インスタ 黒加工。 インスタグラムの系統の種類と揃え方は?

カメラマンが伝授!おしゃれな写真を撮るコツ&加工方法♪

インスタ 黒加工

フレーム加工系 正方形さん Instagramは正方形の写真がデフォルトです。 長方形の写真はトリミングしないといけません。 それでも、どうしても写真全体を納めたい!という方におすすめしたいのがこのアプリ。 正方形に切り取れるだけでなく、フィルターを変えて写真の雰囲気を変えたり、スタンプでデコれたりと、かわいい機能も完備しています。 ほかにも、動物の写真が赤目になってしまっても補正ができたり、美白効果でお肌を綺麗に見せたりと、写真加工に欲しい機能は一通り備わっています。 評価 4 評価 3. 9 Lighto Lightoを使えばかなりユニークな写真になります。 アプリにはいくつものシーンやシナリオ、アイデアに沿うたくさんのシェイプのテンプレートが用意されています。 iPhoneアプリのみ 評価4 文字を入れる系 Phonto 人気アプリ!! 文字入力系アプリで迷ったらこれ!写真に可愛く文字入れをして、オシャレさをワンランクアップさせたい。 そういうときに使えるのがこのアプリです。 収録フォントは400種類以上で、日本語フォントにも対応しています。 思うままがままに文字を綴ることができます。 さらに1文字ずつカラーを変えたり、影を付けたり、アーチ状にカーブさせたり、まるで本格的な画像編集ソフトを使ったかのような加工が可能です。 評価4 評価4. 3 Magic Text 「Magic Text」を使えば、アーティスティックな画像を簡単な方法で作ることができます。 テンプレートを選んで、テキストを入力するだけで、あっという間におしゃれな写真ができあがります。 残念ながら日本語とAndroidアプリには対応していません。 評価4 Over オシャレ&美しいフォントの数々、さらにプロのイラストレーターが手がけた本格的なスタンプで、自分で撮影した写真をインパクトのある1枚に仕上げられます。 オシャレでかなりかっこいい加工ができますが有料なのが残念。 海外製なので英語です。 評価4 Insta Emoji Photo Editor 絵文字スタンプを写真に貼り付けることができる写真加工をするアプリです。 海外ではちょっとしたブームとなっていますが、日本人として見慣れた絵文字ですし、おしゃれな写真を投稿したい人には少し違う気がしますが…。 評価4. 7 評価なし Line カメラ 絵文字 LINEからリリースされたカメラアプリです。 誰もが知っている大手企業が手がけたアプリなだけあって、まさにあらゆる機能が詰まった総合的な内容となっています。 さりげなく顔を整えたり、スタンプやテキストを入れて盛り上げたり、かわいいフレームをつけたり、できることが多いので時間を忘れて写真編集をしてしまいそう。 画像の加工機能は少ないようです。 評価4. 2 評価4. 3 不要な部分を消す Touch Retouch 人気アプリ!! 写真の不要な部分を切り取れるアプリ、 TouchRetouchを紹介します。 まるで最初から無かったかのように自然に消してくれます。 有料アプリですがお金を払ってもおつりがくるぐらい素晴らしいアプリです。 是非動画をみてください。 見ていただいたほうが凄さがわかります。 評価3. 6 評価4. 4 写真を分割 layout 人気アプリ!! LAYOUTは、組み合わせ写真を作るためのスマホアプリです。 組み合わせ写真とは、最大9枚までの写真を選択して、それらを、漫画のコマ割りのようなレイアウトで配置して、1枚の写真に合成したものです。 「旅行の思い出」「私の仲間たち」などなど、1枚の写真で多くのことを伝えるのに便利です。 Instagramの公式アプリです。 評価4. 3 評価4. AndoroidにあるInstagridは同じアプリではありません。 評価 InstaFrame 旧名:Lipix 人気アプリ!! InstaFrameはLiPixから名前が変わりました。 絵文字やフォトフレーム、フォトコラージュ、画像編集がふんだんに用意された楽しい無料アプリです。 InstagramやFacebook、Twitter、Flickr、Tumblrなどで、素敵な写真を友だちと共有することができます。 アイデア次第では、ブログなどのWeb素材にも活用できます。 評価4 評価4. 2 写真加工系 VSCO 人気アプリ!! インスタグラムユーザーに いま一番人気の画像加工アプリは「VSCO」になります。 その人気の秘密は、おしゃれに仕上げてくれるフィルター。 細かく調整しなくても、かけたいフィルターを選ぶだけで素敵な画像できたりします。 VSCOで 一番人気で、いろいろな人がおすすめしているのは「C1」です。 コントラストははっきりしているのに、ふんわりとした雰囲気になります。 全体的に青が鮮やかになるので、空や海を撮る方はぜひ使ってみてください。 評価なし 評価4. 4 Instasize 人気アプリ もともとは画像のサイズを変更するアプリですが、現在は素材の写真の壊さないできれいなフィルターで加工することができるようになっています。 世界中で使われている人気アプリです。 評価5 評価4. 3 SNOW 人気アプリ!! 言わずと知れた超人気アプリですね。 顔を自動で認証する機能があり、パーツに合わせてスタンプやフレームを配置してくれます。 さらに、写真を表示させる秒数を指定できるのがすごいところ。 例えば3秒に設定したら、相手は3秒だけしか写真を見ることができないです。 他のアプリとの違いは動画にでも自動のフィルターを掛けられるのがすごいです。 顔の変化に合わせてアバターが滑らかに動きます。 評価3 評価4. 2 Anlog Paris 人気アプリ!! Instagram好きの女の子に大人気のアナログ風の可能ができるAnalogシリーズ。 Parisの他にも「Analog Tokyo」「Analog Budapest」など沢山のシリーズがあります。 その中でも「Analog Paris」は基本的にピンクがかったフィルターばかりですが、撮影対象にピンクのものがあるとそれに反応してピンクを強調してくれます。 Parisというだけあって、建物を撮るとパリ風な…、ちょっとレトロでおしゃれな写真に仕上がります。 評価3. 1 B612 人気アプリ!! 世界中で3億人が愛用しているアプリです。 自撮りした写真に豊富なフィルターをかけ、その強弱も自分で設定できます。 落ち着いたものから鮮やかな色味にしてくれるものまでいろんなフィルターがあってかわいいです。 まさに美しく自撮りするためのアプリといえます。 B612そのもののデザイン性がとても優れていて使いやすいです。 ボタンらしいボタンを極力減らし、スワイプ操作だけで編集機能を変えられるようになっているので、とても使いやすいです。 評価4. 3 評価4. 4 Foodie 人気アプリ!! 「 Foodie 」食べ物をいかに美味しそうに撮影できるか」に特化した、カメラアプリです。 カメラが水平になっているかどうかを色でお知らせする「ベストアングル」機能など、魅力的な食べ物写真を撮るための機能を豊富に搭載しています。 評価2. 9 評価4. 3 Popagraph 『PopAGraph』はその名の通り、写真の一部を強調させることができるアプリ。 強調させたい範囲と背景を自然に切り離すという最先端の画像認識の技術が組み込まれています。 写真の一部を強調させる機能「マスク」を使えば、写真から飛び出たような立体的な写真にすることも簡単です。 このアプリが優れているのはそういった高度な編集が直感的に操作できるようになっています。 セピアやグレースケールなどフィルタが用意されていますが、アンロックすることでフィルタ数を36種類にまで増やすことができます。 まずは機能を一通り試してみてから購入するかどうか検討してみるとよいでしょう。 評価4. 4 PRISMA 人気アプリ!! ロシアが産んだ人工知能で写真を芸術作品にする加工アプリ。 フィルターやエフェクト系のアプリは数多くありますが、このPrismaはニューラルネットワークとAI 人工知能 を組み合わせ、まるで画家が描いた作品のように仕上がるの特徴です。 評価4 評価4. 2 CAMERA360 たくさんのフィルターがある高機能アプリで、フィルターだけでも200種類を超えます。 カメラアプリはこのアプリさえ持っていれば、大体の機能は事足りるであろうというくらいです。 写真の編集にこだわりたい方や、もっと凝った写真を撮りたい方にとって、これほど心強いアプリはないでしょう。 いま使っているカメラアプリに物足りなさを感じている方は、本アプリを試してみてはいかがでしょうか? 評価2. 3 評価4. 3 Meitu このアプリは、皮膚をスムースにし、顔をスリムダウンして、さらに仮想ブラシレイヤーやリップグロスまでも追加して、あなたの写真に美顔効果を追加する。 このアプリは何年もの間、中国国内では人気がありましたが、アメリカ人ユーザーの心を捉えて加工アプリの仲間入りを果たしたと思われたところで、セキュリティの専門家が懸念を示しました。 「1つの写真アプリが、写真を撮影したり既にデバイスの上にある写真を編集したりするために、電話機のカメラとカメラロールへのアクセス許可を求めるのは普通のことだ。 しかし情報セキュリティ研究者のGreg Linaresは、Andorid版のMeituはそれ以上のものを要求していると。 このアプリが要求するのはユーザーが他に利用しているアプリ、電話機の正確な位置、デバイス識別番号(IMSI)、電話番号、キャリア、そしてWi-Fi接続に関する情報だ。 そのためリンクを張りません。 Color Tune アプリ名の通り色の加工に特化したアプリです。 強調したい色以外はモノクロになりよりいっそうカラー部分が引き立ちます。 またその色もかなりおしゃれになるため人気加工アプリの仲間入りをしました。 評価4. 3 Adobe Photoshop Fix 画像修正の定番ツール「Photoshop」のアプリ版。 顔を自動認識し、輪郭を細くしたり歪みを直したり、簡単操作でかなり高い精度の加工ができます。 これぞAdobeブランドと言った印象です。 さらには指でなぞるだけで邪魔なものを消し、背景と同化させてしまう驚きの機能も。 会員登録するだけで無料で使えるという点も魅力です。 評価4. 6 評価4. 2 Adobe Photoshop Lightroom Litghtroomがついにスマホ版のアプリをリリースされました。 プロ御用達だけあって操作性は簡単ではないですが、今後のバージョンアップも含めかなり期待できるアプリだとおもいます。 「PC版の一部機能を抽出しただけ」というレベルではなく、カラー効果、明瞭度調整、ノイズ低減などPC版と比べて遜色ないほど様々な編集が行えます。 PCもスマホもフル活用して、スマートなクリエイターを目指しましょう! 評価4. 1 評価4. 3 コラージュ系 Candy Camera 人気アプリ!! 「写真を加工しよう」と思って後からフィルターをかけても、「なんだかイメージした写真と全然違うものになっちゃった」なんて事はあるでしょう。 しかしそんな思いをさせないのがこのカメラアプリ。 フィルターをかけた状態での撮影が可能です。 もう出来上がりの状態を想像しながら撮影をする必要なし! イメージ通りの写真を撮影できます。 楽しいデコスタンプやコラージュも多彩です。 評価- 評価4. 4 PicsArt コラージュがメインですが、エフェクトや文字、フィルタなどあらゆる加工機能がついています。 それぞれの効果を、何度も重ねていけるのも面白いポイント。 自分だけの組み合わせを考えだすのは、クリエイティブで楽しくなってきます。 iPhone版はあまりつかえないです。 評価もかなり違いますね。 評価1. 7 評価4. 4 Pic Collage まるで手作業で行っているかのうような作業がスマホでできてしまいます。 切り取り方は非常に簡単で、切り取りたい部分を指でなぞるだけ。 一回貼りつけた写真を剥がしたり、写真を拡大縮小したりできるのはアプリならではの特権です。 Android版は、端末の共有機能に対応。 アプリで上手に作ったコラージュをカメラロールに保存して呼び出し直すという手間なく、他のアプリにデータを飛ばすことが出来ます。 評価4. 5 評価4. 6 Photo Grid 好きな写真を選ぶだけで簡単にオシャレな組み合わせの画像が作れる写真加工アプリです。 コラージュだけでなく、フレームやフィルター、文字入れ、スタンプなどのアイテムを使って写真をデコったり、音楽と組み合わせてスライドショーを作ることもできます。 ポップでカジュアルなデザインのものが多いです。 評価4. 5 評価4. 5 Adobe Photoshop Mix PC版Photoshopの合成機能に特化したアプリです。 「画像をキレイに切り取って、別の画像と合成! でもなんか2つの画像の色味が違って不自然……」なんてこともあるでしょう。 そういった悩みも解消してくれるはずです。 合成した画像で「自動修正」のボタンをタップすれば、あら不思議。 お互いの画像の色味を認識して、合成画像が馴染むように自動で色調補正をしてくれます。 評価4. 6 評価4 加工前の写真のワンランクレベルを上げるテクニック 写真に多少のミスがあっても、先ほど紹介したフィルタや補正機能などで加工修正することが可能です。 しかし、被写体に当たる光の効果までは補正することができません。 人間の目は光の効果を脳で随時補正しているので、取った写真をよく見るまでは違和感に気づきにくくなっています。 光の取り入れ方で失敗しないためには、室内であればライトを被写体にきちんと向けて、屋外では被写体全体が明るく見えるように置き方に注意して写真を取りましょう。 順光で写真を撮る 「順光」というのは、「被写体に対して前方から光を当てた状態」を順光といいます。 プロのカメラマンであれば当然知っている基本中の基本テクニックです。 順光で取ると比較的わかりやすく、素直で写真になりますが、普通で面白くはない写真がとれます。 無難な写真という感じです。 もう少しおしゃれで凝った演出を加えたい場合は、わざと斜め後ろや真後ろから光を当てる「半逆光」や「逆光」の演出でもとっても見ましょう。 被写体の陰影絵が強調され、見慣れた人物や雑貨、は何度もドラマチックな写真に見えることがあります。 これは普段人が逆行でものを余り見ることがないので慣れていない風景として余計に新鮮に映るようなります。 いいねがつく料理写真のテクニック Instagramで料理写真を投稿する人がよくいますが、たいてい座席から料理を真正面に取った写真ばかりです。 ワンランク上をいくプロが撮ったような写真を取るためのテクニックは、取った写真をどういう風に見てほしいか、伝えたいかを意識して写真を取ることが大切です。 そのためには日頃から自分がオシャレやかっこいいと思った写真を、スクラップしたり保存したりして引き出しを増やすことが必要です。 また先程説明した「光」が重要になります。 美味しそうな写真を撮るには、「立体感」と「照り」が重要です。 平面的な料理をどうやって立体的に見せるには、光を利用して影と明るい部分を作る必要があります。 上記の画像の用に光と影の位置を気にしながら写真の取る角度を変えることによって、「立体感」と「照り」がでます。 プロは斜め逆光のカメラワークが多いですが、Instagramにおいては横からの光の写真も人気です。 なので結局は個人でいろいろ試しながら自分の正解を見つけていくことが大切ですが、こういった知識があると「横からの光」だとイマイチだからやっぱり「斜めの光」のほうがいいなって思うと、次からは簡単に自分のテイストを再現することができます。 プチテクニック 被写体の近くに白いもの(メニューや紙)などを光の方向と逆の方向に置くと、レフ板の役割を果たし光を被写体に綺麗に当てることができます。 また蛍光灯などの照明よりも自然光の柔らかい光で取るほうが美味しそうにとれます。 と言うより自然光に勝てるものはありません。 そのため部屋で取るときは照明を消して窓辺から入る光に対して逆光から取るといいです。 まとめ いかがでしたか? 写真加工アプリは数がいっぱいあってどれを選んだらいいかわからないですよね。 そんな方は「人気アプリ!!」から使ってみてください。 インスタグラマーとして、オシャレでかっこいい自分にあった加工を見つけれるように試行錯誤してください。 加工も大切ですが素材の写真をよりクオリティ高める努力も悪れないようにしてください。 記事が参考になったと思ったらシェアしてくれるとうれしいです。

次の

カメラマンが伝授!おしゃれな写真を撮るコツ&加工方法♪

インスタ 黒加工

「インスタ映え」する写真のニーズは留まるところがありません。 ただでさえ雰囲気のよい写真が多いインスタで、ハッとさせるほどのきれいな写真を撮るには、カメラレンズの性能と撮り方も大切ですが、最近では驚くほど高性能でオシャレに加工できる写真アプリが多数あります。 今回は、風景写真や静物、ポートレートなど 幅広いジャンルの写真が加工でき、もっと魅力的に補整できるスマホアプリをご紹介します。 こだわり派にもおすすめです! 1. その理由は、使い勝手の良さと機能の豊富さ、もっといえば 一眼レフカメラのような写真を作れるため、写真にこだわる人に人気があるからだと言えるでしょう。 有料ですがおすすめできます。 撮影機能は、デジタルズームやセルフィー用の前面フラッシュ、露光調整はもちろん、望遠モード、ワイドモードといった一眼レフカメラ風のモード選択ができ画角の変更ができます。 また、シャッタースピード調整やスタビライザー機能があるため、夜景や、滝や小川の水の流れがなみなみと流れる様子など、 通常のカメラアプリでは撮りづらいシーンを撮影することもできてしまいます。 補正機能は、撮影対象物に合わせたシーン別の簡単補整モードと、詳細な設定ができる補整や鮮明化、完璧な調整ができるレタッチモードがあります。 一部のフィルターは追加課金が必要ですが、 Instagramでは作れない味わいのフィルターが多数あります。 撮影モードには、多数のオプションがあり、きめ細やかな設定をした上での撮影が可能です。 下は補正前の写真。 虹が撮れていますが薄めです。 下は補正後。 夕方の雨上がりらしい雰囲気が出せました。 風景でも人物でも、補正をするときは「シーン」別でシーンを選ぶとホワイトバランスが調整されるのでワンタッチで色味のバランスが整います。 また、「ラボ」機能には多くの補正機能が用意されています。 図では「透明」機能を使って調整しています。 ポートレートモードのような写真を「Bokeh Lens」で Bokeh Lens Androidなし iPhone 7Plusや、HUAWEI Mate 9(Android)などは、背面レンズがダブルになっていて、 ボケ味のある写真を撮影することができます。 全面にある被写体が引き立つので「ポートレートモード」などと呼ばれています。 背景が気になる場合や、前面に配置した人物や食べ物などにだけピントを合わせてほかをぼかしたいという場合は、この「ポートレートモード」を使えばよいのですが、 光量や撮影位置の問題で思い通りの被写界深度が出せない場合もあります。 そもそも、iPhone 7や6以下を始めとするほとんどのスマホにはポートレートモードがありません。 しかし、この「Bokeh Lens」を使ってレタッチすると、 被写体以外を擬似的にぼかすことができます。 単機能アプリなので使い方はシンプルで、(1)写真を読み込み(2)ピントがあった状態にしたいエリアをブラシで塗りつぶし(赤くなります)(3)適用量を調整するだけで、誰でも確実にボケを作成できます。 被写体を選択中の状態が下。 指でぼかさない部分をすべて塗りつぶします。 背景のボカシと選択した被写体の縁をどのくらいまでボカすかは、微調整できます。 下は実行例。 幻想的な写真もお手の物な「Bokeh Photo Editor」 Bokeh Photo Editor 雰囲気のある写真にしたいけれども、 色味を変えるだけのフィルターでは物足りないときに、おすすめのアプリが「Bokeh Photo Editor」です。 ポートレートや風景写真にひと味付け加えたい場合にお勧めのアプリです。 定番のフィルタをかけた上に、ハートや稲妻など豊富なオブジェクトを追加できる機能はほかのアプリにもよくありますが、その パーツの細かさと豊富さは群を抜くものがあります。 さらに、不自然な加工にならないように、レイヤー効果で透明度と彩度を調整して、写真に馴染ませることができるのがポイントです。 パーツを上手く選べば、1枚の写真からさまざまなバリエーションが楽しめそうです。 写真のトリミングや傾き補正などはないので、あらかじめ下調整した写真に味付けするアプリとしてお勧めです。 パーツをスタンプのように並べて簡単に絵作りできます レイヤー画面でパーツごとに透明度と彩度を調整できます 4. 自然なレンズフレアやアナログ加工が追加できる「MOLDIV」 MOLDIV 屋外写真などで入ったレンズフレアや光のオーバーレイなどは、写真がイキイキして感じられるものですが、残念ながらデジタル制御されたスマホで撮影した写真では、アナログフィルム写真と違ってレンズフレアはほぼ起こりません。 MOLDIVは、 アナログのカメラで撮ったような味のある写真が作れるアプリ。 写真全体をキラキラさせるような女子力のあるフィルターから、 覆い焼きや焼き込みなどフィルム現像をしたときのような効果まで追加できます。 幻想的な写真に仕上げたいときにおすすめです。 ほかにも、多数のフィルター、ビューティー機能などがオールインワンになっています。 無料でダウンロードができますが、機能によりアプリ内課金が必要です。 写真を読みこんだら、下部のメニューからフィルターや加工メニューを選択。 テクスチャを選択するとワンクリックでこんなイメージにも。 テクスチャフィルタは課金のものが多いですが、お気に入りのものが見つかれば、購入の価値は十分ありそうです。 Adobeソフトの使い心地をスマホでも「Lightroom」 Lightroom ご存じ一眼レフのデジカメなどで撮影したデータを現像するPCアプリとして定番の「Lightroom」のスマホアプリ版です。 無料で、 Adobeのよく練られた画像補正の機能が利用できます。 なお、部分的な補正を行いたい場合に使う選択ツールを使うためには、最初にAdobe IDを取得してアプリにログインする必要がありますが、選択ツールがまた使いやすい。 写真の補正時にクイックマスクを使って人物だけ明るくしたいなあ、といったニーズがある人には特におすすめです。 選択範囲を作成し、その部分にだけ編集を加えることができる リアルタイムプレビューのトーンカーブも使えます。 キラキラ模様の追加やフィルターが人気の「Afterlights」 Afterlights Instagramよりもうちょっと細かく設定したり フィルターのバリエーションがほしいときに試してみたい定番の画像編集アプリ。 操作感がよく、必要とされる加工機能はほとんど最初から入っています。 一部、インスタントフィルムやテクスチャを加えるフィルターは課金(それぞれ現在120円)が必要です。 自分が選んだフィルタと微調整した内容を「Fusion」として保存できるため、繰り返しの微調整が楽になります。 Photoshopのアクションを知っている人ならば、必ず「便利!」と思えるはず。 また、 マニュアル操作が可能なカメラ機能も充実しています。 撮影または読み込んだ画像を下のボタンから編集していきます。 フィルムの形のボタンからエフェクトの追加ができます。 左上のエリアを中心にフィルムの焼き込みやかすれのような効果を加えてみました。 効果のリストから「Fusion」を選んで開くと「+」ボタンからアクションの記録がスタートできます。 アクションを選んで再生すると、保存した通りのアクションが 別の写真にも瞬時に適用できるのが便利。 いかがでしたか? 趣味の世界でもビジネスの世界でも、 ビジュアルによる訴求力の重要度が増すこのごろ、いつもの写真にちょっとひねりを加えてみてはいかがでしょう? これらのスマホで加工した写真をホームページで使いたいとき、PCへの便利な移行方法は以下の記事で紹介しています。

次の

インスタでかっこいい暗めの加工を1つのアプリでできちゃう方法

インスタ 黒加工

人気の写真加工・動画加工アプリ(無料) この段落では無料で使える写真加工・動画加工アプリを紹介します。 無料で使えるアプリ インスタ映えする写真には、色味や構図に凝っているものが多く見かけられます。 写真をあまりとったことがない人にとっては、難易度が高く感じられるかもしれません。 ですが、 スマホのアプリを使えばフィルター機能などを使って、誰でも手軽に加工ができます。 ここでは写真加工などができる人気の無料アプリを紹介しますので、参考としてください。 写真画像の高品質なレタッチや画像の明るさやぼかし、歪みなどの調整も行えます。 不要な部分を削除する修正ツールもあり、多機能です。 無料版でも10種類のフィルターが使用可能です。 たとえば霧がかかったような、色あせたレトロな雰囲気にするフィルターを使うと、存在感ある写真に仕上がります。 また、ブルー系の写真に仕上がるフィルターを使うことで、クールな印象を与える写真に加工できるでしょう。 このアプリでは最大で9枚までの画像を選んでレイアウトをカスタマイズできます。 また、アカウント登録が不要なのでダウンロード後すぐに利用できるので便利です。 人気の写真加工・動画加工アプリ(有料) この段落では有料の写真加工・動画加工アプリを紹介します。 有料で使えるアプリ 画像加工アプリには無料版が多く存在しますが、有料版を使うことでデザインの幅が広がります。 他人と差をつけたい人は有料アプリを駆使して、インスタ映えする画像を作ってはいかがでしょうか。 写真加工などができる人気の有料アプリをいくつかご紹介します。 スローシャッターモード、感度調整付き手ぶれ補正など機能も多彩で、たとえば料理写真を撮影する際に立ち昇る湯気もきれいに撮ることができます。 加工する手順も簡単です。 まずは、色調のコントラストを高めに設定してください。 その後、写真の一部にぼかし処理を加えると、ミニチュア風写真の完成です。 スタンプは、プロのイラストレーターが作った本格的なものなので、普通の写真でもインパクトのある一枚に仕上げることができます。 また、テンプレートも豊富に揃っており、なかにはインスタグラムのストーリーズ専用のテンプレもあります。 メニューや説明文は英語ですが、直感的に操作できるので問題ありません。 まずは使用するテンプレートを選んでください。 テンプレートのサイズは微調整が可能です。 次に文字を追加します。 そのほか、ハイクオリティなステッカーで装飾することもできます。 レイヤー機能によって写真編集するので、ケースバイケースで、オブジェクトの重なる順番を変更することができます。 インスタで写真や動画が重要な理由 インスタグラムは、企業などがビジネス用途で使うことがあります。 新たなウェブマーケティングのひとつとして注目されているのです。 インスタグラムに投稿する写真や動画は、より一層重要視されています。 その理由は複数ありますが、ここでは簡単に3点にまとめてみました。 フォロワーが増える インスタグラムに投稿した画像が、インスタ映えする画像であれば、 多くのフォロワーを集めることができるでしょう。 インスタグラムマーケティングをする上で、フォロワーを集めることはとても重要です。 フォロワーが増えるほど、企業や商品の認知度が上がることになるからです。 企業や店舗なら集客効果も!? インスタ映えする画像には、大きな影響力があります。 フォロワーのなかには、実際に撮影した場所を訪れる人もいます。 いわゆる「聖地巡礼」と呼ばれるこの行動によって、店舗は一気に注目を集める可能性があります。 例えば、インスタ映えするパンケーキの画像をインスタグラムに投稿した場合、多くのフォロワーにシェアされた結果、そのお店に行列ができたこともあります。 このように、インスタ映えする画像には、集客効果が期待できます。 新たな客層を獲得できる インスタグラムの利用者層は 10代や20代の女性が多いといわれていますが、最近では30代以上の利用層も増えています。 一般的に30代以下の女性にアピールするには、テレビやラジオなどのマスメディアでは弱いと言われていました。 ですが、インスタグラムを上手に活用することで、これらの層に直接アピールすることが可能です。 また、利用ユーザー層の広がりにより、今後も店舗や企業などのマーケティングツールとしての活用が期待されています。 【関連記事】 用語説明:インスタ映えとは? 「インスタ映え」という言葉は、新語・流行語大賞を受賞するほど、生活に浸透しています。 画像投稿型のSNSアプリ「インスタグラム」に投稿する写真が、キレイな時に使う言葉です。 単に美しい写真だけでなく、人の興味を引きつける写真に対しても使われることがあります。 インスタグラムの利用者層は、若い女性が大半です。 彼女たちの間では、グルメやファッションなどのおしゃれな写真を投稿し合う コミュニケーションツールとして活用されています。 投稿された写真に「いいね」をして、お互いに評価しあいます。 インスタ映えする画像とは、たくさんの「いいね」を獲得した画像だともいえます。 インスタグラムを利用している人を インスタグラマーと呼びます。 インスタグラマーの中でも、インスタ映えする画像を多く投稿している人は、多数のフォロワーを集めているものです。 そのため、影響力が強いと言えるでしょう。 このように影響力が強いインスタグラマーのことを、インフルエンサーとも呼びます。 インフルエンサーのなかには芸能人もいますが、一般人も多く含まれているのです。 また、企業や店舗の販促手法の1つとして、 インフルエンサーを活用したマーケティング手法も活発に行われています。 たとえば企業が新商品をPRするとき、インフルエンサーに実際に使ってもらい、認知を広めるのです。 【関連記事】 まとめ 今回ご紹介したアプリは沢山ある画像加工アプリの中の一部です。 自分が撮影した写真を出来るだけ見映えよくインスタ映えするような画像に仕上げるために、いろいろなアプリを試しながら一番使いやすいと感じるアプリを探してみましょう。 【関連記事】.

次の