インスタアーカイブ。 インスタ新機能「アーカイブ」とは?使い方

インスタグラムの「アーカイブ」とは? 機能と使い方を解説(フィード/ストーリー)

インスタアーカイブ

インスタのプロフィール画面に表示されている写真は、投稿写真の日付が新しい順番で表示されていますよね。 アーカイブから戻した写真の表示順番も投稿された日時に合わせた順番になります。 つまり、アーカイブした時間やアーカイブから戻す時間などは写真の順番には関係ありません。 仮に、何年も前に投稿した写真をアーカイブから戻すと、プロフィール画面からすぐには確認できないという事もあります。 その場合はプロフィール画面の投稿写真一覧をずっと過去に遡っていくと表示されているはずです。 『アーカイブに保存してある写真を元に戻すと友達のタイムラインに表示されるの?』 という点について気になる方が多いようですね。 投稿してすぐの写真をアーカイブし、その後すぐにアーカイブから戻すと写真はタイムラインに再表示されます。 アーカイブを戻すことでタイムラインの表示も元に戻るという状態です。 写真を投稿してから数日経過してアーカイブから戻すと、タイムラインに再表示されても下の方に流れている可能性が高いので気付かないかもしれません。 しかし、インスタのタイムラインはフォロー中のアカウントから関心度の高い投稿が優先的に表示される仕組みです。 一度見た写真は下の方に表示され、まだ見てない写真が上の方に表示されることも多いです。 投稿した日が最近で、フォロワーが写真を見ていなくて、アーカイブから戻した写真が関心度の高いものであればタイムラインから見られるかもしれませんね。

次の

【インスタ】アーカイブがバグで消えたときの対処法!

インスタアーカイブ

様々な機能が盛り込まれ日々進化をするインスタグラムだが、その機能の一つアーカイブについてまとめてみた。 関連 シェアする• アーカイブとは? アーカイブの英語表記はarchiveで、その意味は「記録、保管所、公文書」などの意味があり、それらから連想できるようにアーカイブとは「投稿の保管場所」と捉えることができ、機能的なところでは自分の投稿を他の人には見えないように保管する事を指す。 インスタグラムでは自分の投稿がタイムラインやプロフィール画面に表示されるが、それらの「投稿を削除はしたくないけど、非表示にしておきたい」という場合に投稿をアーカイブに移動することでタイムラインやプロフィール画面から非表示にすることができる。 非表示にするということは、自分以外のユーザーがその投稿を見れなくなるということになる。 アーカイブは通常の投稿はもちろん、ストーリーズもアーカイブに保管することができるようになっている。 なお、アーカイブ時点でのいいね数はそのまま維持されてアーカイブされる。 いいねのアーカイブ活用 インスタグラムの投稿で人によっては気になることに「いいね」の獲得数があったりするが、アーカイブを活用すると質の高い投稿をすることができる。 例えば、投稿後の一定期間が過ぎたら「いいね」数が他の投稿と比べて少なかったらアーカイブする。 これにより、いいね数が多い投稿が残ることで質の高い投稿を興味を持って見に来た人に対して好印象を与えることができる。 カメラマンは大量の写真を撮って、その中から良かったものをチョイスして公開するのだが、それと似たような手法だ。 投稿をアーカイブする方法• プロフィール画面を開いてアーカイブに移動したい投稿を選択する。 右上のメニューアイコンをタップして表示されたメニューの アーカイブに移動を選択する。 下記のようにアーカイブに移動すると投稿が消えたようになるが、アーカイブした投稿を見るにはを参照。 3Dタッチで素早くアーカイブ 一括で投稿をアーカイブする機能はないが、iPhone 6s以降の3Dタッチに対応している端末の場合であれば、投稿詳細画面に移動することなく素早くアーカイブができるようになっている。 3Dタッチの詳しいやり方はこちら。 プロフィール画面を開いたら、アーカイブしたい 投稿を3Dタッチ。 3Dタッチは画面を押す感覚でやればOK。 Peek(ピーク)画面が表示されたら、それをそのまま 上にスワイプ。 そしたらメニューが表示されるので アーカイブに移動を選択すればOK。 アーカイブの見方• プロフィール画面を開いて画面左上の アーカイブアイコンをタップする。 アーカイブは ストリーズと 投稿が保管されているので、 画面上部のアーカイブをタップして 投稿を選択する。 後は見たい投稿をタップするだけ アーカイブから戻す方法• プロフィール画面を開いて画面左上の アーカイブアイコンをタップする。 画面上部の アーカイブをタップして、ストーリーズまたは投稿をを選択。 戻したい投稿を選択する。 投稿の右上の サブメニューアイコンをタップして表示されたメニューの プロフィールに表示を選択で完了だ。 iPhone 6s以降の3Dタッチ対応端末であれば、同様に戻す時も3Dタッチで素早くアーカイブから戻せるようになっている。 ストリーズのアーカイブ設定 先程も述べたようにストリーズもアーカイブすることができるが、ストリーズは個別に設定する必要がなく初期設定で自動でアーカイブに保存されいつでもアーカイブから閲覧することができる。 ストーリーズをアーカイブではなくカメラロールに保存することもでき、これのメリットとして以下がある。 ネットがない場所でも閲覧でき、パケット通信を抑えることができる• インスタグラムアカウントを削除する場合、スマホにバックアップする手間がいらない デメリットとして端末の容量を圧迫するということがあるが、を使えば回避できる。 手順を見てみよう ホーム画面の カメラアイコンをタップする。 カメラモードになったら 左上の設定アイコンをタップする。 最後は カメラロールに保存をオンにする。 インスタグラム使い方ガイド 初心者向け基本ガイド• ストーリー使い方ガイド• 裏技・便利な活用方法• その他のエラー・退会など•

次の

Gmailやインスタ、YouTubeのアーカイブとは?各サービスのアーカイブ機能の意味や使い方を解説!

インスタアーカイブ

Gmailのアーカイブとは? Gmailのブラウザやアプリの画面を操作中に、間違えて「アーカイブ」を押して大事なメールが消えてしまった…と落ち込んだ人もいるかもしれません。 ただ、 Gmailのアーカイブ機能は決して「削除機能」ではないため、そのメールは消えたわけではないので安心してください。 では早速、Gmailの「アーカイブ」機能について確認していきましょう。 アーカイブの意味は何? Gmailの「アーカイブ」とは、「受信BOXには表示しないけれど削除はしない」ための機能のことを言います。 どんなにLINEがコミュニケーションの中心になっても、サービスやサイトを利用する際にメールアドレスを求められることが多いのは今も変わりません。 その結果、ほとんどの人はGmailの受信BOXがお知らせやメルマガで溢れかえっていることでしょう。 そんな人が使うと便利なのがアーカイブ機能。 「削除するほどでもないけど、受信BOXに置いておくほどでもないかな…」というメールは、「アーカイブを移動する」と便利です。 アーカイブしたメールはどこ?削除されたわけではないので安心して 先ほども触れましたが、 「アーカイブに移動」させたメールは、削除されたわけではありません。 間違えてアーカイブしたメールが「ごみ箱」を見ても無くて途方に暮れた…なんて話も聞きますが、単に、そのメールは 基本の受信BOXに表示されないようになっただけです。 消えてしまうと焦ってしまいがち。 まずは一呼吸して、アーカイブしてしまったメールを元に戻す作業に入りましょう。 アーカイブしたメールは「すべてのメール」フォルダから戻す では、アーカイブしたメールはどこにいったのか…というと、 「ごみ箱」ではなく「すべてのメール」にあります。 ブラウザやアプリのメニューら、「すべてのメール」を開いてみましょう。 探しづらい場合は、検索窓にキーワード等を入れて検索してみてください。 求めていたメールを開き、ブラウザなら下図の矢印で示したマークを選択して「受信BOXに戻す」作業をすれば、以前のように受信BOXにメールが戻ります。 アプリの場合は「ほかのメールボックス」を選択し、戻したい先を選択すれば完了です。 引用:Gmail 会社や取引先関係で返信が必要なものだけに付けたり、後で何度か見返しそうなメールにチェックマークを付けておくなど、自分で好きなルールを決めて整理すると、分かりやすくなります。 ぜひ色々と試してみてください。 インスタ Instagram のアーカイブとは? では次に、インスタのアーカイブ機能について見ていきます。 一度投稿した写真を非表示にすることであって、削除とは違う インスタのアーカイブ機能はGmailと似ていて、 一度投稿した写真を非表示 公開しない ことを意味します。 非表示にはなるものの投稿自体が消えるわけではありません。 一方、投稿写真の右上の「…」から「削除」を選択すると、アーカイブとは違って投稿自体が消えてしまいます。 投稿の整理をしたいけれど、友達とのやり取りや自分の思い出を取っておきたい人はアーカイブ機能を使うと良いでしょう。 もちろん、アーカイブした投稿は右上の「…」から「プロフィールに表示」を選択することで、元のように公開することも可能です。 毎日の投稿が日課になっている人は、UPする時間までアーカイブに保存しておくなんて使い方もできます。 24時間で消えたストーリーズはアーカイブに保存しておくことができる 最近では普通の写真投稿よりもストーリーズだけを上げる人も多いですよね。 投稿から24時間が経って消えてしまった ストリーズも、設定から「アーカイブに保存」をONにしておけば、後で見返すことができます。 そうしておけば、 ストーリーズのハイライトを作成することも可能です。 Youtubeのアーカイブとは? では最後に、YouTubeのアーカイブについて確認しておきましょう。 12時間以内のライブ配信の動画がチャンネルに残ること YouTubeのアーカイブとは、12時間以内の生配信を終了した際に、自動的にその動画をチャンネルに残せる機能のことを言います。 一応公式では「生配信終了後、自動的にアーカイブが作成される」としていますが、長時間の動画になると、仕様の関係ですぐに反映されないこともあるようです。 すぐにUPされない場合は、処理が終わるまでしばらく待ってみましょう。 生配信の時間が12時間を超えるとアーカイブ対象にはならない なお、生配信が12時間を超えた場合は、その動画をアーカイブに残すことができません。 ただ、アーカイブのプライバシー設定を変更しておけば、生配信後に動画を非公開にして自分だけ見るといったこともできますので、生配信前にあらかじめよく設定を確認しておきたいですね。 ちなみに、 ライブ中であっても、ハイライト動画を作成することは可能です。 動画を公開したい場合はそちらを使って動画を残すようにしましょう。 参考:YouTube公式「」 アーカイブとは、「削除する」ことではなくどこかに「残す」もの GmailやInstagram、YouTubeのアーカイブ機能について解説してきました。 最近は、「アーカイブ」という言葉がそのまま、あちこちのサービスで使われるようになってきています。 知っているつもりでも「アーカイブに移動する」や「アーカイブに残す」といった選択を迫られると、よく分からなくて身構えてしまうものです。 それぞれのサービスにおいてどのような意味でアーカイブが使われているのか、ちょっと知っておくだけでいざという時でも慌てずに済みますね。 ただ、いちいち覚えていられない…なんて人は、 アーカイブとは「削除」ではなく、どこかに「残す」こと、というポイントだけでも押さえておけば、他のサービスで使われていてもきっと対応できるはず。 アーカイブ機能をフル活用して、メールやSNSの投稿をうまく整理・保存していきましょう。

次の