ガス の 元栓 閉め 忘れ。 ガスの栓は閉めないといけない?

ガスの元栓について

ガス の 元栓 閉め 忘れ

スポンサーリンク ガスの元栓は閉めるべき?まずはガスの特徴を知ろう ガスの元栓を閉めるのはガス漏れが怖いからですよね。 ではその怖いガスの特徴を知ってますか?聞かれると説明が出来ないという方も少なくはないのでは?そこでLPガスについて詳しくご紹介していきます。 ガスの特徴 ガスは無臭 ガス漏れが発生するとガス独特のイヤな臭いがしますが、本当は無臭なんです。 しかし無臭だとガス漏れに気が付かない為、危険なのでわざとガスに臭いを付けているんです。 ガスは重い ガスは空気よりも重いのでガス漏れが起こっている時には下の方、低い場所に溜まっていきます。 その重さは空気の2倍にもなるんですって! ガスは無害 実はガス自体は人体にとって無害って知ってました?しかしガスが漏れる事によって引火する恐れがあるために危険なんです。 もちろんガスを使う場所では火の取り扱いもセットで行われます。 ガス漏れがないように十分に注意をして使用してください。 ガスの元栓は閉めるべきというのは昔の話って本当? ガスを使い終わったらその都度、ガスの元栓を閉めていますか?それとも出掛ける時に閉めるようにしています? 実は災害などが起きた事によって、ガスのトラブルを防ぐために今のガスの元栓や機械には自動でガスを止める安全装置が付いているんです。 このような事から今のガス器具はガス栓を閉めない事を一般的と考えて作られているのではないでしょうか。 またガスの元栓を閉めるのが難しい場所にはねじ栓が使われているんです。 ねじ栓って耳慣れない言葉ですよね。 このねじ栓が実際にはどんな場所で使われているのかというと風呂釜やビルトインコンロといったところに使われています。 その他にも最近ではホースの方にも工夫がされていて簡単には亀裂が入らないような仕組みになっていたり、上記したねじ栓のようにホースが簡単に外れないようになっているのだそう。 もしガスの元栓を閉め忘れても最近のガス器具でしたら、心配は少なくて済みますね。 ただしガスの元栓が古い場合は閉めるべき! お話ししたように最近建てられたアパートやマンションなどは、ガス器具や元栓もガスメーターに安全装置が入っているため、もしガス漏れが起こっても自動的にガスが止まる ようになっています。 そしてガスメーターは古いものをそのまま使っているという事はなく、使用期限が決められているので古いものから順次取り換えが行われていると思います。 それならもし何かがあっても安心!と思っている方、チョットお待ちください。 ガスメーターが新しいものに取り換えられて、安全装置が組み込まれていたとしても今使っているガスの元栓が古い場合には注意が必要です。 元栓自体に安全装置が付いていない場合は、ガスメーターがガス漏れを感知するまでガスは漏れ続けてしまうからです。 お家のガス器具や元栓が古いものでしたら、今まで通りに使用していない時や外出時にはガスの元栓を閉める。 といった方が安心です。 安全装置が付いているかどうか気になるという方は、今お使いのガス会社に連絡をして確認してみるといいですよ。 ガスを使っている時に地震があった時の対処方法 ガス漏れで一番気になるのは地震の時ではないでしょうか。 地震がきたときに、もしガスを使っている最中だったら揺れている中、何とかガスを消しに行きますか? 心理的にはガスやストーブなどをいち早く消しに行きたくなりますよね。 でもそれはしてはいけません。 地震で揺れている時は、まず身の安全を優先させてください。 そして揺れが収まってからガスやストーブを消しに行きましょう。 なぜなら揺れている間に火を消しに行って、ガスにかけている鍋ややかんなどが落ちてきたら大変ですよね。 ケガをしてしまうかもしれません。 またガス器具や暖房器具には安全装置が付いている場合が多く、大きな揺れを感じた時には自然に停止するように設計されています。 揺れが収まってから火の確認をしてくださいね。 もしその時にガス臭いと感じたらガスの元栓を閉めて、窓を開け換気をしましょう。 そしてガス会社に連絡をしてください。 絶対にやってはいけない事は臭いからといって換気扇を回さない、電気などの照明器具、その他の電化製品のスイッチのオンオフをしない事。 そして火を使わない事です。 またコンセントの抜き差しもやってはいけません! ガスの安全装置が働いた時はどうする?自分で出来る安全装置の解除方法 ガスメーターの安全装置が働いて、ガスが止まってしまった時はどうしたらいいのか? ガスの安全装置の解除方法 まずガス器具を切るにして、万が一の為にガスの元栓も閉めましょう。 そしてガスメーターの解除ボタンを長押しします。 安全装置が働いている時は赤いボタンが点滅しているので、この動作を行ってくださいね。 またこの赤いボタンの点滅が消えたら、安全装置が解除されたという事になります。 安全装置を解除したらガスの元栓を開いて、いつも通りにガスを使う事が出来るようになります。 しかし、ここで注意点が1つ!安全装置を解除してすぐにはガスを使わないで下さい。 また装置が作動をしてしまうので数分経ってから使用をしてください。 もしそれでも安全装置が作動してしまう時には、ガスの元栓を再度閉めてガス会社に連絡をしましょう。

次の

東海ガス >> こんな時にはご連絡を! >> ガスが出ないときは?

ガス の 元栓 閉め 忘れ

外出してから、ガスコンロを消し忘れていないかと心配になったことはありませんか?誰にでも一度くらいは経験があるはずです。 家の中ではやるべきことがたくさんあります。 複数の用事を同時進行でしていると、どうしても消し忘れることがあります。 今回はガスコンロの消し忘れを防ぐための方法と、対処方法について解説したいと思います。 ガスコンロの消し忘れは危険! ガスコンロの消し忘れは、もっとも多い火災の原因です。 出典: 誰にでもガスコンロを消し忘れてしまうことはあります。 しかしガスコンロの消し忘れは危険です。 ガスコンロが関係している火災の原因のほとんどは「消し忘れ」です。 火災は自宅を燃やすだけでなく、近隣の人にも多大な迷惑をかけてしまいます。 もともとうっかりミスの多い人も、自分はしっかりしているので消し忘れなんてしないと思っている人も、たった一度の消し忘れで大きく人生を変えてしまうことがあるのです。 今はまだ若くても年齢とともに忘れっぽくなってきます。 ガスコンロの消し忘れは危険という認識をもって、早めに防止策と対処方法を講じておくことが安全につながります。

次の

apps.axisphilly.org : コモライフ 火の元・戸締りチェッカー 鍵 ガス元栓 消し忘れ 閉め忘れ 不安 物忘れ 施錠確認 敬老 ストーブ チェック : ホーム&キッチン

ガス の 元栓 閉め 忘れ

今はガス漏れも消し忘れもメーターが検知して遮断してくれると思います。 ホースのはずれなどはコックで止まると思います。 結構安全にできていると思います。 毎回締める必要はないような気がします。 私は閉めたことがありません。 システムキッチンなどでは簡単に締めれないですし。 閉めない人の方が多いと思います。 閉めないよりは閉めたほうが安全だと思いますが、使用しない回路の電気のブレーカーを毎回遮断する様なものです。 コンセントを毎回抜く人がいますが、壁のコンセントが痛みます。 ゆるゆるになっている家をたまに見ます。 危険ですので取り換えをお勧めしますがこういう人は治りません。 心配し過ぎではないですか。 ホースに付いた油分を目当てにネズミがかじってガス漏れがおきた事例もあります。 何がおきるか解らないので、完全な対応は良いことでは有ります。 しかし、実際には毎日元栓まで閉めることはありません。 特に最近は、地震や大量のガス漏れ等で自動的にガスを止めてくれる安全装置が付けられています。 逆に毎回元栓をひねることで、コックが摩耗してガスが漏れるかも知れません。 (笑 長期間の外出時は外の元栓を閉めた方が間違いなく、室内の元栓は器具の取り替え時以外はさわることも無いと思います。 我が家などはガス台の内側に元栓が付いており、閉めるには一仕事になりそうです。 でも、万一を考えてガス警報器の設置はお勧めします。 Q 皆様、お恥ずかしい質問なのですが、どうかお付き合いいただけますと幸いです。 実は、私の妻が何度注意しても、ガスの元栓を閉めないのです。 私は昔から、ガスを使ったら元栓を閉めるように教育されてきたので、どうにも納得がいかなくて…。 どうせすぐ使うんだからめんどくさいとか言うのです。 そのくせ、夜寝るときにまで、元栓閉めません。 さすがに寝てるのにガスは使わないはずです。 要するに、めんどくさがりなんです。 それで少し気になってるのですが、ガスの元栓を閉めないと何か問題が起きる可能性ありますか? 元栓を閉めないと、少しずつでもガスは洩れているのでしょうか? ちなみに今、ガス漏れ警報機は故障しています。 根本的なめんどくさがりを直させたいとこなのですが、それについては質問するカテゴリーが違うと思うので、ここではガスの元栓についての注意点をお聞かせ願えますと幸いです。 どうか、宜しくお願い致します。 A ベストアンサー 私もガスの元栓は、普段は閉めていません。 普通は、たとえ閉め忘れても、ガスが漏れるという心配はありません。 あまり古いガス栓ならともかく、大体昭和54年(1979年)以降に施行された場合は、「ヒューズコック」と呼ばれる安全装置が付いています。 また、ガスメーターも、最近では「マイコンメーター」が採用されていて、長期間の微量のガス漏れ、または短期間の大量のガス漏れ、ガス器具の消し忘れに対し、自動的にガスを遮断するようになっています。 どうしても、奥さんがめんどくさがりの方で、元栓をお閉めにならないという場合は、現行のガス栓を 参考URLのような「ガスコンセント」にお取替えになられるという方法もあります。 これは、ガス栓の中に、ガスを止めたり出したりするバルブが組み込まれているため、従来のようなコック式の栓がありません。 その代わり、一般のガスゴム管を直接接続することはできず、専用のソケットがついた「ガスコード」が必要になります。 一度、地元のガス会社にご相談になられるとよいでしょう。 fujii-mfg. html 私もガスの元栓は、普段は閉めていません。 普通は、たとえ閉め忘れても、ガスが漏れるという心配はありません。 あまり古いガス栓ならともかく、大体昭和54年(1979年)以降に施行された場合は、「ヒューズコック」と呼ばれる安全装置が付いています。 また、ガスメーターも、最近では「マイコンメーター」が採用されていて、長期間の微量のガス漏れ、または短期間の大量のガス漏れ、ガス器具の消し忘れに対し、自動的にガスを遮断するようになっています。 どうしても、奥さんがめんどくさ... A ベストアンサー >ガスの元栓開けてると、ガス料金は発生しますか? >ふと気になりました。 >教えてください~ 私は以前、ガス配管工事の経験があるものです。 これだけの「質問」内容ですと 回答される方はちょっと回答しづらいかも知れません・・ 的を得たアドバイスになるでしょうか・・・? 以前、素人の方の中に「ガスの元栓」と言い・・ 「メーターバルブ」を弄る方が居ました。 「メーターバルブ」は基本的に「ガス会社」が維持管理していますので 「メーター」より上流側 供給設備 は、弄らないでほしいのです。 末端の「ヒューズコック」等は 当然、消費者である質問者さまでも可能。 --ここで「消費者」の方に知ってほしいこと-- ガスは使用しなくても「ガス料金」は発生します。 なぜか? それは、「基本料金」と言うものがあり、 上で少し述べましたが、「供給設備」の保守点検・調査にかかる費用です。 ここまでは 質問者さまが契約されている方の簡単な説明です。 契約されていない場合 ガスを使用する時はガス会社に連絡してガスを使用しましょう。 ガス会社と契約されていなければ、 ガスの元栓を開けてもガスは出ないでしょう。 なぜならば、ガスメーターでガスを止める事ができます。 ガスメーターで止めてしまえば素人の方はガスを使用する事は出来ません。 >ガスの元栓開けてると、ガス料金は発生しますか? >ふと気になりました。 >教えてください~ 私は以前、ガス配管工事の経験があるものです。 これだけの「質問」内容ですと 回答される方はちょっと回答しづらいかも知れません・・ 的を得たアドバイスになるでしょうか・・・? 以前、素人の方の中に「ガスの元栓」と言い・・ 「メーターバルブ」を弄る方が居ました。 「メーターバルブ」は基本的に「ガス会社」が維持管理していますので 「メーター」より上流側 供給設備 は、弄らないでほ... A ベストアンサー 二年に一度の割合くらいで3週間ほど海外へ行ったりします。 電化製品のコンセントは冷蔵庫と留守番電話を除き抜いています。 コンセントの電極? 歯の部分に埃が貯まり湿気などで水分が加わると火災の原因になると聞きまして。 ガスの元栓もキッチンで一度きり、メーターの所でも再確認で切ります。 水道の蛇口はキッチリ締め切り。 カーテンは半分だけ開けてゆきます。 全部閉めていると日中に留守が知れてしまうと思うので。 出来るならタイマー式で室内の電灯も毎日点けたり消したりしたいくらいですが。 前日まで着用していた衣服は出発前までに洗濯&乾燥を掛けてしまいます。 生ゴミは出発日に出してしまいます。 片付けは、出来ません!! 出発準備の傍ら事情が判らない子供らはハシャギまくり、整理しても収拾が付かないので諦めてしまっています(涙) 大家は管理に関して無関心なので何も伝えません。 集合住宅なので、当方宅に賊が侵入したら非常階段を使って下の階の部屋にも容易に侵入できるだろう事から気を使います。 「明らかに留守がわかる様なサインは残さない」事に注意を払います。 カーテンは締め切らず、半分だけ引いておきます。 夜間は室内が暗い為、カーテンが引いてあるかどうかの判断がし辛い点から日中に焦点を当てると、日中に開いてないカーテンは異様かと。 出来るならタイマー式で自動点灯・消灯出来る様にしたいです。 郵便受けも入りきらない物が飛び出している状態が何日も続くのは留守を宣言している気がするので、ご近所さんに入れ込んで貰うか預かって貰うように依頼します。 玄関ドアへも同じく、半分出ている状態を避けて貰うようにお願いします。 同じく懇意のご近所さんに緊急連絡先として携帯電話のメルアドを知らせます。 (勿論お土産を準備させて貰いますがw) こんな所が当方の自宅の準備です。 都会の人に比べたら生温いのでしょうね。 他にも気遣うべき点がありましたら是非 御教示頂きたいかと思います。 何かの参考になりましたら 二年に一度の割合くらいで3週間ほど海外へ行ったりします。 電化製品のコンセントは冷蔵庫と留守番電話を除き抜いています。 コンセントの電極? 歯の部分に埃が貯まり湿気などで水分が加わると火災の原因になると聞きまして。 ガスの元栓もキッチンで一度きり、メーターの所でも再確認で切ります。 水道の蛇口はキッチリ締め切り。 カーテンは半分だけ開けてゆきます。 全部閉めていると日中に留守が知れてしまうと思うので。 出来るならタイマー式で室内の電灯も毎日点けたり消したりしたいくらいですが。... A ベストアンサー 回答がダブルかも知れませんが、安い置き型のコンロの場合はゴムホースで接続しますので自分で出来ます。 ホースはホームセンター等で購入出来ます。 コンロの置き場所に大抵はヒューズコックが付いていますのでそこにゴムホースで接続します。 plala. html ゴムホース プロパンと都市ガスで違います。 shopping. yahoo. html 接続後は、開栓して接続部に洗剤を泡状に吹き付ければ漏れを確認出来ます 漏れれば泡がふくれます。 転居先のガス接続口がヒューズコックである事と、コンロ購入の際にはゴムホース接続である事を念のため確認した方が良いでしょう。 コンロ等によってはフレキシブル接続 ネジ配管接続 等の場合があり、専門家に頼んだ方が良い場合もあります。 A ベストアンサー とりあえず参考URLを、どのタイプか補足いただけるといいです。 昔からあるホース+クリップなら、クリップをずらし、ホースを力ずくで引き抜きます。 引き抜きにくいときは石鹸をつけるとか?急ぎなら2,3センチは短くなっても問題ないのでカッターで切ってしまいましょう。 参考URLの下のほうにあるワンタッチジョイントの場合、茶色の部分を元栓の方に押し付けると白い部分がさらに元栓の方にずらせると思います。 そうすると、あっけなく外れます。 最近は個別の元栓がついてないタイプの供給口もあり、ホースを抜くとガスが吹きでて来そうですが大丈夫、自動安全弁が内蔵されていますので思い切って取り外してください。 最大の安全を図るなら屋外のガスメーターにある元栓を一時締めた上で作業してください。 vantech. htm A ベストアンサー 24時間換気は常時換気を前提としています。 ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。 まずなぜ必要なのかについて。 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。 このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。 (昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。 有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。 これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。 昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。 そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。 そこで出た結論では、 明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する (F****のように表示し、使用量を規制する) これは割と簡単で、実施が決まりました。 ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。 またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。 A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める (結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません) B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。 (国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました) C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。 これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど) これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。 以上が24時間換気を義務とした背景になります。 これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。 これはもはや各自が判断するないようでしょう。 たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。 そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。 ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。 たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。 そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。 ただこれだけは守ってください。 「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」 一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。 長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。 24時間換気は常時換気を前提としています。 ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。 まずなぜ必要なのかについて。 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。 このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。 (昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。 有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...

次の