高校受験 塾なし。 塾なしで最難関校への勉強法(ID:1659248)

高校受験で塾なしでの勉強方法は?自宅の勉強だけでも合格できる!

高校受験 塾なし

こんにちは のんたです。 最近では長男の希望 趣味 で高校数学まで先取りをしてしまっていますが、長男の志望校は偏差値65~69あたりの公立上位校なので、できれば中学数学の理解を深め、得意をもっと伸ばしていって欲しいと思っています。 そこで塾なしの頃からずっと気になっているのは「全国高校入試問題正解」という、全国の主要国私立の入試問題を集めた通称「電話帳」と呼ばれる問題集。 入試問題の出題傾向や難易度が変わっても対応できるよう、いろんなタイプの問題を解き、力をつけることができる問題集としてオススメされているので、我が家でも先取りで中学3年の内容まで終わっている数学・英語に関しては早めに使用開始し、それ以外の科目は習ったところからだけでも使用したいと考えていました。 結果は、図形でミスした上、時間内に終わらせることが出来なかったので、85点と80点という点数に。 9割とれるだろうと甘く考えていた本人にも、良い刺激を受けた様なので、「高校数学を先に進めていく余裕があるなら、全国の入試過去問(全国高校入試問題正解)で今回間違えた「図形」の単元だけでもやらない?」と長男に話を持ち掛けました。 意外にも「図形」の強化に食いついてきた長男。 ただ、あの分厚さを冷静に考えると、部活と塾で1冊やりきる時間はさすがになさそうです。 また今後、塾でも用意されるかもしれないし、とりあえずスタディサプリで3年分の47都道府県の過去問は印刷することができるから・・・いうことで、今年は毎年販売される「全国高校入試問題正解」ではなく、2年に一度販売される 「2021-2022分野別過去問・図形」を購入することにしました😊 「2021-2022分野別過去問」は、2017年から2019年に実施された公立高校入試問題を厳選し、分野別に並び替えた問題集で、「全国高校入試問題正解」に掲載された問題、解答、解き方が収録されています。 こんにちは のんたです。 長男が5月から入った集団塾は、公立トップ校・難関高校受験対策の塾ではなく 内申点対策の塾なので、今週から平日の通常授業も学校別に分かれたテスト対策の授業に変わりました。 長男曰くテストの日にちが近づくにつれ、塾長&塾内の雰囲気がかなりピリピリしてきたそうです。 親子で初めて(私自身も中高一貫で内申点対策の塾に通った経験がなかったので)定期テスト対策中の大手集団塾の本気度に圧倒されています💦 テスト10日前の現時点。 そのため今まで 学校教材中心にじっくり何回もというテスト対策で、安定した成績を残してきた長男にとって、塾なしの頃の倍の演習量が課題の中、学校プリントを覚えたり、副教科のテスト対策をする余裕は残っているのか多少心配ではあります。 そんな私の心配はよそに、「学年上位とったら塾に顔写真が貼られちゃうらしい!最悪だよ。 どうしよう」なんて違うことの心配をしている長男💦 とりあえず、5科の基礎は固まったらしいので、今回は口出しせず見守りたいと思います😊 nowanowa こんにちは のんたです。 当時は毎月¥1,800で使いたい放題だったと思います。 (今は毎月¥2,200です) 動画を見てやり方を覚えたら、提携している外部の塾まで電車に乗って検定試験を受けに行っていました。 8級が受かったくらいまではそろばんが大好きで、毎日やっていた長男。 「ワンタッチそろばん買ってくれたら毎日もっとそろばんやるよー」なんて言葉にまんまと引っかかり¥5,000もするワンタッチそろばんに買い替え、7級試験に臨みました。 ・・・結果は不合格。 検定に落ちたらそろばんに見向きもしなくなり、結局1年ちょっとで退会してしまいました😭もう少し続けていたら、暗算力をもっと高まっていたかもしれませんね。 家にゲームも無かった年長・低学年の頃は、この「インターネットそろばん」と「ビーゴ」のアニメ教材が長男にとって娯楽でした😊 ゲームという楽しい存在を知らなかった低学年の時だからこそ、上記の2つにはまってくれましたが、暗算の早さも先生に褒められる英語の発音の良さも、この2つがかなり役にたったのではないかと思える教材です。 数学に関してだけなのですが、最近の塾の確認テストや模試の過去問を解いた結果を見ていると、以前に比べケアレスミスが減り、満点や満点に近い安定した点数をとれるようになってきたことに気が付きました。 その変化に何かコツはあったのか聞いてみたところ、今までは見直しをしても、元々書いてある途中式 の単純な計算ミスに気づかず、その間違った途中式ですすめてしまうから見直し効果がなかったけれど、最近は出来る問題は暗算で解き、2回目は見直しではなく(最初の途中式は見ずに)やり直すようにしたとのことです。 かなり自己流ですが、ケアレスミスをしないよう自分で試行錯誤するようになったことは嬉しい限りです😊 暗算は比較的早い長男。 低学年の頃にインターネットのアニメ動画で学べる「そろばん教室」というのを1年ちょっとやっていたことがあり、その「そろばん」に効果があったかどうかはわかりませんが、小学生で身につけた暗算力に助けられているところは多いなと感じます。 昨日、塾の「定期テスト対策授業」に初めて参加した長男。 学校ごとにわかれ、先生がテスト範囲 5科 の復習を講義した後、塾の 学校準拠の問題集などを解くというのが授業内容だったそうです。 塾なしでテスト対策をしていた時より演習量が増えたというのがメリットでしょうか。 全科目、満点を目指して定期テスト対策をしている長男にとっては、演習量を増やすことによって自分で満足していた以外の穴が見つかったようで勉強意欲はあがったようです。 (お手上げな場合は部分点を狙って点数を稼ぐようです💦) 長男のタイプだと同じワークを繰り返すのは多くて2回まで、それより色んな問題集で演習量を増やすほうが良いこともわかったので、参考になりました。 nowanowa こんにちは のんたです。 長男の学校では期末テスト2週間前となり、昨日学校から「学習計画表」と「テスト範囲」を持ち帰ってきました。 範囲は今週から通常授業になったぐらいなので、期末とは思えないほど狭い範囲でした。 今回のテスト期間は全ての土日に部活や塾など予定が入ったため、通常より1週間早くテスト対策を始めた長男。 今週は社会に時間をかけ、昨年のテストを引っ張り出して出題傾向を確認しながら暗記をしていました。 テスト対策は口出ししなくても自分で管理出来ているようなので「学習計画表」は本人に任せることにしました。 以下、テスト2週間前の家庭学習 テスト対策 の状況です。 通常の家庭学習に引き続き、学習CDを使用して発音の確認と教科書音読。 教科書ガイドを使っての本文和訳確認・単語のスペル確認・教科書ガイド内の問題ページ終了。 学校ワークのテスト範囲2周目終了。 未習:学校準拠問題集・学校プリントの見直し。 時間があれば和文から英文に直せるかの確認。

次の

【保存版】塾で教える高校受験の勉強法を完全公開!「合格に必要な3つのポイント」を元に塾なしでも使えるノウハウを徹底解説【いつから?何をすればいい?】

高校受験 塾なし

塾に通わない際の問題点• 自分で勉強する内容を考えなければならない• 勉強する教材を自分で探さなければならない• 新しく学ぶことも自分で理解しないといけない(教えてくれる人がいない)• 分からないことがあった時に聞ける人がいない(教えてくれる人がいない)• 自分に合ったアドバイスややるべき勉強を教えてくれない• 長年受験を見てきた経験がない• 自分でやる気を出して勉強しなければならない• 志望校別対策などをしてくれない• 高校受験に関する情報がない この中でも問題となるのが下線を引いた点です。 「勉強する内容を自分で考えなければいけない」• 「難しい勉強を教えてくれる人がいない」• 「高校受験に関する情報がない」 という3点が大きな問題となります。 というよりも、通信教育もなしで進めるのはちょっと難しすぎますね。。。 ご両親が教育関係者なら良いんですが。 進研ゼミやZ会は保護者向けの受験情報も充実しているのでお勧めですね! 足りないところは問題集で補填する ただ通信教育には1つ問題があります。 それは 通信教育だけだと学習量が少ないことです。 通信教育は気軽に続けることを目標に作られているので(1日15分!など)、それだけだと受験までに十分な学習量を確保することはできません。 そこで、 市販の問題集を解いて勉強量を増やしましょう。 市販の問題集を解き、勉強量を増やせば塾に通っている子と同じように学力をつけることができますよ。 ここまでをまとめると 確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。 全てを隠さずお教えします。 やることはシンプルで簡単。 でも意外と誰も教えてくれません。 「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。 」はほとんどの方が持つ悩みです。 少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。 ではこれまでにテストの点数は上がりましたか? 定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で根本的なことです。 勉強のやり方を1から見直すことで次のテストから点数を確実に上げることができます。 家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

次の

塾なし高校受験。スタディサプリだけで内申点UPし公立高校を目指す

高校受験 塾なし

塾に通わない際の問題点• 自分で勉強する内容を考えなければならない• 勉強する教材を自分で探さなければならない• 新しく学ぶことも自分で理解しないといけない(教えてくれる人がいない)• 分からないことがあった時に聞ける人がいない(教えてくれる人がいない)• 自分に合ったアドバイスややるべき勉強を教えてくれない• 長年受験を見てきた経験がない• 自分でやる気を出して勉強しなければならない• 志望校別対策などをしてくれない• 高校受験に関する情報がない この中でも問題となるのが下線を引いた点です。 「勉強する内容を自分で考えなければいけない」• 「難しい勉強を教えてくれる人がいない」• 「高校受験に関する情報がない」 という3点が大きな問題となります。 というよりも、通信教育もなしで進めるのはちょっと難しすぎますね。。。 ご両親が教育関係者なら良いんですが。 進研ゼミやZ会は保護者向けの受験情報も充実しているのでお勧めですね! 足りないところは問題集で補填する ただ通信教育には1つ問題があります。 それは 通信教育だけだと学習量が少ないことです。 通信教育は気軽に続けることを目標に作られているので(1日15分!など)、それだけだと受験までに十分な学習量を確保することはできません。 そこで、 市販の問題集を解いて勉強量を増やしましょう。 市販の問題集を解き、勉強量を増やせば塾に通っている子と同じように学力をつけることができますよ。 ここまでをまとめると 確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。 全てを隠さずお教えします。 やることはシンプルで簡単。 でも意外と誰も教えてくれません。 「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。 」はほとんどの方が持つ悩みです。 少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。 ではこれまでにテストの点数は上がりましたか? 定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で根本的なことです。 勉強のやり方を1から見直すことで次のテストから点数を確実に上げることができます。 家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

次の