歌謡 曲。 AM1422kHz ラジオ日本

歌謡曲(かようきょく)とは何? Weblio辞書

歌謡 曲

他方、演歌サイドにとっての「歌謡曲」とは「ひたすら耳に快感を与える」音楽といった説明がなされることもある。 この用法は現在でも使用されることがあり、的な歌曲、欧米のポピュラー音楽の曲、を指すとしてなど、広いカテゴリーを持っている。 『』の8年7月7日の記事には「『歌謡曲』というから、やのリート )を放送するのかと早合点すると、そうではない。 渋谷の姐さんが歌う流行歌であり、AK(現在のNHK東京)の当事者に理由を聞くと、何故か放送ではなるべく流行歌なる語を使いたくないそうだ」(仮名遣い等を一部現代語化、小学館日本国語大辞典「歌謡曲」の項に掲載)と書かれており、当時、「歌謡曲」がクラシック音楽の歌曲を意味していたこと、そしてNHK側も「流行歌」という言葉を使用しなかった事情の一端が窺える。 これらの戦中時代の歴史については一部では現在の「歌謡曲」と繋がりがありながらタブー視される傾向が強い。 戦後、番組は『』として再開する。 しかし、戦後の歌謡曲の流行においてはNHKの歌の系譜が軽視される傾向があるが、その理由については「NHKが戦後、戦時中の音楽をタブー視し、『國民歌謠』から『國民合唱』の歴史を回顧しようとしないことが大きい」と述べている。 この頃には演歌の歌唱法と比較した場合に感情表現が少なめな音楽として歌謡曲という用語が用いられている。 にレーベルが『テクノ歌謡』をタイトルとするを発表。 に収録。 13-21, 鳴門教育大学" が論じている。

次の

かけめぐる70年代歌謡曲

歌謡 曲

「その気もないくせに」 今日のホッとゲストは、藤井香愛さんでした。 歌手デビュー前には、読者モデルや東京ヤクルトスワローズの公認パフォーマンス・アーティストとして活動していた経歴を持つ藤井香愛さん。 そんな藤井香愛さんが歌手デビューのきっかけとなったのが、徳間ジャパンとラジオ日本主催のオーディションでした。 そして、そのオーディションの司会をしていたのが夏木さんという事で、今日もオーディション当時の話に・・・。 夏木さんは、オーディションでは 質問が少なくて さみしい思いをする人がいないように、あえて当たり障りのない質問をし、参加した皆さんに平等に接したそうです。 その理由は、オーディションで選ばれた人も選ばれなかった人も普通に帰ってほしいという思いから。 しかし、そんな思いとは裏腹にこのオーディションで選ばれなかった藤井香愛さんは、その悔しさから中華街へ。 餃子とビールを飲んでやさぐれていたそうです。 今作は、作曲:幸耕平、作詩:千家和也の 両先生が手がけた勝負作です。 ラテンテイストの歌謡曲でカラオケファンにオススメしたい1曲になっています! 今日のゲストコーナーの模様は下のリンクからradikoでお聞きいただけます。

次の

新曲歌詞情報(演歌・歌謡曲) 2020/06/01~2020/06/30

歌謡 曲

出演者の冠を取り、土曜日は「井田・三丘の歌謡曲主義 」、日曜日は「原・藤井の歌謡曲主義 」と名称が異なっている。 本項では、2018年10月2日から放送されている関連番組『 歌謡曲主義 26時の歌謡曲』( - にじゅうろくじのかようきょく)についても記述する。 概要 [ ] 春、東海ラジオは「シニア層(高齢者)のリスナー獲得」を目的に「 歌謡曲主義」を掲げ、主にシニア層に支持されている歌謡曲()に特化した番組編成を行った。 この中で週末のワイド番組として誕生したのがスローガンと同名の当番組である。 土曜日は演歌歌手(毎月1回のみが担当)と3月まではJ-POP番組を担当していた(東海ラジオアナウンサー)が、日曜はこれまで多くの歌謡曲番組を担当してきた(元東海ラジオアナウンサー)がとして起用された。 なお、東海ラジオで演歌・歌謡曲歌手が担当している冠番組のうち、早朝帯放送の3番組と日曜夕方帯放送の1番組が放送枠を移動し同番組内に内包された(後述)。 また、3月まで日曜夕方のワイド番組だった「」が日曜日の12・13時台に移動し、同じくシニア層から根強い支持を得ている野球中継()を挟み、2018年~2019年にかけて、東海ラジオは「野球」「演歌(歌謡曲)」というシニア層(および野球・演歌愛好者)に偏重された編成で自主制作番組を放送する体制となる。 2018年10月からは、日曜担当パーソナリティが(当時、東海ラジオアナウンサー)に交代。 2019年4月改編で演歌歌手(毎月1回のみが担当)がパーソナリティーに追加され、「原・藤井の歌謡曲主義 」に日曜日の放送タイトルが改称される。 また「松原敬生の日曜も歌謡曲」が「歌謡曲主義 松原敬生の日曜も歌謡曲」として関連番組化され、月曜から木曜深夜の関連番組として「歌謡曲主義 26時の歌謡曲」が放送を開始する。 なお、平日早朝帯に新設されるワイド番組『』の放送開始に伴い、同時間枠で放送されている演歌・歌謡曲歌手が担当している冠番組の殆どが「歌謡曲主義」「日曜も歌謡曲」「26時の歌謡曲」のいずれかの番組に内包される。 2019年10月からは、土曜の月1回出演が羽山からに担当が変更となったが、それ以外の出演者体制は継続となった。 一方で、それまでの内包番組はすべて独立番組として本番組の後枠で放送する体制となり、本番組自体は2時間枠に見直された。 2020年春の改編以降も、引き続き内包番組を設定しない2時間番組として放送を続ける。 放送時間 [ ] 歌謡曲主義(放送時間) [ ] プロ野球シーズン(概ね4月から9月)• 2018年4月7日 - 2019年9月29日:土曜・日曜 17:00 - 19:30• 2020年3月14日 - :土曜・日曜 17:00 - 19:00• ただし、『』(デーゲーム中継)などの放送時間によっては、繰り下げ・短縮が行われる場合がある(デーゲームが13時開始の場合など、逆に前拡大が行われる場合もある)。 また、『ガッツナイタースペシャル』がナイトゲームとなる場合は、13:55 - 15:00または13:55 - 16:00に短縮版を放送する。 また、2018年は当初よりプロ野球の開催予定自体がない場合には13:55から拡大放送を行ったが、17:00までは『ガッツナイタースペシャル』のスタジオバージョンとして扱われた。 2019年以降は本番組の拡大ではなく、雨天中止時同様に『サウンドスタジアム』を編成する。 プロ野球オフシーズン(概ね10月から翌年3月)• 2018年10月6日 - 2019年3月31日:土曜 14:00 - 17:00、日曜 15:00 - 18:00• 2019年10月5日 - 2020年3月8日:土曜・日曜 14:00 - 16:00• 『ガッツナイタースペシャル』としてプロ野球のクライマックスシリーズ、日本シリーズ、開幕カードを中継する場合は、短縮もしくは休止となることがある(2018年度はのSG競走の優勝戦中継がある場合も該当)。 26時の歌謡曲(放送時間) [ ]• 2018年10月1日 - : 月曜 - 木曜 26:00 - 27:00(火曜 - 金曜 2:00 - 3:00) 出演者 [ ] 歌謡曲主義(出演者) [ ] 土曜(出演者) [ ]• (2018年4月7日 - 、東海ラジオアナウンサー)• (2018年4月7日 - 、演歌歌手)• (月1回のみ出演、2019年11月16日 - 、演歌歌手) 日曜(出演者) [ ]• (2019年4月14日- 、歌謡歌手)• (月1回のみ出演、2019年4月7日 - 、演歌歌手) 以前の出演者 [ ]• (日曜担当パーソナリティ・2018年4月8日 - 9月30日、元東海ラジオアナウンサー)• (土曜月1回のみ出演・2018年4月28日 - 2019年9月21日、演歌歌手) 26時の歌謡曲(出演者) [ ]• 期間 2018. 01 2019. 01 2019. 26 2019. 30 2020. 26 原光隆 2020. 30 コーナー [ ] この節のが望まれています。 歌謡曲主義(コーナー) [ ] 土曜(コーナー) [ ]• カラオケ選手権予選通過者 音源オンエア - 本番組の開始と同時に開始されるイベント「カラオケ選手権予選会」でテープ審査を通過した出場者の歌声を放送する。 若手演歌歌手などのインタビューゲスト 日曜(コーナー) [ ]• カラオケ選手権予選通過者 音源オンエア - 本番組の開始と同時に開始されるイベント「カラオケ選手権予選会」でテープ審査を通過した出場者の歌声を放送する。 中堅演歌歌手などのインタビューゲスト• (不定期) - にて競走が行われる場合に限り、該当するレースを中継(2020年現在は とが該当。 ただし後者は編成の都合上2018年は中継せず)。 以前のコーナー [ ] 土曜• 10月からは土曜16:00-16:20の枠で再独立。 2020年4月現在の基本放送枠は土曜20:40 - 21:00。 にも時差ネット)• 10月からは土曜16:20-16:35の枠で再独立。 2020年4月現在の基本放送枠は土曜20:00 - 20:15) 日曜• 2019年10月からは日曜16:00-16:20の枠で再独立。 2020年4月現在の基本放送枠は土曜20:20 - 20:40)• 2020年4月現在の基本放送枠は日曜19:15 - 19:30)• -MIZMO-のみんなずっともっと(2018年10月7日より2019年9月まで内包、2018年9月以前は金曜5:00-5:10の単独枠。 2019年10月からは土曜16:35-16:50の枠で再独立。 2020年4月現在の基本放送枠は日曜19:00 - 19:15) 26時の歌謡曲(コーナー) [ ] 月曜 [ ] 火曜 [ ] 水曜 [ ]• の歌う青春一直線! (2020年4月2日 - ) 以前のコーナー [ ]• 全国烈伝(2019年4月1日 - 2019年9月23日、純烈が月曜パーソナリティとなったため終了。 の大ちゃんに任せなさい! (2018年10月2日 - 2019年9月24日)• の彩り彩彩(2018年10月5日 - 2019年8月29日、2018年9月までは木曜5:00 - 5:10の単独枠) 脚注 [ ] []• 月1回、「井田・工藤の歌謡曲主義」として放送。 東海ラジオ(2018年3月15日閲覧)• 東海ラジオ(2018年9月15日閲覧)• 本来であれば、2019年10月19日が初回放送だが、野球中継による放送休止のため、2019年11月16日が初回放送となった。 放送初回にあたる2019年4月7日はゲスト扱いで出演• ただし、高松宮記念については実施時がプロ野球開催期間と重なるため、本番組内で放送された事例はない(『ガッツナイタースペシャル』内で放送)。 関連項目 [ ]• - 2018年10月より関連番組化。 2019年9月29日放送終了。 外部リンク [ ]• kayou1332 - 土曜午後のワイド番組 前番組 番組名 次番組.

次の