うこぎ ご飯。 【炊飯に失敗】べちゃべちゃご飯を救済!リメイクレシピ

鍋炊きご飯の炊き方/レシピ:白ごはん.com

うこぎ ご飯

ごはんを鍋炊きする前に必要なこと ごはんを鍋で炊くための下ごしらえは 『米を研いだあとにしっかり浸水させておくこと』です。 だからこそ 鍋炊きでスムーズに米の芯まで火を通すには、事前に水を吸わせておく必要があるわけです。 浸水時間は目安として『夏場は30分、冬場は1時間』。 水温や室内の温度などによって浸水度合いが変わってくるので、夏と冬とで時間が変わってきます。 米は浸水させていると透明感のある状態から徐々に真っ白に変わります。 下の写真のように 全体が白濁したら浸水完了です。 『沸騰したらそのまま2分炊き、その後火を少し弱めて3分、続けて弱火に落として5〜7分炊く』のが基本の炊き方となります。 計10〜12分炊いたら蓋を少し開けてみて、水分が残っていないかを確認します。 水がなくなっていれば炊き上がりです。 その場合は弱火のまま水気がなくなるまで、追加で1〜2分ごとに確認しつつ火にかけてください。 炊き上がれば蒸らしの10分に入るのですが、蓋を開けたことで鍋内の温度が下がっているので、蓋を戻してから中火に5〜10秒ほど火にかけます。 水がないと鍋の中からパチパチと音がするので、中火でその状態を保っておこげを作ります。 鍋炊きご飯は、炊き立てはもちろん、 冷めてからも米がもっちりして美味しいのが特徴です。 はじめに加える水分量が適度に多い方が粘りが強いご飯が炊けます。 なので2合に450ml、3合に650mlとしていますが、2合に400ml、3合に600mlでもOKです(上記の時間通り炊いてみても水が残りやすかったなどあれば減らしてみてください)。 米を研いで浸水させておくのは、 炊く前に浸水させても、前日でも、一食前(晩ごはんで炊きたいなら昼ごはんの時)でもやりやすいタイミングでOKです。 このレシピでは「米と研いで浸水させた後に、一度ざる上げし、計量した水を加える」という工程にしています(そのやり方が水の代わりにだし汁を加える炊き込みご飯などと共通の方法だからです)。 ただ、白ごはんを炊く場合に限っては、 「浸水させる段階できちんと水を計量して加え、米が水を吸って白濁したらざる上げせずにそのまま炊き始める」というやり方でもOK。 そのときは 2合で450〜500ml、3合で650〜700mlの水を加えてみてください。 蓋の閉まる鍋ならどんな鍋でも炊くことができますが、どの鍋でも 炊きあがりの容量が6〜7割以下となる分量で炊くのが吹きこぼれにくく炊きやすいと思います。 レシピ更新情報:工程写真を差し替え、水分量を固定化しました(2017. 2更新).

次の

【炊飯に失敗】べちゃべちゃご飯を救済!リメイクレシピ

うこぎ ご飯

混ぜご飯との違い [ ] 混ぜご飯は、ご飯が炊き上がった段階で食材を混ぜ込む。 複数の食材を用いる炊き込みご飯の場合には、一部の具材のみを後から混ぜるという手法もある。 炊き込みご飯の場合と同様に、混ぜご飯の素も市販されている。 主な炊き込みご飯 [ ]• の炊き込みご飯• (貝入りの味噌汁をかけた汁かけ飯が元祖)• 、、などのご飯• の炊き込みご飯• 飯 や、・刻み・にんじんなど• (の炊き込みご飯)• 豆ごはん(やを入れて塩で味付けしたご飯)• 脚注 [ ]• 大辞泉(小学館) 関連項目 [ ]• (セネガル料理)• - 米以外の食材を加える点で同じだが、元来米を減らすことを目的とした。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

春いちばんを感じさせてくれる「おこぎ」|農畜産物|長野県のおいしい食べ方

うこぎ ご飯

すりこぎって、クッキーやパンの生地をのばす「麺棒」に似てるよな。 「すりこぎの代わりに麺棒を使っちゃおう!」と思ったことがある人もいるんじゃないか? でも、よく見ると形が違うんだ!すりこぎは上(持ち手側)の方が細くなっているけど、麺棒は上から下まで太さが均一。 だから麺棒をすりこぎの代わりにすると、持ち手が太くなるから、握りづらくなってしまうぞ。 やっぱりすり鉢とすりこぎは、セットで用意するのがおすすめだぜ! すり鉢とすりこぎの選び方 上手にするには、用途に合った大きさのすり鉢とすりこぎを選ぶことが大切。 すり鉢とすりこぎの選び方をご紹介します。 すり鉢 すり鉢は、用途によってサイズにいくつか種類があります。 4~5号(直径12~15㎝)…ごまやスパイスなどの粒状の食材や、1~2人用のドレッシング、離乳食向きの小さなサイズ• 6号(直径18㎝)…基本のサイズ。 ほうれん草のごま和えなど、和え物を作るのにちょうどよい• 8号(直径24㎝)以上…4人以上のご家庭向けの大きなサイズ。 だし汁を加えるとろろなどにもおすすめ ちなみに、内側の溝が細かいものは、小さな食材や、なめらかに仕上げたい食材に適しています。 溝が粗いものは、大きな食材を手早くすり潰すことができますよ。 いずれも、底が広くどっしりしていて、動きにくいものがよいでしょう。 すりこぎ いろいろな長さのすりこぎがありますが、目安はすり鉢の深さの2倍くらいとされています。 適度に重さがあって、握りやすいものを選びましょう。 すり鉢とすりこぎの使い方 すりごまを作る場合を例として、すり鉢とすりこぎの基本的な使い方をご紹介します。 材料 すりごまを使ったレシピ 風味豊かなすりごまができあがったら、ぜひいろいろな料理に活用してみてください。 おすすめのすりごまを使ったレシピをご紹介します! ごま和え ゆでて刻んだほうれん草に、すりごま、砂糖、醤油を和えて作る基本の一品です。 ごまプリン 牛乳にすりごまと砂糖を加え、ゼラチンで固めます。 生クリームを絞ると、より濃厚な味わいに。 ごまドレッシング 酢、マヨネーズ、砂糖、醤油のベースに、すりごまをたっぷり加えたら完成です。 ごま味噌汁 いつものにすりごまを加え、ひと煮立ちさせましょう。 香ばしく、新しい味わいになりますよ。 すり鉢とすりこぎで作るおすすめレシピ すり鉢・すりこぎを使うと、より美味しく仕上がるおすすめレシピをご紹介します。 いわしのつみれ汁.

次の