イラク ディナール 両替。 イラク貨幣両替(購入)トラブル|浦安市公式サイト

イラク・ディナールとは

イラク ディナール 両替

イラクディナール 販売・両替ショップ|只今、在庫がございます。 Iraqi dinar イラクディナール専門の販売・両替ネットショップ 当ショップはイラクディナールを専門に販売・両替を行うネットショップです。 当ショップからの営業活動・勧誘活動等は一切行っておりませんので、あくまでもお客様の自己責任にてご注文ください。 外貨への両替(イラクディナールの購入)は損失が生じるおそれがございます。 当ショップではイラクディナールの購入で生じた損失について、一切の責任を負いません。 今一度よくご確認の上、ご購入頂きます様お願い申し上げます。 また、投資の勧誘・アドバイス等も一切行っておりません。 当ショップにて、一度のお取引で、200万円を超えるお取引をされる場合には、外為法及び犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)に基づき、本人確認書類のご提示が必要となります。 個人のお客様は、運転免許証・旅券(パスポート)・各年金手帳・外国人登録証明証を、法人のお客様は、登記事項証明書(謄本)・印鑑登録証明書のいずれかをご用意頂きます様、お願い申し上げます。 外貨への両替はレートの変動等により、損失が生じるおそれがあります。 現在、ご注文が殺到しており、お電話が繋がりにくくなっております。 メールによるお問い合わせにつきましても、ご返答差し上げられない場合がございます。 皆様のご理解・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。 入金確認の連絡は差し上げておりませんが、商品発送後にメールをお送りしております。 現在、対面販売・お電話・FAXによるご注文・代金引換での発送の受付を休止しております。 イラクディナール購入のご注文はインターネット・ショッピングカートよりお願い申し上げます。 また、為替レートの影響を受ける商品の性質上、商品の発送後のキャンセルは一切お受け致しません。 現在、記番号の印字サービスに関するお問合せが非常に多く寄せられております。 当ショップが販売するイラクディナールは、記番号での管理をしておらず(販売・両替履歴にて管理)、記番号がなくとも、日本円への両替が可能です。 只今イラクディナール 25,000IQDの新札)は入手が非常に困難で、販売価格は高騰しておりますが、買取価格は実勢の為替レートから手数料3%を引いた金額になります。 当ショップが販売するイラクディナール(25,000IQD札)は全て新札(新券)になりますが、海外の金庫内で長期保管されていた物で、経年劣化によるシミや変色、多少の汚れや、折れや、しわなどがある場合もございます。 当然ながら、通貨としての価値にはなんらの問題はございませんのでご安心ください。 本物の紙幣である保証は当然付帯致しますが、記番号の印字サービスは付帯しません。 販売価格・在庫数はメール・お電話にてお問い合わせください。 イラク国及びイラクディナールの今後・将来につてのご質問に関して一切の回答を行っておりません。 当ショップは先物取引・為替証拠金(FX 取引を行う業者ではありません。 当ショップは外為法に基づき、日本銀行への報告書の提出を毎月行っております。 イラク国及びイラクディナールの今後・将来につてのご質問に関して一切の回答を行っておりません。 当ショップは取扱う商品の性質上、予告なくサービスの変更・停止、販売価格・両替手数料の変更を行う場合がございます。 当ショップが販売するイラクディナールは全て 新札の紙幣になり、かつ 日本円への両替保証が付帯します。 (両替証明書発行) 当ショップではイラクディナールの販売のみではなく、 当ショップでご購入されたイラクディナールを日本円へ両替するサービスを行っております。 ご両替をご希望時点でイラク国内の実勢レートでの換算を行い、当ショップ両替手数料を差し引いた分の 日本円をお客様のご口座に振り込みさせて頂きます(ご口座への振込手数料はお客様負担)。 手数料は下記の通りです。 あくまでも自己責任にてご購入ください。 予めご了承頂きますようお願い申し上げます。 経済新聞 日経ビジネス SPA! などで紹介されました。 当ショップが販売している25,000IQD札は2003年〜現在使用されている紙幣となります。 イラクディナール紙幣はイギリスのデラルー社が製造した紙幣で、最新の偽造対策が施された紙幣です。 偽造対策としては偽造防止糸・金属インク・紫外線下で浮き出るマーク・透かし・浮き出し文字・色が変化するシンボルなどが 主で非常に巧妙に造られている紙幣です。 Copyright c イラクディナール 専門販売店. All Rights Reserved.

次の

イラクに行ってみた① イラク クルディスタン旅行記~イラク エルビル空港から市内まで、両替等の基本情報~|リーマン秘境トラベラー ーHOSOー|note

イラク ディナール 両替

、これは私の参加している海外投資のSNS、の広告にあったものだが、宝くじを買うつもりでイラクディナールを買おうというものらしい。 普通の宝くじなら買った翌月くらいには抽選結果が出るが、このイラクディナールは買ったことさえ忘れるくらいの気持ちでいなければならない。 なぜなら、今のところ換金性は低く、FAQを見る限り、今のところこのショップ以外で(もっともアメリカのサイトで取引ができればUSドルに換えることはできるかもしれないが)イラクディナールを円に換金できそうなところがなさそうだからだ。 そういった意味では10数年先を見据えて投資しろという海外ファンドに似ていなくもないが、紙くず同然になる確率があることからすれば宝くじに近いとも言えそうだ。 ところで、「期待収益は、投資予算の300倍 イラクディナールで大きく稼ごう」といったキャッチコピーで思い出したのは2004年2月4日号のNewsweek Japanの記事、「ディナール長者への危険すぎる賭け」というものだ。 その記事には、 現地の為替トレーダーは『すべてがうまくいけば、1ディナール=3. 5ドル程度に落ち着く』と主張する。 これは1970年代の石油ブームのころのレートだ。 今日のレートでディナールを100ドル分購入すれば、豊かな時代が戻ったときには50万ドル近くに化けるかもしれない。 だが、このブームはいつまで続くのか。 イラク中央銀行のアフメド・ムハンマド総裁によれば、発行された新紙幣の約半分が国内流通から姿を消したという。 家庭に退蔵されたか、売却用に国外に持ち出されたらしい。 当局はディナールの国外持ち出しを禁じているが、現実にはパキスタンのような遠く離れた取引所でも値がついている。 エジプトでは、1ドル=330ディナールという高騰ぶりだ。 あれから4年、イラクディナールは日本でも買えるようになったようだ。 2004年当時には公式には国外持ち出しが禁止されていたディナールが国外で公式に流通するようになったことだけでも大きな進歩かもしれない。 そう考えれば、地政学的に考えて、20年後くらいには湾岸協力会議 加盟国共通通貨 GCC Unified Currency への参加も期待できる。 このGCC共通通貨は、アラブ版のユーロみたいなもので、2010年1月1日までに導入される計画、今月の首脳会議で通貨統合協定が承認される予定 になっている。 ちなみに、私が言う20年後というのは、ハンガリーやチェコ、スロバキアなどの旧東欧諸国がユーロ(参考:)に参加できる条件が整う(参考:)までの年数と同じくらいと考えたのだが、時代の流れからすればもっと早まる可能性もある。 もっとも私たちが生きている間に実現しない可能性も大いにあるが・・・ さらに、米政権の閣僚ポストと回転ドア revolving door と揶揄されるゴールドマン・サックスのCEO、そのゴールドマン・サックスがネクスト・イレブン(「どこがポスト中国か 」)に挙げている中には何とイランも入っている。 つまり、米政権は言葉とは裏腹にイランを投資の対象国とするのだろう。 要するに、対イラン政策は、対北朝鮮政策のように悪の枢軸 axis of evil からの転換をする可能性もあるのだろうが、治安が泥沼の状態にあるイラクに対しては果たして復興へのロードマップを描けるのだろうか。 それとも明日の米大統領選でオバマが当選すれば少しは変わるのだろうか。 ところで、イラクディナールの投資するツールは英語のサイトでも提供されている。 その名もに、こんな単一マイナー通貨に投資するサイトが次々に現れるということは満更眉唾ものでもないらしい。 年末ジャンボ宝くじを買うか、イラクディナールを買うか。 あなたならどうする? ディナール長者への危険すぎる賭け-イラク新紙幣の買い占めがブームに 2004. 4 by ロッド・ノードランド、ガミーラ・イスマイル それをぎっしり詰めたスーツケースを抱えた密輸業者が姿を現したとき、ナイル河口の町ナバロ Nabaroh の住民は熱狂した。 農民のアハメド・アブルエラは、1頭しかいない水牛を約1キロ分のそれと交換した。 ハレドとアラーも、共有する車を売ってそれを手に入れた。 先週、エジプト政府はナバロに、「それ」の密輸を取り締まるため警官隊を送り込んだ。 ナバロだけでなく、中東各地で爆発的な人気の密輸品。 イラクの新ディナール紙幣である。 バグダッドに陣取るアメリカ人も、イラクの新紙幣がこんな形で歓迎されるとは予想していなかっただろう。 4兆5000億ディナール分の新紙幣が発行されたのは、1月15日。 だが経済が崩壊し、テロが多発する現在、イラク国民は新紙幣の価値が暴落するのを恐れて、競って新紙幣を米ドルに交換した。 気持ちはわかるが、これがまちがいだった。 投機筋が新紙幣の買いに走っていたからだ。 ディナールは値を下げるどころか急上昇。 1週間もたたないうちに、発行時の1ドル=2000ディナールが1450ディナールにはね上がった。 ヤミレートの動きはさらに激しく、バグダッドの両替商は先週段階で1ドル=900ディナールの値をつけていた。 5ドル程度に落ち着く」と主張する。 これは70年代の石油ブームのころのレートだ。 今日のレートでディナールを100ドル分購入すれば、豊かな時代が戻ったときには50万ドル近くに化けるかもしれない。 だが、このブームはいつまで続くのか。 イラク中央銀行のアフメド・ムハンマド Ahmed Muhammad 総裁によれば、発行された新紙幣の約半分が国内流通から姿を消したという。 家庭に退蔵されたか、売却用に国外に持ち出されたらしい。 当局はディナールの国外持ち出しを禁じているが、現実にはパキスタンのような遠く離れた取引所でも値がついている。 エジプトでは、1ドル=330ディナールという高騰ぶりだ。 ハレドとアラーは車を1ドル=560ディナールのレートで売り、200万ディナールを手にした。 「アメリカは新ディナールの下落を容認しないだろう」と、アラーは言う。 農民のアブルエラは、1ドル=1366ディナールのレートで水牛を売り、200万ディナールを確保した。 当分はじっと待つつもりだ。 「イラクが安定するまで待てば6倍くらいにはなる」と、アラーは踏んでいる。 いつその日が来るのか。 いや来るかどうかさえわからない。 人為的に流通が抑制された貨幣の供給を補うために、中央銀行が紙幣を増刷し、ディナールの急落を招く可能性もある。 ディナールは気まぐれだ。 あれほど絶対的な権力を誇ったフセインその人でさえ、思いのままにディナールを操ることはできなかったのだから。 英文サイト:.

次の

Iraqi dinar イラクディナール 販売・両替ショップ

イラク ディナール 両替

歴史 [編集 ] 現在のイラクにあたる地域が中にの占有・統治国家となって以降、公用通貨はであった。 それ以降はと1ディナール=2. 8ドルでペッグされたが、1971年から1973年にかけての実質的なドル切り下げには追従しなかったため1ディナールは3. 3778ドルに上昇、のちに1ディナール=3. 2169ドルとする5パーセントの切り下げを行った。 このレートは時まで維持されたものの、1989年末において闇レートは公式レートの6分の1に近い価格、1ドルが1. 86ディナールだったという報告がされている。 湾岸戦争終結後の1991年、経済制裁が加えられた結果それまで発注していたの印刷技術が使用できなくなり、新たに粗悪な発行紙幣が造幣された。 それまでスイスで製造されていた通貨は相当に上質な紙幣を造幣しており、スイスの印刷技術に由来してスイス・ディナール(イラク・スイス・ディナール)の名で知られで流通が続いていた。 その一方で、新紙幣は政府による発行超過の状態に陥り、急速なディナール安をひきおこして1995年後半に1ドルが3000ディナールの価格にまで暴落していった。 2003年のによるの失脚後、とはマネーサプライを維持するため新通貨の導入が可能になるまでの暫定措置として戦前の紙幣を造幣していたが、2003年10月15日から2004年1月15日にかけてから「イラク全土で使用され、また国民の日常生活において使い勝手のよい単一統合通貨とするため」 に新イラク・ディナールの硬貨と紙幣が発行された。 このときスイス・ディナールをのぞく旧紙幣は等価で新紙幣に両替され、価値を保ち続けていたスイス・ディナールに対しては1スイス・ディナールが150新ディナールのレートで両替された。 この新紙幣導入後の価格は1ドルに対して4000ディナールだったところから一時は1000ディナールを割れるディナール高となった。 それ以降は比較的落ち着いた値動きをたどり、2009年以降、イラク中央銀行は為替レートを1ドルに対して1170ディナールとしている。 しかしながら、イラク・ディナールはいまだ国際為替レートに設定されておらず、国外銀行での両替も行われていない通貨である。 イラク・ディナールの取引に関するトラブル [編集 ] 本通貨を「米軍が撤退すれば貨幣価値はすぐに20~30倍になる」と、業者が消費者に高額 2. にてと、注意喚起を公表した。 標的は主に高齢者や過去になどの投資トラブルにあった消費者。 3695 日本円 JPY という相場からしても業者側が暴利を得ていることは明らかであるとし、勧誘に応じないよう呼びかけている。 硬貨 [編集 ] ディナール導入後は1931年と1932年に1、2、4、10、20、50、200フィルス硬貨が発行され、200フィルスは1として知られていた。 20、50、200フィルス硬貨はを用いて鋳造されており、のちの1953年には100フィルス銀貨が導入された。 イラク共和国成立後は1、5、10、25、50、100フィルス硬貨の新シリーズが導入され、25、50、100フィルス硬貨が1969年まで銀を用いて鋳造された。 1970年に250フィルス硬貨、1982年には500フィルス硬貨と1ディナール硬貨が導入された。 しかし、1990年を最後に全ての硬貨の鋳造を停止した。 2004年に25、100新ディナール硬貨が導入された。 詳細は以下のとおり。 2004年硬貨 額面 寸法 重量 構成 表 裏 25ディナール 17. 5mm 2. 0g メッキの イラク中央銀行、25ディナールの刻銘 イラクの概略地図 100ディナール 22. 0mm 4. 1931年から1947年は政府によって選定されたイラク通貨委員会から発行されており、紙幣はUKポンドに兌換ができた。 1947年から発行体がイラク通貨委員会からイラク国立銀行へと替わり、1954年からはイラク中央銀行がそれを引き継いでいる。 100ディナール紙幣は1940年代に造幣をいったん停止してから1978年になって再発行され、同時に25ディナール紙幣が新たに導入された。 その後は1991年に50ディナールと100ディナール紙幣、1995年に250ディナール紙幣、2002年に10,000ディナール紙幣が導入された。 1990 - 2002年紙幣 [編集 ] 1986年に発行された25ディナール紙幣、また1990年から2003年10月のあいだに発行された紙幣にはサッダーム・フセイン前共和国大統領の肖像が描かれている。 1991年の湾岸戦争以降、イラクの紙幣は地方部やで製造され、原料はやでなく低級な紙を使い粗悪なによって造幣された。 一部には原料に用いられたと思われる古新聞の形跡が残ったまま印刷された紙幣もあり、さらには本物の紙幣より上質なが出回ることも頻繁にあった。 また急落するディナールをよそに、しばらくのあいだ250ディナールが最高額紙幣として使用されていたが、2002年になって巨額取引、インターバンク取引での使用を想定した10,000ディナール紙幣がイラク中央銀行から発行された。 しかし一般市中においては偽札のおそれや略奪行為の元となる紙幣と広く認識されていたため、日常生活で使うには大量の250ディナール紙幣を持ち運ぶことが強いられた。 そのほかの小額紙幣は大部分が価値を失い、使われることはほとんどなくなっていき、これらによりたった1種の紙幣、250ディナール紙幣のみが広く流通するという状況を生んだ。 これらのデザインは1970年代、1980年代にイラク中央銀行から発行された紙幣のそれに類似している。 製造はイギリスのが手がけ、偽造対策には最新の技術がほどこされている。 2003年紙幣 画像 額面 主色 図柄 表 裏 表 裏 50ディナール 紫 バスラの穀物サイロ 250ディナール 青 サーマッラーの 500ディナール 青みがかった緑 のドゥカンダム アッシリアの人頭有翼牡牛像 1000ディナール 茶色 ディナール金貨 バグダードのムスタンシリーヤ大学 5000ディナール ダークブルー アリー・ベグ・ガリとその滝 ウカイディール宮殿 10,000ディナール 緑 モースルのハドバ・ミナレット 25,000ディナール 赤 小麦を束ね抱えるクルド人農婦 の彫像 脚注 [編集 ].

次の