はまぐり の 保存 方法。 はまぐりの砂抜き方法や保存の仕方は?

はまぐりの砂抜き後の保存方法!美味しさをそのまま閉じ込めるには?

はまぐり の 保存 方法

ハマグリを冷凍保存するときのポイント はまぐりを上手に冷凍保存するためにはまず下準備が大切です。 汚れ落とし 下準備の手順ですが、まずははまぐりの殻をこすり合わせるように洗って、貝の表面についた汚れをきれいに落としていきます。 そして、次に砂抜きをします。 砂抜き 砂抜きのやり方はまずバットなどの容器にはまぐりを並べていき、そこに海水と同じくらいの濃度である塩分が3%の食塩水をはまぐりの身が半分浸る程度、注ぎます。 そしてアルミホイルを被せて冷蔵庫に1時間ほど放置します。 するとはまぐりの中から砂や汚れが出てくるのがわかります。 砂抜きをすることによって貝がきれいな状態になりましたが、これで終わりではありません。 砂抜きの重要性 あさりやはまぐりを買ってきてそのまま調理すると噛んだ時にじゃりっとする場合がありますが、あれは貝に含まれている砂が原因です。 せっかく美味しいはまぐりでもあの食感がすると台無しになってしまいます。 塩抜き 次は塩抜きです。 はまぐりの中には海水が残っている場合があり、そのまま調理してしまうと食べた時にしょっぱいと感じてしまいます。 ざるなどに並べて冷蔵庫に30分ほど置いておきます。 すると貝から水分が出てきますがこれが海水です。 塩抜きには海水を抜くとともに貝に適度なストレスを与えることで旨味成分であるコハク酸が増すとも言われています。 そして最後に雑菌などの繁殖を防ぐためにもう一度貝を洗って下処理は完了です。 あとは、はまぐりをひとつずつラップに包んでからフリーザーバッグなどで密閉して冷凍します。 冷凍保存したはハマグリの賞味期限 冷凍したはまぐりの賞味期限は大体2か月ほどが目安になります。 なお、スーパーや専門業者などで冷凍はまぐりを購入すると賞味期限が3か月から5か月に設定されている場合がありますが、家庭の場合には冷凍技術や衛生管理の面で業者に劣るため、やはり長くても2か月を目安にしましょう。 また、賞味期限は2か月でも冷凍する日にちが長いほど味は落ちていきますし、はまぐりは冷凍日数が長いほど解凍してから調理する際に貝が開きにくくなってしまいます。 ですから、美味しくいただくには1ヵ月以内に調理することがおすすめです。 なお、長期間保存することが前提ならばはまぐりを茹でてから冷凍すると良いでしょう。 冷凍保存したハマグリの上手な解凍方法 せっかく手間をかけて冷凍したはまぐりも解凍方法を間違えれば旨味成分であるドリップが流れ出し、加熱した際に身が硬く縮んでしまいます。 はまぐりを上手に解凍するには最低でも常温は避け冷蔵庫でゆっくりと解凍することですが、おすすめなのが氷水を使う方法です。 氷水解凍の方法は、まず氷や保冷剤を入れた氷水を作り、そこにフリーザーバッグなどで密閉したはまぐりを入れるだけです。 これによってドリップの流出を防ぐことができるだけでなく、1時間ほどの短い時間ではまぐりを解凍することができます。 冷凍保存でハマグリを好きな時に楽しもう! 高級食材のイメージが強いはまぐりですが、春先の旬の時期には比較的リーズナブルな値段で売られている場合も多いです。 また、安く大量に買えても贅沢な食材なので少しずつ食べたいという人も多いのではないでしょうか。 はまぐりを冷凍保存しておけば、好きな時に少しずついただくことができるので、ここで紹介した冷凍方法で上手に保存してください。

次の

はまぐりの保存方法?新鮮なはまぐりを選ぶポイントは?

はまぐり の 保存 方法

貝のなかでも好む方が多いはまぐり。 ひなまつりの際には、はまぐりのお吸い物が食卓に並ぶご家庭も多いのではないでしょうか。 この時期が一番おいしいということもあり、春が来たことをを感じさせてくれる食材のひとつです。 ですが、汁物以外の使いかたが分からず、結局いつもムダにしてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、けっして安いとは言えないはまぐり。 ムダにすることなく、おいしくいただくにはどのように保存すれば良いのでしょうか。 実は、はまぐりは風味を損なうことなく冷凍保存が可能なのです!日頃からはまぐりをはじめとする貝類の保存方法にお困りだった方には朗報ですよね。 しかも、活きた貝は冷凍すると危機を感じて、逆に旨味成分が増えるという話もありますから、冷凍しない手はありません。 冷凍保存することで長期間保存が可能になり、食べたいときにサッと調理でき、しかも保存中によりおいしくなっているなんて一石二鳥!今回はそんなはまぐりの冷凍保存について調べてみました。 貝が苦手な理由によく挙げられる、噛んだ時のじゃりっとした感触。 せっかくのおいしいはまぐりも、食べた瞬間に砂を噛んでしまったら残念ですよね。 この残念さを払拭するのが砂抜きです。 正しく砂抜きするだけで一段とおいしく食べられるのでこの手間は怠らないようにしましょうね。 まず軽く貝同士をこすり水洗いをし、殻についた菌やぬめりを落とします。 その後、砂抜きをしましょう。 砂抜きは、はまぐりがひたひたになる程度の3%の食塩水に、貝ができるだけ重ならないようバットなどに平らに広げて入れてください。 貝が水をぴゅっと出していたら、きちんと砂抜きできている証拠です。 スーパーで購入したはまぐりは1時間程度でよいですが、市場で購入した物や潮干狩りで採ってきたものは一晩かけて砂抜きしましょう。

次の

はまぐり 砂抜きのやり方と砂抜き後の保存方法 3%食塩水の作り方

はまぐり の 保存 方法

スポンサードリンク ハマグリの保存方法 冷凍と冷蔵ではどっちがいい? ではまず、はまぐりの保存方法について、どのように判断していけば良いのか?ということをご紹介していきたいと思います。 はまぐりを2~3日くらいの間に食べるときは冷蔵 すぐに食べるときには、冷蔵保存をしておきましょう。 2~3日以内に食べきる予定であれば、冷凍ではなく冷蔵でOKです。 冷蔵の方が「すぐに調理できる」というメリットがありますね。 はまぐりが人からのもらい物などで海水につかっている場合は、海水からあげて冷蔵庫に入れてください。 海水につかったままだと、はまぐりが弱ってしまい「うまみ成分」が少なくなってしまいますよ。 海水の中ではまぐりが呼吸をするので、体力がどんどんなくなってしまうのですね。 海水から取り出したら、新聞紙にくるんでビニール袋に入れましょう。 低温の野菜室で保存すればバッチリです。 低温の中で、はまぐりはお休みモードに入ります。 2~3日であれば、はまぐりは死にません。 このくらいの期間であれば、冷蔵法損で美味しくいただけますよ。 はまぐりを長期間もたせたいときは冷凍 大量のはまぐりがあるときは、長期間にわたって食べたいですよね。 いくらはまぐりが好きだとしても、毎日毎食食べるのは、さすがに飽きてしまいますもんね。 そんなときは冷凍保存がオススメです。 私の場合は、よくスーパーなどではまぐりが安く売っているときは、わざと少し多めに買って冷凍保存しています。 スポンサードリンク はまぐりを冷凍保存したとき 賞味期限ってどれくらい大丈夫? では、はまぐりを冷凍保存したときって、どれくらいの間、保存しておくことができるんでしょうか? はまぐりの冷凍保存 賞味期限は? はまぐりを冷凍保存したときは、2週間くらいが賞味期限になります。 冷凍焼けなどせずに、保存状態がよければ1カ月はもちますよ。 冷凍保存が長くなるほど、どうしても美味しさは減退していってしまうで、できるだけ早めに使い切りたいですね。 生のはまぐりを冷凍する方法 まずは、はまぐりを水洗いをして砂抜きをしましょう。 はまぐりの表面についている「ぬめり」を洗って、口の中でじゃりっとする元を取り除きます。 次に、はまぐりがかぶるくらいの量の「3%の食塩水」に一晩つけておきます。 潮干狩りで採ってきたものではなく、スーパーで買ってきたはまぐりであれば、1時間ほどつけておけば大丈夫ですよ。 このとき「死んでしまっているはまぐり」は、カラを開いたままの状態になります。 そのようなハマグリは捨ててください。 異臭がしているものがあれば、それもアウトです。 あとは、ジップロックなどに空気が入らないように入れて、冷凍庫で保存しましょう。 ボイルしたはまぐりを上手に冷凍する方法 ボイルしたはまぐりの場合も、まずは生のはまぐりと同じように砂抜きをします。 砂抜きが完了したら、沸騰したお湯に入れます。 そしてカラが開いたものだけ取り出します。 取り出して十分冷ましたら、同じように冷凍保存すればOKです。 冷凍補人したはまぐりを料理でつかうときは 冷凍しているはまぐりを凍ったまま沸騰したお湯の中に入れてください。 熱を加えてもカラが開かないはまぐりは、残念ですが捨てましょう。 死んでいるか、元気のないハマグリです。 ただし、冷凍期間が長いものは、元気でもすぐにカラが開かないものもあります。 スプーンなどでコンコンと突いてみて、パカッっとすぐに開けば食べられます。 くれぐれも、無理やりカラをこじ開けないようにしてくださいね。 死んでしまっている貝が腐敗したときの「貝毒」はやばいですよ~。 はまぐりの保存方法のまとめ はまぐりの保存方法は「いつ食べるか」によって変わってきます。 すぐ食べるのであれば冷蔵。 長期間保存したいのであれば冷凍です。 また、はまぐりのカラが開いているか閉じているかは、状況によって生死が変わります。 砂抜き中であれば、カラが閉じているものが生きていて、加熱後であれば、カラが開いているものが生きています。 おなかを壊さないためにも、間違えないように気を付けてくださいね。 美味しくはまぐりをいただくためにも、正しい保存方法を知っておきましょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の