2016年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・Butterfly effect(東日本ブロック) 上宮高等学校(大阪)・Loosers(西日本ブロック) 5 2017年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・Butterfly effect(東日本ブロック) ()・majestic(西日本ブロック) 6 2018年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・Butterfly effect(東日本ブロック) 京都府立山城高等学校(京都)・ヤマアラシのジレンマ上下(西日本ブロック) 7 2019年 二松學舍大学附属高等学校(東京)・チーム二松(東日本ブロック) ()・熊本魂(西日本ブロック) 秋高ダンス(公式選抜大会) [ ] 回 開催年 優勝校 1 2019年 () 記録 [ ]• 夏高ダンス• ビッグクラス三連覇:(・・)• ビッグクラス連覇:(・)• ビッグクラス連覇:同志社香里高等学校(・)• スモールクラス三連覇:(2012年・2013年・)• スモールクラス連覇:大阪府立箕面高等学校(2016年・2017年)• 春高ダンス• 西日本大会連覇:大阪府立登美丘高等学校(2014年・2015年)• 東日本大会・スモールクラス連覇:(2016年・2017年)• 西日本大会・スモールクラス連覇:(2017年・2018年)• 西日本大会・ビッグクラス連覇:大阪府立登美丘高等学校(2017年・2018年)• 冬高ダンス• 西日本大会三連覇:(2014年~2016年)• 西日本大会連覇:(2017年・2018年) メディア [ ]• - 全出場校のステージを解説付きノーカットオンエア• - 無料LIVE生配信、見逃し配信• 、ほか全国ネット - 1時間特番• - 新聞特集掲載、ウェブニュース、動画ニュース 著名な出場者 [ ]• () 著名な関係者 [ ]• (アカネキカク主宰、振付師、10回日本高校ダンス部選手権において登美丘高校が準優勝した際のパフォーマンスをYouTube投稿して国内外で話題となる) 関連項目 [ ]• - 演出、企画、制作、進行、運営 脚注 [ ] []• 平成23年8月30日付夕刊より• 平成25年12月27日付朝刊より• BARKS 2017年2月1日• ダンススタジアム• 産経新聞 2008年9月5日• マイナビニュース 2012年8月21日• マイナビニュース 2013年8月21日• PR TIMES 2014年8月21日• 産経新聞 2015年8月18日• 産経新聞 2015年8月17日• 産経新聞 2016年8月17日• 産経新聞 2016年8月16日• 産経新聞 2017年8月17日• 産経新聞 2017年8月17日• 産経新聞 2017年8月16日• 産経ニュース. 産経デジタル 2018年8月17日. 2018年8月18日閲覧。 産経ニュース. 産経デジタル 2018年8月16日. 2018年8月18日閲覧。 産経ニュース. 産経デジタル 2019年8月16日. 2019年8月16日閲覧。 産経ニュース. 産経デジタル 2019年8月15日. 2019年8月15日閲覧。 産経新聞 2015年3月31日• 産経新聞 2015年3月27日• 産経新聞 2016年3月30日• 産経新聞 2016年3月30日• DANSTREET 2017年3月30日• DANSTREET 2017年3月30日• 産経新聞 2018年3月27日• 産経新聞 2018年3月28日• サンケイスポーツ 2018年3月28日• 産経新聞 2015年12月28日• 産経新聞 2016年12月27日• 産経新聞 2016年12月28日• 産経新聞 2017年12月26日• 産経新聞 2017年12月28日• 産経新聞 2018年12月26日• 産経新聞 2018年12月28日• 産経新聞 2014年8月19日• 産経新聞 2014年8月19日 外部リンク [ ]•

次の

MISS DANCE DRILL TEAM INT'L JAPAN

ダンス スタジアム 2019 結果

A post shared by miwa1212dh on Aug 28, 2016 at 11:30am PDT 日本高校ダンス部選手権とは、産経新聞社および一般社団法人ストリートダンス協会が主催するダンスイベントで、春・夏・冬の3シーズンに大会が開催される高校生向けのコンテストです。 協賛にはエースコックが含まれており、大会名は「スーパーカップ DANCE STADIUM」となっております。 ダンスイベントやコンテストは日本各地で開催されていますが、ダンススタジアムは全国レベルの規模を持つ一大イベントで、各地の高校生たちが挙って出演するダンスの甲子園とも呼べる全国大会として君臨しています。 高校ダンス部日本一を決める大会 スーパーカップ ダンススタジアムは春・夏・冬の3シーズンごとに異なる形式で大会が行われており、春は1年生を主体とした新人戦、夏はコンテスト形式のショーケース、冬はバトルによる大会が行われています。 また、大会の審査基準のほか、ルールなども徹底した仕組みで構成されており、単にスキルが問われるだけでなく、衣装の洗練度の他生徒全体のマナーなども問われるイベントとなっており、ダンスの社会進出を目指したなっております。 夏の大会とは異なり冬季大会はバトル形式のトーナメントとなっており、3対3による熱き戦いが繰り広げられています! 冬の公式大会もその他の部門と同じく各地の高校単位でチームが組まれており、3名の精鋭が学校を代表して他行とバトルを行います。 ショーでは見られない白熱した雰囲気がとてもかっこいいので、興味がある方は後述の閲覧方法をチェックしてみましょう! 春の公式大会とは? A post shared by moepipipi0129 on Mar 27, 2015 at 6:45am PDT 春の公式大会は新人戦とも呼ばれる大会で、1年生だけで構成されたチームによるコンテストです。 夏の大会は学年問わず行われる大会なのに対して、冬の大会は限定的であるものの、非常にハイレベルな内容のショーケースが披露されています。 開催時期は1年間の集大成ともいえる3月に行われており、各地の新人ダンサーたちが1年間の努力の結晶をぶつける舞台となっています。 1年生とはいえどパフォーマンススキルは折り紙付きなので、毎年とても熱いダンスが披露されています。 公式大会決勝はどこで行われる? A post shared by gaoqiaoshengze on Aug 15, 2019 at 4:40am PDT 色々と気になるスーパーカップ ダンススタジアムですが、決勝戦はパシフィコ横浜国立大ホールで行われます。 地方大会は地方ごとに分かれていますが、本大会の決勝はこの地で行われますので、応援や観覧を希望する方は後述のチケット購入方法もチェックしてみてください! 予選のある地方は? 予選が行われる地方は「北海道・東北・東海北陸・沖縄・九州・近畿中国・四国・関東甲信越」の8地方となっており、強豪校たちが挙って参加しています。 夏大会は7月に地方予選があり、決勝大会は8月に行われる形式なので、興味がある方は大会の日程が近付いたらイベント情報をチェックしておきましょう。 2019年夏大会の優勝校は? 2019年の夏大会に置おける優勝校は、スモールクラスは「柳川高等学校 福岡 」、ビッグクラスでは「帝塚山学院高等学校 大阪 」となっております。 両校の予選では非常に多くの高校がエントリーされており、狭き門を潜り抜けた強豪であることが伺えます。 日本ダンス部選手権 — 全国大会ビッグクラス 帝塚山学院 sankei news A post shared by on Aug 8, 2019 at 5:20am PDT U-NEXTは生配信の他、見逃し配信があるのでおすすめですが、スカイA スカパー、J:COM、CATV、ひかりTVの加入で視聴可能 が見られる人もダンススタジアムをご視聴いただけます。 スカイAでは生放送と見逃し放送がありませんが、大会の後日に放送されていますので、契約されている人はこちらのサービスで視聴するのもおすすめです。 2019年冬大会チケット情報 2019年冬大会は前述の通りバトルイベントとなっており、イベントのチケットは「チケットぴあ」や「ローチケ ローソンチケット 」で予約ができます。 春大会の他夏大会も同様に購入ができますので、予約が開始され次第お早めにチェックすることをおすすめします。

次の