堅実 英語。 不倫の恋は世界共通!?英語表現にも「匂わせ」はあった!

「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違い・謙虚な人の特徴・名言

堅実 英語

堅実な人ってどこか信頼できるし、その信頼を裏切るような気持ちがしないですよね。 そんなあなたは、自分のことを堅実な人だということができるでしょうか? 多くの人は、自分のことを自ら堅実な人だとは言い切るのは難しいのではないでしょうか。 それは堅実な人は「こういうものだ」という印象を持っているからです。 でもあなたは自分のことを堅実だと思っていなくても、周囲のひとから堅実だと思われているかもしれないですよね。 または、「堅実な人になりたい!」と、今までの性格を変えたいがためにこの記事を開いてくれたのかもしれません。 この記事では、そんなあなたのためにまずは「堅実」とはどういうものなのか基本的な意味を確認します。 そして、堅実な人が持っている特長を26個ご紹介していきますよ! 「もう少し堅実になりなよ」なんていわれて落ち込んでいる方。 どうして自分は堅実なのではないかと自分の性格を悔やんで仕方のないあなた! ぜひこの記事を参考にして、堅実な人になっていきませんか? 「堅実になりたい」その気持ちさえあれば、誰だって堅実な人になることが出来るのです。 ️堅実な人とは? あなたは、自分自身のことを堅実な人と思うでしょうか。 では、堅実な人とはどういう人を指すのでしょうか? 日常生活のなかでなんとなく使っている「堅実」という言葉。 はっきりと説明しろといわれるとなかなか説明しにくいものがありますよね。 その理由は、はっきりと意味を理解していないからです。 これまでの会話の中、または書籍のなかで「なんとなくこういうものなんだろうな」なんて感覚で「堅実」という言葉を理解してしまっているのです。 でも堅実な人になりたいのであれば、その意味をしっかり理解していなければ、堅実になれるとは限りませんよね。 堅い実ある人…。 さて、その言葉はどんな意味を示しているのでしょうか? 堅実の意味 堅実という言葉は、てがたくまた、確実であることを示しています。 ふらふらと放浪しているような人ではなく、しっかりと確実な道を進んでいる人を思い浮かべると分かりやすいかもしれないですね。 そのため、危ない要素を全くもっていないことになります。 だって、いつその約束を破られるのだろうかなんて心配になってしまうものですから。 これから堅実な人になりたいと思っているのであれば、ぜひこれからご紹介する項目を行なうようにしてみてください。 最初は難しいかもしれません。 しかし、堅実な人になるという目標があれば、苦しく感じても行なうことができるはずですよ。 また、それを行なうためのヒントも合わせて記載していることもあります。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 人生設計ができている 堅実な人というのは、今後の未来像をしっかり想像することができています。 未来像というのは、あやふやなものではなく、または「こうなったらいいなぁ」なんていう生半可なものではないのです。 しっかりと「そうする」ための未来として、設定しているのです。 それは人生設計となり、そこから逆算することで現在行なうべきことを洗い出しています。 そのため、堅実だなぁと感じられる人というのは、いつもすべきことをしています。 そして、さらに失敗することはほとんどないように感じるはずです。 それは、そうなるべき未来から小さなズレも許さずに人生設計をしているからなんです。 「私は堅実ではないけど、未来の設計くらいしている!」という方もいるかもしれないですよね。 あなたの思っているような未来像と、堅実な人が抱いている未来像というのは、全く違うものなのです。 明日の予定のことのように、未来の設定をし、そこから人生設計をしてるのです。 あなたもそうではありませんか? その考えでもその未来にたどり着くことはできるかもしれません。 しかし、逆算方式で決めてることよりも長引くことになってしまったり、いつまでたっても実現することが出来なくなってしまう可能性があるのです。 それに人生設計をするのは、人生そのものを決めてしまうのと同じことです。 決意すること自体難しいのではありませんか。 堅実な人は、自分を信じることによって、または自分を戒めるためにもそうやって人生設計をしっかりしています。 そして、その未来の実現に向けて毎日を過ごしているのです。 あなたも、まずは未来を設定し、そこから逆算をして今は何をすべきなのかを考えて見ましょう。 例で見る! その説明だけではなんとなく難しいですし、理解しにくいかしれません。 とある例を見てみましょう。 現在25歳のAさんは、一般的な会社のOLをしています。 しかし、ひょんなことから諦めていたメイクアップアーティストになる夢をどうしても叶えたくなってしまったのです。 30歳という区切りの年齢には、メイクアップアーティストとして既に活動していたいと夢見てたとしましょう。 それを実現するためには、2年制のメイクの専門学校を卒業しなければなりません。 30歳でメイクアップアーティストの資格を持っているためには、遅くとも28歳の時点で専門学校に入学しなければならないのです。 また、専門学校に通うためにはお金も必要になりますよね。 Aさんに貯金があればいいのですが、もしもない場合は現在就いている職種の給料でまかなえるかを考えるはずです。 その次に、会社をやめる時期を決めなければなりません。 もしも、今すぐにでも会社をやめてメイクの卵としてアルバイトできるのであれば、そこに行きたいと思うでしょう。 それか会社を辞めて、来年度から入学してしまおうか、通学圏内に引っ越すかなどなどさまざまな考えることがあるのです。 どんなことを行なうにせよ、メイクアップアーティストの学校に入学するためには、現在働いている会社を辞めなければなりません。 もしもAさんのご両親が過保護であれば、仕事を辞めることを説得しなければいけませんよね。 親を説得し、会社をやめて、専門学校に入学する。 メイクアップアーティストになるまでには、そのような流れが必要になるのです。 これは逆算的に考えなければ、洗い出すことは出来ないですよね。 Aさんが今の会社にいながら「いつかメイクアップアーティストになるんだ!」なんて思っていても、その状況は何も変わらずにあっという間に30歳になってしまうでしょう。 要するに何事も最終地点を決め、期限ごとにやるべきことを設定するのです。 それが人生設計ですよ。 無駄遣いをしない 堅実な人は、どんなときでも無駄遣いをしません。 仲の良い仲間が皆して高級なものをおそろいで購入しようとするならば、そんなものよりコチラの方がいいよなんて安くてよいものを探し出してきたりします。 無駄遣いをしないということは、今持っているお金をどこにどれくらい使うのかをしっかり把握することができているんですね。 それも人生設計と同じように、逆算式で考えれば無駄遣いをすることはなくなりますよね。 お金は頑張れば頑張るほど、お金との縁が出来るほどにたくさんのお金が手に入るものです。 しかし、そのようにできるのってあなたもお分かりのように、この世界に生きているほんの一部の人たちなんですよね。 もちろんあなたもたくさんのお金を引き寄せる能力を持っているのです。 ですが、それを今すぐに発揮しろなんていわれたって誰でもできないはずです。 そのため、今あるお金や限りあるお金の中で生活を送っていかなければならないですよね。 そんなときに欲しいものばっかり買ったり、あまりにも使わないものを購入してしまったら…。 お金を生き金にする 堅実な人は、今現在なにがどれくらい必要なのかをしっかり把握しています。 そのため、使うべきところにお金を使うことができるんです。 そのため、お金を生き金に変えることが出来ます。 死に金とは、お金を使ったそのものや事物がムダになってしまうことでそうなります。 あなたも、無駄遣いをしないように支出のコントロールをしてみませんか? 貯金がある 堅実な人は、一つ前の項目でお伝えしたように無駄遣いをしません。 でも使うところには、大金を使うこともありますよ。 そんな堅実な人ですから、お金がどんどん貯まっていくんですね。 お金はマジメな人、お金を大切にしてくれる人の元へいきたがるものです。 この話をすると「お金がいきてるわけないじゃん!」なんて思われるかもしれないですね。 いいえ。 実はモノにも魂があるもので、お金も例外ではないのです。 あなただって、自分のことを殴ったりけったりする人の元へいくのと、自分を大切にしてくれる人だったらどちらにいきたいでしょうか? 相当なドMでない限りは、後者のはずですよね。 お金も同じこと。 そのために、貯金がどんどん増えます。 また、無駄遣いをしていなければ、必然的にお金は増えていきますよね。 「貯金をしよう」と思って無駄遣いをしていないのかもしれないです。 本当にモノを見る目があり、無駄遣いをしていないために貯金が増えるのかもしれません。 どちらにせよ、堅実な人になることができればお金は増えていくのです。 一定の生活リズム 堅実ではない人というのは、どのような人を思い浮かべるでしょうか? いつもダラダラしていて、生活のリズムはいつもバラバラのような人ではありませんか。 そのために頼りないし、どこか危なっかしいんです。 反対に、堅実な人というのは、生活のリズムがある程度決まっています。 俗に言う「規則正しい生活」というのをしっかりこなしている人なんですね。 一定の生活リズムにすることによって、周りの人からはしっかりとした人と思われることが出来ます。 これについては次の項目でお伝えしますね。 また、一定の生活リズムを送ることが出来るということは、心の健康を保ちやすくもなるものなんです。 心の病気にかかりやすい方というのは、ムダに夜更かしをしていたりします。 そんなよろしくない習慣がついていることが多いんですね。 せっかくこの世界に生まれたのですから、規則正しい生活を送って人生を楽しんでみませんか? しっかりしている さきほどもお伝えしましたが、堅実な人はしっかりしたイメージを与えることが出来ます。 しっかりしている人に対して、あなたはどんな気持ちを抱くでしょうか? 大切なことを任せることは出来ます。 それに堅実な人が側にいるだけで、自分も大丈夫になるような気持ちさえしてきますよね。 いつも規則正しい生活を送り、さらにお金の管理にしっかりしている…。 そんな人は、しっかりとした人として認められることになります。 また、お金の管理にゆるい人は、自分の管理にもゆるくなっているという傾向があります。 あなたは、しっかり支出の管理が出来ていますか? 今週はいくら使ったか把握していますか? もしも出来ていないのであれば、今のあなたは堅実な人からは程遠いかもしれません。 そのため、自分のやりたくないことなどは、ちゃんと断ることが出来るのです。 自分の中の芯がしっかり立っていないと、いつもゆらゆら揺らいでいる状態になります。 そのときって自分が今なにをすべきなのか、何をしてはいけないのかが全く見えていないことになるんです。 そんなときに明らかに悪い誘いをされたとしましょう。 芯のある堅実な人は「これはよくなことだ」「今の自分には必要ないものだ」と判断し、ちゃんと断ることが出来ます。 しかし、芯のない堅実ではない人というのは、なんでもホイホイ受け入れるために、その悪い誘いにのってしまうのです。 どんなにバカな人でも「それはおかしいだろう」なんていう内容に関しても、その善悪を判断することができなくなっているんですね。 あなたは、やりたくないことをしっかり断ることが出来ていますか? もしも出来ていないのであれば、まずは自分がなにをすべきなのかという自分のモットーなどをしっかり作ってください。 それがあなたの芯となり、あなたを強くしてくれるはずです。 芯がなくても生きていけるかもしれません。 しかし、それは時に悪い人たちに利用されかねません。 連絡がマメ 堅実な人のほとんどは、連絡がマメである傾向が高いです。 連絡がマメというのは、送られた連絡に対して無視をせずに出来る限り早く返信をしてくれます。 電話が来た際には、できる限りはやくに折り返し電話をします。 それって仕事をしている方、急ぎで連絡している方にとっては、とても助かるんですよね。 堅実でない人は「いつでもいいや」「後で返せばいいや」なんて考えてしまいます。 しまいには返信したり折り返し電話をするのを忘れていたりするものです。 あなたは、連絡をすぐに返すクセをつけていますか? 堅実な人は、相手の気持ちもしっかり理解できます。 そして、なるべく早くに連絡を返すように心がけましょう。 冷静である どんなときでも冷静でいられる人は、とても頼りになる印象がありませんか。 堅実な人というのは、いつでも冷静さを失うことがありません。 冷静さを失わないということは、俯瞰して起きている物事を見ることが出来ているんです。 あなたは、どんなときでも冷静でいることができているのでしょうか? もしかしたら、冷静でいられないかもしれないですね。 感情を抑えられる 感情を抑えるということは、喜怒哀楽を示さないようにするということです。 生きていればとても嬉しいこと、そしてむかつくことや悲しいことなどさまざまな出来事が起こりますよね。 私達人間は、それらを乗り越えることで人として精神的に成長することが出来るものです。 また、幼い子どもを見ていると、身の回りの大人にその子の気持ちを伝えるために、すぐに泣いたり、すぐに怒ったりしますよね。 そこがまた可愛いのですが、それは子どもだからこそ感情の抑え方を知らないからなんです。 大人になってまで、むかつくことがあったらすぐに腹を立てどなりちらす。 ムカつく相手に暴力を振る。 自分がむかついたら、相手をとことん潰しても良いと考えている…。 そんな考えを持っているのであれば、今すぐに切り捨ててください。 また、感情を抑えることによって、身の回りの状況を俯瞰して見ることが出来れば、冷静さを手に入れることだって出来るんです。 あなたは、自分の感情を抑えることができる方だと思いますか? もしも、どこかで感情をもらすようなことがあるのであれば、次にそのシーンがきた際にはグッとガマンしてみて。 それがクセとなり、自然に感情を露にしないようにできますよ。 リスクを考えられる 堅実な人は、危なっかしい行動をしない人です。 今これをしたら…、あれをしたら…「どうなるのだろう?」ということを常に考えることが出来ます。 それは未来を予測し、自分自身に起こりうるリスクを予期することができるってことですよね。 あなたは、そのように現在の状況から未来の状況を想像し、リスクを想像することができるでしょうか。 もしも後先考えずに何かにトライしているのであれば、これからは少しだけでもそのことをチャレンジすることによって得られるリスクを考えてみませんか? そのように、ある程度のリスクを想像しておくことによって、そのリスクに本当に出くわしてしまった時に冷静に対処することができるはずですよ。 冷静に、感情に踊らされずにその物事を見つめるのです。 真面目である 堅実な人といえば、多くの人が「まじめ」なイメージを持っているのではないでしょうか。 マジメな人は、存在するだけでさまざまな得を感じることが出来るものです。 なんてたって色々な人から信用されますし、そのために幸せな出来事が起こりやすくなります。 あなたは、重大な仕事を誰かに任せなければならないとなったときに、マジメな人を選ぶでしょうか? それとも全くマジメではない人を選ぶでしょうか? 誰だってマジメな人に頼むはずです。 堅実でいること、そしてマジメに物事をこなしていくのは、その人本人にメリットだらけということなんです。 【真面目な人については、こちらの記事もチェック!】• 少し硬いところがある あなたの身の回りにいる堅実な人って、どこか堅苦しい印象がありませんか? つっこみどころがないような…笑い話をしてもどこか笑っていないような・・・。 そんな硬いイメージがあるのも堅実な人の特徴なんです。 いつもおちゃらけている人と、そうではない人だったらどちらに硬い印象を持つでしょうか。 おちゃらけている人はどこか軽いイメージを抱くのではありませんか? また、硬いところがあるためにその人が発する言葉のひとつひとつ、そして行動のひとつひとつに重みを感じることができるのです。 危ないことに手を出さない 堅実な人は、あぶなっかしいと感じることにはどんなに良い話であっても手を出すことがありません。 とても慎重に物事をみつめるんです。 堅実な性格をしていなければ、良い話にはリスクも考えずに飛び乗りますよね。 その結果だまされたり、悪い結果を引き起こしてしまうこともあるでしょう。 危ないことに手を出さないということは、その物事にどんなリスクがあるのかをしっかりと考えることが出来ているということになります。 あなたは、おいしい話がきたときにそのメリットデメリットを考えていますか? もしそうではないのであれば、これからは考えるクセをつけてみましょう! 次第に危ないと思えることには、手を出そうと思わなくなるはずです。 マナーやルールを守る マナーやルールを守ることが出来る人って、どこかしっかりした印象を持つことが出来ますよね。 反対にマナーを守れず、いつも非常識な行動ばかりとっている人にはがっかりするだけなのではないでしょうか。 堅実な人は、この世界におけるマナーそして暗黙のルールなどをしっかりと理解しています。 それはご両親の子育ての仕方が大正解だったのかもしれないです。 もしくは、初めはマナーがなっていなかったために痛い思いをし、自分で学んだのかもしれません。 そのようにマナーやルールを守ることは、その人の品格をあげてくれるものです。 品格が高ければ、人に信頼されやすくなります。 人生をスムーズに進めるヒントになることもあります。 あなたは、一般的に守るべきといわれているマナーやルールを理解していますか? もしも自分のマナーに自信がないのであれば、書籍や講座などを受講して勉強してみましょう。 自分自身に自信がつきますよ! 体調管理ができる 仕事が出来る人は、体調管理もできる…なんて聞いたことがありませんか? 堅実な人は、お金の管理だけではなく自分の体調管理もしっかりできています。 少し風邪っぽい感覚になれば放っておかずに、すぐに風邪薬を飲んだり、内科を受診します。 そのため、病気知らず、または大きな病気になる前に治療することが出来る場合がほとんどなんです。 少しの風邪の症状をほうっておいたら、大事な会議のある日にとてつもない高熱を出してしまった。 それは、体調管理ができていないことになりますよね。 堅実な人は冷静に自分の体も見ています。 大事な予定にあわせて風邪なんてすぐに治してしまうんです! あなたは、気になっている体の症状を放っていませんか? 「体が一番の資産」といわれるくらいです。 体が元気でなければ、人生における楽しいことを実感することができなくなってしまいます。 そうならないように、体調管理をしっかり行なってみてくださいね! タバコを吸わない タバコを吸っているのであれば、あなたはどうしてタバコを吸うのでしょうか? 「なんだか口の中が寂しいから」? 「ダイエットにもなるから」? …堅実な人は、自分の誘惑や願望に打ち勝つ強さを持っているため、こんなことでタバコを吸おうとは思いません。 それどころかタバコを吸うことによって、引き起こされるリスクを重要視しています。 まずは肺がんのリスクが高くなります。 そして、副流煙によって身の回りにいる人の病気のリスクまであげてしまうことになりますよね。 それに妊娠を望んでいるのであれば、羊水が真っ黒になるというリスクも待ち受けています。 未来を想像し、リスクを考えればタバコは吸おうとは思えないのです。 タバコをやめるときになかなかやめることはできないのは、「タバコをすいたい」という欲求に勝つことが出来ないからなんですよね。 禁煙外来などを受診し、独りで悩まないようにしましょう。 悩むとストレスでもっとタバコを吸いたくなってしまいますよ。 姿勢がいい 堅実な人は不思議なことに、ほとんどの人が姿勢がいいんです。 姿勢がいいと目線は上向きになります。 気持ちが暗くなることはありません。 それに猫背になると、だらしない印象を与えてしまいます。 どんなに堅実な性格をしていても、認めてもらえる可能性が低くなってしまうんですね。 あなたの姿勢はどうなっていますか? どんなに美しい身なりをしていても、姿勢が悪ければそれはもう台無しです! まずは、見た目から堅実らしさを出してしまいましょう。 姿勢なら、他にご紹介している項目よりも早くに今すぐにでもトライできるのではないでしょうか? 物持ちがいい あらゆる物を大切にするために物持ちがいいです。 扱いがひどいとモノは、どんなに強いものであってもすぐに壊れてしまいますよね。 ましてやモノにあたる…なんていうクセがあれば、その人のものはどんどん壊れているはずです。 それに物に当たるというのは、感情を抑えずに冷静になることができていないということになります。 あなたは、あなたの物を大切にしていますか? それはかつてあなたやあなたの知り合いなどが稼いだお金で購入した、あなたの生活を支えてくれている大切なパートナーなんです。 これまでは物を大切にしていなかったかもしれません。 今からは、物を大切にできるように意識してください。 部屋が綺麗 部屋が汚いのは、その人の心が乱れているなんて言葉を聞いたことがありませんか? それは、ほぼ正解なんです。 忙しくて、掃除する気がなくて…。 さまざまな理由で部屋がちらかっているのかもしれません。 しかし、堅実な人というのはキレイが通常です。 少しでも散らかっていると気になって仕方なくなってしまうんです。 そのため、いつだって部屋がきれいなんです。 ほこり一つないし、明るくてどこかホッとするような部屋つくりをしているものです。 あなたの部屋はキレイですか? もしも汚いのであれば、まずは出来るところから掃除をはじめてみましょう。 その波にのることができれば、他の場所も無理なく掃除することができるようになりますよ。 準備をしっかりする 堅実な人は、いつだって入念に準備をします。 小学生の頃の遠足の支度を前日に行なう人もいれば、一週間前から行なう人。 そして当日に行う人などがいたはずです。 あなたは、どのタイプでしたか? 堅実な人は、忘れ物や不備がないように早くから準備を始めるんです。 そのために不備が起こるようなことは一切ありません。 いつも忘れ物をしている方こそ、準備を事前に済ませるようにしてみてはいかがでしょうか? ️堅実な人は信用できる人 今回は、堅実な人とはどんな人なのか、どんな特徴を持っているのかをご紹介してきました。 そのため、周囲の人たちは心から信用することができるんですよね。 人に信用されなくて困っている方! あなたも堅実な人になってみませんか? そうすれば、きっと今の人生が変わっていくはずです。

次の

不倫の恋は世界共通!?英語表現にも「匂わせ」はあった!

堅実 英語

謙虚な人に憧れ、謙虚になりたくて、自分なりにいろいろと頑張った経験はありませんか。 一度は人から「謙虚」だと言われたいと願ったこともです。 見えてきそうでいて、見えないのが「謙虚」という言葉です。 ちょっとやそっとでは手に入らない憧れの「謙虚さ」ですが、いろいろな言葉と比較することで、何か違うものを掴むことができるはずです。 そこで一見、同じ響きをもつ「謙虚」と「堅実・誠実・素直」ですが、その正確な意味を把握し、違いを再確認することで、「謙虚さ」を再発見し、あなたがその「謙虚」の本質と魅力に少しでも迫れる手助けとして、この記事を参考にしてください。 「謙虚」の意味 「謙虚」の意味は控えめで慎ましやかなことで、自分の地位・能力などに驕る事がなく、素直な態度で人に接するさまです。 相対する人にへりくだり、相手の意見を聞き入れます。 まとめると、偉ぶらず、相手を敬い、素直に学ぶことです。 「堅実」の意味と「謙虚」との違い 「堅実」とは手堅くしっかりしていて確実なことで、確かで危なげがなく不安を感じさせるところがないという意味です。 確実を得るための手段や、それを行う性格の人に使うことが多く、それに即した冒険をしない、リスクを冒さないといった意味にもなります。 「謙虚」と「堅実」の何が一番違うかというと「相手か自分か」の立ち位置の違いです「謙虚」の意味で一番重要なのは相手を敬いへりくだることです。 相手に遠慮し、相手の行動を立てます。 一方「堅実」は、確実に行動するため、相手に遠慮せず自分の意志を曲げない場合があり、「謙虚」とは全く正反対の意味となります。 「誠実」の意味と「謙虚」との違い 「誠実」とはまじめで真心がある、人や事物に対する姿勢に真心が感じられ、真面目で偽りがなく、私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対することや、そのさまです。 重要なのは「真心」で、簡単にいうと言葉や行動に嘘がなく、心がこもっていることです。 「謙虚」は相手を敬い、へりくだり遠慮するので、どうしても相手に対して深く踏み込めません。 一方「誠実」は、真心で人と接することなので「謙虚」とは反対で、真心をもって相手の心に深く踏み込み、ひたすら真摯に接します。 「謙虚」と「誠実」では相手の心への踏み込み方、接し方の姿勢という意味では正反対だということが分かります。 「素直」の意味と「謙虚」との違い 「素直」とは考え、動作、態度が真っ直ぐなことで、ひがんだ所がなく、人に逆らわない、心が純真さを失っていないことです。 それ以外に技芸などに癖がないこともいいます。 「素」は、わだかまりなく物事を観る、捉えるという心の態度で、「直」はまっすぐを表し、基本的には「素」と同じ意味です。 2つで「まっすぐに物事を捉える」となります。 「素直」は、自分の考えている事、感じていることを正直にまっすぐに表すことです。 それに対して「謙虚」は相手を敬いへりくだるので、相手に対して一歩引いてしまう正反対の意味となります。 「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違い 「謙虚」と「堅実・誠実・素直」の違いは、「相手ありき」か「自分ありき」かであり、まったく正反対の意味となります。 「謙虚」は「相手ありき」で、相手を敬い、へりくだり、相手に遠慮し、相手を立て、心の中には踏み込まず、自分の意志を決して表には出しません。 まずは「相手」です。 「堅実・誠実・素直」は「自分ありき」で、相手には遠慮せず、自分の意志を貫く事があり、自分の真心を持って深く踏み込み、真っ直ぐに表現します。 「自分が」という言葉が真っ先にきます。 「相手」か「自分」か、この立ち位置の圧倒的な違いこそが「謙虚」と「堅実・誠実・素直」との正反対の意味を表す原因となります。 謙虚な人の特徴 「謙虚な人」はいつも何を考え、どう感じているのかを知ることが「謙虚」を理解するための最大の近道です。 この謙虚な人の内側である「心の内面」を深く掘り下げていきます。 真面目で控え目である 謙虚な人はとにかく真面目で、怠けたり、隙を見つけては休憩したりはしません。 いつも何かに真剣に向き合っています。 そして低姿勢であり、自己主張はせず控え目であり、自分の事はいつも後回しです。 自分の事はいつでも最後にしてしまうのは謙虚な人にとっては当たり前のことです。 そこまでできなくても少しでも近付く意志が大切です。 我慢強い 謙虚な人は、人から中傷されたり、邪魔をされても決して怒る事はなく、一度これと決めた事は障害や挫折が降りかかっても、途中で中断する事が起きても、へこたれることなく最後までやり遂げます。 この我慢強さは謙虚な人の独特の持ち味のひとつで、誰しもが少なからず見習わなければならないことです。 傲慢にならず理性的である 自慢せず、余計なプライドを持たないので傲慢にもならない。 これも謙虚な人の特徴のひとつです。 一歩引いたところに自分を置き、いつも冷静に全体を見渡し分析しています。 そのために何があっても感情的になる事がなく、あくまで理性的です。 いつも感謝の心をもつ この世の物事が、上手くいくのは周りのおかげだと感謝し、常に自覚を持って生きているのも、謙虚な人の持つ大きな特徴です。 謙虚な人は、周りの人達にいつも感謝の気持ちを忘れません。 それが自然に感謝の気持ちを言葉に乗せて発信していける力となり、人を幸せな気持ちにさせることになります。 心の外側とは日常生活動作や、心と直結する純粋な行動を表します。 心と体、内と外はいつも直結し連動しています。 心の外を知ることで内側も理解できるといえます。 周りの気配りとサポート役に回る いつも、相手のために何ができるかを念頭に置き、周りに気を配り、行動し続けているため、自然と周りのサポート役に回ることが多くなります。 しかもその方が、物事が円滑に進むため、ついついその役をし続けることになってしまいます。 それだけ卒なく何でもこなしてしまうのも謙虚な人の行動の特徴だといえます。 何があっても自己責任を貫く どんな事があろうと他人や環境のせいにせず、すべてにおいて自己責任を貫きます。 謙虚な人の心の中心には自己責任が核として存在し、それに従って行動を起こします。 その行動には自分の信念と、大いなる責任が伴うと常に自覚しているために、何が起きても自分だけでそれを受け止めて、解決してしまいます。 謙虚な姿勢に対して頑固である 謙虚である事に対して頑ななまでに頑固であり、そこだけは譲ろうとしない面が出てしまう事があります。 そのため周りの人達からは、損な性格だと誤解を受けてしまう事がよくあります。 それでも、謙虚な人はどこ吹く風で、何も気にしません。 いつも努力を怠らない 「謙虚」になるには、常に意識し、長い時間をかけて心を変えていくことが必要です。 ここでは少しでも「謙虚」になれるよう、直ぐに実践できて効果抜群で、毎日でも繰り返すことができる「謙虚になれる簡単な方法」を紹介していきます。 「ありがとう」をいつも言う 自分の周りの人たちや起こる物事に対していつも感謝して、ありがとうを言ってみましょう。 一日最低10回は口に出すことを意識します。 言い慣れてくると周りの景色が輝き、いつもと違った気持ちになれます。 そして、周りの人達の気持ちも変化させることもできます。 3つの「口」を禁止する 「悪口」「陰口」「愚痴」これがネガティブな心を生み出す3つの口で、口に出すたびにドンドン「謙虚さ」から遠ざかっていきます。 そうならいために思い切って3つ口を禁止しましょう。 もし思わず口に出てしまった時は、直ぐに肯定語を口にして打ち消しましょう。 少しづつ謙虚が近づいて来てくれます。 「ごめんなさい」を素直に言う この世のすべての事柄は自己責任によって成り立っていると強く意識し、自分に非がある時は逃げたり、言い訳や、ましてや他人のせいにせず、素直にごめんなさいを言います。 これはできていそうで、できていないことが案外あります。 この一言が人間関係を潤滑にしていき、謙虚さも鍛えてもくれます。 笑顔と相手の言葉を大切にする 『人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものである』『半分は先輩から教えてもらう、半分は部下から教えてもらう』『感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく』 これらの言葉は、自分に驕らず素直にしっかり相手の意見を聞くという「謙虚さ」をシンプルに表しています。 相手を敬い学ぶ姿勢を持つことの大切さを教えてくれます。 『誠実に謙虚に、そして熱心にやることである』 『謙虚さを失った確信は、これはもう確信とはいえず、慢心になってしまいます』 これらの言葉は前述した「謙虚さ」の本質を踏まえたうえで理解すると、心の奥深くまでじんわりと沁み込んでくる含蓄ある言葉に変化します。 その他の名言・格言 次に松下幸之助以外のさまざまな人物の「謙虚」に関する名言・格言を紹介していきます。 ジャン・パウルの名言 『常に謙虚であるならば、褒められた時もけなされた時にも間違いをしない』 これぞ誰もが謙虚になりたい大きな要素の一つであります。 間違いたくなくても間違えてしまう人間の心を鷲掴みにします。 ポール・セザンヌの名言 『自分の強さを実感している人は謙虚になる』 自分の内面をしっかり内観できる人は謙虚である、というこの言葉は、自分はまだまだ「謙虚になれていない」という事を言われているようで、直接胸に突き刺さります。 老子の格言 『知るものは言わず、言うものは知らず』 謙虚な人は、決して「自分から出しゃばらない」というストレートな言葉です。 その納得の真理が心に沁みます。 王貞治の名言 『幸運の女神は笑顔と謙虚な人のところに近寄ってくる』 「謙虚」さには常に笑顔が在るという大切な事を、分かりやすい言葉ででしっかりと伝えてくれます。 やはり笑顔は謙虚さを語るうえでは欠かせな重要な要素だと実感します。 江原啓之の名言 『自分の小ささを知っている人間が、実は一番強いのです。 自分はこの程度だからと笑える謙虚さがある人は、実はそれほど傷付かないものです』 自分がどんな存在であるかをしっかりと見据えて生きている人が、誰よりも一番強い存在となります。 それだけ周りに流されることが無いからです。 自分を知り、自分の足場をしっかり持って生きていくことの大切さを教えてくれます。 謙虚か診断するチェック項目 自分が「謙虚」かそうでないかが、日常生活におけるちょっとした動作で簡単に理解できるチェック事項がありますので、ここで細かくそれを見ていきます。 相手に何事も譲ることができているかどうか エレヴェーターの乗り降りの際や、車の進入時、食事やトイレ、会計でレジに同時に並んだ時などに、直ぐに相手に譲れているかをチェックします。 そんなちょっとした譲り合いの時に、いつも一歩引いて、相手の事を優先して行動できていれば、そこに謙虚さの一端が出ているといえます。 会話の始まりを待てるかどうか 楽しく会話しているとき、相手にイニシアチブを譲り、相手の言葉を先に聞くことができているかを確認します。 相手の言葉に常に耳を傾けることに徹する「聞き上手」になる事が、謙虚になる近道となります。 公共のどんな場所でも端の方へ行くかどうか 映画館や、飲み会、イヴェントでの席の取り方が真ん中寄りではなく、いつも端の方を選択しているかをチェックします。 この場合は、センターで目立つことを嫌い、いつも隅の心地良さを感じる「謙虚さ」の一種の現れです。 応援する事は大好きだがその他の事に拘らない 応援するのが好きですが、その後は何も拘らないかどうかをチェックします。 人のことを応援するのが大好きで真摯にエールを送るのですが、それに対しての結果や、その後のことには何の拘りも見せず、負けず嫌いの要素がありません。 この事も「謙虚さ」がしっかりと表に現れている行動です。 いつも自分を地味にみせようとする とにかく、目立つことが嫌いで、周りの事のサポート役に回ろうとします。 競争事も好んで参加せず、もし出ても必ず一位は狙いません。 この事が自覚できる人は謙虚な要素がかなり強く表れています。 「謙虚」が花言葉の花 数ある花言葉の中で、「謙虚」という花言葉の花々は存在します。 しかし調べれば調べるほど「謙虚」という言葉の存在自体が少なく、人間の世界だけではなく、植物界においても、謙虚な植物、謙虚な言葉が少ないという事が分かります。 ここでは「謙虚」が花言葉の花を、「謙虚」そのものが花言葉となる花と、複数ある花言葉の中に「謙虚」が含まれる花とに分けて紹介していきます。 「謙虚」そのものが花言葉の花 花言葉がズバリ、「謙虚」そのものである花にはスミレ、キンモクセイ、ガクアジサイ、アベリア、エビネなどがあります。 キンモクセイは香りが良いのに地味な花をつけるという由来があります。 9月から10月が開花期となります。 ガクイアジサイは装飾花の数が少なく、謙虚に見える事に因んでできた花言葉です。 5月から7月に花が咲きます。 エビネ(海老根)は欄の一種で他のランと比べ控え目な印象を与えることに由来ます。 開花時期は4月から5月です。 アベリアは小さく慎ましい花の姿が由来です。 6月から11月と長期間に渡り花が咲きます。 これらの花々は「謙虚」そのものを直接表します。 複数ある花言葉の一つに「謙虚」が含まれる花 その花に複数ある花言葉の中の1つに「謙虚」が含まれるモノがあります。 有名なところで、コスモスやライラック、ツバキの「謙虚な美徳」などがあります。 その他にエニシダ、オジギソウなどの花々は数ある花言葉の中の一つとして「謙虚」という言葉が含まれます。 自分の謙虚を磨きあげる 今まで見てきたように「謙虚」は、自分自信を見つめ、感情をコントロールし、周りのできごとを冷静に分析して、なおかつ適切な対処を行うという幾つもの良い要素を兼ね備えた素晴らしいモノだという事を改めて実感しました。 相手を敬い、感謝を忘れないことは、きっと自分自身にもプラスになります。 「謙虚」にただ憧れ続けるのではなく、しっかりと自分のモノにし、時間をかけて磨き上げていくことに邁進するのも良い人生の歩み方です。 ただ注意しなくてはいけないのは、謙虚は素晴らしいことばかりの反面、自分を縛る足枷になることもあります。 謙虚になり過ぎて、下手にひとの心の中に入ることができず、満足なコミュニケーションを取ることが難しくなるからです。 それが自分自身の成長を妨げてしまい、却って自分の心の悩みの種となります。 ですので、謙虚は決して100パーセント完璧な存在ではありません。 自分だけのオリジナルな「謙虚」な人になろう 憧れの謙虚さを手に入れるためにはもう一工夫の努力がいります。 それは自分だけの「謙虚」さを身につけることです。 普通に言われる「謙虚さ」を破り、新しい自分だけの謙虚さを作ります。 そして、自分独自の新しい謙虚さを生み出して進化させます。 その中には、相手の懐にしっかりと入っていける「謙虚さ」もあります。 まずは「堅実」に人生を歩みながら、「誠意」で相手の心に近づき、「素直さ」で相手の心の扉を開きます。 その心の中で初めて、精一杯の「謙虚さ」を表します。 こういう新しい自分だけの「謙虚さ」を作りあげる事で、これからの人生を、もう一段階上へと押し上げることが可能となります。 あなたも、自分自身の「謙虚さ」を見つけ、オリジナルの「謙虚さ」を創り上げて、今までとはひと味違うステージへと進んでみてはいかがでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「(人が)堅実な」は英語で何て言うの?

堅実 英語

ひねくれた性格や態度じゃなく、人に逆らったりしません。 「素直である」とは思ったままを言動にうつしてしまうことではありません。 相手の意見などを、自分の意見とは違っていてもしっかりと耳を傾け受け入れることです。 謙虚な人は、自分だけが正しいとは思っていません。 相手を尊重し、相手の意見を否定することなく受け入れます。 傲慢にならない 謙虚な人は傲慢になりません。 自分に自信を持っていたとしても、相手を見下したり思い上がって横柄な態度を取るようなことをしません。 謙虚である人は、自分自身が褒められたり評価されたりしても、謙遜をし、相手をあなどったり相手に対して無礼なことをしません。 どれだけ自分が人よりも褒められる部分があったとしても、慎ましやかです。 いくら年齢が上だったり役職が上であっても、謙虚な人は年下や部下に対して傲慢な態度を取ることは決してなく、なのでたくさんの人から好かれる傾向があります。 感謝を忘れない 謙虚な人は、常に感謝の気持ちを忘れずに生きています。 他人に何かしてもらった時など感謝することを忘れず、どんなに小さなことでも感謝します。 感謝の気持ちを言葉や態度でしっかり示すことができます。 「手伝ってくれてありがとう」と声をかけてたり、「これ、この前助けてくれたお礼」とちょっとした物をくれたりします。 また、知らないことなどを相手から知れること、相手の意見を聞かせてもらえることをありがたいと思い素直に聞くことが出来ます。 謙虚な人は自分をおごることをせずに素直であるため、どんな時でも感謝することが出来ます。 相手を思い遣る 謙虚な人は相手を思い遣る気持ちがあります。 相手がどう感じるかを考えることができるので、相手にとって失礼な態度を取ることはないですし、相手が嫌な気持ちにならないように努めることが出来ます。 そのため、傲慢になったりひけらかしたりするようなことをしません。 そして相手が心地よくいられるように、頻繁に声がけをしたり、人の話しを聞くことができます。 思いやりのある行動が相手にも伝わり、周りの人もいい気分になれます。 この記事を読んでくださっている人で、謙虚になりたい人がいれば、まず「相手を思いやる」ことを始めるのをおすすめします。 自分の非を受け入れる そして謙虚な人は、自分の非を受け入れることができます。 自分がミスをしたり、自分に非がある時は、他人に濡れ衣を着せることなく、素直に謝ることができます。 誰でもミスをしてしまったり失態を犯してしまうことがあります。 そういった恥ずかしいことや受け入れがたいことでも、謙虚な人は素直であるためどんなことも自分の非として受け入れることができます。 受け入れて反省することで、次に活かしたりすることができます。 謙虚な人は常にそういった姿勢であり、人のせいにしたりすることはありません。 我慢強い 謙虚な人は、自分の思いや感情があってもそれをそのまま外に出すことが少ないです。 空気を読んで周りに合わせたりすることが多く、その分自分の本当の思いを封じ込めているということになります。 つまり、謙虚な人は我慢強い人なのです。 「思ったことは言わなきゃ気が済まない!」という人もいますが、謙虚な人は、「自分の思いが伝わらなくてもいいか」とどこか諦めモードになっています。 我慢強いことはいいことですが、逆に我慢をしすぎることはあまりよくないです。 どんなに謙虚な人でも、感情を抑え込みすぎるとストレスになってしまうので、ある程度意見を述べたりストレスを発散することは大切です。 遠慮しがち 謙虚な人は、他人からの褒め言葉などを素直に受けとめることをしません。 基本的には素直な人が多いのですが、自分のことを良く言われるとなかなか素直に受けとめることができないのです。 「この前のプレゼン良かったよ!」と褒められても「いや、そんなことありません。 もっと努力が必要でした。 」などと遠慮がちに捉えます。 また、どんな褒め言葉も受け止められない姿が「頑固」と映ることもあるようです。 場合によっては、褒めてくれた人を傷つけたり嫌な気持ちにさせたりしまうことがあるので、遠慮ばかりするのはあまりよくありません。 自己肯定感が低い 上記でご紹介したように、謙虚な人は他人から褒められても謙遜したりと自己肯定感が低い傾向があります。 「自分はまだまだだ」とか「到底そのレベルには及ばない」と自分の存在を低く見ています。 それは、本当に自分に自信がない場合もありますし、自信はあるがあえて相手には謙虚な姿勢を見せるという場合もあります。 頑張っているアピールをすることもなく、淡々と物事をこなすという点も謙虚な人の特徴です。 「このくらいやって当たり前」と責任感が強く、褒められる程度には及ばないと認識しているのです。 努力家 謙虚な人は努力家であることが多いです。 「謙虚」の意味にあるように、自分の能力や地位に傲ることがなく、常に努力をし続けます。 例えば、社長や部長など社内での位が高い人でも、新しいことは学び続けますし、勉強会やセミナーなどにも積極的に参加します。 会社の成長のために努力を惜しまないのです。 努力はしていても、承認欲求が高いわけではありません。 なので頑張っているアピールはもちろんしませんし、「認めてほしい」と思うこともありません。 プライドが高い?! 謙虚な人はプライドが低いとか、逆にプライドが高いとか言われることがあります。 どちらが正しいのでしょうか? ここで再度思い出していただきたいのが「謙虚」の意味です。 上記でご紹介したように「謙虚」とは、「控え目で、つつましく、へりくだって相手の意見などを素直に受け入れること」という意味がありましたね。 プライドが高ければこのような行動は取れませんよね。 自分に自信があるので傲慢な態度を取り、相手にも偉そうな態度を取って相手の意見を受け入れようとはしないはずです。 ですので、本来の「謙虚」という意味に従えば、謙虚な人はプライドは高くないように思えます。 しかし、中には「謙虚な自分」を偽っていて、ホントは自分に自信があるのにそれをあえて出さないようにしている人たちもいて、そういう人たちはプライドが高いと言えるでしょう。 人生損をしている? 謙虚な人は人生で損をしていることが多いと見られることが多いです。 自分の意見を主張しなかったり、他人に合わせてばかりだと、何の得もないように見えます。 謙虚な人自身も、「こんな性格で人生損してることが多いんじゃないか。。 」と思うことがあります。 しかし、一見損をしているかのように見える謙虚な人は、人生で得することもあるのです。 謙虚な人は、周りの人から信頼されることが多く、信頼関係が築けていれば自分が困った時に周りの人が助けてくれます。 「いつも助けてくれているから今回は私が助けてあげたい」と周りを動かす力があるのが謙虚な人の特徴なのです。 「ひけらかす」とは、見せびらかしたり自慢したりすることという意味があります。 謙虚な人は、自分の能力や地位におごらず、また知識などを相手に見せびらかすようなことをしません。 そして、いくら能力や地位、知識があったとしてもおごらずに、自分自身はまだ向上することができると努力を続けます。 他人と比較しない 謙虚な人は他人と比較することはありません。 相手がどうであれ、自分と比較するのではなく素直に受け入れます。 集団生活をしていれば、無意識に人と比べてしまうことってありますよね。 自分の能力やスキルなどが周りと比べてどうなのか気になってしまってつい比較しちゃうんです。 しかし、謙虚な人は周りと比べてどうこうという気持ちがないため、良い意味であまり周りのことを気にしていません。 その辺はマイペースなのですが、しっかりと他人と協調することもできる器用な人なのです。 聞き上手 謙虚な人は聞き上手な人が多くいます。 もちろん自分が話すこともありますが、人が話している時は体中の意識を話者に集中させます。 謙虚な人は相手の意見を尊重し、しっかりと耳を傾けることが出来るためとても聞き上手です。 自分が話しすぎることなく、相手が話したい時は気が済むまで話させてあげます。 ただ耳を傾けるだけじゃなく、しっかりと目を見たり相槌を打ったりして話を聞くので、話している側はとても心地良く感じるのです。 自分が話しているときに、相手が素直に受け入れ同調してくれると嬉しくなりなんでも話したくなってしまいますよね。 自分の話はあまりしない 上記で、謙虚な人は聞き上手であるとご紹介しました。 裏を返すと、自分の話をしすぎることはないということです。 人は誰でも、人に話しを聞いてほしいと思いますし、人といたらつい自分の話ばかりをしてしまうものです。 しかし、謙虚な人は空気を読んで、話さなきゃいけない時は話しますし、相手が話したそうだなと察した時は、自分の話をせずに聞き役にまわります。 自分の話をするとしても、あまり詳細を話すことはありません。 なぜなら、他人がそこまで人の話に興味がないことを理解しているからです。 気遣い上手 謙虚な人は気遣い上手でもあります。 常に周りをしっかり見ていて、適切な発言や行動を取ることができるのです。 例えば、周りに困っている人がいれば「どうしたの?何か手伝えることある?」と積極的に声をかけます。 「助けてあげたい」「力になりたい」という自分の気持ちに素直に従い、それを実行にうつしているのです。 ですので、謙虚な人は「よく気が効く人」とか「気を配れる人」と評判が良いです。 気遣い上手である自分に自惚れしていないところも素敵です。 人によって態度を変えない 謙虚な人は、人によって態度を変えません。 誰に対しても礼儀正しく接し、「気分屋」とか「ゴマをする人」などと言われることはありません。 謙虚な人自身が自分の地位や能力などにおごりがないので、相手の能力や地位によって態度を変えることはしないのです。 誰にでも平等に接し、日によって気分にムラがあることも少ないです。 そのため、周りからも「いつも謙虚な姿勢で良い人」と評価されることが多いです。 他人を優先する 上記でご紹介したように、謙虚な人は控えめであることが多いです。 自分の意見を常に主張するというよりは、どちらかというと他人を優先させることが多いでしょう。 相手の意見や提案が良いと感じたら、自分の意見を主張することなく素直に相手に合わせます。 それは、「自分の意見がダメで言いたくない」というよりは、真剣に他人に賛同しているということです。 中には、人に合わせてばかりのへりくだった人もいますが、「自分中心で物事を考えていない」という点は謙虚な人がもつ特徴といえるでしょう。 見返りを求めない 上記でご紹介したように、謙虚な人は努力家で、他人のために動くことが多い人です。 しかし、自分の言動によって相手に見返りを求めるようなことはありません。 「このくらいやって当たり前」とか「自分がやりたいからやっているんだ」という考えが多く、「感謝されたいから謙虚に行こう」なんて思っている人はほとんどいないはずです。 ですので、謙虚な人の中には心が優しい人が多いです。 「会社のため」「世の中のため」「家族のため」という思いだけで行動をします。 そしてそこに「お礼がほしい」という思いは少しもないです。 縁の下の力持ち 謙虚な人は、どちらかというとあまり目立つタイプではありません。 控えめな性格なので、表に出てバリバリ活躍するような人というよりは、地味だけどサポート業務をしっかりこなし、表に出る人を陰ながら支える、ような人が多いです。 謙虚な人は控えめというだけで仕事ができないわけではないのです。 やるべきことはしっかりとこなせますし、自分に足りないものは努力して補うことができます。 「社長の活躍に貢献したい」「マネージャーが仕事しやすい環境を作りたい」という思いから、秘書や総務などの仕事をこなします。 相手の意見に同意する ここまでで何度かご紹介しましたが、謙虚な人は人の意見を素直に聞き入れます。 そのため、相手の意見に同意することが得意です。 素直な性格なので、「そういう意見もあるんだ」「たしかにその考えは面白い!」と相手に寄り添うことが自然と出来るのです。 好奇心が旺盛なので、自分が考えもしなかったことが知れると「あなたの意見、とても勉強になりました!」と相手の発言に感謝をします。 同意することが得意なので、相槌や同意の言葉などが上手いです。 適切なタイミングで相槌を打って、キャッチーな言葉で相手の心を掴みます。 他人の悪口を言わない 謙虚な人は、人に対してネガティブな感情をぶつけることが少ないです。 一つの例として、仕事の愚痴や文句などを他人にすることはほとんどありません。 なぜなら、仕事や他人をありのままの姿で受け入れることができているからです。 「Aさんはこういう人」とか、「この仕事は私に必要なこと」などと割り切るというか、気持ちが整理できていることが多いのです。 なので、人を悪く言ったり、仕事の愚痴を他人にぶつけるようなことはしないのです。 悪口や文句って聞いている側も気分悪くなってしまいますからね。 そのことも謙虚な人は把握しているのです。 過去に失敗・挫折の経験がある この瞬間謙虚な人も、もしかしたら以前は謙虚じゃなかった可能性はあります。 とても傲慢な態度で、人に嫌われていたかもしれません。 人が謙虚になるのにはいくつか理由がありますが、その一つに過去のトラウマがあります。 過去に、謙虚じゃなかったことから、大きなトラブルに巻き込まれたり失敗や挫折を経験した人は、改心して謙虚な自分になることを決めた人がいるのです。 傲慢な態度を取っていたら職を失ったとか、恋人と別れたなどの悲しい出来事がきっかけで「謙虚な人」になった可能性はあります。 「謙虚な人」と「自信がない人」は違う よく混同されやすいのが「謙虚な人」と「自信がない人」です。 「自信がない」ため、大人しく自己表現をしないことは「謙虚であること」ではありません。 ネガティブであるために何も言えないことや伝えられないことを「謙虚」であると認識しないように注意しましょう。 「謙虚」は、控えめで慎ましいこと、そして謙って相手の意見を素直に受け入れることです。 謙虚であっても自信のある人はいます。 ただ、自信があるからと自己主張をしたり相手の意見を否定したりしないことが 「謙虚」であります。 自分の意見や考えに自信があったとしても、相手の意見や考えも素直に聞き受け入れ、その上で相手を尊重できる人が「謙虚」な人です。 謙虚さを身につける方法 自己中心的な考えをやめる 謙虚さを身につけるためにまず必要なことは、自己中な考えをやめることです。 何でも自分をセンターに置いて考えるのではなく、相手の話にも耳を傾けましょう。 自己主張や自慢話を控え、上から目線で他人にアドバイスをすることも控えてみてください。 これらは全て「自己満」からきている行動ですので、これらを控えるだけでもっと相手のことを考えられるようになります。 自分ばかりを優先するのではなく、相手を優先してあげることも意識しましょう。 最初は苦労するかもしれませんが、徐々に「他人目線」で物事を考えられるようになるはずです。 自分の気持ちに素直になる 謙虚な人は素直な人だということをご紹介しました。 なので、謙虚さを身につけたい場合、素直になることを意識してみましょう。 どうすれば素直になれるかというと、 ・自分の芯をしっかり持つ ・自分の感情をそのまま受けとめる ・自分の非は素直に認める ・ひねくれた態度を取らない などの方法があります。 「素直になれないな〜」という時は、周りにいる素直な人をよく観察してみてください。 「どうやったらそんなに素直に生きられるの?」とインタビューをしてもいいでしょう。 人の意見を一旦受け入れる 謙虚じゃない人は、人の意見を真っ向から否定してしまうクセがあります。 しかし、謙虚になりたいのであれば、反対の意見を持っていたとしても、一旦は相手の意見を受けとめるように心がけましょう。 相手は勇気を振り絞って自分の意見を伝えてくれています。 まずはその勇気に感謝をし、「意見を伝えてくれてありがとう」と感謝しましょう。 そして、もし反論したいのであれば、「確かにそういう考えもあるね。 どういう敬意でその意見にたどり着いたの?」とその人の思考回路を理解するように努めてみてください。 人の良い所に目を向ける 謙虚じゃない人って、どういうことか人の悪い所ばかりについ目がいってしまうんです。 しかし、それでは謙虚になれるはずがないので、他人の良い所に目を向けることを意識してみてください。 人を観察して「いいな」と思うことがあればどんなに小さいことでもいいのでメモに残していきましょう。 どんなに頑張っても短所しか思い浮かばない場合は、「短所を長所に変える」ことを実践してみてください。 例えば、「落ち着きがない」という短所は「いろんなことに興味が持てる人」という長所になりますし、「自分の意見ばかり貫こうとする人」という短所は「会社のために貢献しようと努力している人」という長所になります。 相手の立場になって考える これは、最初の方法「自分中心の考えをやめる」に近い部分がありますが、物事を考える時、常に相手の立場になって考えるクセをつけてみてください。 自分がどう感じるかということも大切ですが、それと同じくらい周りの人が何を感じているかということも大切です。 ですので、自分とあなたの周りの人を客観視してみて、常に全体像を見ることを意識してみてください。 相手の気持ちを考えることができれば、傲慢な態度を取ることが少なくなるはずです。 みんながみんなで平和に過ごせるように、「客観視」することを実践してみてください。 見返りを求めない 上記で、謙虚な人は見返りを求めていないとご紹介しました。 謙虚さを身につけたいのであれば、相手に多くを求めることをやめましょう。 「これだけやってあげたから何かきっとお礼をくれるはず」とか「助けてあげたから次は助けてくれるはず」などと相手に過度な期待をしてはいけません。 むしろそのような下心がある時点で謙虚とは言えないのです。 他人のために何かやっても、何も見返りはないという気持ちで行動してください。 他人と比べない 他人と比較することで、他人より劣っている自分が受け入れられずつい傲慢な態度を取ってしまうことがあると思います。 謙虚さを身につけたいのであれば、他人との比較をやめることが大切です。 そもそも、他人と自分を比べる時点で間違っています。 人にはそれぞれの生き方があるので、それを比較したって無駄なのです。 比較するのであれば「過去の自分」と「今の自分」で比べるべきです。 「人は人、自分は自分」という考えを持って、努力すべきことはただ淡々と努力すればいいのです。 焦る必要はなく、自分のペースで少しずつ成長していきましょう。 常に平常心を保つ 謙虚さを身につけたい場合は、平常心を保つことも大切です。 「平常心」とは、「いつもと変わらない穏やかな気持ち」です。 どんなことがあっても平常心を保つことで平和に暮らすことができます。 謙虚な人って、常に穏やかに過ごしている人が多い印象がありませんか? 何があっても動じない心を手に入れることが大切なのです。 とはいっても平常心を保つ方法がわからないという人がいると思います。 英語部では「平常心を保つ方法と習慣」を他の記事でまとめています。 プライドがあったりするとなかなか言えなくなるんですよね。 しかし、謙虚さを身につけたいのであれば、「感謝」と「謝罪」の言葉を意識することが大切です。 何も、全てに感謝したり謝ったりする必要はありません。 自分の気持ちに素直になって、有り難いなと思ったことには「ありがとう」と伝え、相手に失礼な態度を取ってしまったなと反省した時は、「ごめんなさい」と伝えましょう。 「ありがとう」や「ごめんなさい」が素直に言うことができれば、謙虚さを手に入れることができます。 平等な態度で人と接する 謙虚さを身につけたいのであれば、人によって自分の態度を変えないようにしましょう。 年下には生意気な態度を取るくせに、上司にはペコペコとゴマをすっているようでは話になりません。 謙虚な人は、どんな人にも礼儀正しい態度で接します。 「身内じゃないから」とか「地位が違うから」などと相手に失礼な態度を取ることはないのです。 世の中全員を自分の関係者だと思う勢いで、全ての人に平等に接することを心がけてください。 Never stop learning! 「Never stop learning! 」とは「学び続けろ! 」という意味です。 謙虚さを身につけたい場合は、いくつになっても学ぶことをやめないでください。 上記で謙虚人は努力家であることをご紹介しましたね。 知らないことがあれば知らない事実を受け止めて、知ろうとする努力をします。 年をとっても、会社でどんどん昇進していっても、常に「学ぶ」ことを意識してください。 学べることに感謝をして、自分の知識や知恵をどんどん増やしていきましょう。 謙虚であることのメリット 信頼される 謙虚であることの最大のメリットは、人からの信頼を得やすいということでしょう。 控えめで素直な態度は、誰から見ても「良い人」にうつることが多いです。 謙虚な人自身も周りの人を信頼していますし、周りの人も謙虚な人に絶大な信頼を置いています。 「あの人なら大丈夫」「あの人ならちゃんと仕事をしてくれる」と常に信頼してくれているので、本人も仕事がしやすいです。 人間関係において、信頼はとても大切です。 仕事やプライベートで信頼がなければ、良好な人間関係を築くことはできません。 良好な人間関係を築ける 謙虚な人は、周囲の人と良好な人間関係を築くことができます。 上記でご紹介したように、謙虚な人は人を信頼するし人から信頼されるので、どんな場所でも人と上手く付き合うことができます。 家族、恋人、ご近所さん、職場の人など、たくさんの人から愛されます。 強い信頼関係があるので、良好な人間関係を築くことができるのです。 相手の気持ちを考えることができるので、人が何を感じているかを察することができます。 そのため、揉め事などが少なく、常に穏やかに過ごすことができるのです。 成長し続けられる 上記で、謙虚な人は努力を惜しまないとご紹介しました。 常に高い向上心があるので、いくつになっても成長し続けることができます。 人生の中でたくさんの学びを吸収することができ、学びが多い分広い視野を持つことができます。 仕事においては常に学び続けることで出世のスピードが早く、会社のために貢献することができます。 人は楽な道を選択しがちなのですが、謙虚な人は決してその道だけを選ぶわけではありません。 どんなに苦しい道でも、自分が成長できるのであれば突き進みます。 謙虚な人への正しい褒め方 真顔で言う 謙遜な人を褒めても、それを直球ストレートで受け取ってくれないんですよね。 そういう時は、あえて真顔で相手を褒めると効果的ですよ。 シリアスな感じて褒めると、相手も中途半端に謙遜できなくなります。 「褒めるのに真顔?」と矛盾を感じるかもしれませんが、そのくらいしないと謙虚な人は真剣なことと捉えてくれません。 真顔で褒めることなんてやったことがない人が多いと思うので、何度か鏡の前で練習しておくことをおすすめします。 本番で笑ってしまったら元も子もないですからね。 そうすることで謙虚な人は「褒められている。。。 」と謙遜することなく、「あれ?これってもしかして褒められている?」とじわじわと嬉しさがこみ上げます。 まずおすすめなのが成功体験に関する質問をすることです。 相手がすごいことをしたという前提で質問をしてみてください。 例えば、「その素敵な服どこで買ったの?」と聞くことで「ぜひ参考にしたい!」という思いを伝えることができます。 また、過去の成功体験に関しての感情を聞いてみても良いでしょう。 「プレゼンが無事に終わった時どう感じた?」とか「車を買った時どういう気持ちだったんですか?」などの質問です。 噂話として褒める 謙遜な人への正しい褒め方の3つ目は、褒める内容を噂話として伝えるという方法です。 「プレゼンすごいね!」とか「料理上手だね!」と直接的にあなたの思いを伝えるのではなく、あたかも誰か他の人がそう言っていたような雰囲気で伝えるのです。 それでも謙遜する人はいるかもしれませんが、直接褒めるよりもすんなりと受け入れてくれる可能性の方が高いでしょう。 注意点としては、嘘はつかないことです。 事実だけを利用して相手を褒めていきましょう。 「謙虚」の使い方と例文 「謙虚」は、人の性格などを表す言葉です。 謙虚は名詞や形容動詞として用います。 主に形容動詞で用いられる事が多く、「謙虚な態度」「謙虚さ」や「謙虚になる」などと使われています。 動詞として「謙虚する」と使うことは出来ません。 また、人の性格などを表す言葉であるため、物や現象に使うことはありません。 詳しい使い方は例文を参考にしてみてください。 ・社会人として、謙虚さと向上心は忘れてはならない。 ・部長はいつも謙虚な態度で、一度も威張ったり命令したりしたことがない。 ・あなたに対してはいつまでも謙虚な気持ちで感謝を伝えたい。 ・私は社長の息子であったとしても、いつまでも従業員に謙虚であろうと思う。 ・彼女は名誉を得ても非常に謙虚で、とても好感が持てる。 ・若かりし頃は謙虚さを知らずに、恥ずかしい態度をとっていた 「謙虚」の類語と対義語 「謙虚」と「謙遜」の違い 「謙遜」は< けんそん>と読みます。 意味は、 「へりくだること、控えめな態度で振る舞うこと」です。 「謙虚」と「謙遜」はよく似た意味を持ちます。 「謙」という同じ漢字も使っています。 「謙」は「へりくだる」という漢字なので、どちらも「へりくだること」といった意味を持ちます。 そんな2つの言葉の大きな違いは 「謙虚」は 人の性格を表す言葉 であり、 「謙遜」は 人の謙虚に振る舞う動作を表す言葉 ということです。 「謙虚」と「堅実」の違い 「堅実」は< けんじつ>と読みます。 意味は、 「手堅く確実であること、真面目であること」です。 石橋を叩いて歩くタイプのような人を指す言葉です。 それに対して、「謙虚」は控えめで慎ましやかである人を指します。 どちらも人を良い意味で表す言葉であり形容動詞として用いられるが、意味が異なります。 「謙虚」と「遠慮」の違い 「遠慮」は< えんりょ>と読みます。 意味は 「相手に対して言葉や行動を慎み、控えめにすること」です。 「遠慮がち」「遠慮する人」は、ネガティブな人といったイメージを持つ人が多くいますが、「慮る(おもんぱかる)」という漢字が使われているように「相手を思いやれるため控えめである」といった意味となります。 「謙虚」と「遠慮」の大きな違いは、「謙虚」は人の性格を表す言葉なのに対し、 「遠慮」は「謙遜」同様、人の言動に対して用いる言葉です。 「mondest」と「humble」には微妙に違いがあります。 「modest」は「自分の能力や達成したことについて基本的に話さない」という意味になります。 「控えめな」を意味する「reserved」という形容詞ともニュアンスが似ています。 「humble」は「自分のことを重要だと思わない」という意味になります。 「つたない」というニュアンスも含む。 相手を少し皮肉するようなニュアンスを含むこともある。 例えば、アメリカ人が「日本人は謙虚だからいつも頭ペコペコ下げてるよな」と少し皮肉を込めて言う場合は、「humble」がよいでしょう。 例文です。 社長の彼女は自分の成功に対してとても謙虚だ。 さいごに、謙虚な人はモテる? 謙虚な人は、恋愛においてモテるのでしょうか? 本記事でご紹介したように、謙虚な人は素直ですし、常に感謝の気持ちを忘れずに過ごします。 相手の話をしっかり聞いてくれますし、気遣い上手です。 よって、謙虚な人は「モテる」んです。 モテたい人は、謙虚な人になるのも一つの方法ですよ。 いくら才能や知識があっても傲慢にならず、謙虚であるよう心がけましょう! こちらの記事もチェック.

次の