今治タオル 外国人実習生。 今治タオル…外国人実習生の誤報とブランドへの信頼低下

外国人技能実習生を現代の奴隷制度にしてはいけない|碇 邦生(大分大学)

今治タオル 外国人実習生

「今治タオル」の裁縫工場で働くベトナム人技能実習生が劣悪な労働環境下にある実態を伝えたNHKのドキュメンタリー「ノーナレ」の放送を受け、同ブランド振興団体の「今治タオル工業組合」(愛媛県今治市)は2019年6月26日、声明を発表した。 番組で紹介された企業は「当組合の組合員でないことを確認しております」とするものの、同企業が組合所属企業の下請けを担っているとして、「当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています」としている。 番組をめぐっては、取り上げられた企業とは異なる企業名がインターネット上で拡散。 インターネット上で誹謗中傷を受ける事態に発展しており、やり玉にあげられた企業が憶測を否定する声明を出すなど、混乱が広がっている。 組合「道義的責任を非常に重く受け止め」 今治タオル工業組合は5月時点でタオル製織会社104社が所属し、タオル生産に関する情報収集・提供、調査研究や、今治タオルの振興事業を行っている。 声明では、「6月24日(月)NHK『ノーナレ』報道(本報道)について、当組合に対しても様々なご意見を頂戴しております。 また、今治タオルをご愛顧頂いている皆様、お取引先各社様、並びに関係各所の皆様方には多大なるご心配をお掛けしております。 つきましては、当組合が現時点で把握しております事実関係についてご報告をさせていただきます」として、放送された劣悪な労働環境について次のように認識を示した。 「本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。 また、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生につきましては、外国人技能実習機構(同機構)が早急に事実を確認しているとのことですが、一日も早い回復を願っております」 放送内容の事実関係について情報収集を進めているとして、「現時点で当組合が把握している事実」を4点公表した。 1点目は「ベトナム人技能実習生の受入企業(当該企業)は、当組合に所属する企業(組合員)ではありません」というもの。 番組で「28人のベトナム人が働く下請工場」「仕事はタオルの縫製」と紹介された企業について組合員でないことを確認したという。 また番組内で触れられた「『明日組合で話し合うと言っている』とある組合」も、「外国人技能実習生の監理団体(受入を行う協同組合)であるとされ、当組合とは別の組織です。 当該企業と当組合との直接の接点はありません」とした。 2点目に示したのは「当該企業は当組合員等の縫製の下請企業であることから、当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています」という同組合の姿勢。 今治タオルの振興を進める組合として「この問題を非常に重く受け止めております」とした。 3点目は改善に向けた取り組みに関するもので、「今後の対応は、技能実習生の労働環境の改善を最優先に考えて支援などに取組みます」としている。 外国人技能実習機構が進める調査の結果などを参考に「実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討してまいります」と方針を示した。 4点目は組合員企業やその下請企業に対する取り組みとして、「当組合では、経済産業省等から指導を受けています『繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組』と『繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画』を基に、これまで以上に組合員はもとより下請企業の法令及びコンプライアンス遵守について周知徹底を強化します」とした。 具体的には「7月8日(月)午後1時30分から組合員104社を招集して、全員協議とコンプライアンス研修『組織で考える不祥事防止策』を開催いたします。 また、一過性のことと捉えず、今後より一層業界として是正のための取組みを継続してまいります」としたほか、「調査と並行し、組合員104社に対し、各社内のみならず、各社の業務委託先に関しても、労働者の健全な待遇や環境形成のサポートを行なえる制度構築、内規設計等を検討してまいります」と示している。 ネット上で憶測が拡散 番組をめぐっては、紹介されたベトナム人技能実習生が働く企業が「森清タオル・オルネット」ではないかとの憶測がネット上で拡散し、オルネット自身が公式サイトで25日、「当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません。 今後もみなさまに愛される会社を目指して参りますので、よろしくお願いいたします」と憶測を否定する事態となっていた。 それでもネットの過熱は収まらず、同社は26日にもサイトを更新。 ネットの憶測の根拠とされている要素や疑惑について1つ1つ打ち消したほか、「万が一誹謗中傷の記事が訂正・削除されていない又は継続しているようであれば、遺憾ではございますが法的措置も検討しております」との姿勢も示した。 森清タオル・オルネットは今治タオル工業組合に所属する企業の1つ。 同社がいわれのない誹謗中傷を受けていることについて、同組合の担当者は26日、J-CASTニュースの取材に「森清タオル様が公式サイトでしっかりとしたご見解を出している。 読んでいただければご理解いただけると思う。 それ以上はこちらから何か言える問題ではないと思っている」と話した。 NHKも番組サイトで「放送後、この番組で実習生が働いている会社として、特定の企業(森清タオル・オルネット)を中傷する内容がインターネットに書き込まれていますが、その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」と憶測を明確に否定している。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の

外国人技能実習生を現代の奴隷制度にしてはいけない|碇 邦生(大分大学)

今治タオル 外国人実習生

24日に放送された「ノーナレ」で外国人技能実習生がひどい職場環境下の中で働いている状況が放送されネット上では炎上しております。 昨晩の段階では、今治のタオル企業「オルネット」「森清タオル」ではないか?と噂されましたが、各社とも技能実習生は採用していないということでその情報も憶測であると鎮火しました。 しかし本日になり、 作家の安田峰俊さんがツイッターで、昨年今治のタオル事業者で働く技能実習生を取材した際、同じく酷使されている様子を発表した後に、今治タオル事業協同組合から抗議のメールがきたことを暴露して話題は再燃しております。 今やタオル事業で日本に冠たるブランドをもつ今治タオル。 このままでいくとブランドに大きな傷を負いかねません。 今回話題になっている安田さんと今治タオルの対応、および技能実習生のことについて調べました。 話題となっているツイート 安田さんが本日暴露したツイートです。 当時多摩大学の非常勤講師をされていた安田さんが今治タオル事業者の実習生に対する酷い対応についてツイートした後、その多摩大学に抗議メールを送ってきていたことが記されていました。 実習生をひどい使い方してる話を(もちろん一定の根拠あって)1年程前にツイートしたら、工業組合から問答無用で当時の勤務先に下記のメールが。 メールの文面を見ても、相当上から目線の文面になっています。 文面の内容は強気で記載している分説得力をもっているように見受けらますが、 最後の方は、「そのような事実はないと思っている」とか「危機管理対応は危機管理対応は加盟企業各社に任せている」とかわきの甘さが随所に感じられる文面となっています。 また安田さんは、フリーランスとして連絡先をオープンにしており、ダイレクトに本人に連絡がとれるようにしているにも関わらず、 非常勤先の大学にわざわざメールで脅しをしてくる今治タオル工業組合のやり方にも大きな怒りをもっており、これらの流れから旧態依然の業務体制、ゆえに技能実習生の不当な雇用についても間違いもない事実だと言っています。 安田峰俊さんのプロフィールは?? ここで話題となっている安田さんがどんな人なのかWIKI風プロフィールで示してみます。 【おすすめ】香港デモ現地レポ公開。 教科書的な解説よりもひたすら当事者に喋らせた内容。 アジアに造詣が深く、今回も今多くの実習生が来日しているベトナムというキーワードで取材にした結果なのでしょうか? また最近では 「正義のミカタ」というテレビでも解説をするなど多方面のメディアで活躍されてらっしゃっていました。 今治タオルは今や押しも押されぬビッグブランド。 今治タオルのロゴってご存じですよね?そうです、あの日の出のようなマークです。 このマークやブランドの生みの親をご存じですか?そうです、 ユニクロや世界的ブランドを次々と作っている「佐藤可士和」さんなんです。 佐藤可士和さんの著書の中にも、この今治タオルブランドの作成秘話が色々のっています。 そういった過去からブランドイメージを向上させるためにも努力をし続けてきた今治タオル事業者の皆さん。 そういう日本を代表するブランドだからこそ、今回のような問題によってブランドイメージを大きく既存するようなことはあってはならないと思います。 外国人技能実習生ビジネスは儲かる 世の中人材不足・人材不足と言われており、どの業界も企業も若手人材の確保に躍起になっています。 この流れは留まることをしりません。 政府も働き方改革などで女性の社会進出や高齢者の定年延長などあの手この手で人材確保を手助けしています。 この中で目玉の取組となっているのが、 「外国人技能実習生の大量採用」です。 今までも外国人技能実習生の採用は行っていたのですが、国は今回法案を通し、外国人技能実習生の日本在留年須を3年から5年に引き伸ばしました。 また、今まで以上の多くの外国人を実習生として招き入れることのできる法整備を整えたのです。 それに伴い、深耕国であるベトナムやタイ、ミャンマーなどからジャパンドリームをつかむために多くの外国人が夢見て来日してくるのです。 またこれに伴って、日本と現地外国人実習生を斡旋する仲介業者が多く乱立しています。 どこの企業も人材欲しさに引く手あまたですから、これらの 仲介業者も大変儲かるという構図となっているのです。 しかしながら、 採用されて日本に来日してからは低賃金・過重労働の奴隷のような生活。 直近のデータでは過去8年において174人の外国人技能実習生が過労死等で亡くなっているという非常なデータもあります。 以前国会でもこの問題が取り上げられました。 技能実習生をとりあげた。 冒頭、この8年で174人の技能実習生が死亡という報道、中盤で多くの技能実習生の死者が出てる事を追及する有田芳生氏の国会質疑の様子が流れ、最後に、技能実習生に酷い対応をし、役所から調査を受けつつも操業している屑会社で実習生が脳出血で倒れ、意識不明と… — YAF yagainstfascism 今の日本の社会構造上この流れは留まることを知らず、まだまだ多くの外国人技能実習生が来日することとなります。 今回のような問題もまだまだ氷山の一角で、これから来日者が増えるに比例してどんどん顕在化していくのは間違いありません。 問題となった企業が判明!!(26日追記) 26日、一連の問題でベトナム人技能実習生に過酷な労働をしいたげていたのは、 『株式会社オルバス』という会社と判明しました。 今治タオル協会の会員ではなく、下請企業であったとのこと。 当初疑われていた「森清タオル」の工場跡地を譲り受けて仕事をしている会社であるため、今回のニュースが公になった際「森清タオル」が真っ先に疑われたとのことです。 ベトナム人違法に働かせてる元・森清タオルの工場を使っている会社、住所で調べると株式会社オルバスってのが出てくるけどどうなんスかね。 — アオノマサミ iyonotakane1982 愛媛新聞E4限定記事から。 彼らは日本にきてどのような感情を抱くのでしょうか?外国人だからといって低賃金で違法に過重労働をさせるモラルのない中小企業。 これらは今後の日本を支えていく彼ら外国人労働者たちに対して反逆的な行為をしていると思います。 このようなことをしていては、日本は今後ますます孤立するばかり。 問題の解決に取り組む必要があると思います。

次の

NHK バリバラ

今治タオル 外国人実習生

いつしか、日本で働くことは「薄給で奴隷のようにこき使われること」という認識が当たり前になってしまった。 ブラック企業、社畜と自分たちを蔑むだけならまだしも、「Karoshi」という英単語として世界にまで広まっている。 日本に学びに来る交換留学生の認識も同様、ネガティブである。 彼らが日本で学びたいことのほとんどが「過酷な日本の労働環境」「自由のないキャリア選択」「搾取される日本の若者」などで、心が痛い。 そして、彼らの認識が違うと覆すことができるような根拠となるデータが存在しないことも追い打ちをかける。 個人レベルでは幸せを感じているかもしれないが、社会や国家といったマス・レベルで見ると、日本で働くことは幸せな人生に繋がらない。 そのような悪評の立つ日本だが、それでも日本の高度な技術を学びたいと、アジア諸国から技能実習生として来日する若者は多い。 2018年の時点で、技能実習生は約28万5千人であり、2017年と比べて4%増えている。 しかし、外国人技能実習生の労働条件について、法令違反は後を絶たない。 今治タオル工業組合では、下請け企業における違反行為が2008年と2019年と2度にわたって問題になっている。 この問題は、中小企業だけではなく、大企業でもそうだ。 三菱自動車にパナソニック、日産自動車と去年1年間だけでも違反行為が明らかとなった。 労働基準監督署によると、昨年、技能実習生が働く事業所のうち、約7割で労働時間などの違反行為が確認されている。 なぜこのような法令違反が公然と行われ、常態化しているのだろうか。 この問題について議論してみたい。 技能実習生の労働問題の原因は複数のパターンがある 外国人技能実習生の問題は、違反をしている企業を一括りにして批判や対策を講じても、現状の改善は見込めないだろう。 その理由は、違反に至るまでのパターンが複数あって、それらを1つ1つ潰していく必要があるのではなかろうか。 それでは、どのようなパターンがあるのか、仮説として考えられるのは5つある。 例えば、インドネシアでは、他人の頭を触ることはタブー視されている行為だ。 ましてや、小突く、はたく、叩くといった行動は、軽度や冗談であっても許されない。 そして、彼らの文化では子供は神性が宿るため、日本のような厳しい言動で叱咤する躾はあり得ない。 そのような文化的背景を持ったインドネシアの若者に「郷に入りては郷に従え」と言っても理解されることはない。 外国人を指導するときは、指導する側も行動様式を変える必要があり、それがダイバーシティ・マネジメントだ。 しかし、新人への教育方法が「できるまで何時間でもやらせる」「言ってもわからない奴は殴って指導する」という、高校野球の部活動のようなオプションしか持っていないとしたら、懇切丁寧に教えようと思ったことが労働時間違反やパワハラに繋がってしまう。 要は、外国人の新人への教え方をスキルとして身に着けていないことから、生じる違反と言える。 東南アジアの海外現地法人に派遣されてくる製造業のエリート技能職ですら、日本の高校野球式教育を現地で行い、問題になるケースも多い。 日本で訓練を受ける実習生のストレスは、母国でも耐えきれないと思う現地従業員の比ではないと言えるだろう。 そのため、製造業では半世紀近く、技能実習生を受け入れてきた伝統を持っている企業も少なくない。 しかし、長い伝統から指導方法や労働環境が独自のものとなってしまい、現行の技能実習生の制度と不整合を起してしまうことがある。 実習生を受け入れ始めた当時は、技能実習生の労働ルールの取り締まりが緩かったために、そこまで問題視はされてこなかった。 そのため、従事する業務内容や労働時間が、実態として日本人と同じ扱いとなっており、時代の変化で法令違反になってしまった。 しかし、時代が変わったといっても、昔からの慣習でやってきて問題が起きてこなかったために、社内のやり方を変えることを伸ばし、違反行為を放置してしまった。 また、時代が変わったとしても、これまでやってきた方法を、そう簡単に変えられないと言っていた現場は多い。 「教育を受ける人が、権利を主張するな。 」「お金をもらって育ててもらおうなんて、社会はそんなに甘くない。 」という価値観が勝ってしまい、そもそもの技能実習生のルールを理解していない企業の現場を目にすることがある。 これは、「教育」に対する感覚の違いだ。 伝統的に、日本の価値観では「成人の教育」は自己負担で、過酷な環境に身をおいてこそ成長すると信じられてきた。 そして、指導方法も徒弟制度的で、指導する個人の判断に委ねられるが多く、システムや制度として人材を計画的に育成しようとしている企業は少ない。 このこと自体は、必ずしも悪いことではないが、少なくとも教育を受ける側にとって負担が大きいことに変わりはない。 そして、度が過ぎると、労働時間や業務内容などの法令違反に繋がってしまう。 これらのパターンが原因であれば、適切な指導や再発防止の施策を講じることで違反を防ぐことができる。 4つ目のパターンは、経営状態の悪化が原因となる。 違反していることはわかっているが、経営に余裕がなく、悪魔の囁きで「安価な労働力」として実習生を使ってしまう。 「法令順守しろとは言うが、経営が大変なんだからそんなこと言っていられない」と自分を正当化して、社員や実習生のマネジメントは見ないふりしてしまう。 「大人なんだから、自分のことは自分でしろ。 文句を言わずに、目の前の仕事に打ち込め」と現場の疲弊を無視していることになるが、このパターンだと経営者自身にも余裕がなく、誰も正常な判断ができない状態にあることが多い。 また、一時的な経営危機を乗り切ったとしても、1度外れたタガが戻らず、そのまま従業員や実習生に過酷な労働環境を強いてしまうこともある。 違反だと理解し、尚且つ、違反であることを悪用してマネジメントをしている。 このケースは、海外現地法人のマネジメントでも同じ問題が見られる。 経営者の価値観として、日本人が偉く、外国人は安価な労働力であり、同じ人間としてみなさずに見下してしまっている。 例えば、昼食で外国人だけ粗末なものを食べさせ、懇親会や飲み会のような場にも日本人だけを呼び、外国人は差別する。 住むところも、奴隷船のように狭い空間に押し込めて、衛生や健康状態にも配慮しない。 相手の人間性を認めない、悪のマネジメントだ。 また、実習生を送り込んでくるエージェントにも問題があるケースが多い。 安価な労働力として酷使することを前提として、パスポートを奪い取り、多額の借金を負わせ、働いて稼いだ給与を手数料として徴収する。 そして、実習生は使い捨ての奴隷扱いが常習となる。 これら5つのパターンに共通しているのは、どのパターンも現場で働いている日本人も過酷な労働環境で働いていることだろう。 また、日本人がやりたくない仕事を外国人に押し付けてしまっている側面も無視できない。 日本人がやりたがらない仕事が人手不足となり、それを外国人やシニア層、女性で補おうとする議論があるが、それは外国人やシニア層、女性を軽視し、人間性を認めていないことになるのではないか。 生産性の高い組織、従業員の倫理観や幸福度の高い組織の基本は、働くすべての個人の人間性を尊重し、敬意を払うマネジメントだ。 そこには、日本人か、外国人かと言った違いは関係ない。 外国人実習生に対して、法令違反をしている企業は、自ら生産性を貶め、組織としてのレベルを落とす自滅的な行動をしていると言える。 外国人技能実習生の問題は、残念ながら、国内外から人権侵害として批判されている。 在日米国大使館からは、現代の人身売買として報告書が作成されている。 多くの日本人にとって、自分には関係のないことではなく、日本としての品位が問われる一大事だ。

次の