小滝 ちひろ。 (更新)朝日新聞編集委員/小滝ちひろの発言「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。」

朝日新聞編集委員の小滝ちひろさんの「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在」ツイが炎上、アカウント削除

小滝 ちひろ

朝日新聞のTwitterでの暴走がついに国際問題になり、韓国政府にまで利用されかねない事態になっている。 朝日新聞の紙面の最高責任者である編集委員の小滝ちひろ氏が新型コロナは愉快痛快!とTwitterで叫んだが、これが韓国や台湾などで大きく報じられたからだ。 朝日新聞の小滝ちひろ編集委員「新型コロナは痛快な存在!」 まずはおさらいしておこう。 3月13日、朝日新聞編集委員という大幹部の小滝ちひろ氏はとんでもない投稿を行った。 全世界中の市民を苦しめている新型コロナウイルスが、世界中を混乱させ、トランプ大統領をビビらせているのが愉快痛快だという趣旨の投稿を行ったのである。 人道も倫理も正義もへったくれもない反社会的な投稿で、新聞社の紙面の最高責任者である編集委員の肩書のある人物の発言とはとても思えない。 この後、大炎上した後の対応も悪質だった。 小滝氏はアカウント削除して逃亡して無視、朝日新聞社は広報部がTwitterにお詫び文を掲載し、紙面では32面の最下部に小さく掲載するという悪質な対応にとどまった。 しかも、小滝本人の謝罪も処分もなし。 社内では「ソーシャルメディア記者」の資格を取り消して、当面のTwitterを禁止しただけ。 最低でも懲戒免職が筋だ。 今日の朝日 朝日新聞は32面に小さくこっそりと、不適切ツイートの謝罪を載せていました。 これだけのお詫びで済む話なのでしょうか?小滝ちひろの処分は全く無いようです。 対策も記者研修の強化をしますと言うだけです。 韓国と台湾で大波紋!!朝日と小滝氏は責任をとれ!! 3月16日、J-CASTニュースは以下のように事態を報じた。 朝日新聞社の小滝ちひろ編集委員が新型コロナウイルスについて「ある意味で痛快な存在かもしれない」などとツイートした問題が、国外にも波及している。 韓国メディアも一連の顛末を報じ、「世界的に拡散し、多くの人の命を奪っている新型コロナウイルスを『痛快な存在』と表現した」などと論評した。 韓国でも感染者が増加しており、日本と同様にツイートへの非難が寄せられている。 引用元 まったく国恥の極みだ! 朝日新聞が暴言記者を野放しにした挙句、ほとんど処分をしないから、ついに海外にまで炎上が広がったのだ。 それも朝日新聞の大好きな韓国にまで、だ。 是非、ここは普段のご主張に沿って模範を示して、小滝氏を懲戒免職に処し、朝日新聞の経営陣は総退陣すべきだ。 全くその通りで、繰り返しだが、朝日新聞がさっさと小滝氏を処分しないからこうなるのだ。 韓国の聯合ニュースは同日午後、一連の経緯を「日本の有力紙である朝日新聞が、新型コロナウイルスを『痛快な存在』と表現した自社編集委員のツイートが議論になり、記事で公式に謝罪した」 などと報道。 問題のツイートについては「世界的に拡散し、多くの人の命を奪っている新型コロナウイルスを『痛快な存在』と表現した」とした。 記事のコメント欄には、「間違いだと謝罪すればいいのか?ジャーナリストは本当にいい仕事だ」と皮肉る声が寄せられた。 引用元 本当に朝日新聞の記者ほど、いい加減で楽な仕事はない。 本当に朝日新聞は恥ずかしい存在だ。 聯合ニュースのツイッターアカウントにも、 「日本の『キレギ』には脳はないのか。 本当に狂っている」 「記者がゴミだ」 「やはり五輪は延期だ」 といった返信が寄せられた。 「キレギ」は「記者」と「ゴミ」を組み合わせた造語で、日本語の「マスゴミ」に近いニュアンスだ。 このツイートの件は、それ以外にも韓国のYTNテレビや、台湾の聯合報で報じられている。 引用元 しかも、このように「五輪は延期」論にまで利用される始末。 また、我国と友好国である台湾でも大きく報じられ、対日イメージを損なう始末だ。 このように朝日新聞の劣化とそれが及ぼす被害は度し難いレベルにまで拡大している。 こういう新聞の報道の質は言うまでもなく信用できないし、即刻、朝日新聞に対する軽減税率を廃止すべきだ。 国民の皆さんも購読料による資金提供はやめましょう。

次の

小滝ちひろ学歴(経歴)wikiと顔写真(画像)&自宅住所特定か?Twitter

小滝 ちひろ

朝日新聞編集委員の小滝ちひろ氏のTwitter投稿 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり全国紙の編集委員が発言した内容が、物議を醸している。 朝日新聞編集委員の小滝ちひろ氏は13日、自身のTwitterアカウント上で「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」と投稿した。 「朝日新聞デジタル」に記載されている小滝氏のプロフィールによれば、小滝氏は奈良をベースとして主に文化財と古社寺を担当しているという。 削除前には小滝氏の似顔絵と共に、「朝日新聞編集委員(社寺・文化財担当)」などのプロフィールが書かれていた。 現在世界中で感染拡大が続きWHO(世界保健機関)がパンデミック(感染症の世界的流行)宣言を行ったばかりの新コロナウイルスについて、全国紙の編集委員という責任ある立場の人物が「痛快な存在」と発言したことを受け、インターネット上では次のような批判の声があがっている。 「朝日新聞の編集、世界規模の不景気と死者出ても『痛快』と形容する」(原文ママ、以下同) 「人でなし」 「朝日新聞は非常に政権に対して潔癖な立場で批判をされておるわけですが、こんな発言一つでその潔癖な朝日新聞は廃刊を決断しても良いのではないか?」 「仮にも日本を代表する大新聞社、朝日新聞の編集委員と称する方が、この状況を『痛快』と表現してしまう。 当然ながら一番困っているのは社会的な弱者なのだが… レトリックだとしても稚拙に過ぎるだろう」 「5000人近くの方が亡くなられているというのに『痛快な存在』って…」 「罹患した方や関係者、経済的損害を被っている事業者と消費者に対して、身内でも今まさにその取材に駆けまわっている若い記者にもそれを言えるのだろうか」 今回の小滝氏の言動について、全国紙記者は語る。 そのため、変なエリート意識を持って勘違いをしてしまう記者も少なくありません。 最近でこそ下がっていますが、30代で年収が1千万円台に乗り、庶民とはまったくかけ離れた感覚の人間も多いと感じます。 今回問題となっている投稿も、本人は少しウィットを効かせた表現をしたつもりになっているのかもしれませんが、こういう投稿がシャレでは済まされないということに気づかない感覚が、やはり世間とはズレていますよね」.

次の

小滝ちひろって誰?プロフィール・削除されたツイート画像紹介|TCF情報局

小滝 ちひろ

コロナ痛快のTwitter投稿で炎上 新型コロナウイルスがある意味痛快と投稿してTwitterで炎上している件に関しては ガジェット通信が以下のように報じております。 あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。 と、 五輪景気への期待、「延期」発言で吹っ飛ぶ 世界株安、という朝日新聞デジタルの記事にリンクを貼りツイートを行った。 これに対し、不謹慎であるという批判が殺到。 多くのまとめサイトにとりあげられるなどして大炎上となり、その後、小滝氏はアカウントごと削除したようだ。 出典: ガジェット通信 すでに小滝ちひろ氏のアカウントは削除されているようです。 痛快とは辞典での意味は たまらなく愉快なこと。 胸がすくようで、非常に気持ちがよいこと。 また、そのさま。 ということです。 新型コロナウイルスに関しては世界中に感染が広がっておりますがその様子が「痛快」と感じているようです。 このような表現でネット上では炎上状態となりTwitterのアカウントは削除されており現時点では見ることはできません。 出身高校や大学などを調べてみました。 福島県出身で現在57歳ということです。 高校の学歴はわかりませんでしたが出身大学は判明いたしました。 ネットの情報ですと上智大学の卒業だということです。 小滝氏の経歴はwiki ウィキペディア にはありませんでした。 経歴としては以下のようになります。 上智大学を卒業した後は朝日新聞に入社し広島や奈良、松山の各支局に赴任しました。 各地の地方局を回りそのあと本社での勤務となります。 2006年からは編集委員になっており2020年に炎上するようなツイートをしてしまいました。 SNS顔画像は? 朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 本社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消しました。 本人が説明やおわびなしにアカウントを削除したことも不適切でした。 深くおわびします。 Twitterはアカウントごと削除されておりますのでそちらで確認はできない状態です。 FacebookやInstagramも小滝氏本人と確定できるようなアカウントは無くSNSからの顔画像は確認ができない状態です。 しかし、イラストでの顔画像がネット上にありました。 これはTwitterに載せるプロフィール写真ですがイラストでの顔画像になっております。 細かいところまではわかりませんが小滝ちひろ氏の特徴は感じられる顔画像です。

次の