王 は 愛する。 韓国ドラマ|王は愛するのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国ドラマ「王は愛する!」サンは誰が好き?三角関係の予想外の結末やサンの気持ちについても

王 は 愛する

Amazon primeで配信中の「王は愛する」全20話、見終わりました。 イム・シワンくんが出ているという理由で、前々から見たかった作品。 見終わったあとには、二番手のホン・ジョンヒョンくんにハマってました。 ハハハ。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リン(ホン・ジョンヒョン)と過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 殺された女性の娘であるサン(ユナ)は幸い難を逃れる。 一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言をサンとは知らずに伝える。 これが三人の出会いだった。 7年後、ウォンとリンは美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 三人の間には友情が芽生えるが、ウォンは次第にサンに恋心を抱き、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。 永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。 (最近、このパターン多い。 笑) 少しゆっくりとした展開で、あまりアップダウンもなく、ひとつひとつ丁寧に描かれた美しい時代劇。 高麗時代を舞台とした、美しい若者3人が主役の物語です。 衣装も華やかで、映像と音楽も主人公3人を引き立てるような美しさ。 物語の軸は、イム・シワンくん演じる世子ウォンと、ホン・ジョンヒョンくん演じる世子の友人リンと、ユナちゃん演じるお金持ち商人の娘サンの、いわゆるコテコテ三角関係のお話です。 ドロドロ三角関係ではありませんのでご安心を。 そこに、高麗の政権争いが絡んできたり、サブキャラのラブラインが描かれていたりと、登場人物が多く、人間関係がなかなか複雑なんですけど、物語としてはわかりやすい定番ラブストーリーでした。 サンがウォンとリンのどちらを選ぶのか? 恐らくこのドラマの見どころはココなのでしょうが、私にはウォンとリンのブロマンスの方が印象に残るドラマでした。 それに、主人公のウォンより二番手のリンの方が目立ってたんじゃないかしら?と思うようなストーリー展開も印象的でした。 もちろんイム・シワンくんの世子は、ちょっと強引だけど威厳があってとてもカッコ良かったですよ!両親から愛されずに育ち、どこかしら寂しそうな世子の雰囲気がイム・シワンくんから感じれましたしね。 もうちょっと背が高かったらな…と思ってしまうのですが(笑) リン役のホン・ジョンヒョンくんですが、感情を出さずにいつも一歩下がって世子やサンを守る姿がとてもしっくり!優しさと男らしさが滲み出ていてすごく素敵に見えました。 最初は「麗」のときのホン・ジョンヒョンくんが頭から離れず、違和感ありありで見ていたけど、後半にはそんなことすっかり忘れるくらいリンにハマってました。 ずっと孤独だったウォンを救ってくれたのがリンです。 そして、リンはウォンの全てを理解した上での生涯の友になります。 サンというひとりの女性をきっかけに、終盤はふたりが大きな陰謀に巻き込まれるのですが、最終回、ウォンを思ってのリンの決断には泣けてきました。 この時代ならではの苦渋の決断。 ウォンとリンの友情がとても熱かっただけに、男らしくカッコ良かったけど、見ていて辛かったです。 そしてサンも、ウォンかリンか…どちらを選ぶか決断する時が来ます。 このときのサンの気持ちが、中盤あたりから読めなくて、あれれ?どっちが好きなんだろう…と一瞬悩みましたが、私はホントに些細なあるシーンを見てからサンは最初から〇〇が好きだったんじゃないかなぁと思ってずっと見ていたので、最終回を見て、やっぱり!って嬉しくなりました。 一度しか見ていないとわかりづらいのですが、何度か見直していると、それらしきサンの心理描写が伏線として出てきていることに気付きます。 他のドラマにはない、特に時代劇ではちょっと珍しい意外な展開の結末に楽しめます。 見終わってみると「王は愛する」というタイトルより、私は「王を愛する」の方がしっくりいくような物語だったかなと。 3人の誰に感情移入してもおかしくないストーリーだったので、見る側次第でタイトルの意味が変わってしまいますね。 リンとサンがウォンを愛する気持ちがひしひしと伝わってくる、そんなドラマでした。 結果的に、みんなそれぞれに大事なものを失ったわけですが、ウォンが一番大きなものを失ったと思います。 そう考えると、やはり「王は愛する」で正解なのかもしれません。 韓国ではあまり視聴率が振るわなかったドラマだそうですが、政権争いの陰謀など、なかなか見応えがあり面白かったです。 恋と友情の間で揺れ動く3人の美しい絆に心が温まる素敵なドラマでした。 機会があれば、小説も読んでみたいと思います。 商品情報.

次の

韓国ドラマ「王は愛する」感想 / イム・シワン主演 若者3人の美しい恋と友情に心温まる物語

王 は 愛する

第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。 一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。 これが三人の出会いだった。 7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。 三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。 ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。 永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。 「ミセン-未生-」で俳優として頭角を現したイム・シワンの軍入隊前最後の出演作!シワンが演じるのは、高麗王と元(げん)のフビライ王の娘との間に生まれたことで、孤独に育った世子(セジャ)ワン・ウォン。 日本でも高い知名度と人気を誇るアイドルグループ、少女時代のユナがヒロインのウン・サン役に扮する。 ヒロインに恋をするも大切な友人を思うあまり、愛と友情のあいだで葛藤するワン・リン役には「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」での好演が記憶に新しいホン・ジョンヒョン。 ウォンとリンの熱い男同士の友情と二人の間で揺れるサン、三人の切ない愛と友情、そして王座を狙う者たちの欲望が絡まり、三人の運命が動き出す。 【話数】全20話/字幕スーパー 【演出】キム・サンヒョプ 【脚本】ソン・ジナ 【制作】MBC(韓国) 【出演】 イム・シワン ユナ(少女時代) ホン・ジョンヒョン キャスト.

次の

王は愛するの完全ガイド

王 は 愛する

王は愛する あらすじ概要 まずは概要って事で「王は愛する」の大まかなあらすじです。 ワン・ウォンは3歳にして世子となり、皇帝の孫であるウォンは父に恐れられ、夫婦仲の悪い両親のもと、寂しい幼少期を送る。 監獄のような王宮生活でウォンが12歳のときに出会った友ワン・リン。 弱々しく泣いている世子を気の毒に思ったリンは、彼に飴玉を与え、世子と打ち解ける。 皇帝の目の色を伺い怯えた暮らしを送らなければならない忠烈王は、政治にあまり興味を示さず狩猟に興じていた。 民の土地を焼き払い狩猟場にするという蛮行を繰り返す王の評判は悪く、父王の悪口は下々の者からウォンの耳に入る。 民の暮らしを自分の目で確かめたいと願った彼は、リンに頼んで宮殿を抜け出し、生き生きとした民の暮らしに興味を持つ。 ある日、いつものようにリンと市中を駆け回っていた世子は、武器を運んでいる怪しい男を見つけ、二人の行方を尾行する。 彼らが向かった先は盗賊のアジト。 そこでは大府寺の長ウン・ヨンベクを襲う計画が練られていた。 リンは役人を呼びにいこうとするが、ウン・ヨンベクの私兵は王の宿衛軍もかなわないほど強いと聞いた世子は、自分の目で確かめたいと護衛を連れて盗賊のあとをつける。 リンの兄ワン・ジョンは世子の座を狙い、巨額な富を得るためヨンベクの娘を手に入れようとしていた。 盗賊を雇い、一行が襲われているところへ颯爽と現われてお嬢様を守るというシナリオであったが、娘ウン・サンは、荘園を見ようと輿を降りており、手薄になった私兵は全滅、輿に乗っていた奥方が斬られてしまう。 ワン・ジョンが現場についたときには、侍女を守ろうとしたお嬢様が顔に刀を受け、血まみれの状態で倒れていた。 ジョンは、重傷を負った彼女を助けウン家に連れていくが、高価なかんざしを挿し、絹衣を着ていた女性はウン・サンではなく侍女のほうだった。 妻を殺され、娘を狙われたヨンベクは、侍女ピヨンをそのままウン家の長女として育て、我が子サンは遠い地に逃がす。 現場にいたウォンは、私兵の強さに魅了され楽しく観賞していたが、盗賊が皆殺しにされたあと、黒装束の集団が舞い降り、私兵を斬殺、奥方を斬りつけてしまった。 護衛は世子から離れようとせず、世子はヨンベク商団が全滅するのを黙って見ているしかなかった。 刺客が去り、奥方を助けようとした世子だが、彼女は虫の息。 娘に遺言を伝えてほしいと世子に託し、息を引き取ってしまう。 役人を呼んでいればこんなことにはならなかったのに。 世子は責任を感じ、母親を亡くしたウン・サンに直接会って遺言を伝えようとするが、重傷のお嬢様と直接会えるはずもなく、屋敷にいた同じ年頃の女性を侍女だと勘違いし、彼女に遺言を託す。 父王に疎まれ、重臣に忌み嫌われている世子は、生きる意味が見つからず高名な学者イ・スンヒュに、この世を去るべきかと答えを求めにいく。 都から遠く離れたトゥゲ山に庵を構えていたイ・スンヒュ。 そこには、彼を慕う弟子たちが100人近く集まり、世子はひときわ輝いている女性ソファに出会う。 彼女は、7年前に会った、あの時の侍女。 美しい容姿に似合わず山猿のような彼女に、世子は俺のものだとなれなれしく振れる。 身分を隠していた世子はハンチョンと名乗り、リンはスインと名を偽って、ソファがヨンベクの娘とは知らず3人の友情は深まるが、死を望むハンチョンの心の傷に気付いたソファは彼に惹かれていく。 世子と同じようにソファに魅了されたリンもまた、思いが抑えきれなくなり視線は彼女を追ってしまう。 彼の痛々しい思いを知ってしまったソファは、リンのことも無視できなくなり、二人の間で気持ちは揺れる。 先王妃の甥であるワン・リン。 謀反を起こせば王になることも可能な家柄でありながら、世子に命を捧げてきたリン。 友情か愛情か、信頼か裏切りか。 愛する女性を手に入れるために二人のとった行動は・・・。

次の