う しろ の 正面 カムイ さん。 白土三平

WEB漫画ARCHIVES

う しろ の 正面 カムイ さん

この節のが望まれています。 時は昭和15年。 東京墨田区に住んでいた少女かよ子は家族の中でも一番の末っ子。 そんな彼女は両親と祖母、3人の兄と平和な生活を送っていたが、日本は戦争に突入し、大空襲によりかよ子は疎開で家族や友達と離れることになる。 そして彼女の生活地はどんどん危機に侵されて行くことになる。 登場人物 [ ] 「声」はアニメ劇場版の声優。 - 本作の主人公。 によって家族を失う。 空襲を生き残った三兄の喜三郎とともに生活していくことになる。 中根音吉 声 - かよ子の父。 職人、三代目竿忠。 妹のいるへかよ子をさせる。 中根よし 声 - かよ子の母。 温かい性格。 物語序盤では四男・孝之輔を身籠もっている。 かよ子に譲った兄・光太郎からもらったハーモニカが遺品となる。 中根忠吉 声 - かよ子の長兄。 後からという病気にかかり入院していたが無事退院した。 の時は逃げ切ることができず命を落とした。 中根竹次郎 声 - 次兄。 丸い頭に、フチありのメガネをかけている。 最終的には空襲で逃げきれずに、亡くなった。 声 - 三兄。 なかなかの根性の持ち主で、かよ子をいじめたいじめっ子を1人たりとも逃さない。 それがきっかけでかよ子のいじめっ子たちに危害を加えてしまう。 の時は彼1人だけ生き残る。 だが、なぜ自分は死ねなかったと悲しみに暮れる中、東京へ帰る。 その後はかよ子と共に生活していくことになる。 中根孝之輔 声 - 四男。 物語の中盤で登場。 かよ子の弟で明るい性格。 の際に逃げ切れず幼くして亡くなってしまう。 おばあちゃん 声 - かよ子の父方の祖母。 根は優しいが冷たいところもあり、怒ると厳しくなる。 かよ子に三味線の稽古をやらせようとする。 の際に逃げ切れず亡くなってしてしまう。 光太郎おじさん かよ子の母・よしの兄。 父・忠吉の同級生。 軍医であり、物語序盤からで出征。 に入り、転戦先ので戦死。 姪のかよ子に優しく、戦地からの手紙でも身を案じていた。 写真と、かよ子と行った縁日の回想シーンでのみ姿が登場する。 以下、小説のみの登場人物。 おじいちゃん かよ子の父方の祖父。 風邪ひとつひかない体だったが、物語の途中(昭和16年夏に)病気で死去。 神田のおばあちゃん かよ子の母方の祖母。 神田で小売りの店を営んでおり、猫を飼っている。 劇場版 [ ] スタッフ [ ]• 監督・絵コンテ -• 脚本 - 今泉俊昭、有原誠治• キャラクターデザイン・作画監督 - 小野隆哉• 美術監督 -• 色彩設定 - 西川裕子• 撮影監督 - 諌川弘• 編集 - 尾形治敏• 音楽 -• 音響監督 -• 音響担当 -• 録音スタジオ -• 効果 -• 画面構成 -• 企画 - 鳥山英二、寺島鉄夫• 製作者 - 国保徳丸、瀬戸義昭、西村豊治、橋本湛匡、• アニメーション制作 -• 製作 - 「うしろの正面だあれ」製作委員会(、スペース映像、、アルファデザイン、虫プロダクション)• 配給 - 主題歌 [ ] 「愛はいつも」 歌 - 作詞 - 補作 - 白鳥英美子 作曲 - 小六禮次郎 この曲は映画とのタイアップ用に作られた経緯により、楽曲としては発売されていない。 劇場版での描写と原作との違い [ ] 劇場版での描写と原作との間には、下記をはじめとしていくつか異なる点がある。 原作では33話にわたる話を、劇場版では約90分間(活字化された書籍 では9話)に短縮したため、原作上のいくつかの話を接合して編集した描写も存在する。 題材 劇場版での描写 原作 かよ子のオネショ 小学生になってからも時々オネショをしていることになっている。 原作ではアイスキャンデーを食べてオネショをしたという描写があるが、むしろ他人よりも早くオムツがとれたことなど、オネショはほとんどしていない。 疎開先の叔母(音吉の妹)の名 正江。 なお、続編の『あした元気にな~れ! 半分のさつまいも』では、原作通り静江となっている。 静江 疎開時の帰京 1945年3月下旬の春休みに帰京する予定であったが、があったため、中止。 1944年年末~1945年年始に帰京した。 終戦後の実家の焼け跡訪問 焼け跡となった実家に絶望してかよ子が泣き崩れている時に、「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえ、目を開けると家族の幻影が現れた。 泣き崩れて目を閉じている時に「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえてくるものの、目を開けた際には何もなかった。 影響 [ ] 旧虫プロダクションに所属していた社長のは、本作品を鑑賞しての才能を見出し、以後自社作品で片渕を起用している。 テレビアニメ『』で評価を受けた片渕は、丸山から本当にやりたい作品は何かと問われ本作品のような作品と述べ、『』の制作へとつながった。 脚注 [ ] [].

次の

[B! web漫画] うしろの正面カムイさん|裏サンデー

う しろ の 正面 カムイ さん

ケーキの切れない非行少年たち• くらげバンチ• お人好し職人のぶらり異世界旅• アルファポリス• 俺の死亡フラグが留まるところを…• マンガボックス• つたなえ• コミクリ!• 異世界魔術師は魔法を唱えない• コミックヴァルキリー• 男だけど死神姫の嫁になりました …• コミックトレイル• 最凶の支援職【話術士】である俺…• コミックガルド• 昨今のシンデレラは靴を落とさな…• ゼロサムオンライン• SSカップルは背伸びをしてみたい…• コミックライド• ツレが猫になりまして• くらげバンチ• 桜は竜門に登りて• マンガクロス• ある日、ぶりっ子悪役令嬢になり…• アルファポリス• 異世界魔術師は魔法を唱えない• コミックヴァルキリー• この世界は不完全すぎる• コミックDAYS• 九条学園生徒会は交わる• 裏サンデー• 事件はスカートの中で• コミックDAYS• うしろの正面カムイさん• 裏サンデー• 超世界転生エグゾドライブ—激闘!…• MAGCOMI• ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼…• ゼノン編集部• ヒメコウカン~オタサーの姫がカ…• サンデーうぇぶり• 不死の葬儀師• GANMA!• アカイリンゴ• コミックDAYS• 勇者に敗北した魔王様は返り咲く…• コミックバンチweb• この愛を終わらせてくれないか• コミックDAYS• 無限コンティニューで目指す最強…• 裏サンデー• 劣等眼の転生魔術師• 少年ジャンプ+• きるる KILL ME• 少年ジャンプ+• 邪剣さんはすぐブレる• 裏サンデー• 終末のハーレム ファンタジア• 少年ジャンプ+• 生者の行進 Revenge• 少年ジャンプ+• アクターダンス• 裏サンデー• ようかい居酒屋 のんべれケ。 マガポケ• 魔王です。 女勇者の母親と再婚し…• 裏サンデー• お願い、脱がシて。 マガポケ• シンデレラは探さない。 マガポケ• 幸せな恋、集めました。 裏サンデー• 恋と嘘• マンガボックス 月曜日更新!今週の人気のWEB漫画ランキング• 絶望集落• マガポケ• うしろの正面カムイさん• 裏サンデー• 上級国民スレイヤー• Comic Walker• デスティニーラバーズ• マガポケ• アカイリンゴ• コミックDAYS• 一億年ボタンを連打した俺は、気…• ヤングエースUP• 裏バイト:逃亡禁止• 裏サンデー• 帰ってください!阿久津さん• ヤングエースUP• 転生貴族の異世界冒険録 〜自重を…• MAGCOMI• パーティーから追放されたその治…• がうがうモンスター• 異世界魔術師は魔法を唱えない• コミックヴァルキリー• 神の手違いで死んだらチートガン…• comicブースト• 乙女ゲームの破滅フラグ スピンオ…• ゼロサムオンライン• ご主人様とゆく異世界サバイバル!• コミックライド• 回復術士のやり直し• ヤングエースUP• ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼…• ゼノン編集部• 今度は絶対に邪魔しませんっ!• comicブースト• 金貨1枚で変わる冒険者生活• ガンガンONLINE• 転生してから40年。 そろそろ、お…• コミック アース・スター• いともたやすく行われる十三歳が…• 少年ジャンプ+.

次の

[B! web漫画] うしろの正面カムイさん|裏サンデー

う しろ の 正面 カムイ さん

この節のが望まれています。 時は昭和15年。 東京墨田区に住んでいた少女かよ子は家族の中でも一番の末っ子。 そんな彼女は両親と祖母、3人の兄と平和な生活を送っていたが、日本は戦争に突入し、大空襲によりかよ子は疎開で家族や友達と離れることになる。 そして彼女の生活地はどんどん危機に侵されて行くことになる。 登場人物 [ ] 「声」はアニメ劇場版の声優。 - 本作の主人公。 によって家族を失う。 空襲を生き残った三兄の喜三郎とともに生活していくことになる。 中根音吉 声 - かよ子の父。 職人、三代目竿忠。 妹のいるへかよ子をさせる。 中根よし 声 - かよ子の母。 温かい性格。 物語序盤では四男・孝之輔を身籠もっている。 かよ子に譲った兄・光太郎からもらったハーモニカが遺品となる。 中根忠吉 声 - かよ子の長兄。 後からという病気にかかり入院していたが無事退院した。 の時は逃げ切ることができず命を落とした。 中根竹次郎 声 - 次兄。 丸い頭に、フチありのメガネをかけている。 最終的には空襲で逃げきれずに、亡くなった。 声 - 三兄。 なかなかの根性の持ち主で、かよ子をいじめたいじめっ子を1人たりとも逃さない。 それがきっかけでかよ子のいじめっ子たちに危害を加えてしまう。 の時は彼1人だけ生き残る。 だが、なぜ自分は死ねなかったと悲しみに暮れる中、東京へ帰る。 その後はかよ子と共に生活していくことになる。 中根孝之輔 声 - 四男。 物語の中盤で登場。 かよ子の弟で明るい性格。 の際に逃げ切れず幼くして亡くなってしまう。 おばあちゃん 声 - かよ子の父方の祖母。 根は優しいが冷たいところもあり、怒ると厳しくなる。 かよ子に三味線の稽古をやらせようとする。 の際に逃げ切れず亡くなってしてしまう。 光太郎おじさん かよ子の母・よしの兄。 父・忠吉の同級生。 軍医であり、物語序盤からで出征。 に入り、転戦先ので戦死。 姪のかよ子に優しく、戦地からの手紙でも身を案じていた。 写真と、かよ子と行った縁日の回想シーンでのみ姿が登場する。 以下、小説のみの登場人物。 おじいちゃん かよ子の父方の祖父。 風邪ひとつひかない体だったが、物語の途中(昭和16年夏に)病気で死去。 神田のおばあちゃん かよ子の母方の祖母。 神田で小売りの店を営んでおり、猫を飼っている。 劇場版 [ ] スタッフ [ ]• 監督・絵コンテ -• 脚本 - 今泉俊昭、有原誠治• キャラクターデザイン・作画監督 - 小野隆哉• 美術監督 -• 色彩設定 - 西川裕子• 撮影監督 - 諌川弘• 編集 - 尾形治敏• 音楽 -• 音響監督 -• 音響担当 -• 録音スタジオ -• 効果 -• 画面構成 -• 企画 - 鳥山英二、寺島鉄夫• 製作者 - 国保徳丸、瀬戸義昭、西村豊治、橋本湛匡、• アニメーション制作 -• 製作 - 「うしろの正面だあれ」製作委員会(、スペース映像、、アルファデザイン、虫プロダクション)• 配給 - 主題歌 [ ] 「愛はいつも」 歌 - 作詞 - 補作 - 白鳥英美子 作曲 - 小六禮次郎 この曲は映画とのタイアップ用に作られた経緯により、楽曲としては発売されていない。 劇場版での描写と原作との違い [ ] 劇場版での描写と原作との間には、下記をはじめとしていくつか異なる点がある。 原作では33話にわたる話を、劇場版では約90分間(活字化された書籍 では9話)に短縮したため、原作上のいくつかの話を接合して編集した描写も存在する。 題材 劇場版での描写 原作 かよ子のオネショ 小学生になってからも時々オネショをしていることになっている。 原作ではアイスキャンデーを食べてオネショをしたという描写があるが、むしろ他人よりも早くオムツがとれたことなど、オネショはほとんどしていない。 疎開先の叔母(音吉の妹)の名 正江。 なお、続編の『あした元気にな~れ! 半分のさつまいも』では、原作通り静江となっている。 静江 疎開時の帰京 1945年3月下旬の春休みに帰京する予定であったが、があったため、中止。 1944年年末~1945年年始に帰京した。 終戦後の実家の焼け跡訪問 焼け跡となった実家に絶望してかよ子が泣き崩れている時に、「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえ、目を開けると家族の幻影が現れた。 泣き崩れて目を閉じている時に「うしろの正面だあれ」の歌が聞こえてくるものの、目を開けた際には何もなかった。 影響 [ ] 旧虫プロダクションに所属していた社長のは、本作品を鑑賞しての才能を見出し、以後自社作品で片渕を起用している。 テレビアニメ『』で評価を受けた片渕は、丸山から本当にやりたい作品は何かと問われ本作品のような作品と述べ、『』の制作へとつながった。 脚注 [ ] [].

次の