洗面 台 シャワー ホース 交換。 パナソニックの洗面台のシャワーホースが壊れたので『DIY』で新品に交換する

パナソニックの洗面台のシャワーホースが壊れたので『DIY』で新品に交換する

洗面 台 シャワー ホース 交換

洗面台の下にある収納スペースから物を取り出そうとしたときや、収納しようとしたときに水浸しになっていたという経験をした方もいるかもしれません。 また、洗面台廻りや足元が水で漏れているのでどこからの水漏れか突き止めたところ、洗面台の下からだったという経験をされた方もいるはずです。 そして、最近ではハンドシャワー水栓の洗面台が多くなり、そのシャワーホース辺りの劣化や破損による水漏れが増えています。 そんなときに自分で修理できるのであれば、何とかしたいと考えるのではないでしょうか。 ここでは、自分でシャワーホース、ヘッドを交換する方法や、費用の相場について解説して行きます。 洗面所のシャワーホースの水漏れ原因は? シャワーホースの水漏れの原因はホースやヘッドの劣化や亀裂によるものが多いです。 シャワーホースによっては10年くらいが交換のめどになっているものもありますが、日々使用するものなので、劣化が早かったり、亀裂が入ってしまったりします。 気がついたらできるだけ早く交換するのがよいでしょう。 交換に必要な道具 連結部分のタイプによって異なりますが、モンキーレンチが二本あると便利です。 ナットを外す必要がある場合は使用する可能性も出てきます。 連結部分が樹脂製の場合であれば、基本、工具なしで外せますが取り付けのときに強い力で取り付けた場合モンキーレンチを使い外すと良いでしょう。 また、タオルを用意しておくと便利です。 ホースの中に残っている水がホースを外している最中に出てきます。 そのほかにあると便利なのが、ライトです。 洗面所の光を当てていても、実際に作業する場所は影になってしまう場合が多いため、ライトをつけながら作業すると、よく見えますし作業がしやすくなります。 シャワーホース、ヘッドの交換方法 シャワーホース、ヘッドを交換する前に、交換用のシャワーホース、ヘッド、接続部 カプラー を準備してください。 水栓などに品番が書かれている場合が大半です。 しかし古くなるとシールに印字してあった品番も消えてしまいわからない場合も多々あります。 また、洗面台と水栓のメーカーが違うことが多く、実は補修用の部品は洗面台のメーカーが保有している場合も多くあります。 よって部品を用意する労力は大変になるかもしれません。 緊急の場合はすぐには直せない場合もでてきます。 それでも部品がまだ現存すれば良いのですが、やっと調べてわかったと喜んだのも束の間、部品が廃盤により現存せず、直せないという場合もあります。 こうなると専門の水道業者に相談してもなおすのは、無理になります。 蛇口を交換するか洗面台を交換するかになります。 特殊なデザインの洗面台の場合、代替えの蛇口をメーカーが用意していない場合もあります。 止水栓を閉める 止水栓は、洗面台の下にあります。 形状は主に2種類あります。 マイナスドライバーで閉めるタイプ マイナスドライバーを使い時計回りに回すと閉まります。 止水栓が動かない、回らない場合は、無理に回そうとせずに元栓を閉めて止水して下さい。 水道の蛇口のようにハンドルを回して閉めるタイプ 蛇口と同様に時計回りに回すと閉まります。 止水栓が動かない、回らない場合は、無理に回そうとせずに元栓を閉めて止水して下さい。 水受け容器を外す 止水栓と同様に洗面台の下に、ホースが収納されている水受け容器が付いている場合があります。 この容器を外します。 ホースの亀裂などで漏れた場合、この水受けタンクに漏れた水が入っていることもあります。 取り外す際には、中に入っている水をこぼさないように注意してください。 ホースとの連結部分を外す 1. ワンタッチジョイントタイプホースの場合 連結している樹脂製のジョイント カプラー を外します。 外し方はジョイント部分に記載されている場合もありますが、色がついたところを下にさげれば外れるタイプが多いです。 ホースの中に水が溜まっていますので、タオルを下に敷くか、洗面器等の容器で受けて外します。 ジョイント付きでないホースの場合 止水栓を閉めた後、モンキーレンチで緩めて取り外す必要があります。 必ず二本のモンキーレンチで上下両方を固定し外して下さい。 ホースの中に水が溜まっていますので、タオルを下に敷くか、洗面器等の容器で受けて外します。 シャワーホースを取り外す 連結部分を取り外せたら、シャワーヘッドを持ちホースを本体から引き出します。 ホースがスムーズにひきだせるのはまれです。 ホースが本体の中で引っかかるケースが多いのでゆっくり慎重に行なって下さい。 シャワーヘッドとホースを外す 引き上げたシャワーホース部分と頭の部分を回して取り外します。 交換用のシャワーホースを同様に回して設置すれば、交換が完了です。 交換したホースを元に戻す 今度は、先ほどと同様の工程を逆の順番で行います。 先ほど、シャワーヘッドを掴んで上に引き上げた場所から、シャワーホースの末端を差し込んで行きます。 ホースと連結部分のサイズが合う場合 無事にホースが差込めたら、ホースとの連結部分のカプラーを取り付けます。 止水栓を開栓し、水漏れの確認をして交換作業は終わりになります。 ホースと連結部分のサイズが合わない場合 アダプターがあるので、サイズ違いを適合させるため利用してください。 シャワーホースと連結部分のカプラーを本体に差し込みます。 しっかりと差し込まれたか確認してください。 最後に、止水栓を開栓し、水漏れの確認をして交換作業は終わりになります。 交換した場所から水漏れがないかチェックする 自分で交換した場合、連結部分が緩んでいるケースなども、可能性としてはあります。 そのため、作業が終わったら、実際に水を出して確認してみるようにしましょう。 確認は水を出したときに、下のホースから水が漏れていないかという程度で問題ありません。 また、ホースが無理な状態だと、劣化や亀裂が入りやすくなってしまうので、その点も注意したいところです。 洗面所のシャワーホースからの水漏れによる二次災害 破損や劣化が原因で、水漏れが起こるケースがほとんどですが、それらを放置しておくと、二次災害へとつながります。 水が漏れてしまい、水受けでは受けきれなくなった場合は、そのまま床に流れていきます。 床が水浸しになってしまうと、最悪の場合は、階下に住人がいるアパートやマンションであれば、下の部屋にまで水が漏れてしまうこともあり得るのです。 これらの二次災害を防ぐには、洗面所の使用をストップして、すぐに交換を行うのがよいでしょう。 応急処置だけして、安心している間にも、さらに劣化や亀裂が進んでしまうのです。 できる限り早めに対処するようにしてください。 自分で修理する場合の費用は? 自分で修理をする場合、工賃などがかからないため、その分安くすみます。 うっかり型番を間違えて買わないように留意さえすれば無駄な出費もなくせるでしょう。 シャワーホースの金額 タイプにもよりますが、だいたい1万円程度から2万円ほどで購入できます。 インターネットで購入すればより安く手に入る可能性もあるので、それらを駆使すれば比較的安価で交換ができます。 インターネットで購入の際はシャワーヘッドなどに記載されている、品番などを確認し、それに合うホースを選んでください。 どのようなホースでも合うわけではないので、実際に交換している最中に合わないことが判明した場合、余計な出費にもなってしまいますので、気をつけてください。 もし、ホース単体ではなく、シャワーヘッドを交換しようと考えている場合でも部品自体が1万5千円〜3万円程度で購入できるので、全体的に交換するのもよいものです。 シャワーヘッドもあわせて交換することになれば、上記の手順のほかにシャワーヘッド部分を外して取り付ける作業が出てくるので、その点は気をつけてください。 また、レンチなどの工具がなかった場合、工具を購入したとしてもそれほど高くなりません。 千円程度でよいモンキーレンチを購入できます。 業者に頼んだ場合の費用 業者に頼んだ場合であれば、部品代と工賃がかかります。 業者によって費用は若干の違いはありますが一般的に工賃1万円前後でプラス部品代位と考えて良いでしょう。 安いから必ずよいというばかりではないので、依頼する際にもしっかりと業者選びをする必要があります。 すぐに交換する必要がありそうな場合 水漏れの状況によってはすぐに交換が必要な場合もあるかもしれません。 そのとき、すぐにパーツを用意して、作業ができるのであれば、自力で行うのも方法のひとつです。 しかし、慌てて行い余計に状況がひどくなってしまったり、栓を閉め忘れてしまったりするなどして被害がさらに大きくなる可能性もあります。 慣れているのであれば、落ち着いて作業できるかもしれませんが、何度も経験するものではないので、なかなかうまくいきません。 ご自分で修理する場合はくれぐれもご注意下さい。 まとめ ここでは、洗面所のシャワーホースから水漏れしてしまったとき、実際に自分で交換する方法とその費用についてご紹介してきました。 簡単に行えるタイプもありますが、しっかりと手順を踏んで交換しないと、交換後にも水漏れしてしまう恐れがあるので、慎重に作業してください。 また、作業中には慌てずに行うのが交換を失敗しないポイントになります。 もちろん、作業自体は自身で行うので、失敗してしまう可能性もあります。 出来れば失敗する前にに相談すると良いでしょう。

次の

洗面台のシャワーホース交換しました。

洗面 台 シャワー ホース 交換

洗面台の水漏れ修理は業者に頼むといくら? 洗面台の水漏れ修理は、素人でもほとんどが自分で治すことができます。 私は今回自分で修理をしましたので部品代の6,000円だけですみましたが、業者を頼むと、簡単な工事でも非常に高いです。 (汗) では、業者に頼むとどれぐらいの費用がかかるのでしょうか? Yahoo! これに加算されるのが部品代8,925円とこと。 この人の場合でトータル「23,425円」ということですから、まだましです。 chiebukuro. yahoo. でもこれはさすがに悪徳業者ですね。 chiebukuro. yahoo. うちの場合、なんの前触れもなく、洗面台の下が水浸しになっていました。 なにごとか?と洗面台の下を覗いてみると、タンクが水で一杯になり、そこから水が溢れ出ていたわけです。 通常、このタンクには水はたまりませんので、考えられるのが、ホースからの水漏れです。 実際にホースを乾拭きし、水を流してみました。 するとホースがら少し水漏れをしていることを確認できました。 つまりホースの交換が必要ということです。 私は全くの素人ですが、メタルホースの交換にチャレンジしてみました。 ちなみに、パナソニックの製品ですが、7年前も同じようなことがあり、新品のメタルホースに交換しましたので、メタルホースの寿命というのは7年ぐらいなのかもしれません。 メタルホースって見た目は上部そう。 7年経っても見た目は綺麗。 でも意外と中身は弱いようです。 パナソニックだけかもしれませんが。 メタルホースの交換方法 1.交換部品を手に入れよう まず、住宅設備の取り扱い説明書に書いている、故障時のお問い合わせ先に電話をして、部品を取り寄せましょう。 ちなみに、うちの家のメタルホースはパナソニック製で、単価5,500円、送料500円でした。 1メートルぐらいの短いホースが6,000円って高いですね。 製品の品番や名称が分かっている場合は、Amazonなどで検索すると安く売っているかもしれませんので、一応調べてみると良いでしょう。 2.壊れたメタルホースを外す まず、工具を用意しましょう。 必要なものは、アジャスタブルレンチとペンチの2つだけです。 次に、洗面台の下を綺麗に片付け、ここに頭を突っ込んでホースの接合部分を探しましょう。 下の写真をよく見てください。 銅色した部分がメタルホースの接合部分です。 銅色した部分をよくみると、角張った上側と、ツルンとした下側とに別れています。 下側をペンチで挟んで固定させましょう。 そして上の角ばったナットの方をアジャスタブルレンチで回します。 大切なのが回す方向です。 下から見てナットを時計回りにまわしてください。 こんな感じで外れたらOKです。 メタルホース側。 洗面台側のナット。 今度は洗面台のシャワーヘッドを外しましょう。 シャワーヘッドはくるくると回すだけで工具なしで外れます。 これは簡単です。 シャワーヘッドが取れるとメタルホースを引き抜きましょう。 うちの場合は、何かひっかかりがあり、簡単には引き抜くことができませんでした。 少しだけですが強引に引き抜き、無事ホースを取り出すことに成功しました。 引きぬいたメタルホースがこれ。 3.新しいメタルホースを取り付ける 新しいメタルホースを取付るのは、簡単です。 外したのと逆の手順で取り付けるだけです。 蛇口のところからホースを入れる。 そしてメタルホースと洗面側のナットとをつなぐだけ。 あとはタンクを設置してメタルホースを中に収納しておきましょう。

次の

【生活】洗面台のシャワーヘッドを交換してみた ~ ネジの規格(形状)を合わすのに苦労した話し

洗面 台 シャワー ホース 交換

スポンサーリンク 交換後のシャワーヘッド 交換したのは、 シャワーヘッドと言っても、お風呂のシャワーではなく、 洗面台の 蛇口に付けるもので、普段はホースを固定して 蛇口として使用し、ホースを外すと シャワーにも使えると言うものです。 この形の シャワーヘッドは、意外に売っていません。 交換前のシャワーヘッド かなり前に、もともと付いていたものが壊れてしまい、一度、交換したのですが、その時は、 ホームセンターで上の形のものが見つけられず、仕方なく 普通の シャワーヘッド(以下)を付けていました。 交換前の洗面台の状態 ただ、 普通の シャワーヘッドは、水が体に当たるよう内側に向いているので、そのまま付けると、水が内側に行ってしまうため、以下のように斜めに テープで固定していました。 ずっと不格好だと思いながら使ってきましたが、この機会に、本来のものに交換してみようと思います。 シャワーヘッド/ホースのネジの規格(形状) 最初に、今回、この記事に登場する シャワーヘッドと ホースの ネジの規格(形状)を書いてみます。 MYM MYM社製のシャワーヘッドの規格。 (MYMは、既に、KVKと言う会社に合併されているようです)• M24x1. 5 新しく購入したシャワーヘッドの規格。 かなり特殊な規格のようです。 このように、 シャワーヘッドと ホースの ネジの規格(形状)は、会社毎、製品毎に違うことが多く、それらを接続する場合、ネジの形状を変換する「 変換アダプタ」という部品を間に挟むことになります。 シャワーヘッドを買いに行く 早速、 ホームセンターに出かけてみると、やはり、お目当ての シャワーヘッドはありません。 しかし、これは想定済みなので、ここで、あきらめるわけにはいきません。 他の ホームセンターも行ってみようと言う事で、3軒目で一つそれらしきものを見つけました。 家の 洗面台の ホースと ネジの形状が合うか少し心配でしたが、以前、今の シャワーヘッドを買った時に、特殊なものを買った記憶がなかったので、多分、大丈夫だろうという事で、これで、2,000円かと思いつつ買って帰りました。 洗面台のホースに繋いでみる(失敗:1回目) やっと見つけることができたので、急いで帰り付けてみると繋がりません(明らかに、 ホースの ネジに合わない)。 試しに、お 風呂の ホースに繋げるとこれも繋がらない。 ここで初めて、この買ってきた シャワーヘッドは、もしかして特殊?と思い始めました。 型番をネットで調べたところ、ネジは「 M24x1. 5」と書かれています。 どうやら、買ってきた シャワーヘッドは、割と特殊のようです。 そして、こういう時は、ネジの型を変換するために間に アダプタを挟めば良いことがわかりました。 ここまでに分かったネジの規格:• 新シャワーヘッド:M24x1. シャワーホース :(不明) アダプタ(M24x1. おかしい、試しに、 お風呂の ホースに付けてみると繋がります。 ここまでに分かったネジの規格:• 新シャワーヘッド:M24x1. アダプタ :M24x1. シャワーホース :(不明) ホースの形状はMYMと判明 改めて、 洗面台の ホースの蛇口の取付口を見てみると「 M」という文字があります。 最初から、何となく、その文字には気付いていましたが意味が分からずにいました。 しかし、ネジの規格を調べた結果、 MYMを略して「 M」と書くことがわかりました。 どうやら、洗面台のホース(蛇口側)は MYM社の規格のようです。 ここまでに分かったネジの規格:• 新シャワーヘッド:M24x1. アダプタ :M24x1. (これも2,000円位したので、いったいいくらかかるのやら … ) これで、3度目の挑戦。 おまけに ホースと シャワーヘッドの間から 水漏れもしているので、繋がっても使い物になりそうもありません。 これでは、これ以上やっても無理そうなので、一旦、あきらめました。 ここまでに分かったネジの規格:• 新シャワーヘッド:M24x1. アダプタ :M24x1. 何とかならないかと、購入した シャワーヘッドの レビューを見直してみたところ、 水漏れするといった書き込みはありません。 つまり、これは、どう見ても自分の繋ぎ方の問題です。 そして、 パッキンと言うもの(ゴムの輪っか)が付属しているのに思い当たりました。 こんなもの保険で付いている位にしか、思っていなかったのですが、試しに間に入れてみると、水漏れはしなくなりました。 水漏れさえしなければ、後はネジの形状さえ合わせれば行けそうです。 前回、 ホームセンターに行った時に、色々な 変換アダプタが売っているのを見ていたので、今度はネットではなく、直接、買ってくることにしました。 そして、ずいぶん、遠回りをしましたが、とうとう、何とか使える状態で繋ぐことができました。 交換後の洗面台の状態 最初は、流しっぱなしにするとちょろちょろ漏れていましたが、幾つかの パッキンを試してみて、きっちりと締めると漏れなくなりました。 買ってきたホースは無駄になりましたが、付属していたパッキンが使えたので良しとしました。 最後に分かったネジの規格:• 新シャワーヘッド :M24x1. アダプタ :M24x1. まとめ 最後に、 洗面台の シャワーヘッドを交換してみて、自分なりに分かった事を書いてみます。 シャワーヘッドと ホースの ネジは、メーカや製品毎にいくつかの 規格(形状)がある。 また、「M」は一般的にMYM社の規格を意味する。 形状が異なる場合は、 変換アダプタを挟むことで繋ぐことができる。 水が漏れる時は、 パッキン(ゴムの輪っか)を付けると効果がある。

次の