外壁塗装 減価償却。 アパート・マンションの減価償却、外壁塗装でも可能?

【外壁塗装】減価償却について、わかりやすく解説します

外壁塗装 減価償却

一戸建てだけでなく、アパートやマンションも経年劣化に伴い外壁や屋根を塗り替える必要があります。 しかもアパートやマンションの塗り替えは面積が広い分、一戸建てよりも費用がかかってきます。 しかし賃貸物件なので、外壁塗装にかかった費用は修繕費として経費計上できることもあります。 この記事ではアパートやマンションを経営されている方向けに、修繕費や減価償却などについてお伝えしていきます。 外壁塗装の費用を修繕費にして税金対策ができる 修繕費にできるケース 固定資産の維持管理のため、または毀損(きそん)した固定資産の原状を回復するためにかかった費用は「 修繕費」とみなされます。 たとえば外壁がひび割れてしまっている場合、塗り替え工事がひび割れ以前の耐用年数を維持するためのものであると客観的に判断できれば、原状回復費用として修繕費になります。 外壁塗装工事にかかる費用は家を修繕するうえで必要なものなので、単純な塗り替えの場合は修繕費として経費計上(損金算入)することで税金対策が可能です。 修繕費にできないケース(資本的支出として減価償却) 建物の価値を高める、あるいは耐久性を増すための塗り替え費用は「 資本的支出」となります。 建物の避難階段の取り付けなど物理的に付加した部分にかかった費用• 用途変更のための模様替えなど改造または改装に直接かかった費用 つまり• お洒落なデザインに変えたい• もっと防汚性の高いハイグレードな塗料で塗り替えたい• 外壁をモルタル外壁からサイディングボードに変えたい など、修繕を目的としていないと見なされた場合は資本的支出という扱いになります。 そして基本的支出の場合は「 減価償却」の手続きを行う必要があります。 ただし• かかった費用が20万円以下の場合• 3年以内の再塗装の場合 は修繕費として認められ、損金経理することができます。 外壁塗装の耐用年数と減価償却とは 減価償却とは、長期間にわたって使用される固定資産(マンション・アパート・家など)の取得にかかった支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続きのことです。 たとえばアパートがこのままでは1,000万円の価値しかありません。 しかし100万円かけて、外壁デザインを変えたり防水性の高い塗料を使うなど外壁塗装・外壁リフォームをした結果、1,500万円の価値がついたとします。 この時にかかった外壁塗装工事費用100万円は建物の価値を高めるためにかかった費用なので、「資本的支出」ということで「減価償却」することができます。 外壁塗装に100万円かかり、耐用年数が20年ならば、20年間毎年5万円ずつを減価償却費として経費に入れることが可能です。 修繕費と減価償却 どっちがお得? 修繕費として計上するメリット・デメリット 外壁塗装の費用を修繕費として計上すると、その年度の必要経費として一括で処理できます。 大規模な塗装工事を行った場合はかなりの金額になるので、それを修繕費として計上すれば節税対策に効果的です(ただし節税できる額には限度があります)。 ただし売り上げが低い年に修繕費として一括で経費に計上してしまうと、利益がほとんど出ないことになります。 そうすると、たとえば銀行から融資を受けたい場合、利益が出ていないとみなされ融資を断られる恐れもあります。 減価償却として計上するメリット・デメリット 減価償却すると、数年かけて計上していくため利益が少ない年は翌年に繰り越すことも可能です。 つまり、臨機応変な対応ができます。 そのため銀行から融資を受けたい場合には減価償却の方がメリットは大きいといえます(ただし外壁塗装の費用全額が減価償却として計上できるわけではありません)。 外壁塗装の減価償却と修繕費 まとめ ここまで外壁塗装にかかった費用の経費計上について、修繕費と資本的支出(減価償却)の2つの点からお伝えしました。 一言でまとめると• 外壁を修復するため単純な塗り替えの場合は、修繕費にできる• 外壁デザインの変更やグレードの高い塗料を使う場合は、資本的支出となり減価償却できる 税金対策には頭を悩まされている方も多いと思うので、参考になれば幸いです。 ただ正直、修繕費と資本的支出の線引きは曖昧な部分もあるので、素人では判断が難しいところもあります。 不安な部分がある場合は、税務署や日ごろ付き合いのある税理士など専門家に尋ねてみください。 nta. htm.

次の

アパートの外壁塗装を経費や控除のコツ【減価償却や耐用年数】

外壁塗装 減価償却

外壁塗装をするのは一軒家だけではありません。 アパートやマンションであっても、外壁は経年劣化するので塗り替えが必要になります。 アパートは一軒家よりも規模が大きいことが多いため、必要になる費用も大きくなってしまいます。 ですが賃貸物件ですので外壁塗装にかかった費用は修繕費として計上可能なこともあります。 申告時にこれを申告しないとかなり損をすることになるため注意が必要です。 修繕費として計上するのであれば、複数年にわたる減価償却ではなく、一括計上となるでしょう。 ということはその該当年の分の税金は安くすることができます。 しかし修繕費としての計上ではなく、減価償却を行う形になると少々事情が異なってくるでしょう。 申告の時には減価償却をしなくてはならず、その年数が外壁塗装で使用する塗料の種類によって異なってきます。 法定耐用年数を元に減価償却を行う形となるでしょう。 例えばウレタン樹脂の塗料を用いて外壁塗装をした場合、法定耐用年数は10年となります。 ということは、10年間減価償却を行うということです。 例えば外壁塗装に1000万円かかった場合、10回に分けて経費を計上するという認識です。 一度に全額計上できないので目に見える税金の安さは感じにくいかもしれません。 上記したように減価償却をすることになると、法定耐用年数が関わってきます。 具体的な法定耐用年数は、アクリル系の樹脂塗料が5年から7年、ウレタン系が10年となっています。 そしてシリコン樹脂系の塗料が12年から15年、フッ素樹脂系は15年から20年となっています。 これらはあくまで目安ですし、修繕費に該当するのか、それとも資本的支出に該当するかは、判断がしづらいこともあります。 不安であれば税務署に相談するのがベストでしょう。 アクリル系が5年から7年、フッ素系が15年から20年、これは一般的に目安とされている耐用年数に準じているのが分かるでしょう。 本格的にアパート経営を行っている人や、専門的な知識を有しているのなら別ですが、多くのケースでは、確定申告の際に修繕費に入れられるかどうかで悩むものです。 修繕費で計上したものの結果NGで、減価償却せざるを得ないなんてこともあるはずです。 基準自体が曖昧ですし、分かりづらい判断基準となっているため、事前に確認した上で外壁塗装を行うと安心です。

次の

減価償却 外壁塗装 耐用年数

外壁塗装 減価償却

外壁塗装をするのは一軒家だけではありません。 アパートやマンションであっても、外壁は経年劣化するので塗り替えが必要になります。 アパートは一軒家よりも規模が大きいことが多いため、必要になる費用も大きくなってしまいます。 ですが賃貸物件ですので外壁塗装にかかった費用は修繕費として計上可能なこともあります。 申告時にこれを申告しないとかなり損をすることになるため注意が必要です。 修繕費として計上するのであれば、複数年にわたる減価償却ではなく、一括計上となるでしょう。 ということはその該当年の分の税金は安くすることができます。 しかし修繕費としての計上ではなく、減価償却を行う形になると少々事情が異なってくるでしょう。 申告の時には減価償却をしなくてはならず、その年数が外壁塗装で使用する塗料の種類によって異なってきます。 法定耐用年数を元に減価償却を行う形となるでしょう。 例えばウレタン樹脂の塗料を用いて外壁塗装をした場合、法定耐用年数は10年となります。 ということは、10年間減価償却を行うということです。 例えば外壁塗装に1000万円かかった場合、10回に分けて経費を計上するという認識です。 一度に全額計上できないので目に見える税金の安さは感じにくいかもしれません。 上記したように減価償却をすることになると、法定耐用年数が関わってきます。 具体的な法定耐用年数は、アクリル系の樹脂塗料が5年から7年、ウレタン系が10年となっています。 そしてシリコン樹脂系の塗料が12年から15年、フッ素樹脂系は15年から20年となっています。 これらはあくまで目安ですし、修繕費に該当するのか、それとも資本的支出に該当するかは、判断がしづらいこともあります。 不安であれば税務署に相談するのがベストでしょう。 アクリル系が5年から7年、フッ素系が15年から20年、これは一般的に目安とされている耐用年数に準じているのが分かるでしょう。 本格的にアパート経営を行っている人や、専門的な知識を有しているのなら別ですが、多くのケースでは、確定申告の際に修繕費に入れられるかどうかで悩むものです。 修繕費で計上したものの結果NGで、減価償却せざるを得ないなんてこともあるはずです。 基準自体が曖昧ですし、分かりづらい判断基準となっているため、事前に確認した上で外壁塗装を行うと安心です。

次の