ころんくん受け小説。 苺の王子様達の物語

【BL/夢】すとぷりの二次創作小説がアツい!?

ころんくん受け小説

お祓いに行ったら化け狐に憑かれたころんくんの話 ましてや、メンバーがそういうの気持ち悪いと思っていたとしても きっと受け入れてくれるんで... 大学生をやりながら、すとろべりーぷりんすとして、ころんとしての活動を行っています。 「ごめんごめん(笑)」 なーくんが少し笑いながら、謝る。 「ころちゃ.. 急いで、電話をかける。 放送事故で、白真くまさんのパソコン画面が表示されてしまうのですが、そこに表示されたアカウント名が「 colon」だったのです。 ころちゃんの方をじっと見ていると、ゆっくり振り向きこっちに 向かってくるのが分かる。 「るぅちゃん、ころちゃん。 今なら、怒らないであげるから正直に話して。 1年間放置してたら性欲が爆発して僕のネコが大変な事になってた【ころん】 しかしそんな中、進んで顔出しを行っていないころんさんの素顔画像が流出しました。 えぇ?何が当たったのって? ジェル君とは首?うなじ?を触られたり なーくんは床ドンされて耳元で甘い言葉呟かれたり さとみ君は飴ちゃんが溶けるまでキスされたり 莉犬君とるぅと君は手を繋いだり 内容省いたとか言ったらビール瓶で殴りに行きますからね。 ~るぅとくん目線~ さとみくんは、きっと、自分のせいだと思っているんだろうな・・・。 学食にて、自身の動画やすとろべりーぷりんすの動画を視聴している視聴者がいることを小耳に挟んでしまったのです。 」 「ガードは、硬めだと.. 」 「どうしたの?いつもより元気がなさそうだけど...。 」 こ「えぇ?…わかったよ…」 るぅと君の威圧感に負け、僕は渋々別室に向かう。 ころん総受け〜僕の方が、好きだよ〜• 今後の活躍に注目が集まりますね!. めちゃくちゃ寒い。 1年間放置してたら性欲が爆発して僕のネコが大変な事になってた【ころん】 おれは元気なころんの方が好きなんだけどな…… [newpage] ころんside なーくんに相談してみよう…… ななころLINE こ 「もりさん。 了解です!!」 「ところで、るぅとくんもう皆車乗り始めたからゆっくり 歩きながら話すとして、るぅとくんが好きな人は やっぱりすとぷりのメンバーの青い山羊ちゃんかな?」 「!?」 なーくんは、無邪気な小さい子供のような笑みで聞いてくる。 多分嫌われるんだろうなっていうのも分かってたけど、 それでも聞いてほしいんだけども良い?」 「いえ、あの。 「ころちゃん、聞いてくれる?」 ころちゃんは、僕に泣きながら抱きついたままで コクっと頷くのが分かる。 でもね、少しきつめの態度をとっちゃったりね、素直になれないの」 「.........。

次の

ころん くん 小説

ころんくん受け小説

王様げーむ 【ころん総受け】• ころんside 今僕の家にすとぷりメンバーが遊びに来ている それぞれ好きに過ごしてたんだけど突然なーくんが な「みんなで王様ゲームしよーぜ!! 」 って言ってきた。 まあ、別に嫌な人がいる訳でもないので全員参加する。 そんな感じで始まった王様ゲーム み『王様だーれだ!!! 』 る「あっ、僕です!! 」 るぅと君かぁ… 絶対やばそうな命令出てきそう… 腹黒だし。 腹黒だし 大事なことなので2回言った る「んーじゃあ、5番が2番に壁ドンする!! 莉犬君!? 莉犬君の方が身長低いのに壁ドンされるとか絶対やだ バレないようにしなきゃ… さ「あれ、ころん。 2番やん。 」 こ「ちょ、はあ!?!? 何言ってんの!?! 」 り「ころちゃんかwwなら早くやろww」 う"ー さとみぜってー許さねええかんなああああああ!!!!! なんて死んでも言わないが じ「ころん、顔真っ赤やなwwww」 こ「うっせー!! 」 僕は自分の席に座り、もう1度クジを引く み『王様だーれだ!! 』 な「お、俺やー」 なーくんかー 心配なような安心なようなって感じだなw な「じゃあね、3番が4番をくすぐる!! 」 げぇ?! また、僕じゃん… さ「あ、俺っすね、3番。 …さあ、ころん?やるぞー?」 こ「なんで分かんだよ!!? 」 じりじりと手をワキワキさせながら近寄ってくるさとみに、反射的に後ずさる さ「覚悟ぉ!! 」コチョコチョ こ「ひゃわ!! ちょ、あははっ、やめてww くしゅぐった、あはははwひぃーww いつま、っでやんにょ、んんっ、あははww」 多分3分ぐらいずっとくすぐられてなーくんが止めに入らなかったら、多分酸欠になってたかもしれない… じ まだ、ちょっと余韻があってまだ体がビクビクしてるし しかも顔真っ赤で髪やら服やら乱れてて瞳は潤んでるし、ヨダレちょっと垂れてて……すごいエロい ジェル君がそんなことを思ってたのは知らない。 み『王様だーれだ!! 』 また僕じゃないかー り「俺だー じゃあね、5番が正面の人に耳元で甘いつぶやき!! 」 じ「俺が5番だから、正面は…」 こ「また僕かよ!!!? 」 僕当たりすぎじゃない? ジェル君はkうざい顔しこっちに来て、耳元で じ「ころん……俺のプリンセスになれ…」 こ「んぁ、…なるかバカ!!!!! 」 僕耳弱いんだよ!!!!!!! 僕は力の入っていない手でジェル君をぽかぽか殴った•

次の

【すとぷり】ころんに殺害予告!?本名/年齢/身長/顔/彼女/イラスト/大学でリスナーと遭遇!?

ころんくん受け小説

[ころん総受け]大好きな君を。 苺様リクエスト*ころん総受け *** ころんside なんでこんなことになったんだっけ。 縛られた自由のきかない両腕のせいで、だらしなく口元に垂れた涎を拭うことが出来ない。 辛すぎる。 でも、気持ちいい。 ころちゃん可愛い、女の子みたい」 るぅと「こんなにとろとろになって指咥えてる。 それで興奮したように顔を火照らせながらこっちの様子を見ているのがなーくん。 いや、助けてよ。 ころん君もう泣きそうなんですけど。 なのに、お尻熱くて気持ちよくて、女みたいに後ろでイかされて喘ぐなんて屈辱すぎる。 M字開脚させられた足が痙攣して、目の前にいたるぅと君の顔にダイレクトに色の濃い白濁が粘度を保ちながら落ちていった。 すると、それを嬉しそうに指で拭って口に運んだるぅと君に顔の熱が増した気がした。

次の