頭痛 ツボ。 頭痛のツボ 手やこめかみ、足で即効で痛みが治る効果的な場所は?

目の奥が痛いときは、この2つのツボを押せ。パソコン、スマホをよく見るあなたへ。

頭痛 ツボ

その頭痛は肩こりから まずはつぼ押しにより改善する頭痛と肩こりとは何か。 その仕組み。 判断の基準、などを解説します。 1-1. つぼ押しで対処できる肩こりが原因の緊張性頭痛 頭痛にはいくつか種類があります。 その中で、頭痛の7割を占めるともいわれているのが「緊張性頭痛」です。 肩こりのような、筋肉の緊張が原因。 そのためつぼ押しで肩こりを改善することで、頭痛の解消も期待できるのです。 出典: 1-2. 緊張性頭痛かどうかの判断 つぼ押しで対処できる肩こりを原因とする緊張性頭痛かどうかは、症状から判断できます。 緊張性頭痛の主な症状として、後頭部を中心に首筋、頭の両側にかけて、頭を紐のようなもので締め付けられるような、頭に重たいものが載っているような感覚があります。 また頭を動かしても痛みに変化はなく、めまいをともなうことがあります。 吐き気はそれほどでもないのが特徴です。 これらの症状に当てはまる場合には2章で押すべきツボをご確認下さい。 なお緊張性頭痛ではないようであれば、3章の【3-1】をご覧下さい。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 2. いつでも簡単に押せる!頭痛をともなう肩こり改善のツボ4選 肩こりが原因の緊張性頭痛。 それに効果的なツボを、動画を交えてご紹介します。 自分で簡単に押せるポピュラーなツボを厳選しました。 2-1. 肩井(けんせい) 首肩周辺には、肩こりに効果的とされるツボがあります。 中でも僧帽筋の上にある肩井(けんせい)は「肩こり特効のつぼ」と呼ばれ、おすすめです。 場所 肩の筋肉が盛り上がっているところ。 首を曲げると、首の後ろに大きく出る骨の下のくぼみと肩先の中央に位置し、左右1カ所ずつあります。 押し方 中指をつぼにあて、指を置いたままぐりぐりと押し回してください。 つぼを押すときは痛みを感じる程の力は入れず、痛いけれど気持ちがいいと感じるくらいの力で行うようにしましょう。 2-2. 天柱(てんちゅう) 天柱には頭痛や肩こりの不快感を和らげる効果があるとされています。 頭部(天)を支える柱という意味のつぼで、自律神経を整える働きもあります。 場所 髪の生え際で首の中心の外側にある太い筋肉の外側にあります。 押し方 頭を鷲掴みでそのまま親指でグリグリ押してください。 2-3. 手三里(てさんり) 肘から三里の所にあるつぼ。 筋肉を緩ませることから肩こりや寝違いなどによる痛みを取ることが得意なつぼです。 つぼには、神経の集まり具合によって痛みを感じやすいものがあり、手三里はその代表的なつぼになります。 押すと痛いつぼなので数百あるつぼの中でも正確に捉えやすいつぼです。 強い肩こりの場合には特に痛むとされています。 肩こりのひどさを図るバロメーターとして機能します。 場所 肘を曲げた時に出来るしわから手首に向かって指3本分いったところにあります。 押し方 腕を掴むように親指で垂直に押してください。 押す力は他のつぼより弱めにしましょう。 2-4. 合谷 ごうこく 肩こり、ストレス、風邪のひきはじめ、目、鼻、歯の痛みなど首から上で生じる多くの症状に効果的。 万能のツボともいわれています。 場所 親指と人さし指の骨が交わったところから、やや人さし指よりの凹みが合谷です 押し方 指を「合谷」にあて、気持ちいいと感じる強さでやや強めに押しもみます。 両手それぞれ約30回程度、押してはもみを繰り返します。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 3. つぼ押しをより効果的にする方法 頭痛をともなう肩こり、その改善が期待できるつぼ押しを、より効果的にする方法をご紹介します。 3-1. 頭痛の種類を判断する 頭痛には緊張性頭痛の他にいくつか種類があります。 まずは頭痛の種類を確認しましょう。 頭痛と肩こりがひどいと感じていても、実際にはつぼ押しで改善できない頭痛の可能性があるからです。 前述の通り、緊張性頭痛の特徴は「後頭部から頭全体を締め付けるような痛み」「肩こりが強い」「吐き気はあまりない」などです。 これ以外の症状で頭痛がひどい場合には以下の頭痛の可能性があります。 このような時には、早急に医療機関を受診してください。 偏頭痛 ズキン、ズキンと脈打つように頭の片側が痛む。 吐き気をもよおすことがある。 光(明るい場所)や音が耐えられなくなることがある。 痛みや症状で日常生活が行えなくなる。 頭の位置を動かすと、痛みが増強することがある。 頭痛発作が始まる前に、目の前に火花が散るような光がみえる前兆が起こる(閃輝暗点)。 緊張型頭痛の症状もあわせもつことがあり、その頭痛は混合型と呼ばれる。 群発頭痛 片方の目の奥が激しく痛む頭痛。 毎日決まった時間帯に起こり数時間続く。 頭痛発作が毎日約2ヶ月間、群発する。 数年おきに起きる。 二次性頭痛 病気や内臓の症状が原因の頭痛。 突然起こる、鈍器で殴られたような、今まで感じたことのない痛み、意識が遠くなる感覚、言語や運動の麻痺、発熱や強い吐き気からの嘔吐、これらが同時に起こることがある。 副鼻腔炎(耳鼻咽喉科)、緑内障(眼科)、顎関節症(整形外科)などが頭痛の原因となる。 薬物乱用頭痛 月に10日以上飲んでいる人が薬物の依存によって発症する頭痛。 無水カフェインを含んだ薬は依存性を招きやすいとされている。 二次性頭痛に含まれる。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 3-2. 肩(体)をあたためる 肩こりは筋肉が緊張することで血行が悪くなっている状態です。 そのため肩周りをあたためるだけでも肩こりには効果的です。 前述の通り軽めの運動をしたり、お風呂で湯船に浸かったり、蒸しタオルをつくって肩にのせるなどがおすすめ(しぼった濡れタオルを電子レンジであたためてもできます)。 夏場に冷たいものを飲み過ぎない、冷房の風が直接体にあたらないように心がける、などを意識するだけでも違います。 またお風呂で湯船に浸かることは、水圧による血流の促進も期待できます。 3-3. つぼ押しがNGな4つの状態を注意する つぼ押しを避けるべきケースを認識しておきましょう。 結果、効果的につぼ押しを行うことにつながるでしょう。 妊娠中 つぼ押しには刺激が多少はあり、デリケートな体に試すべきではないからです。 飲酒当日 つぼ押しは血流を促進します。 その状態の体はアルコールとその毒素が体に回りやすくなるからです。 食後60分以内 本来は消化のために胃が必要とする血液が、つぼ押しで活性化した部分に回り、消化不良を起こす可能があるからです。 病気やけがをしている 体調が悪い時はおすすめできません。 まとめ 頭痛、肩こり、つぼ。 大きくこれらの関係について解説してきました。 肩こりを原因とする緊張性頭痛には、つぼ押しが効果的です。 つぼ押しが頭痛の原因になる肩こりを改善させるからです。 読んでいただいて自分で実際につぼ押しを行い、あなたの肩こりと頭痛を解消できたらうれしいです。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事.

次の

目の奥が痛い原因と治し方やツボ【頭痛・吐き気】にも効果的!

頭痛 ツボ

首こりの原因 まずは、頭痛を引き起こす首こりの原因についてみてみましょう。 首こりとは、首の筋肉がこる状態です。 具体的には、首の回りの血管や筋肉が収縮した状態が続き、血液の流れが悪くなることによって、筋肉の酸素不足や、疲労物質がたまりやすくなることで筋肉のコリを生じている状態です。 首こりを起こす原因は、さまざまなものがあります。 ・同じ姿勢での長時間の作業 長時間同じ姿勢でのデスクワークやパソコン作業で、筋肉を動かすことが無かったりすると首の筋肉がこりやすくなります。 また、携帯電話などの操作などで、猫背になっていたり、首を前に傾けた状態を長く続けることも首こりが生じやすくなります。 ・精神的ストレス ストレスは、日々多かれ少なかれ感じることがありますが、この精神的なストレスが解消されずにたまっていくと、首こりのみならず、体全体の不調を引き起こす場合があります。 ストレスにより、不安や緊張した状態では、自律神経は交感神経が優位な状態が続きます。 交感神経が優位な状態では、血管は収縮して、筋肉は緊張した状態となります。 この状態が継続すると、血行が悪くなり、筋肉のこりが生じます。 ・内臓の病気 その他、内臓の病気で血液の循環に異常がある場合も、首のこりが見られる場合があります。 なかなか解消されない首こりや他に気になる症状がある場合は、病気による症状として現れている可能性があります。 早期に病院を受診して、適切な治療を受けましょう。 ・筋力不足 首の筋肉は、絶えず頭部を支えていて、疲労しやすい部位でもあります。 この筋肉の筋力が不足したり、衰えたりすると首こりが生じやすくなります。 スポンサードリンク 首こりで頭痛がするのはなぜ? 首こりの原因には、さまざまなものがありましたね。 次に、首こりで頭痛がする原因についてみてみましょう。 首の筋肉の周りには脳へ酸素を供給する血管がありますが、その血管の血液の流れが悪くなると、脳への酸素供給量も減ってしまい、頭痛を起こす原因となります。 首こりが原因で起こる頭痛は、「 緊張型頭痛」と呼ばれ、後頭部から頭頂部にかけて両側が締め付けられるような痛みを起こします。 数分でおさまる場合もあれば、数日間続く場合もあります。 首こりによる頭痛以外の症状 首のこりは頭痛以外にもさまざまな症状を引き起こします。 ・ めまい、眼精疲労、耳鳴り、体がだるい、集中力の低下、体の冷え、むくみ、手の痺れ、胸やけ、食欲不振、胃痛、吐き気 首こりによる頭痛の解消法 それではここで、具体的な首こりによる頭痛を解消する方法をいくつかご紹介いします。 自分に合った方法を探してみて下さい。 首を温める 首こりによる頭痛は、首の筋肉の血行が悪くなることで起こりますので、首の筋肉を 蒸しタオルで温めると、筋肉の緊張がほぐれて、血行が改善し、頭痛も和らぎます。 入浴の際は、 ぬるめの湯船にゆっくり浸かって、筋肉のこりをほぐすとよいです。 ストレッチをする 仕事の合間には、首周りの筋肉をほぐすストレッチを行って、血行をよくするとよいでしょう。 ・ 両腕の力を抜いて気をつけの姿勢から、両肩を天井に向かってまっすぐ引き上げて、ゆっくり下ろします。 この動作を15回~20回を目標に行うと首こり解消になるそうです。 その際、腕が開いてしまうと、逆に首がさらにこってしまう場合がありますので、両腕は体から離れないように注意しましょう。 また、首を左右にゆっくり3回ずつ回すだけで首周りのリンパを刺激し、ストレッチになります。 スポンサードリンク ツボを押す 首のこりを改善し、頭痛にも効くツボをご紹介します。 ・天柱(てんちゅう) 天柱は、首の後ろ側に2本の太い筋があります、そのそれぞれの筋の上端外側、髪の毛の生え際のくぼみにあります。 両手のひらで頭を包むようにして、親指を天柱に当てて、親指を押し込むような感じで、押し揉みます。 ・風池(ふうち) 風池は、髪の毛の生え際で、天柱のツボより指1本分外側のくぼみにあります。 天柱と同じように、両手の平で頭を包むようにして、親指を風池に当てて、親指を押し込むように押します。 次に、どんなタイプの頭痛にも効くという万能ツボもご紹介します。 ・百会(ひゃくえ) 頭頂部で両耳を結ぶラインと鼻のラインが交わるところにあります。 指の腹で心地よいくらいの強さでツボを押しましょう。 鎮痛薬を飲む 頭痛がひどい場合など、何はともあれ頭痛を解消したいときは、イブプロフェンやロキソプロフェンなどの 非ステロイド性消炎鎮痛薬を飲むことで痛みが緩和されます。 ただし、頻回な薬の使用は、逆に薬の使いすぎで頭痛になる「 薬物乱用頭痛」を起こす恐れがありますので、注意が必要です。 1ヶ月に複数回薬を飲むような場合は、医師の診察を受けて、適切な薬を処方してもらいましょう。 スポンサードリンク ストレスを解消する 仕事の区切りには、ほっとできる環境で、休憩をとるようにしましょう。 また、休日は、自分の好きな音楽やアロマを焚くなどリラックスできる環境を作り、ストレスを解消しましょう。 リラックスした状態や入浴中、食事中、睡眠中は、自律神経は副交感神経が優位になります。 副交感神経が優位な状態は、身体は、消化管の機能が活発になり、必要な栄養を吸収したり、疲労を回復するなど、身体のメンテナンスを行う大切な時間なのです。 まとめ 首こりで頭痛がする原因は、首の筋肉がこることで、脳へ酸素や栄養を運ぶ血管の血液の流れが悪くなり、酸素供給量が減ることで、頭痛を引き起こす原因となります。 頭痛以外にも、めまいや吐き気などの症状が起きることもあります。 対処法は、首を温めたり、ストレッチ、ツボ押し、ストレスを解消して、首こりを解消することが重要です。 鎮痛薬の使用は、一時的な対症療法にすぎませんので、頻回な頭痛や長引く頭痛の場合は、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。 首こりによる頭痛でお悩みの時は、まず 整形外科を受診してみましょう。

次の

頭痛に効くツボの探し方と圧し方

頭痛 ツボ

仕事等で長時間のデスクワークが続くと頭痛がしてきませんか? 私も以前、1日中パソコンと向かい合っている仕事をしていた事があるのですが、もう頭痛に肩こり、目の痛みが酷くて、毎日ヒイヒイ言いながら仕事をしていました。 頭痛が酷いとイライラしてきますし、集中力が切れるせいか仕事のミスも増えますよね。 でも、薬には眠気等の副作用もあり仕事中には向きませんし、正直できたら頭痛薬に頼りたくありません。 「誰か!薬以外で頭痛を即効で治す方法を教えてください!」 って感じですよね。 そこで今回、仕事中でも使えて「 頭痛によく効く即効性のあるツボ」を紹介しますよ。 頭痛がしたらこれらのツボを押して、ツライ頭痛にさよならしちゃいましょう。 頭痛のツボ 手で即効性がある場所は? まずは頭痛に有効な手のツボから紹介しますね。 手のツボでしたら、例えば仕事の会議中に突然頭痛が起きても、自然に押すことができますよね。 もちろん、仕事中以外でも、家で家事をしている間やTVを見ている時に押してもOKですよ。 頭痛のツボ 手偏1 合谷(ごうこく) 合谷は親指と人差し指の骨が合流する少し前。 そこからやや人差し指側にずれた場所にあります。 ここを反対の親指でグーっと押したり、グルグルと回しながら押すと良いですよ。 親指だけではなく、ボールペンで押してもOKです。 効く人なら、1回で頭痛が取れる人もいます。 この合谷、実は「万能のツボ」と言われていて、頭痛だけではなく、花粉症、歯の痛み、肩こり、いびき、かぜ、めまい、便秘、下痢、生理痛、物忘れ、不眠などとても多くの効能が期待されるツボなんですよ。 頭痛のツボ 手偏2 外関(がいかん) 外関は中指の延長線上で手首から指3本分下がった場所にあるツボです。 この場所も仕事をしながら自然に押すことができますよね。 押し方は、指の腹でゆっくりと中程度の力で指圧すると良いですね。 また、爪楊枝のようなもので刺すと鍼の効果もあるそうですが、私的には痛さの方が勝ってしまったので、指で優しく押す方がおすすめです 笑 頭痛の他に、身体のだるさや目の疲れにも効果がありますよ。 スポンサーリンク 頭痛のツボ こめかみや頭、顔、首、肩等でで即効性がある場所は? 次は頭部周辺で頭痛がすぐ治るツボを紹介しますね。 手のツボ同様に頭部のツボも職場や家事の合間に押しやすいですよね。 頭部周辺にはたくさんのツボがありますので、色々試してみて自分に合ったツボを見つけてみましょう。 頭痛のツボ 顔偏 攅竹(さんちく) 攅竹は眉毛の内側で、ちょうど眉毛が生え始めの場所にあるツボです。 両手の親指や人差し指で押し上げるように押します。 私的にはこのツボが1番効果がありました! というもの、攅竹は頭痛以外にも眼精疲労、視力回復、眠気解消、顔のむくみ解消等の効能があります。 仕事中って目が疲れませんか?目の奥の方がキーンって痛くなりますよね。 このツボを押すと頭痛と一緒に目の疲れも取れるので頭がスッキリしますよ。 頭痛のツボ こめかみ偏 太陽(たいよう) 太陽は眉毛の外側とこめかみの間にあるツボです。 こめかみらへん全体を指で押さえて、口をパクパク動かすと筋肉が動く場所がありますよね?そこが太陽です。 親指で太陽を押さえ、他の指で頭を支えるようにして押すと気持ちが良いですよ。 太陽は頭痛、偏頭痛以外にも「眼医者ごろし」という異名がある程、目に良いツボです。 眼精疲労や老眼防止等に効果的なんですよ。 また、顔面神経痛、三叉神経痛にも効果ありです。 かなり効果的ですのでぜひ試してみてください。 頭痛のツボ 頭偏 百会(ひゃくえ) 百会は頭の頂上、ちょうど左右の耳の穴を繋いだ線と、眉間の間から頭のてっぺんを繋いだ線とが交わる場所にあります。 少しぶよぶよとして凹むところですので、比較的見つけやすいと思います。 押し方は人差し指や中指を使って「気持ちが良い強さ」で下方向に向かって真っすぐ優しく押します。 百会は「癒しのツボ」でもあり、自律神経を整え、ストレスや不眠症、頭痛を解消してくれます。 あと、抜け毛や痔にも効果的です。 薄毛が気になる私としては、個人的に抜け毛に効果があるのが嬉しいところです。 夜に眠れない時や二日酔いで頭全体がガンガンする時に指圧するのも効果的ですよ。 頭痛のツボ 首・後頭部偏 風池(ふうち) 風池の場所ですが、首の後ろを触りながらちょっと上を向いてみてください。 背骨のラインが途切れてくぼみができている場所がありますよね。 そのくぼみと耳の下を結んだちょうど中間点が風池です。 髪の毛の生え際の少し上らへんになると思います。 こちらを親指でグーっと3秒押すのを繰り返してみてください。 頭痛と眠気がスッキリすると思います。 風池は自律神経身を整え、頭痛、肩こり、眼精疲労によく効くと言われています。 特に仕事中は風池と百会を交互に押す事で、頭痛、目の疲れ、肩こりなどが一気に解消されますよ。 頭痛のツボ 首・後頭部偏 天柱(てんちゅう) 天柱は首の後ろのくぼみから親指1本分離れた場所にあります。 ちょうど髪の毛の生え際らへんですよ。 肩が凝っていると、押した時強い痛みを感じる場合があります。 指圧の方法は、両手で後頭部を包むように支え、親指で上に向かって押し上げます。 頭をゆっくり上下に動かしながら天柱と風池を交互にマッサージすると気持ちが良いですよ。 数回繰り返すと頭痛と首の凝りがかなり解消されますのでおすすめです。 また、天柱は偏頭痛、肩こりの他、首の凝りや冷え、精神疲労、ストレス、肝臓、視力、統合失調症、自律神経失調症、血圧、めまいと沢山の効能がある万能ツボなんですよ。 頭痛のツボ 肩偏 肩井(けんせい) 肩井は最初に探す時は少し難しいですが、コツをつかめば簡単に見つけれるようになりますよ。 まず少し下を向いてみてください。 首の後ろ背中側で出っ張っている骨がありますよね。 その骨と、腕側の肩の先端を結んだちょうど中間点にあるのが肩井です。 この肩井ですが、肩が凝っている時に押すとかなり痛いです。 押し方は、中指や人差し指を使って垂直に押します。 私的には少し押しただけでかなり痛いのですが、痛みは人によって違うと思いますので、好みで気持ち良い程度に指圧してください。 肩井は頭痛、肩の痛みだけでなく、目の疲れや自律神経、五十型、目の疲れにも効果的ですよ。 頭痛のツボ 足で即効性がある場所は? 次に足のツボで頭痛がすぐ治るツボを紹介しますね。 さすがに足のツボは会社等のビジネス時に押すのは難しいですが、家に帰ってリラックスしている時に押すことで、仕事中の頭痛を予防できますよ。 途中で指が止る場所があると思います。 そこが臨泣のツボです。 指圧する時は、痛みが出るか出ないかくらいで優しく押しましょう。 足臨泣は頭痛はもちろんのこと、めまいや足の腫れ・痛みの軽減、月経障害にも効能があります。 生理不順や生理痛で悩んでいる女性にもおすすめですよ。 頭痛のツボ 足偏 陥谷(かんこく) 陥谷の場所は、人差し指と中指の間を足首に向かって撫でると、すぐにくぼみで指が止る場所です。 押す時は親指を陥谷のツボに当て、他の指を足の裏側にまわし、足をはさむようにしてやや強めの力で押します。 陥谷は緊張性頭痛などの目の奥からズキズキと痛むような頭痛に有効ですよ。 頭痛のツボ 足偏 通谷(つうこく) 通谷のツボは小指の外側、少しくぼんだところにあります。 押し方は陥谷を押す時と同じ要領で足をつかむようにして、親指でグリグリと押します。 横座りをしてから指圧すると押しやすいですよ。 通谷は膀胱系のツボと言われていますが、同時に血液の循環を良くしてくれるツボでもあります。 頭痛の中でも後頭部の痛み解消に特に効果がありますよ。 手や足、こめかみの頭痛のツボまとめ いかがだったでしょうか?仕事中に同じ姿勢を続けていると頭痛が酷くなりますよね。 そんな時は手やこめかみのツボを覚えておくと、職場でも自然に押せるので便利ですよ。 ただし、ツボを押しても改善が見られず痛みが長続きする場合は、他の病気の可能性もありますので、早めに整骨院や病院などを受診してくださいね。

次の