尿 定性 検査。 尿検査って一体何がわかるの??

尿中一般検査と尿沈渣(鏡検法)。染色標本加算などについてのまとめ

尿 定性 検査

ようこそ!! ドクトルアウンの気になる健康情報 へ シッカリ食べて ・・・ バリバリ働き ・・・ グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。 そんな私に・・・・・なりたい。 甲状腺機能亢進症• 甲状腺機能低下• 白血病• 淡い小麦色〜琥珀色• (原因)• 「」 「」 「乳糜尿」 「ポルフィリン尿」 1日の尿量約1500cc• 増加するもの• 「尿崩症」 「糖尿病」• 減少するもの• 「腎不全」 「心不全」 「脱水」 夜間尿量・・・・通常はない• 「糖尿病」 「尿崩症」 「心不全」 尿試験紙でわかる (亜硝酸塩)• 陰性・・・・尿路感染 (尿ウロビリノゲン)• ビリルビンが腸で分解してできたもの。 尿中の濃度は肝臓や胆道の障害により変動する。 弱陽性• ・増加 するもの 「肝炎」 「肝細胞障害」 「肝硬変」 「便秘」 「溶血性病変」• ・減少 するもの 「閉塞性黄疸」 (尿中ケトン体)• 陰性・・・「飢餓状態」「糖尿病」 (尿潜血反応)(OB)• 「筋肉の病気」 腎から尿道までの経路に病気があると、尿に血液が現れる• ミオグロビン:(陰性) ヘモグロビン:(陰性)• 「糸球体腎炎」 「腎結核」 「腎ガン」 「前立腺ガン」 「特発性腎出血」 「白血病」 「膀胱ガン」 「膀胱炎」 (尿比重)• 尿の比重は水分摂取量、腎機能、抗利尿ホルモン作用などの影響のほか、病的状態では尿酸、糖、タンパクなどの影響も受ける• 002〜1. 030• ・増加 するもの• 「脱水」 「タンパク尿」 「糖尿」 ・減少 するもの• 「腎不全」 「尿崩症」 「慢性腎盂炎」 「糸球体腎炎」 「腎盂腎炎」 「水腎症」 (尿pH)• 5〜7. ・酸性 になるもの 「飢餓」 「下痢」 「気管支肺炎」 「痛風」• ・アルカリ性 になるもの 「アルカリ性薬剤の摂取過剰」 「嘔吐」 「カリウム塩の摂取過剰」 ()(UP)• 腎から尿道までの経路に病気があると、尿にタンパクが現れる• ・常に陽性 になるもの 「糸球体腎炎」 「心不全」 「妊娠中毒症」 「ネフローゼ」• ・一時的に陽性 になるもの 「起立性タンパク尿」 「熱性タンパク尿」(激しい運動や作業で) (尿中白血球)• 「腎盂腎炎」 「腎ガン」 「前立腺炎」 「前立腺ガン」 「尿路結核」 「尿路結石」 「尿道炎」 「膀胱炎」 「膀胱ガン」 (尿糖)(US)• 「腎性糖尿」 「ストレス糖尿」 「糖尿病」 (尿ビリルビン)• 肝細胞が障害されたり胆汁の流れに障害があると、ビリルビンが尿中に現れる• 「ウイルス性肝炎」 「胆道閉塞性黄疸」 「薬物性肝炎」 「肝内胆汁うっ滞」 (尿比重) specific gravity of urine• 尿比重は、尿中固形分の含有量を示すもので、常尿においては主として尿素と塩化ナトリウムの含有量に病的尿においては、糖・タンパク質の含有量により影響を受ける。 006〜1. 030• 5〜7. 5(6. 一般に動物性食品を摂取すると酸性になり、植物性食品を多食するとアルカリ性に傾く。 酸度の高い尿は色が濃く、低い尿は色が薄い。 アルカリ化剤• クエン酸ナトリウム 炭酸カルシウム 炭酸水素カルシウム 炭酸水素ナトリウム チアジド系利尿薬 乳酸ナトリウム ウラリットU• 酸性化剤• アスピリン 塩化アンモニウム 塩酸アルギニン 高カロリー輸液 サリチル酸 メチオニン• 尿糖 urine glucose (US)urine sugar• 正常尿中にもグルコースは微量にあるが、通常の定性反応では証明できない。 尿糖(+)はいろいろな原因による糖質代謝異常によって血糖値が上昇した場合、または、血糖値の上昇がなくても腎臓の糖排出閾が低下した場合に起きる• 「甲状腺機能亢進症」• 「胃の切除後」• 「尿細管障害」• 「妊娠」 keton( ケトン体 ) ケトン体• 飢餓やの時には肝のケトン体生成が増加し、ケトン体がエネルギー源として利用されるが、肝からのケトン体の供給が組織の処理能力を超えるとケトン体が血中に増加し、尿中にも排泄される。 糖尿病では血糖値を下げるホルモン(インスリン)の作用が低下する。 著しく低下すると脂肪の分解量が増え、尿でケトン体が見つかるようになる。 は以下の場合に見られる。 ・尿路の炎症• ・急性糸球体腎炎• ・激しい下痢、 ・発熱、 ・腹水が貯留、 ・、 ・、 ・、 ・、 ・• ・、 ・萎縮腎、 ・、 ・神経疾患、 ・ 尿蛋白 (UP)urine protein• (尿タンパク) 尿蛋白は健康人でも1日100mgまでの排泄が見られる。 病的には腎疾患や心疾患・血液疾患・黄疸・高熱など種々の疾患や病態に伴って出現する。 1g〜0. 腎硬化症、 、 の潜伏期、 固定期• 0g〜3. 、 低タンパク血症を示さない慢性腎炎• の初期病変を診断する指標の1つ。• アルブミンは血漿蛋白の主成分であり、尿中へはほとんど排泄されない。 「」 「非糖尿病性腎疾患」 「」 「」 「」• ウロビリノゲン urobilinogen• (ウロビリノゲン)の• 一部は腸肝循環をし、• 一部は肝臓を通過し大循環に入り、 腎を通って尿中に排泄される。 ・ ・赤血球破壊亢進()、 ・腸内容停滞(・) (陰性)• 陰性は腸肝循環の完全な閉塞を示す。 ・胆管閉塞、 ・(一過性胆管閉塞) HPF (尿沈渣) high power field 400 倍• (成分) (異常沈渣):病態・疾患• 白血球• ・ ・ ・間質性腎炎• 上皮細胞(円柱上皮):• ・正常 ・膀胱炎 ・尿管ガン• 上皮細胞(尿細管上皮):• ・間質性腎炎 ・ ・• 異形上皮細胞(異形上皮):• 悪性腫瘍• 異形上皮細胞(卵円形脂肪体):• 円柱(硝子円柱):少数正常• 円柱(赤血球円柱):• ・ ・ループス腎炎 ・腎静脈血栓• 円柱(白血球円柱):• ・ ・間質性腎炎• 円柱(脂肪円柱):• 円柱(顆粒円柱):など• 円柱(蝋状円柱):• 円柱(上皮細胞円柱):• ・急性尿細管壊死 ・• 結晶(蓚酸塩、尿酸塩、リン酸塩):• ・正常 ・腎結石• 結晶(シスチン、アミノ酸):• ・シスチン尿症 ・アミノ酸代謝障害 ・肝障害• 結晶(ビリルビン):肝障害• 0〜5. ヘモグロビンを調べることで消化管出血の有無が分かる。

次の

定性検査と定量検査の違い?

尿 定性 検査

尿pHとは?分かることは? 尿に含まれる水素イオン濃度のことをpHといい、読み方は「ペーハー」といいます。 この水素イオン濃度は、 尿が酸性なのか、アルカリ性なのかが分かります。 腎臓や尿路系疾患などのスクリーニング検査として行います。 検査方法としては、尿を採取し(採尿)、試験紙に尿をつけることで、色の変化を見て判定します。 関連記事) 尿検査のpHの基準値は? 弱酸性で、pH6. 0程度が基準値となります。 しかし、食事内容によってpHが4. 5〜7. 5程度に変わることもあるので、この範囲も基準値内となります。 尿検査のpHが異常な場合は? 基準値よりも 高くなれば、アルカリ性に傾きます。 また、基準値よりも 低くなれば、酸性に傾きます。 つまり、基準値の弱酸性尿でなければ、アルカリ尿・酸性尿となり、何らかの病気が考えられます。 関連記事) 尿検査のpHの異常で考えられる病気は? 病気かどうかは、その他の検査と組み合わせて検討されますので、これだけで病気と判定されるわけではありませんが、考えられる病気として以下のようなものがあります。 酸性の場合・アルカリ性の場合、それぞれに分けてご説明します。 尿pHが酸性の場合考えられる病気 代謝性アシドーシス・呼吸性アシドーシスとなると酸性に傾き、• 痛風 などが考えられます。 また、 発熱・脱水・飢餓などでも酸性尿となります。 その他、尿が酸性状態だと、腎結石や尿管結石などができやすい状態ともなります。 尿pHがアルカリ性の場合考えられる病気 代謝性アルカローシス・呼吸性アルカローシスとなるとアルカリ性に傾き、腎臓から尿道までの• 尿路感染• 膀胱炎• 尿道炎 などが考えられます。 また、 過呼吸・嘔吐・制酸剤服用などでもアルカリ尿となります。 尿pH検査の注意点は? 食べ物に左右されることもあるため、検査前の食事内容にも注意する必要があります。 酸性食品の摂取(肉類を摂取による有機酸などの増加による)によって尿が酸性化することも• アルカリ性食品の摂取(野菜や果物類などの過剰摂取)によって尿がアルカリ性化することも しかし、他の検査と違い、尿検査は体に負担がなく、誰でも手軽に行える検査なので、そこまで過剰に気にする必要はありません。 もしも基準値から外れた場合は、再度検査をして問題なければ、この食事内容が原因のこともあるというのを頭に入れておくと良いでしょう。 参考文献:今日の臨床検査 2011ー2012 P32 参考文献:最新 尿検査 その知識と病態の考え方 第2版P38〜40 参考文献:最新 検査のすべてP128 参考文献:新版 検査と数値を知る事典P180 最後に• 尿に含まれる水素イオン濃度のことをpHという• 弱酸性で、pH6. 0程度が基準値• 基準値より高ければアルカリ性• 基準値より低ければ酸性• 酸性ならば、腎炎・糖尿病・痛風などの可能性もある• アルカリ性ならば、尿路感染・腎盂腎炎・膀胱炎・尿道炎などの可能性もある• 食事内容によってもpHは左右される 尿検査は最も簡単に行える検査なため、多く行われますが、この検査だけで病気の確定診断となるわけではありません。 一度異常が出ても、再検査を行い異常がなければ問題ありませんし、再検査でも問題となれば、尿沈渣などより詳しい検査や、血液検査・画像検査など、さらなる検査を行い原因を追求することになります。 カテゴリー• 141• 103•

次の

尿検査のpHとは?基準値や考えられる病気は?

尿 定性 検査

【Q】 かなり基本的な質問なのですが、定性検査と定量検査という言葉の意味の違いがよくわかりません。 なぜ定量を勧めているのかも含めて教えてください。 【A】 まず、定性検査と定量検査について、説明いたします。 定性は尿の「性」状、もっとわかりやすく表現すると性格、特徴を意味し、定性検査は、それらを調べるということです。 定量は尿のあるもの(主にタンパク質)の「量」を意味し、定量検査は、具体的な量を調べます。 もっとも、重要性が高いのが、「尿中のタンパク質」に関してですので、尿タンパクの定性検査と定量検査を比較すると、こうなります。 多くの健診や人間ドックの検査では、定性検査が主流です。 そうすると、ヒトの場合、例えば1日の尿量は、400mlから5000mlくらいまで、相当な幅があります。 そのため、検査をするときの尿の濃さ(濃度)によって、定性検査の結果は大きく左右されるということになります。 本当に知りたいのは、一日にどの程度の尿タンパク「量」がでているかなのです。 血液検査ですと、体内の血液量はほぼ一定していますから、採血をするだけで、「定性」と「定量」に大きな違いは生じないのです。 それに対して、尿は一日量が大きく変動するため、「定性」と「定量」という二つの検査が存在しています。 正常の人でも、一日全体では、尿タンパクがわずかに出ています。 そのため、検査の日に絶食で、しかも飲水が少ない状況で、検査をうけると「濃縮尿」という、普段とくらべても「濃すぎる」尿を検査していることが、しばしばです。 繰り返しになりますが、検査で本来知りたいのは、正常範囲を超えて尿にタンパク質が出ていないかどうかなのです。 もっとも、正確なのは、まる一日の尿を畜尿としてためるのが良いのですが、普段の生活では難しいのが実際です。 そのため、「量」を正しく知るためには、「補正」が有効です。 尿中には、一日に排泄される「クレアチニン量」が一定ということが知られています。 そこで、畜尿を行わなくても、一回の尿(随時尿)において、「尿タンパクの濃度」と「尿中クレアチニン濃度」を同時に測定し、比を計算することで、一日当たりの尿中タンパク質の量を知ることができ、信頼性の高い結果を売ることができます。 これまでは、尿の「定性検査」は尿試験紙ひとつで、潜血や尿糖や比重などいろいろな情報が得られて機械も必要ないため、一般化してきましたが、以上のようなあいまいさが大きい検査でもあります。 そのため、少なくとも、定性検査で異常が疑われた場合、定量検査を行うことで、正確な情報が得られるということになります。

次の