ソフトバンク iphone 機種変更 お得。 全キャリア比較!iPhone SE(第2世代)に機種変更で最大7万円得する方法

ソフトバンクでiPhoneに機種変更する方法|お得なキャンペーン

ソフトバンク iphone 機種変更 お得

つまり2年ごとに「トクするサポート」を使い続けることで毎年半額で新機種を買うことができる訳ですね。 「1年買い替えオプション」もある トクするサポートは1年での買い換えも可能とです。 その場合も25ヶ月目以降の支払いが不要となります。 ただし13〜24ヶ月目までの支払うべき「機種代金」と「プログラム利用料の」「差額」は支払う必要があります。 トクするサポートの加入条件 加入条件は以下の通りです。 対象機種を48回割賦で購入すること。 つまりソフトバンク回線を使わなくても、トクするサポートは使えるんです。 だから途中で回線を解約しても問題ありません。 トクするサポートの特典を受ける条件 利用条件 25ヶ月目以降の残債が支払い不要になる条件がこちら。 ソフトバンクが指定するiPhone・スマートフォンを購入すること。 例:iPhone11 Pro 等。 24ヶ月目以降に新端末を購入する場合は、その月の月末までに旧端末をソフトバンクに返却し査定完了すること。 ソフトバンクに対する月額の滞納が無いこと。 トクするサポートを解除していないこと。 当然と言えば当然ですが、滞納があったりスマートフォンを返却しない場合には「支払い不要」にはなりませんよ。 「トクするサポート」で購入できる機種 iPhone• iPhone7• iPhone6s 32GB• iPhone6 32GB Google Pixel• iPad 第6世代、7世代• iPad mini 最新• iPad Air 最新• iPad Pro 10. 5インチ、11インチと12. 9インチ その他スマートフォン 旧機種の回収条件 当然ですが壊れたスマートフォンは回収してもらえないので、気を付けましょうね。 ディスプレイやiPhone本体が破損している場合• ディスプレイの表示異常・タッチパネル動作不良、変形している場合• 電源ボタンが正常に機能しない場合• IME等の製造番号が確認できない場合• 端末を改造するなどメーカー保証外となる場合• 端末のロック解除と初期化が実施されていないケース もちろん改造したり、別の端末に変更しちゃうのはNGですよ! 回収条件を満たさないとどうなる? スマートフォンが壊れたりしてしまった場合は20,000円(不課税)を一括で支払う必要があります。 ただし、「あんしん保証パック with AppleCare Services」、「あんしん保証パックプラス」、または「あんしん保証パック」に加入済みの方は2,000円(不課税)です。 2万円は高いように見えますが、iPhone11 Pro Max等の最近のiPhoneは画面修理だけで4万円近くするので、意外と2万円はお値打ちかもしれません。 「トクするサポート」のメリット 単刀直入に言います。 既存のソフトバンクユーザーにオススメです。 そして分割払いで2年ごとにスマートフォンを買い換える方は使わないと損と言えるでしょう。 その反面、デメリットもあります。 「トクするサポート」のデメリット トクするサポートは2年ごとにiPhoneを買い換える方にオススメです。 逆を言えば、買い換えない方にはオススメ出来ません。 なぜならプログラム利用料の390円が無駄になってしまうからです。 また当然と言えば当然ですが、購入できるのはソフトバンクのスマートフォンに限られます。 100日間はSIMロックがかかる点もデメリットだと言えます。 そうなるとソフトバンクユーザー以外の方にはオススメできないと言えますね。 まとめ 「トクするサポート」はソフトバンクユーザーの方、もしくはこれからソフトバンクに乗り換える方で2年おきにスマホを買い換えたい方にオススメです。 現在ソフトバンクは割引キャンペーンをやってるので、のりかえや機種変更には良い時期かもしれませんよ。 オススメですよ!.

次の

全キャリア比較!iPhone SE(第2世代)に機種変更で最大7万円得する方法

ソフトバンク iphone 機種変更 お得

そこで、25か月目以降に機種変更する時には、今使っているスマホをソフトバンクが回収する代わりに、最大24カ月分の残債は免除するということにしました。 おかげで、ユーザーは高額なiPhoneを安く購入することができるようになりましたが、しかし、ここで「4年縛り」という問題が発生します。 もし、2年後にソフトバンクで機種変更するのであれば、24か月分の残債を免除して新しいスマホを購入できます。 しかし、2年後に機種変更しなかった場合はどうなるでしょうか? 残債免除の条件は、スマホの返却とソフトバンクでの機種変更です。 これらの条件を満たせない場合、残債は免除になりません。 例えば、2年後にワイモバイルの方が自分に合った料金プランで月額料金も抑えられることがわかったとします。 だからと言って、ワイモバイルに乗り換えるならば、残り24カ月分の残債は丸々残ってしまいます。 ソフトバンクで機種変更しないのであれば、4年間の分割の縛りと向き合わなければいけません。 また、他社に乗り換えではなく、紛失などの理由でスマホの返却が出来ない場合、これも残り24か月分の残債が丸々残ってしまいます。 2年間支払えば残り2年は免除、ただし、4年の分割契約を結んでいるため、条件を満たさなければ4年間縛られるわけです。 参考: 4年縛りの解約方法 相談者は「4年縛りから抜け出したい」というのが望みですが、実際4年縛りから抜け出すのは簡単ではありません。 それでも4年縛りを抜けたいのであれば、動き出すタイミングは25カ月目となります。 25か月目で端末を返却して機種変更をして、トクするサポートを終わりにしてしまいましょう。 ただし、機種変更時には「トクするサポート」に加入してはいけません。 またトクするサポートを利用してしまうと、また4年縛りで抜け出せなくなるためです。 そのため、機種変更では新しいスマホの分割を割引なしで購入する必要があります。 その際、できれば機種は一括購入がお勧めです。 今のソフトバンクは2年縛りがないので、解約に違約金はかかりません。 2年後に新しい機種をソフトバンクで一括購入してしまえば、そのスマホを使って他社に乗り換えられます。 SIMロックも一括購入した機種に関してはすぐに解除ができるので、解約後もスムーズに他社へ乗り換えられます。 ソフトバンクで購入した端末を格安SIMで運用するなら、「LINEモバイル」がオススメです。 ソフトバンク回線を選択することで、SIMロック解除も不要です。 公式サイト: 2年後にもっとスムーズに抜け出せる可能性も 4年縛りの抜け出し方として、25か月目で「トクするサポート」を引き継がずに機種変更すること、その際出来れば一括購入がお勧めです。 2年後に機種変更する理由は、それが残債免除の条件の1つだからです。 理想は、2年後にソフトバンクに端末を返却して、それで綺麗さっぱり整理できる状況だと思います。 返却に関しては割引も受けているし、契約上仕方がないとしても、次の機種変更まで強制なのはいかがなものかと思いませんか? 実はこの件に関して、総務省や有識者会議でも問題視されています。 次もソフトバンクで機種変更が条件というのは、利用者の過度な囲い込みになるのではないかという話が実際に出ています。 もしかしたら、2年後には次回機種変更という条件が緩和されている可能性もあります。 (現にドコモは返却のみで次回端末購入は条件ではありません。 )もしそうなれば、25か月目に端末を返却してしまえば、それで4年縛りを抜け出せるようになります。

次の

ソフトバンクのiPhone機種変更はオンラインと実店舗どちらがお得か比較

ソフトバンク iphone 機種変更 お得

ソフトバンク「トクするサポート」の割引内容 ソフトバンクの「トクするサポート」は、端末購入の支払いを48回払いにして、24か月以上利用する事で、その後にソフトバンクで携帯電話を購入した場合に 残債が免除 されるというオプションサービスです。 ソフトバンク回線の契約有無にかかわらず加入できますが、48回払いになる事で 100日間はSIMロック解除ができなくなる ため、実質的にはソフトバンク回線を持っている人でないと快適にデータ通信ができない仕組みになっています。 トクするサポート の加入条件 ソフトバンク「トクするサポート」の加入条件は、• 対象機種を48回払いで購入する事• 対象機種の購入時に申し込む事 となっていて、対象機種は直近1年程度に発売された機種に限定されています。 古い機種の場合は「トクするサポート」に加入できない場合があるので、購入前に必ず対象機種をチェックしておきましょう。 「トクするサポート」と「下取りプログラム」との違い 「トクするサポート」と同じく、使用中の携帯端末をソフトバンクが買い取るサービスに「」がありますが、「トクするサポート」と「下取りプログラム」との違いは、• 機種購入直後から下取り価格が保証されている• トクするサポートのほうが割引金額が高額• トクするサポートは月額料金がかかる という点です。 「トクするサポート」だと申し込み時から2年後に機種変更する事で半額になる事が保証されていますが、下取り価格は毎月変動する為にその時になってみないと下取り価格がわかりません。 「トクするサポート」に加入したとしても、機種変更時に下取り価格のほうが高かった場合には 「下取りプログラム」を選ぶ事もできる ので、より高いほうで下取りに出したい場合は「トクするサポート」に加入しておきましょう。 「下取りプログラム」を選んで「トクするサポート」の特典を利用しなかった場合は、「トクするサポート」で支払った月額料金の全額が「Pay Payボーナス」として返還されます。 1年で機種変更が可能になる「1年買い替えオプション」 さらに、「トクするサポート」には「1年買い替えオプション」というサービスがあります。 「1年買い替えオプション」は、「トクするサポート」に加入した人が13か月目以降に新たに携帯電話を購入できるようにしたオプションで、「トクするサポート」に加入している人であれば誰でも利用する事ができます。 ただし、「1年買い替えオプション」を適用させて13か月目以降に新たに携帯電話を購入する場合でも、 13か月目~24か月目までの機種代金と、24か月分のプログラム利用料は支払う必要がある ので注意して下さい。 プログラム利用料は残りの分を一括で、機種代金は引き続き分割で支払う事になります。 13か月目に「1年買い替えオプション」を利用した場合でも「トクするサポート」が適用されるので、本体代金の半額の68,400円が割引され、まだ支払っていない残りの機種代金が34,200円。 この34,200円は引き続き毎月支払っていく事になります。 また、機種変更後の12か月間は 旧機種の残債額と新しく購入した端末の機種代金の両方が請求される ので注意して下さい。 ソフトバンク「トクするサポート」は加入するべきか 「トクするサポート」は、ソフトバンクのスマホ端末を48回払いで購入した場合に25か月目以降の残債の支払いが免除されるという割引サービス。 ソフトバンクの回線契約がなくても加入できるという事で話題になりましたが、48回払いになる事で 100日間はSIMロック解除ができなくなる ため、実質的にはソフトバンク回線を持っている人でないと快適に利用する事ができない割引サービスという事になります。 「トクするサポート」に加入するか迷った人は、今後ソフトバンクで携帯電話を購入し続けるかどうかで判断しましょう。 「トクするサポート」は、ずっとソフトバンクを利用し続ける人にはお得な割引サービスですが、のりかえ(MNP)したりソフトバンク以外で携帯電話を購入する人にとってはおすすめできない割引サービスという事になります。 2020年 softbank学割 2020年のソフトバンクの学割「softbank学割」は、 5歳以上22歳以下 の人が、• ミニモンスター のいずれかで申し込みをした場合に、申し込みの 翌月から6か月間毎月980円が割引、または「」で申し込んだ場合に1年間毎月使用可能データ容量が1GB増量されるというキャンペーン。 対象契約は、• 乗り換え(MNP)• 新規契約• 機種変更 の全契約になっていますが、条件を満たしただけでは自動適用されず、別途申し込みが必要なので注意して下さい。 スマホデビュープラン 「スマホデビュープラン」は、現在ガラケーを使用している人がソフトバンクのスマホに機種変更か乗り換え(MNP)をする事で、1年目が月額980円(税抜)、2年目以降が月額1,980円(税抜)で利用できる割引キャンペーン。 申し込むには、• ガラケーからスマホへの機種変更• 他社ガラケーからの乗りかえでスマホの新規契約 のいずれかが条件となっていて、通話オプション「」か「」を同時に申し込む事で月額1,000円が永年割引される「スマホデビュー専用割引」が適用されるので、「」と合わせて、 1年目が月額980円(税抜)、2年目以降が月額1,980円(税抜)で利用できるのが特徴です。

次の